FXGTの口座開設方法と本人確認手順を高画質画像入りで徹底解説【2021年版】

fxgtの口座開設

FXGTは、仮想通貨とFXをレバレッジ最大500倍でトレードできることから、現在人気沸騰中の海外FX業者です。そんなFXGTは信頼性や安全性が高く評価されているため、日本でも注目されています。

しかし、海外FX業者で口座開設するということから、不安に感じている方も多くいらっしゃることでしょう。「FXGTで口座を開設したいけど、やり方が分からない」という方は、実際かなり多いと思います。

そこでこの記事では、FXGTの口座開設について詳しく解説していきます。
今回ご紹介するのは以下の通りです。

  • FXGTの口座開設方法や本人確認手順
  • MT5のトレード口座開設方法
  • FXGTの入金方法
  • 口座開設ボーナスの受け取り方
  • 口座を開設する際の注意点

このように、FXGTの口座開設方法をはじめとする口座開設にまつわる情報について詳しくまとめまめています。

オペラ

実際の画面を使って分かりやすく解説しているで、この記事をご覧になれば、あなたもすぐに口座を開設できるようになります!

これからFXGTで取引口座(ライブ口座)を使い始める方はぜひ参考にしてください。さらに、他の有名な海外FX業者とFXGTのどこが違うのかどのような特徴があるのかを合わせて紹介していきます。

FXGTの特徴

FXGTは取引に関して、従来のFX業者と違った最新のスペックやシステム導入を組み込んでいます。FXGTの創立メンバーも老舗FX業者のXMや、Axioryの創立メンバー及び業界大手の役員クラスが立ち上げた会社となっており、非常に期待できる内容になっています。FXGTの特徴をひとつずつ紹介していきます。

為替と仮想通貨が融合したFXであり、132個の取引銘柄がある

今までの海外FX業者では、為替、商品、先物、株価指数と取り扱い商品は多かったのですが、FXGTではそれに加えて仮想通貨のFXを行う事が可能です。

その結果、132個の取引銘柄で取引を行う事ができます。選択肢が多いのは戦略の幅が広がるという事もあり、トレーダーにとって大きなメリットになるはずです。

今までのFXのイメージですと、どうしても為替の通貨ペアという印象でしたが、これからは仮想通貨のFXの時代がどんどん来るかもしれません。

FXGTのレバレッジは最高500倍

日本国内のFX業者だと、レバレッジ規制というものがあり最高レバレッジは25倍となっています。しかし、海外FX業者にはレバレッジに対する制限がありません。FXGTの場合は最高で500倍のレバレッジで取引することができます。

レバレッジを上手に利用してトレードすれば、少額の自己資金で大きな取引が出来るので、勝った場合は利益が非常に大きくなるというメリットがあります。しかし、レバレッジが大きすぎてしまうと、自分が思った動きを逆になってしまった場合、強制ロスカットになってしまうというデメリットもありますので、この辺りはしっかりと理解した上で取引するようにしましょう。

二段階認証でセキュリティーも安心

FXGTのセキュリティー面は、国内FX業者にひけを取らないレベルになっています。セキュリティに関しては、FXGTでは二段階認証を導入していますので、口座開設をした後はしっかりと二段階認証の設定をするようにしてください。

仮想通貨の取引もできるため、こういったセキュリティ面では非常に厳しくなっているのは安心できます。

口座の一括管理が可能

FXGTでは、仮想通貨で口座へ送金することもできます。そのため、仮想通貨と為替通貨の口座を一括で管理できます。これは大変便利なシステムになっています。

取引銘柄が多く、仮想通貨も扱っているFXGTのような業者ならではのサービスだと思いますが、他のFX業者にはないサービスです。

管理人のオペラも、ビットコインやリップル、イーサリアムを入金に利用できるのは大変便利で、大きなメリットのひとつです。

入金・出金の手数料が無料

FXGTでは、入金、出金時の手数料が無料です。トレード以外の部分で、余分なコストがかかるのは誰でも嫌ですよね。余分なコストがかかると、せっかく利益が出ても高い手数料で取られてしまうのは、やはり損をした気分になるので、FXGTの入金・出金時の手数料無料というのは非常に大きなメリットです。

もちろん、無料になる回数は無制限ですので、たった1、2回ではメリットを感じないかもしれませんが、積み重ねると大きなお得感になるはずです。

入金が即時反映される

意外と、海外FX経験が浅い人で不安になってしまいがちなのが、入金の反映です。あまりにも反映が遅い会社の場合、送金先を間違っていないか不安になって何度か確認しまったり、そもそもちゃんとした会社なのか心配する場合もあります。その点、FXGTでは入金が即時反映されるため、非常に安心感があります。

銀行送金に関しては、着金までの時間が多少かかってしまうので、即時反映は難しいですが、仮想通貨はそもそもが送金手段でもあるので、即時反映されます。ちょっとした事かもしれませんが、トレードをする上で、ちゃんと入金がされることは重要なポイントですので、FXGTはこの条件もしっかりとクリアしています。

FXGTの会社概要

FXGTの概要(詳細情報)をまとめています。運営会社情報やライセンス情報、登記情報まで公式サイトにはしっかり記載されていましたので、安心して使える業者と言えるでしょう。

FXGTは金融ライセンスを取得済み

FXGTはセーシェル金融サービス庁(FSA)の金融ライセンスを取得し、日本円でも入金できる海外FX業者です。

FXGTの取得したセーシェルのライセンスは、XMなども同様のライセンスで運営しており、会社としても非常に安心感があります。以下、FXGTの金融ライセンス情報です。

運営会社360 Degrees Markets Ltd
登記番号8421720-1 360
登録住所Suite C, Oion Mall , Palm Street, Victoria , Mahe , Seychelles
金融ライセンスSD019(セーシェル金融ライセンス)
セーシェル金融サービス庁(FSA)
創立メンバーXMやAxioryの創立メンバー及び業界大手の役員クラス

創立メンバーは老舗XMやAxioryの元役員クラスですので、今後も成長が期待できる布陣です。これからまだまだ新しい機能や銘柄などが追加されるでしょう。

FXGTの基本情報

取引プラットフォームMT5 Desktop
MT5 Web Trader
MT5 Android
MT5 iOS
アカウント証拠金USD/EUR/JPY/BTC/ETH/XRP/USTD
レバレッジ最大500倍
追証なし(ゼロカットシステムを採用)
取扱銘柄外国為替【全50種】
暗号通貨【全13種】
貴金属【全5種】
株価指数【全8種】
株価指数【全56種】
最小入金額5米ドル/5ユーロ/500円/BTC 0.0001
XRP 25/ETH 0.05/USTD 5
※銀行送金の場合、最低入金額は日本円で10,000円となっています。
入出金手数料無料
平均スプレッドUSD/JPY:1.6pips
AUD/JPY:3pips
EUR/JPY:2.2pips
CAD/JPY:3pips
GBP/JPY:3.5pips
ロスカット50%
最小ロット0.01ロット
最大ロット50ロット
最大取引額100
予約注文の最大数100
指値・逆指値幅あり

このようになっています。非常に使いやすい会社になっています。

FXGTの口座開設方法

ここからは、FXGTでリアル口座を開設する方法を画像も入れて紹介します。

【手順1】アカウント登録・メール認証

まずは、下記のリンクより「FXGTの口座開設ページ」を開きましょう。

 FXGT公式サイトの口座開設フォームはこちら 

FXGTの公式ホームページへアクセスしたら、まずは「ユーザー登録」をしていきましょう。

口座登録をする場合は、以下のような画面から行います。

FXGTのアカウント登録画面
  • 氏名:(例)Ichiro Tanaka 
    半角ローマ字で入力
  • メールアドレス:(例)tanaka@yahoo.co.jp 
    メールアドレスを入力
  • パスワード:(例)Abcd1234 
    パスワードを入力
  • 居住国:(例)Japan 
    居住国をリストの中から選択

このように、氏名、メールアドレス、パスワード、居住国を入力・選択しましょう。

氏名は必ずローマ字表記で入力しましょう。例えば、「田中一郎」さんの場合は「Ichiro Tanaka」となります。また、ここで入力するパスワードは、FXGTのマイページへログインする際に用いるものなので、必ず覚えておくかメモを残しておくようにしましょう。

入力したパスワードは目の形をした可視化のアイコンをクリックすることで確認できます。入力ミスがないためにも、次の画面に行く前に一度確認しておきましょう。

各必須項目を正しく入力したら、利用規約セキュリティ確認のボックスにチェックを入れ、最後に登録ボタンをクリックします。

入力したメールアドレス宛に「【FXGT】メール認証のお願い」という件名のメールが届くので、メッセージ内にある【メール認証を行う】ボタンをクリックしてください。

FXGTのメール認証画面

「おめでとうございます。アカウントが有効化されました。」と画面に表示されれば、FXGTの登録作業は完了となります。

FXGTの登録完了画面

次のステップに進むために【ログインページに移動】をクリックしましょう。

【手順2】詳しい個人情報の入力

ここまで紹介した簡単な登録作業を済ませれば、すぐに入金やトレードができるようになります。しかし、個人情報の入力と必要書類のアップロードを行うまでは、入金額が$5,000に制限されているほか、法定通貨・仮想通貨いずれも出金ができず、利用が著しく制限されてしまいます。

FXGTの全ての機能を使えるようにするため、登録が完了した段階で、個人情報入力と必要書類のアップロードを済ませておくようにしましょう。

FXGTのマイページへログインすると画面の上の方に、「アカウントステータス:未承認。情報を入力してください。」という赤文字のメッセージが表示されているので、それをクリックしてください。

FXGTのマイページログイン画面

クリックするとポップアップ画面が表示されるので【アカウント認証ページへ】ボタンをクリックしてください。

そうすると、詳しい個人情報を登録するページが現れるので、各項目を正しく入力していきます。

個人情報の入力方法

それでは、個人情報の入力を行っていきます。この後アップロードする「本人確認書類」と同じ内容を入力するようにしましょう。

FXGTの個人情報入力画面
  • 名前 ローマ字:(例)Ichiro Tanaka 
    名前をローマ字表記で入力
  • 名前 日本語:(例)一郎 田中 
    名前を日本語表記で入力
  • 性別:(例)男性 
    性別をリストから選択
  • 生年月日:(例)14/01/1990 
    生年月日を、左から順に「日・月・西暦」の順で入力
  • 18才以上ですか?:チェック 
    チェックを入れないと口座開設ができません
  • 国籍:(例)Japan 
    国籍をリストから選択
  • 電話番号:(例)08011223344 
    電話番号(携帯・固定どちらも可)を入力
  • パスポートかIDの番号:(例)AB1234567 
    身分証明書の番号を入力 
  • 納税者番号:納税者番号とはマイナンバーを指していますが、ここは省略可

このように、名前、生年月日、性別、国籍、電話番号、身分証明書番号などを入力・選択します。名前が田中一郎さんの場合は、ローマ字表記だと名前の欄に「Ichiro」、苗字の欄に「Tanaka」、日本語表記だと名前の欄に「一郎」、苗字の欄に「田中」と入力しましょう。また、電話番号は国番号(日本の場合は+81)を省略しても問題ありません。

パスポートかIDの番号は、以下の3つから選んで入力してください。

■運転免許証:免許証番号
■パスポート:パスポート番号
■マイナンバーカード:マイナンバー

すべての入力が終了したら、入力した内容が間違っていないかどうか確認しましょう。次に、住所の入力を行います。

住所の入力方法

「住所」の入力欄は全て日本語表記でも英語表記でもどちらでもOKです。この後アップロードする「現住所確認書類」と同じ住所を入力するようにしましょう。

現住所確認書類に記載されている住所と異なる場合、アカウント認証に時間がかかってしまいます。※時間がかかっても丁寧にメッセージで、この書類が足りませんというようにサポートセンターが教えてくれますので、安心して下さい。

FXGTの住所入力画面
  • 番地:(例)新宿8-4-2 
    市区町村以降の住所を入力
  • 建物・部屋番号:(例)新宿マンション401 
    建物名や部屋番号または階数を入力
  • 市区町群村:(例)新宿区 
    市区町村名のみを入力
  • 都道府県:(例)東京都 
    都道府県名のみを入力
  • 郵便番号:(例)160-0022 
    郵便番号をハイフンありで入力
  • :(例)Japan 
    日本居住者は「Japan」を選択/日本国外の方は当該の国名を選択

このように、番地、建物・部屋番号、市区町群村、都道府県、国を入力・選択しましょう。すべての入力が終了したら、入力した内容が間違っていないかどうか確認しましょう。

投資者情報の入力方法

投資家情報のセクションでは、自身の年収や投資経験等について答えるようになっています。日本国内のFX業者の場合、年収が極端に低かったり、最低限の資産を持っていないことを理由に口座開設を断られることがあります。

しかし、海外FX業者のFXGTでは、投資家の属性によって審査落ちすることは一切ありませんので、安心して下さい。もしも自分の年収が極端に低くかったり、貯金がほとんどなかったとしても、ありのまま正直に記入してOKです。

そして次に、【書類のアップロードを進める】ボタンをクリックしてください。

FXGTの投資者情報入力画面
  • 年収:(例)50,000ドル未満
    自身の現在の年収に最も近いものを選択(米ドル建て)
  • 純資産額:50,001ドルから100,000ドル未満
    自身の現在の純資産額(預金や有価証券等)に最も近いものを選択(米ドル建て)
  • 収入源:(例)会社員
    自身の現在の主な収入源を選択
  • 何回取引をしましたか?:(例)10-30取引
    過去にFXやバイナリーオプション等のデリバティブ取引を何回行ったかを選択

本当に正直にありのまま回答すればOKです。

【手順3】本人確認書類と現住所確認書類の提出

個人情報の入力が一通り済んだら、その次は必要書類のアップロードを行います。FXGTは、他の海外FX業者と同じく、

  • 本人確認書類
  • 現住所確認書類

をそれぞれ1点ずつアップロードする必要があります。ただし、書類はスマホなどの携帯電話のカメラでサクッと撮影したものを送るだけでOKです。ぼやけた写真や、ブレた写真でなければすぐに審査OKとなります。気をつけておくべきポイントとして、写真や現住所確認書類の四隅がちゃんと入るように撮影しましょう。四隅が欠けていると、再提出を求められる場合があります。

本人確認書類と現住所確認書類をそれぞれアップロードしたら、【認証を送信する】ボタンをクリックしてください。

FXGTの本人確認書類と現住所確認書類の提出画面

なお、注意すべき点として、本人確認書類は有効期限内のもので、現住所確認書は原則として発行から3ヶ月以内のものを提出するようにしましょう。

身分証明書として認められているもの

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード
  • 障害者手帳
  • 外国人登録証
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

※身分証明書に関しては、FXGT公式サイトから引用

住所確認書として認められているもの

  • 公共料金(電気・ガス・水道)の請求書・領収書
  • クレジットカードの請求書・利用明細
  • 銀行の請求書・利用明細
  • 携帯電話や固定電話の請求書・領収書
  • 住民票の写し
  • 印鑑証明書
  • 納税通知書・納税証明書
  • 住所が印字された健康保険証

※住所確認書に関しては、FXGT公式サイトから引用

必要書類を提出してから通常ですと、1営業日以内には認証が終わり、無事に認証されれば「【FXGT】アカウント認証が完了しました」という件名のメールが登録したメールアドレス宛に届きます。

FXGTのアカウント認証完了画面

アカウントが認証されると、マイページに緑色のチェックマークが付きますので、そこで確認しましょう。

FXGTのマイページ画面

【手順4】MT5トレード口座の開設

FXGTでトレードをするためには、MT5のトレード口座を作る必要があります。XMやTitan FXなどの海外FX業者では、新規登録と同じタイミングでトレード口座が作られますが、FXGTの場合は新規登録→トレード口座の開設という2段階の手順ですすめる必要があります。

FXGTのマイページへログインしたら、「MT5」という丸いアイコンをクリックし、「口座開設」を選びます。

FXGTのマイページ画面

「どのアカウントを開設いたしますか?」と表示されたら【ライブ口座】を選んでください。※ここでデモ口座を選んでしまうと、実際のお金でトレードできないので、必ずライブ口座を選ぶようにしてください。

FXGTのMT5のライブ口座選択画面

そして、口座の基本通貨を選びましょう。為替通貨は、JPY(日本円)、USD(米ドル)、EUR(ユーロ)の3種類から選べます。仮想通貨はBTC(ビットコイン)、 ETH(イーサリアム)、XRP(リップル)、USDT(テザー)の4種類から選べます。基本的にこだわりがなければ、日本円を選んでおけば問題ありません。

FXGTのライブ口座の基本通貨選択画面

続いて、口座の最大レバレッジを設定して【進める】ボタンをクリックします。500倍・200倍・100倍・50倍・25倍・10倍・5倍の7段階から選択できますが、ここは今後のことも考え、大は小を兼ねるで、最大の500倍を選ぶようにしましょう。

FXGTのレバレッジ選択画面

「MT5口座の準備ができました。」というメールが登録したメールアドレス宛に届き、そのメール内に、6桁の口座IDとログイン用のパスワードが記載されています。自分の口座IDとパスワードは、MT5でログインする際に必要ですので、必ずスクリーンショットやメモを残すなどして大切に保管しておきましょう。

MT5口座の準備完了画面

FXGTの入金方法

口座開設が無事に完了したら、今度は入金です。FXGTは銀行入金に加え、クレジットカードでの入金や、仮想通貨での入金など豊富な入金方法となっています。

ただし、国内銀行送金に対応していないので、日本円を送金するときはbitWalletを経由する必要があります。国内銀行送金の場合、みずほ銀行などの国内銀行に送金するので、着金が30分以内ですが、海外銀行送金は、数日かかってしまいますので、注意しましょう。

ただし、これも方法があって、bitWallerという、無料のウォレットサービス(みずほ銀行振込)に入金し、bitWaller経由でFXGTに送金すれば、30分程度で着金しますので、オススメです。

FXGTの口座開設ボーナスの確認方法

FXGTの口座開設ボーナス画面

FXGTの口座開設ボーナスは、詳しい個人情報を登録して必要書類を提出した後、アカウントが認証されたタイミングで自動的にもらえます。アカウントが認証されていないと、ボーナスはもらえませんので、注意して下さい。口座開設ボーナスがもらえると、MT5口座の「クレジット」という枠に3,000円が反映されますので、そこで確認して下さい。

FXGTで口座開設する際の注意点

FXGTで口座開設する際は、次の3点に注意しましょう。

  • キャッシュバック業者経由だとボーナスが貰えない可能性が高いので注意しましょう。
  • 口座を90日間放置すると手数料が取られてしまいます
  • 複数のアカウント開設は禁止行為となっています。

キャッシュバック業者経由だとボーナスが貰えない可能性が高い

キャッシュバック業者を通じてFXGTの口座開設を行うと、キャンペーンボーナスがもらえない可能性があるため、確実にボーナスを受け取りたい方は必ずFXGT公式の口座開設ページより登録を行ってください。

 FXGT公式サイトの口座開設フォームはこちら 

ライブ口座を90日間放置してしまうと手数料が取られる

FXGTでは、ライブ口座で90日間取引が行われていないと休眠口座となってしまい、休眠口座に切り替わったときに残高が残っていると、以降は毎月1000円の休眠口座手数料が引き落とされていきます。

引き落としのタイミングで口座残高が1000円未満の場合、その口座は凍結口座となり使えなくなりますので、残高を入れたまま口座放置をしないように注意しましょう。

複数のアカウント開設は禁止

FXGTでは一つのアカウントで複数のライブ口座を作ることはできても、同一人物が複数のアカウント自体を何個も作ることはFXGTで禁止行為とされています。

2つめのアカウント開設の際に異なるメールアドレスを入力することで、複数アカウントを作れる場合もあるかもしれませんが、複数アカウントの作成・運用が発覚した場合は資産の凍結等のペナルティが課されるので、絶対に複数のアカウントを作るのはやめましょう。

そもそもボーナスキャンペーンを悪用して、同じ人が何度もボーナスをもらうことを防ぐため、複数アカウントの開設を禁止しています。

まとめ

FXGTは安全性が高く、非常に魅力的な海外FX業者だということが、お分かりいただけたでしょうか。また、登録には本人確認書類、住所確認書類が必要ですが、誰でも簡単に口座を開設することができます。この際に、是非口座開設してみてはいかがでしょうか。

 FXGT公式サイトの口座開設フォームはこちら 

ABOUT US

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。

海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。