【2021年7月更新】海外FXでボーナスキャンペーン開催している業者一覧

海外FX業者のレバレッジを全50社で完全比較!おすすめの3業者を厳選【2021年7月最新版】

海外FX業者のレバレッジ比較

海外FXにおける最大の魅力は「ハイレバレッジをかけて取引できること」です

しかし、海外FXには数多くの業者が存在し、それぞれの業者ごとに最大レバレッジが異なるため、「最大レバレッジが高い海外FX業者はどこ?」と思われる方も多くいらっしゃるでしょう。

ハイレバ取引が可能な業者を選ぶ上でまず押さえていただきたいのは、単純に「レバレッジが高い業者がいい!」というわけではないということです。レバレッジが高くてもレバレッジ制限がかかってしまう業者も存在するため、少額資金でしかハイレバ取引ができないこともあるのです。

オペラ

そこでこの記事では、海外FX歴10年以上の管理人オペラが、実際にあらゆるFX業者を利用した経験をもとに、評判の良い人気海外FX業者50社のレバレッジを徹底的に調査した上で、「海外FXでハイレバレッジ取引ができるおすすめの業者3選」にまとめてみました。(クリックすると、詳細ページへ移動できます。)

レバレッジが可能な海外FX業者50社を完全比較して3社に厳選した記事は、他のどのサイトを探してもここだけにしかないオリジナルの情報です。(※海外FX業者50社のレバレッジ情報の調査は、No.1の調査数です。)

ただし、いきなりご紹介してしまうと、初心者の方や経験が浅い方にはピンとこない情報になってしまいます。

そのため、まずは海外FXのレバレッジ概要やレバレッジ比較や海外FX業者を選ぶ上での3つのポイントについてからご紹介していきます。

また、「海外FX業者のレバレッジにおける注意点」についても合わせてご紹介していきます。海外FXについて理解を深めたいという方は、是非最後までご覧ください。

この記事をご覧になることで、海外FX業者における最大レバレッジの相場や海外FXでハイレバレッジに最適なFX業者について知ることができるでしょう。

海外FXのレバレッジ概要

国内FXに関しては金融庁からの強い規制がかかっているため、最大レバレッジが25倍固定となっていますが、海外FXは日本の金融庁からの規制を受けることはあっても、規制に従う必要はありません。日本の金融庁に登録していない海外FX業者は、日本の法律が適用されないからです。

そのため、海外FX業者は最大レバレッジ「500倍〜1000倍」といったハイレバレッジでのトレードが可能となっています。ハイレバレッジによるトレードが可能になると、少額の資金から大きな儲けを出していける可能がかなり高くなってきます。

ただ、ハイレバレッジによるトレードは利益も高くなりますが、ハイリスクになるということも忘れてはなりません。ハイレバレッジ取引で損失を出してしまうことによって、通常取引の何倍もの損失が拡大してしまうでしょう。

しかし、海外FXには反則レベルの「ゼロカットシステム」という機能があります。ゼロカットシステムとは、ユーザーの損失が拡大してマイナスになってしまった場合に、業者がユーザーの損失を肩代わりして、マイナスからゼロに戻してくれることをいいます。

まり、海外FXであれば追証が発生することもないので借金を背負うリスクもありません

国内FX業者だとゼロカットシステムが導入されていないため、追証(借金)が発生してしまいます。その結果、ユーザーの心的負荷は大きくなってしまうでしょう。

このように、海外FXではハイレバレッジによるトレードがしやすい環境になっているため、レバレッジが大きい業者の方が有効的な取引がしやすいということになります。

海外FXのレバレッジ比較

それではここで、それぞれの海外FX業者ごとの最大レバレッジにおいて、比較してみたものを見てみましょう。

海外FX業者名 最大レバレッジ ロスカット水準
FBS 3000倍 証拠金維持率20%以下
HotForex 1000倍 証拠金維持率10%以下
GEMFOREX 1000倍 証拠金維持率20%以下
IS6FX 1000倍 証拠金維持率50%以下
XM 888倍 証拠金維持率20%以下
BigBoss 555倍 証拠金維持率20%以下
LandFX 500倍 証拠金維持率30%以下
TitanFX 500倍 証拠金維持率20%以下
AnzoCapital 500倍 証拠金維持率20%以下
TradersTrust 500倍 証拠金維持率50%以下
iForex 400倍 証拠金維持率0%以下
Axiory 400倍 証拠金維持率20%以下
Tradeview 200倍 証拠金維持率100%以下

海外FXでレバレッジの高い業者を選ぶ上で大事な3つのポイント

ここまでで、海外FX業者のレバレッジ概要やレバレッジ比較について解説してきました。ここからは、そんな海外FXでレバレッジの高い業者を選ぶ上で大事な以下の3つのポイントについてご紹介していきます。

  • 会社の信頼性・資産の安全性
  • 入金・出金が簡単にできるかどうか
  • 取引する上でのスペック

それでは、順番に見ていきましょう。

ポイント1 会社の信頼性・資産の安全性

  • 利益が出た後に、ちゃんと自分の銀行口座へ出金できるか
  • 金融ライセンスの有無
  • 資産の保証制度と分別管理の有無
  • 日本語サポートを行っているかと、受付時間など(24時間かどうか)

ポイント2 入金・出金が簡単にできるかどうか

  • 入金・出金方法の種類とその手数料

ポイント3 取引する上でのスペック

  • キャンペーンの有無
  • 入金キャッシュバックの有無
  • 通貨ペアの種類(多ければ多い程よいが、基本的なメジャー通貨はどこも可能)
  • スプレッドが狭いかどうか
  • 手数料がかかるかどうか
  • 注文執行方式(DD方式orNDD方式)
  • 約定力がどのくらいか(日常的にスベるのはNG)
  • MT4やMT5、VPSサーバーなどの取引ツールの種類と費用

海外FX レバレッジの高い業者選びの流れ

海外FXでレバレッジの高い業者を選ぶ上で大事な3つのポイントを理解したところで、次は海外FX レバレッジの高い業者選びの流れについて解説していきます。

海外FX レバレッジの高い業者選びの基本的な流れ
  1. 気になる取引スペック・サービスの業者にあたりをつける
  2. 過去に出金トラブルを起こしたことがある業者かチェックする
  3. FX業者の評判や口コミをチェックして、ちゃんとした業者かを調べる
  4. ここで業者を決めた上で、口座開設キャンペーンを行っているかを含め、口座開設に進む

「えっ、FX業者を選ぶのにそこまでするの?」と思うかもしれません。実は、FX業者には悪徳業者が多く存在するため、これらのステップを踏むことはかなり大事なのです。

ですが、上記のステップをわざわざ踏んで確かめることは面倒ですよね。

そこで、ここからは実際にオペラが利用した結果、自信を持っておすすめできるハイレバ可能な業者を紹介していきます。そのため、上記のステップをわざわざ踏まなくてもここからご紹介する業者を利用すれば間違いありません!

海外FXでハイレバレッジに最適な業者3選

ここまで、海外FXでレバレッジの高い業者を選ぶ上で大事な3つのポイントやその流れについて解説してきました。ここからは上記のポイントを踏まえた上で、「海外FXでハイレバレッジに最適な業者3選」を解説していきます。

それでは早速、おすすめの海外FX業者を発表していきます。

海外FX レバレッジ ①GEMFOREX

GEMFOREXの公式サイト画面

ハイレバレッジが魅力の海外FX業者として、おすすめの業者は「GEMFOREX」です。GEMFOREXは2010年に設立された業者で、最大レバレッジ1000倍で取引することができます。

レバレッジ比較表をご覧になった方は、「最大レバレッジ3000倍のFBSが1位なんじゃないの?」と思われるかもしませんが、それでもGEMFOREXはおすすめできる点が非常に多い海外FX業者なのです。

GEMFOREXのおすすめポイント
  • ボーナスキャンペーンが豪華
  • 自動売買ソフト(EA)が無料で使い放題
  • レバレッジ制限が良心的
  • 追証なしのゼロカットシステム搭載
  • 日本語サポートが充実している

GEMFOREXは「新規口座開設ボーナス」「100%入金ボーナス」など、豪華なボーナスキャンペーンがあることや自動売買ソフト(EA)が無料で使い放題という特徴があります。効率良く利益を高めていくためには、あらかじめ設定したプログラムで自動的にトレードが行える「自動売買」ができるということも魅力的だと言えます

そのため、ミラートレードやEAが手軽に利用できるGEMFOREXは、FX初心者にとっても非常におすすめな海外FX業者だと言えるでしょう。

また、レバレッジ制限が他社よりも良心的ということもおすすめポイントの一つです。GEMFOREXでは、口座残高200万円以上はレバレッジ500倍に制限されますが、口座残高200万円未満まではレバレッジ1000倍で取引することが可能です!

GEMFOREXで仮にレバレッジ制限されたとしても、他社よりもレバレッジが高いのです。そのため、他社よりも有利にハイレバ取引することができるでしょう。

そんなGEMFOREXは、現在期間限定で口座開設ボーナスキャンペーンを開催しています。口座を開設するだけで20,000円がもらえるお得なボーナスとなっているため、まだ口座をお持ちでない方は今がチャンスです!

今なら口座開設で20,000円が必ずもらえるキャンペーン開催中!/

 GEMFOREX公式サイトの口座開設フォームはこちら 

海外FX レバレッジ ②IS6FX

IS6FXと海外FXバンクのタイアップキャンペーン画面

当サイト限定タイアップ IS6FX×海外FXバンク】タイアップキャンペーン開催中!!!

当サイト経由でIS6FXに新規口座開設をされた方を対象に、口座開設ボーナス20,000円をプレゼントしています

通常は不定期で開催しているのでなかなかお目にかかれないキャンペーンですが、当サイトであれば2021年7月1日(木) ~ 2021年7月31日(土)23時29分までの期間中に口座開設をすればいつでもボーナスを獲得できます!

口座開設ボーナス20,000円があれば、入金ゼロで取引をすることが可能です。資金に余裕がない方やIS6FXをお試しで利用してみたい方は是非この機会に口座開設してボーナスをゲットしましょう!

なお、ボーナスはスタンダード口座のみが対象となっているので、口座開設の際は「スタンダード口座」を開設してください。

ハイレバレッジが魅力の海外FX業者としては、「IS6FX」もおすすめです!IS6FXは海外FX業界において現在人気急上昇中の業者です。

海外FX業者レバレッジ比較表をご覧いただいたとおり、IS6FXの最大レバレッジは「1000倍」となっており、GEMFOREXと同じく海外FX業界トップクラスのレバレッジを誇っています。

IS6FXがおすすめな点としては、以下のようなことなどが挙げられます。

IS6FXのおすすめポイント
  • 24時間の日本語サポートが充実している
  • 豪華なボーナスキャンペーンがある
  • レバレッジ制限が比較的良心的
  • 0.29秒以内に99.46%の高い約定力を持つ
  • 追証なしのゼロカットシステム搭載

日本人ユーザーにとって、充実した日本語対応があるということは、非常に大きなメリットだと言えるでしょう。

さらに、IS6FXには「新規口座開設ボーナス」「100%入金ボーナス」など、海外FX業界でも特に豪華なボーナスキャンペーンがあるため、もらったボーナスを有効的にFXトレードに役立てていくことが可能です。

また、IS6FXのレバレッジ制限は以下の通り、比較的良心的です。

  • 口座残高200万円未満:1000倍
  • 口座残高200万円以上:500倍
  • 口座残高500万円以上:200倍
  • 口座残高1,000万円以上:100倍

このように金額によって異なりますが、他社よりもレバレッジ制限は緩いため、比較的有利にハイレバ取引ができます。

なお、当サイト経由でIS6FXに新規口座開設をされた方を対象に、期間限定で口座開設ボーナス20,000円をプレゼントしています。今だけのお得なボーナスとなっているため是非この機会に口座を開設してみてはいかがでしょうか。

\期間限定!!今なら口座開設で20,000円が必ずもらえる

 IS6FX公式サイトの口座開設フォームはこちら 

海外FX レバレッジ ③XM

XMの公式サイト画面

最大レバレッジ888倍を誇る「XM」は、海外FXで最も認知度が高いFX業者だと言えるでしょう。海外FX業者にも関わらず日本人ユーザーが多く、非常に評判が良い海外FX業者です。

そんなXMのおすすめポイントは以下の通りです。

XMのおすすめポイント
  • 安全性や信頼性が高い
  • ボーナスキャンペーンが豪華
  • 日本語サポートが充実
  • 追証なしのゼロカットシステム搭載
  • レバレッジ制限が比較的良心的

XMはセーシェル金融庁の金融ライセンスを取得しており、セキュティ面が十分に信頼できます。その他にも「充実したボーナスキャンペーン」「ゼロカットシステム採用」など、さまざまなメリットがあるため、初めての海外FXとして選んでも決して差し支えることがない海外FX業者だと言えるでしょう。

また、XMのレバレッジ制限は以下の通り、他社と比べても良心的です。

  • 口座残高200万円未満:1000倍
  • 口座残高200万円以上1000万未満:200倍
  • 口座残高1,000万円以上:100倍

このように金額によって異なりますが、その他の業者よりもレバレッジ制限は比較的良心的です。

なお、XMでは現在期間限定でボーナスキャンペーンを開催しています。口座開設するだけで3,000円がもらえるボーナスとなっているため、まだ口座をお持ちでない方は今が大チャンスです!

新規口座開設で3,000円がもらえる/

 XM公式サイトの口座開設フォームはこちら 

海外FX業者のレバレッジにおける6個の注意点

ここまでで、海外FXでハイレバレッジに最適な業者3選について解説してきました。

「最大レバレッジが高い業者を選べばいいのか!」という結論を出してしまいがちになりますが、実はFX業者が提示する最大レバレッジには、よく注意しておかなければならない「落とし穴」が、いくつか存在しています。

このような「海外FX業者のレバレッジにおける注意点」について知らないと、口座開設してから「聞いてた話と違う!」という事態になってしまうこともありえるかもしれません。

そのため、ここからは海外FXのレバレッジにおける注意点についてご紹介していき、海外FX業者選びを成功できるようになりましょう。

レバレッジにおける注意点としては、以下のようなことが挙げられます。

  • 口座内資金によって最大レバレッジに制限がかかる
  • 口座タイプによって最大レバレッジが制限がかかる
  • 取引対象によって最大レバレッジが異なる
  • 利用するプラットフォームによって最大レバレッジも異なってくる
  • 他社の情報を信じ込みすぎない
  • 世界規模のイベント時にレバレッジが制限がかかる場合がある

これら5つの注意点について、ひとつずつ見ていきましょう。

口座内資金によって最大レバレッジに制限がかかる

海外FX業者における最大レバレッジはどういった状況でも固定されているわけではなく、ユーザーの口座内資金の残高などによって変動します。

たとえば、FBSの最大レバレッジ「3000倍」が利用できるのは口座残高200ドル(約2万円)までで、200~2000ドルになると「2000倍」、2000~5000ドルになると「1000倍」、5000~30000ドルになると「500倍」、30000~150000ドルになると「200倍」というように、口座内資金によって最大レバレッジに制限がかかってしまうのです。

「いつの間にかレバレッジが変わってる・・・」ということがないように、自分が利用している海外FX業者に定められた「口座内資金によるレバレッジ制限」について、よく確認しておく必要があると言えるでしょう。

口座タイプによって最大レバレッジが制限がかかる

また、海外FX業者におけるそれぞれの口座タイプによっても、最大レバレッジに制限がかかってきます。

海外FX業者であるXMが取り扱っている口座タイプには、「マイクロ口座」「スタンダード口座」「ゼロ口座」という3タイプの口座がありますが、最大レバレッジ888倍を利用できるのはマイクロ口座とスタンダード口座のみとなっており、ゼロ口座の最大レバレッジは「500倍」となっているのです。

これは、マイクロ口座やスタンダード口座に比べてゼロ口座が狭いスプレッドを持ち、スキャルピングのリスク許容範囲を考慮しているため、口座タイプによって最大レバレッジに制限がかかっています。

このように、口座タイプによっても最大レバレッジが異なってくるため、自分が設立する口座が提示された通りの最大レバレッジとなっているのか、あらかじめ確認しておきましょう。

取引対象によって最大レバレッジが異なる

海外FX業者が提示している最大レバレッジの数値は、メジャー通貨ペアで取引する際の最大レバレッジであることがほとんどです。多くの海外FX業者では、マイナー通貨やCFD銘柄(差金決済取引)における最大レバレッジが個別に設定されています。

たとえば、最大レバレッジが「888倍」を誇る海外FX業者のXMにおける通貨ペアごとの最大レバレッジは、以下のとおりになっています。

  • CHF関連通貨ペアにおける最大レバレッジは「400倍」
  • TRY関連通貨ペアにおける最大レバレッジは「100倍」
  • HKD、CNH、DKK、RUB関連通貨ペアにおける最大レバレッジは「50倍」
  • それ以外の通貨ペアにおける最大レバレッジは「888倍」

このように、海外FX業者では取引対象によっても最大レバレッジに制限がかかるということも、よく覚えておかなければならない注意事項です。

利用するプラットフォームによって最大レバレッジも異なってくる

一部の海外FX業者における注意事項ですが、「利用するプラットフォーム(取引ツール)によっても、最大レバレッジに制限がかかる」という注意事項があります。

多くの海外FX業者では「MT4」や「MT5」を取引ツールとして採用していますが、独自のツールを採用しているという海外FX業者も、一部存在しているのです。通常のFX業者が利用していないような取引ツールでは、「最大レバレッジが100倍までしか設定できない」「最小取引数量が大きい」「最大取引数量が小さい」「スプレッドが広い」など、レバレッジ規制がかけられている場合もあります。

そのため、「この取引ツールは、見たことも聞いたこともない」という取引ツールを利用している海外FX業者の場合は、最大レバレッジの制限がかかっていないかどうか、あらかじめ確認しておくことが重要だと言えるでしょう。

他社の情報を信じ込みすぎない

選ぶ際に注意してほしいのは、各FX業者の公式サイトやネットの情報は、情報提供者の都合のいいような内容ばかりで、偏ったものばかりです。

例えば、

取引できる通貨ペアは、なんと50種類以上!他にはないFX業界トップクラスの圧倒的な通貨ペア

と公式サイトに書かれてしたら、あなたはどう思いますか?

トレーダー歴が3年以上の方なら、このカラクリがわかると思います。ズバリ、これをみて、良い会社とは思えません。

アフィリエイト都合のFX業者サイトなどは、こういう所をお勧めポイントと書いて書いて書きまくるのですが、ぶっちゃけ、マイナーな取引通貨ペアがいくらあってもあなたのプラスにはなりません。

マイナー通貨とはFX市場で比較的取引量の少ない通貨をいいます。逆に、取引量が比較的多い通貨ペアをメジャー通貨といいます。

海外FX市場では、米ドル(USD)、ユーロ(EUR)、円(JPY)、ポンド(GBP)、豪ドル(AUD)、カナダドル(CAD)以外の通貨ペアに関しては、基本的にはマイナー通貨と考えて良いです。

マイナー通貨は取引量が少ないため、流動性が低い通貨となるため、何かあると価格が大きく変動するリスクがあります。トルコリラ(TRY)や南アフリカランド(ZAR)などの高金利が人気の通貨もこのマイナー通貨に分類されます。こういったマイナー通貨は、値動きが激しく、スプレッドも広いので、初心者にはお勧めできません。

世界の通貨ごとの取引量を見ても米ドル(USD)、ユーロ(EUR)、円(JPY)、ポンド(GBP)の4通貨まででFX市場全体の4分の3を占めています。こういった点からも、マイナー通貨はシェアが少ないため、取引量が少ないということは値動きが荒いということがわかるはずです。

ですから、通貨ペアの種類が多いのは必ずしも魅力的なポイントとは限らず、公式サイトの情報を鵜呑みにしていては、素晴らしい海外FX業者に出会う確率は下がってしまうのです。

また、海外FXは、サービス内容や取引ルールが短期間で変わることも多いため、注意が必要です。

特に、口座開設時のキャンペーンや、レバレッジ上限・入出金方法は、変わりやすいので、常に最新の情報を得るようにしましょう。

世界規模のイベント時にレバレッジが制限がかかる場合がある

海外FX業者のレバレッジにおける注意点として、「世界規模のニュース・イベント時にレバレッジ制限がかかる場合がある」ということも挙げることができます。すなわち、「経済指標発表前後」など、相場変動が大きい時期にレバレッジ制限がかかるというわけです。

経済指標とは、経済状況を構成する「物価」「金利」「景気」「貿易」などの要因を、各国の公的機関等が発表したものを数値化したもので、簡単に言うと「経済状況を数値化したもの」となります。

FXに取り組んでいく上で経済指標は重要で、通貨価格の変動を予測する際に役立てること

ができます。世界的な経済指標としては、以下のようなものが挙げられるでしょう。

  • 政策金利(金利に関する指標)
  • GDP(国内総生産)
  • 景況感調査(景気に関する指標)
  • 消費者動向調査(景気に関する指標)
  • 雇用統計(雇用に関する指標)
  • 物価上昇率(物価に関する指標)
  • 貿易赤字(貿易に関する指標)

このような経済指標発表時に、レバレッジ規制対象となったポジションを保有していると、証拠金維持率や実効レバレッジにも影響がでてくるため、注意が必要となるわけです。

まとめ

海外FX業者はハイレバレッジによるトレードが魅力ですが、「口座内資金」「口座タイプ」「取引対象」「取引ツール」「経済指標発表時・イベント時」によって制限がかかることもあるため、どんな場合でもハイレバレッジで取引できるわけではないのです。

また、海外FX業者を比較する際にはレバレッジだけでなく、「スプレッド」「ボーナス」「最大許容損失額」など、さまざまな角度から比較していくことが大切だと言えるでしょう。

この海外FX記事の執筆者プロフィール

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。

海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた人のプロフィールはこちら