【2021年10月更新】海外FXでボーナスキャンペーン開催している業者一覧

TradersTrust(TTCM)の口座開設方法をマルっと解説!【2021年最新版】

TradersTrust(TTCM)の口座開設方法

TradersTrust(TTCM)には、プロモーション口座という口座タイプが存在します。プロモーション口座は本人確認をしなくても簡単に口座開設を行うことが可能で、入金の必要はありません。口座開設ボーナスが付与され、すぐに取引を開始できます。すぐに取引を開始できます。

ただし、利用日数の上限は90日間と決められており、最終的には他の口座タイプの開設が必要になってきます。

TradersTrustにはクラシック口座とプロ口座が用意されているので、プロモーション口座の開設とあわせてクラシックまたはプロ口座を開設しておくのがおすすめです。

この記事では、編集長オペラが、これからTTCMで取引を始める方向けに、口座開設の方法を詳しく解説していきます。

当サイト限定タイアップ 【TradersTrust×海外FXバンク】タイアップキャンペーン開催中!!!

当サイト経由でTradersTrustに新規口座開設をされた方を対象に、口座開設ボーナス20,000円をプレゼントしています。(通常は10,000円になります。)

海外FXの中でも、比較的高めの口座開設ボーナス額なので、是非この機会にTradersTrustで口座開設をしてみてはいかがでしょうか。もらったボーナスは、新規口座開設するだけで口座に自動的に振り込まれます。

TradersTrust(TTCM)には3種類の口座タイプがある

TTCMには、3種類の口座タイプが用意されています。

TTCMの口座タイプ
  • プロモーション口座:口座開設ボーナス対象
  • クラシック口座:入金ボーナスが対象
  • プロ口座:入金ボーナスが対象

プロ口座は、クラシック口座と同様に入金ボーナスが対象となっていますが、スペックは大きく異なります。

以下の表に口座ごとのスペックを記載したので、確認しておいてください。

プロモーション口座クラシック口座プロ口座
通貨タイプJPY、USD、EURJPY、USD、EURJPY、USD、EUR
最大レバレッジ100倍3000倍3000倍
手数料なしなし1ロット/片道300円
初回入金額入金不可(ボーナス利用)5000円20000円
スプレッド1.2pips~1.2pips~0.0pips~
ボーナス口座開設ボーナス入金ボーナス入金ボーナス

ボーナスの種類も考慮しながら、自分に合った口座タイプを選べるようにしましょう。

TTCM(TradersTrust)の口座開設における条件

TTCMには3種類の口座タイプがあります。

また、ほとんどの人は気にする必要がありませんが、TTCMでは口座開設を行うことができる条件も細かく定められているのです。

TTCMでの口座開設における条件について、詳しく見ていきましょう。

18歳以上の日本人は開設可能

国籍を問わず、18歳未満の方は口座開設を行うことができません。株式投資などは18歳未満でも開設可能な業者も存在しますが、FXの場合は国内・海外関係なしに18歳以上と決められているのです。

「18歳未満でもFXがしたい!」という方は、許可をとった上で親の口座で代わりにトレードを行うという手段がおすすめ。

ただし、許可を取らず勝手に親の名義で口座開設することは絶対にしてはいけません。

ごく稀なケースですが、親のお金でFXを行って大金を溶かしてしまった例もあります。

親の名義で取引を行う場合は、事前にルールなどについて話し合うようにしましょう。

米国市民は開設不可

米国との関わりが強い方は、口座開設を行うことができません。具体的に、口座開設を行えない方の条件を解説していきます。

まず、米国市民や米国居住者、米国生まれの方は口座開設ができません。「米国市民」というのは二重国籍も含みます。

米国の銀行口座や納税者番号を保有する方も、口座開設が禁止されています。

米国の郵送先住所または居住地住所を保有する方、米国に住所を持つ人に付与される有効な委任状あるいは署名者の権限を保有する方も口座開設を行うことができません。

このような米国市民への規制は、他者海外FX業者にも存在することが多い条件となっています。

日本人の方であれば気にする必要はないかと思いますが、一応目を通しておくようにしましょう。

TTCM(TradersTrust)のプロモーション口座開設の手順

ここからは、口座開設の手順について解説していきます。

それほど難しい手順はないので、あまり慣れていない方でも安心して口座開設を行えますよ。

まず、TTCMの「プロモーション口座特設ページ」にアクセスして基本情報を入力します。

氏名と国籍、電話番号、メールアドレスを入力したら「登録」をクリック。

登録後、メールアドレスに認証メールが届きます。

メール内に記載されている「メールアドレスの認証」をクリックしたら認証完了です。

認証が完了すると、パスワード設定画面にリダイレクトされます。

英語と数字を含む8文字以上のパスワードを入力して「新しいパスワードを設定」をクリックしましょう。

パスワード設定まで終えれば完了です。

その後、「ログアウト」をクリックして会員ページに戻り、メールアドレスとパスワードを入力して再びログインしましょう。

個人情報の入力画面に切り替わるので、半角英数字で入力します。

タイトル(Mr・Ms・Mrs)、名前、名字、生年月日、最終学歴などを入力しますが、後ほど提出する本人確認書類と一致するようにしましょう。

その後、連絡先情報・雇用状況・取引経験・同意書を入力して完了です。

その後、プロモーション口座の基本通貨を選択します。

基本通貨を設定して「作成」をクリックしましょう。

ここまで完了すれば、プロモーション口座の開設は完了です。

MT4にログインすれば、すぐに取引を始めることができます。

TTCM(TradersTrust)クラシック・プロ口座の開設方法

プロモーション口座の開設が完了したら、クラシック口座やプロ口座の開設まで行ってしまったほうが楽です。

ついでに済ませてしまいましょう。

ウォレット口座の通貨・タイプ・口座タイプ(Classic/Pro)、口座通貨・レバレッジを入力して、本人確認書類を提出すれば口座開設手続きは完了します。

1営業日以内に完了メールが送られてきたら、口座開設完了です。

クラシック口座・プロ口座でも取引を行うことができるようになります。

TTCM(TradersTrust)の口座開設後に必要な本人確認書類は?

プロモーション口座で取引を行う場合、書類を用いた本人確認は必要ありませんが、クラシック口座やプロ口座を開設する場合は認証にあたって書類の提出が必須です。

TTCMでは、本人確認で「身分証明書」と「住所証明書」を行います。本人確認で使用できる書類について、詳しく説明していきますね。

身分証明書

身分証明では、3つの書類を使用することができます。

パスポート、運転免許証、IDカードの3つです。

3つの書類の中から1つ選択して、本人確認に使用します。

住所証明書

住所証明でら、6つの書類を使用することができます。

公共料金明細書、銀行明細書、住民基本台帳カード、住民票・印鑑証明書類、健康保険証が利用可能です。

住所証明の場合は、身分証明と異なり「6ヶ月以内発行」の条件があります。

6ヶ月以内に発行された書類を持っていない場合は、事前に発行しておくようにしましょう。

TTCM(TradersTrust)の口座開設まとめ

いかがだったでしょうか?

TTCMでは、本人確認が必要になるクラシック口座やプロ口座を開設しなくても、条件付きではありますが取引を行うことができます。

プロモーション口座は開設するだけで1万円分のボーナスがもらえるので、使用感を確かめたい方にはもってこいのシステムです。

クラシック口座やプロ口座での取引を行う前に、プロモーション口座で取引を体験しておくとよいでしょう。

ただし、いずれはクラシック口座やプロ口座の開設が必要になります。プロモーション口座の開設とあわせて、開設しておくのがおすすめです。

これからTTCMでの取引を開始する予定がある方は、ぜひ今回説明した内容を参考にしてみてくださいね。

この海外FX記事の執筆者プロフィール

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら

『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』というベストセラー本の著者でもあり、ファイナンシャル・プランニング技能検定1級(日本FP協会認定国家資格)も保持しています。

著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXおすすめランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら