FXGTのスプレッドは狭くて有利なの?競合他社と徹底比較!

FXGTのスプレッド

FXGTは2019年12月に設立された新興海外FX業者です。しかし、そのサービス環境は非常に良好だということで、海外FX業界において評判の海外FX業者となっています。

そんなFXGTについて、

  • スプレッドは他業者と比べて狭いのか?
  • 有名な海外FX業者と比べるとそうでもない?

このように思われている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?新興海外FX業者についての情報は気になるものですよね。

この記事では「FXGTのスプレッドについて知りたい!」「取引コストを抑えられる海外FX業者を選びたい」と思われている方に向けて、スプレッドを含めた取引コストを競合他社と徹底比較していきたいと思います。

オペラ

競合他社と取引コストを比べることで、FXGTのスプレッドが本当に狭いかどうかが、より明確になるでしょう。

 FXGT公式サイトの口座開設フォームはこちら 

FXGTは比較的スプレッドが狭い業者!

結論から述べると、FXGTは比較的スプレッドが狭い業者となっています。スプレッドに関しては、大手海外FX業者であるXMよりも狭くなっているほどです。

さらに、FXGTでは仮想通貨に関してもGMOコインやDMM Bitcoinよりも有利なスプレッドでトレードを行うことができます。そのため、FXGTでは比較的取引コストを抑えやすいと言えるでしょう。

そんなFXGTのスプレッドに関して、実際に利用している方の評判や口コミを下記の記事にまとめておいたので、興味のある方は是非参考にしてみてください。

fxgtの評判

FXGTの評判や口コミをオペラが独自調査!判明した2個のデメリット&12個のメリット【最新評価】

しかし、海外FXにおける総合的なコストはスプレッドの他にも、入出金手数料・取引手数料・スワップポイントが関わってきます。そのため、海外FXでは入出金手数料・取引手数料・スプレッド・スワップポイントを全て含めてコストを考える必要があるのです。

それでは、FXGTの場合はどうなっているのでしょうか。まずは、入出金手数料・取引手数料からみていきましょう。

FXGTでは入金・出金・取引手数料が無料

取引手数料は取引毎ごとにかかる手数料のことで、入金・出金にかかる手数料のことが入出金手数料のことです。なんと、FXGTでは取引手数料・入出金手数料が無料となっています。

取引手数料・入出金手数料が有料となっている業者がある中、これら手数料が無料というのは嬉しいものです。

そんなFXGTの入金方法・出金方法について詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

FXGTの入金方法

FXGTの入金方法を全種類解説!1番おすすめの入金方法はなに?

FXGTの出金方法

FXGTの出金方法を総まとめ!手数料・注意点・出金拒否など徹底調査

FXGTの各種銘柄におけるスプレッドを競合他社と比較!

それでは実際に、FXGTのスプレッドを競合他社と比較していきたいと思います。FXGTにはさまざまな取引銘柄が用意されているので、それぞれの銘柄ごとに他業者と比較していきましょう。

FXGTでは、以下のような銘柄が取り扱われています。

  • メジャー通貨ペア
  • マイナー通貨ペア
  • 仮想通貨
  • 貴金属
  • エネルギー商品
  • 株価指数

これら6種類の銘柄におけるスプレッドについて比較していきます。まずは、メジャー通貨におけるスプレッドを競合他社と比較していきましょう。

メジャー通貨ペアのスプレッドを競合業者と比較

メジャー通貨とは、外国為替市場において取引量・流動性が高い通貨のことを指します。そして、以下の表はFXGTのメジャー通貨ペアにおけるスプレッドを、競合業者と比較したものです。

通貨ペアFXGTXM TradingIS6FXGemForex
USD/JPY1.4pips1.6pips1.6pips1.2pips
EUR/JPY1.8pips2.5pips2.3pips0.5pips
GBP/JPY3.0pips3.9pips3.1pips1.0pips
AUD/JPY2.8pips3.3pips2.9pips0.6pips
EUR/USD1.4pips1.7pips1.5pips0.3pips
GBP/USD1.9pips2.4pips2.4pips1.3pips
AUD/USD1.6pips1.9pips2.0pips0.3pips

※FXGTの口座タイプにはスタンダード口座の1タイプしかないため、スタンダード口座(STP口座)におけるメジャー通貨ペアの比較となっています。

このように、FXGTは競合他社と比べても、比較的スプレッドが狭い業者となっています。そのため、スプレッド重視でXM、IS6FXで取引しているトレーダーは、FXGTに乗り換えるメリットは十分あるといえるでしょう。

そんなFXGTの口座開設について詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

fxgtの口座開設

FXGTの口座開設方法と本人確認手順を高画質画像入りで徹底解説【2021年版】

マイナー通貨ペアのスプレッドを競合業者と比較

続いてはFXGTにおけるマイナー通貨ペアにおけるスプレッドを、競合業者と比較していきます。マイナー通貨とは、外国為替市場において取引量・流動性が低い通貨のことです。

マイナー通貨は取引量・流動性が低いため、相場の変化によって価格が大きく変動するリスクがあります。以下の表は、FXGTのマイナー通貨ペアのスプレッドを競合業者と比較したものです。

通貨ペアFXGTXM TradingIS6FXGemForex
NZD/JPY2.8pips3.2pips3.1pips1.2pips
NZD/USD2.5pips2.9pips2.7pips1.1pips
AUD/NZD3.3pips4.0pips3.4pips1.9pips
USD/TRY6.3pips75pips18.9pips20.3pips
EUR/TRY6.0pips80pips
TRY/JPY1.5pips

このように、メジャー通貨・マイナー通貨ペアのどちらにおいても取引銘柄が多いことがお分かりいただけると思います。また、FXGTはスワップ銘柄として有名なトルコリラ円を取り扱っている海外FX業者です。

XMやGEMFOREX(ゲムフォレックス)といった有名業者ではトルコリラ円を取り扱っていないので、トルコリラ円を取り扱っている問うことはFXGTにおけるメリットの1つだと言えるでしょう。

仮想通貨のスプレッドを競合業者と比較

FXGTでは、Bitcoin(ビットコイン)・Ethereum(イーサリアム)・XRP(リップル)といった仮想通貨も取り扱っています。そして、仮想通貨ペアの種類は13種類と非常に豊富です。

仮想通貨ペアにおいては、主要な海外FX業者の中では18種類のiFOREXに次ぐ2位の多さとなっています。

以下の表は、FXGTにおける仮想通貨ペアのスプレッドを競合業者と比較したものです。

銘柄FXGTGMOコインDMM Bitcoin
BTC/JPY210円280円547円
ETH/JPY9円18円140円
LTC/JPY9円28円48円
XRP/JPY0.079円0.080円0.182円

いかがでしょうか?FXGTにおける仮想通貨のスプレッドは他社と比べ、非常に狭くなっているということがお分かりいただけると思います。

実のところ、FXGTにおける最大の魅力はこの仮想通貨のスプレッドが非常に狭いということなのです。他業者でビットコインをトレードする場合は、10~20ドル近いスプレッドになることが多い傾向があります。しかし、FXGTではわずか2ドル未満のスプレッドに抑えることが可能です。

そのため、多くの仮想通貨FXトレーダーがFXGTを選んでいます。FXGTを利用する上では、仮想通貨のスプレッドが狭いということをよく認識しておきましょう。

貴金属のスプレッドを競合業者と比較

FXGTでは、取引対象として「XAUUSD(ゴールド)」「XAGUSD(シルバー)」といった貴金属銘柄を選ぶこともできます。以下の表は、FXGTにおける貴金属のスプレッドを競合業者と比較したものです。

銘柄FXGTXM
XAUUSD(ゴールドドル)3.0pips3.5pips
XAGUSD(シルバードル)3.0pips3.6pips

このように、ゴールドドル・シルバードルのスプレッドに関しては、FXGTが比較的有利な数値となっていることが、よくお分かりいただけると思います。そのため、これら該当銘柄をトレードするなら、FXGTは1つの選択肢として挙げることができるでしょう。

エネルギー商品のスプレッドを競合業者と比較

FXGTでは、「USOIL(WTI原油)」「NGAS(天然ガス)」「UKOIL(ブレンド原油)」といったエネルギー商品を取引対象として選ぶことも可能です。ちなみに、FXGTではメジャー通貨・マイナー通貨に限らず、エネルギー商品や貴金属といったCFD商品においても追証が適用されます。

そのため、CFD商品におけるトレードにおいてもリスクを抑えることができるでしょう。以下の表は、FXGTのエネルギー商品におけるスプレッドを競合業者と比較したものになります。

銘柄FXGTXM
USOIL(WTI原油)0.5pips0.5pips
NGAS(天然ガス)3.0pips3.5pips
UKOIL(ブレント原油)0.5pips0.5pips

このように、FXGTにおけるNGAS(天然ガス)のスプレッドは比較的狭めとなっています。USOIL(WTI原油)とNGAS(ブレンド原油)のスプレッドに関してはXMと同じ位なので、NGASを対象銘柄としているトレーダーはFXGTがおすすめです。

株価指数のスプレッドを競合他社と比較

エネルギー商品や貴金属以外にも、FXGTでは「株価指数」というCFD銘柄を取り扱っています。株価指数とは、取引所全体・特定銘柄群における株価の動きを表したものです。

以下の表は、FXGTにおける株価指数のスプレッドを海外業者であるXMと比較したものです。

銘柄FXGTXM
US30(NYダウ)25pips28pips
JP225(日経225)0.9pips12pips
UK100(英国FTSE100)30pips15pips
AUS200(オーストラリア株式指数)40pips30pips

ご覧の通り、FXGTではNYダウ・日経225でのスプレッドが有利な数値となっています。この2つの銘柄は日本国内で取引される株価指数として、ほとんどを占めるほどの割合の多さです。

そのため、NYダウと日経225でしか取引しないトレーダーの方はFXGTで取引するのがおすすめだと言えるでしょう。

反対に、NYダウと日経225以外の株価指数で取引を行うという方は、FXGTはおすすめではありません。NYダウと日経225以外の銘柄においては、FXGTはそれほど有利なスプレッドではないからです。

このように、取引にかかるコストを意識しながらトレードすることは大切なことです。

FXGTのスワップポイントを競合他社と比較!

ここでは、FXGTのスワップポイントを競合他社と比較していきます。その前に、そもそも「スワップポイントがなにかわからない」という方のためにスワップポイントの解説をしていきます。

スワップポイントとは?

スワップポイントは2カ国間における金利差によって発生する利益・損益のことです。

低金利の国における通貨を売って高金利の国における通貨を買うと、プラススワップ(利益)を得ることができます。一方、高金利通貨を売って低金利通貨を買うと、マイナススワップ(損失)を被ることになるのです。

このようにスワップポイントは手数料が発生することもありますが、利益になることもあります。

そして、このスワップポイントは通貨ペアやFX業者によって異なります。スワップポイントは常に一定というわけでなく日々変動していくもので、2カ国間で発生している金利差を算出している際にも為替レートが関わってくるからです。相場変動もスワップポイントに影響を与える要因となっているのです。

FXGTのスワップポイントを競合他社と比較!

そんなFXGTのスワップポイントを競合業者と比較すると、以下の通りになります。

銘柄FXGTXMLANDFX
USD/JPY買い:3.33
売り:-10.12
買い:2.62
売り:-8.58
買い:2.3
売り:-10.2
AUDUSD買い:-5.32
売り:0.35
買い:-3.46
売り:-0.26
買い:-0.51
売り:-0.24
EURUSD買い:-11.21
売り:2.54
買い:-9.67
売り:3.63
買い:-1.29
売り:0.26
GBPUSD買い:-9.65
売り:-1.96
買い:-6.88
売り:-0.18
買い:-1.17
売り:0.02

このように、FXGTのプラススワップの数値が大きいため、FXGTで取引する際にはスワップポイントを意識して取引すると良いでしょう。

また、FXGTのスワップ発生時間は、為替・株価指数・仮想通貨によって異なります。為替は1日の早朝1回、仮想通貨FXは1日6回細かい金額で分割されるというのが特徴です。

FXGTにおける仮想通貨FXはスワップ発生のタイミングさえ持たなければ、スワップがかかることがありません。そのため、スキャルピングトレードを行う際には意識するようにすると良いでしょう。

まとめ

ここまででFXGTは、取引コストを抑えられる業者だということがおわかりいただけたのではないでしょうか。取引コストを抑えるのはFXにおいて最も重要なことですよね。

そんなFXGTは入金ボーナスやキャッシュバックなどさまざまなボーナスキャンペーンを頻繁に開催しています。FXGTのボーナスキャンペーンの最新情報について詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

fxgtのボーナス

FXGTのボーナスを完全網羅!開催時期や注意点&一番得する入金ボーナス攻略法【2021年最新版】

あなたもこの機会に、取引コストを抑えれる業者でトレードをしてみませんか?

 FXGT公式サイトの口座開設フォームはこちら 

ABOUT US

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。

海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。