最大23,000円/海外FXでボーナスキャンペーン開催中業者

Exness(エクスネス)の口座開設方法|本人確認書類の登録も高画質画像付きで解説

Exness口座開設

海外FX業者のExness(エクスネス)なら口座開設が約5分で完結します!

満18歳以上かつExnessのサービス提供地域にお住まいの方であれば、誰でも簡単に開設できるので、今すぐお手持ちのデバイスで手続きを始めてみましょう!

本記事では、Exnessの口座開設方法を詳しくご紹介します。経済情報の入力や本人確認書類の提出など、口座有効化の手順も画像付きで解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

Exnessで口座開設する際のポイント
  • Exnessで口座開設するためには、以下の条件を満たしている必要があります。
    ①満18歳以上である
    ②本人確認・住所確認書類を提出できる
    ③Exnessのサービス提供地域に居住している
    (※日本人はOK)
  • Exnessの口座開設はたったの4ステップで完了!
    口座開設フォームの入力→取引口座の開設→本人確認書類の提出→入金して取引開始
    電話番号は最初の0を省略して入力しましょう。
    ※090-1234-5678の場合は「+81 9012345678」
    ※+81は日本の国番号になります。
    早速、下のボタンをクリックして口座開設フォームを入力し、手続きを始めましょう!

\ 世界で最も利用されている口座! /
Exnessで口座開設する (無料)

公式サイト:https://www.exness.com/

目次

Exness(エクスネス)の口座開設方法は4ステップ

Exnessの口座開設は大きく分けて4ステップです。

  1. 口座開設フォームの入力
  2. 取引口座の開設
  3. 本人確認による口座有効化
  4. 口座に入金して取引開始

まず、口座開設フォームに必要事項を入力し、取引口座を開設します。口座開設はスマホやパソコンなどを使って、オンライン上で完結できます。

次は、プロフィール入力や本人確認書類の提出などの口座有効化手続きです。口座が無事に認証されると、全てのサービスを利用できるようになります。

Exness(エクスネス)で口座開設するための条件

Exnessでは、以下の条件を満たしている方のみ口座開設を行えます。

Exness(エクスネス)で口座開設する際に満18歳以上である

Exnessで口座開設するためには、満18歳以上でなければいけません。

外国為替市場において、18歳に満たない方の取引は禁じられています。リアル口座はもちろん、デモ口座の開設もできません。

Exness(エクスネス)で本人確認・住所確認書類を提出できる

Exnessで正式な取引をするためには、個人情報登録や本人確認、住所確認などが必要です。

個人情報登録では、トレーダーの氏名や生年月日、住所をはじめ、資産状況や投資経験などを入力しなければなりません。

また、本人確認と住所確認では「有効期限内の顔写真付き身分証明書」と「発行から6カ月以内の現住所証明書」の提出が必要です。

Exness(エクスネス)のサービス提供地域に住んでいる

Exnessは、日本を含む世界各国でサービスを展開しています。ただし、サービスを提供していない以下の地域にお住いの方や国籍をお持ちの方は口座開設できません。

以下の地域の国籍をお持ちの方・お住まいの方

アメリカ合衆国、アメリカ領サモア、ベーカー島、グアム、ハウランド島、キングマン・リーフ、マーシャル諸島、北マリアナ諸島、プエルトリコ、ミッドウェー島、ウェーク島、パルマイラ・アトール、ジャービス島、ジョンストン環礁、ナバッサ島、バチカン市国、アメリカ領バージン諸島

以下の地域にお住まいの方

カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、バヌアツ、北朝鮮、マレーシア、ロシア、アンドラ、オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、イタリア、アイルランド、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、モナコ、ノルウェー、オランダ、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、サンマリノ、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス、セーシェル、イラク、イラン、シリア、イエメン、イスラエル、パレスチナ自治区、ジブラルタル、キュラソー

国籍はパスポートの国籍で判断します。よって、アメリカ合衆国のパスポートを保有している方の国籍はアメリカ合衆国になるので、口座開設はできません。

住所については、その国に在住しているかで判断します。たとえ国民でなくても、サービス非提供地域に在住している場合には、Exnessでの口座開設はできません。

Exness(エクスネス)の口座開設方法&手順

では、早速Exnessの口座開設手順を解説していきます。まずは、口座開設フォームにて、必要事項を入力し、取引口座を開設しましょう。

下のボタンをクリックし、口座開設フォームを開きます。

\ 世界で最も利用されている口座! /
Exnessで口座開設する (無料)

公式サイト:https://www.exness.com/

Exness(エクスネス)口座開設フォームの入力

口座開設フォームにて、居住している国と地域、メールアドレス、パスワードを登録します。

Exness(エクスネス)口座開設フォームの入力
居住国/地域例:Japan(日本)
メールアドレス例:kaigaifxopera@gmail.com
パスワード例:Abcdefg0123+

まず、居住国を選択しましょう。たとえ日本国籍をお持ちでなくても、日本に在住しているのであれば、「Japan(日本)」を選んでください。

次に、メールアドレスを入力しましょう。ここで登録するメールアドレスには、公式からの重要な連絡も届くので、必ず利用可能な連絡先を入力してください。

続いて、パスワードを設定します。大文字・小文字・数字・特殊文字をそれぞれ含み、8~15文字で作成してください。

Exness(エクスネス)口座開設フォームの送信

居住国などの入力を終えたら、画面下の誓約文を読んでチェックを入れます。入力事項や誓約内容に間違いがないことを確認した上で、「続行」をクリックしましょう。

Exness(エクスネス)口座開設フォームの送信

「続行」をクリックすると、トレーダーがExnessの規約に同意したものとみなされます。

取引を始める際には、Exnessの「取引条件に関する同意書」や「一般取引約款」、「パートナーシップに関する同意書」などに一度目を通しておきましょう。

Exness(エクスネス)口座開設フォームの登録完了メール

口座開設フォームの送信が完了すると、先ほど登録したアドレスに公式から「パーソナルエリアへのログイン情報」というメールが届きます。

本文中にある「取引口座を開始する」ボタンをクリックし、Exnessのパーソナルエリアにログインしましょう。

Exness(エクスネス)口座開設フォームの登録完了メール

なお、この時点で「MT5スタンダード口座(米ドル)」が自動的に開設されています。他の口座タイプや通貨で取引したい方は、このまま口座開設手続きを行いましょう!

Exness(エクスネス)で取引口座を選択

メールの本文中にある「取引口座を開始する」ボタンをクリックすると、以下のような画面が表示されます。

デモ口座または本取引口座を選べますが、リアルな取引を始めたい方は迷わず「本取引口座」をクリックしましょう。

Exness(エクスネス)で取引口座を選択

Exness(エクスネス)で新規口座開設を選択

マイページを開いたら、画面右上の「新規口座開設」をクリックします。

Exness(エクスネス)で新規開設口座を選択

Exness(エクスネス)で口座タイプを選択

口座開設画面に移行したら、口座タイプを選択しましょう。

「スタンダード」「プロ」「ロースプレッド」「ゼロ」のうち、希望の口座タイプを選択したら、黄色の「続行」ボタンをクリックします。

Exness(エクスネス)で口座タイプを選択

なお、取引プラットフォームは画面右上で切り替えられます。おすすめは「MT5」ですが、「MT4」の利用も可能です。

Exness(エクスネス)で口座情報を登録

口座タイプを選択したら、取引口座の詳細を設定していきましょう。

Exness(エクスネス)で口座情報を登録
口座の種類例:本取引口座
最大レバレッジ例:「1:2000」
通貨例:JPY-日本円
口座ニックネーム例:スタンダード
口座パスワード例:Abcdefg0123+

まず、「デモ口座」または「本取引口座」を選択し、口座の種類を確定させます。

続いて、最大レバレッジの設定です。レバレッジは「1:無制限」「1:2000」「1:1000」「1:800」「1:600」「1:500」「1:400」「1:200」「1:100」「1:50」「1:20」「1:2」「カスタム」の中から選択できます。

次は、通貨の設定です。「JPY-日本円」のほか、「USD-米ドル」や「EUR-ユーロ」も選択できます。

続いて、口座ニックネームの設定です。「MT5スタンダード2000」など、口座タイプや取引プラットフォーム、通貨、レバレッジなどの情報を含めて設定するのがおすすめです。

最後に口座パスワードを設定します。設定条件は「大文字・小文字・数字・特殊文字を含む8~15文字」で、パスワードは取引プラットフォームへのログイン時に利用します。

これらの情報を間違いなく入力したら、画面下部にある「口座開設」ボタンをクリックしましょう。

MT5のプロ口座を開設する場合、注文執行方式を「即時約定」または「成行約定」で設定することが可能です。

アカウントによっては、MT5のプロ口座を開設する際に注文執行方式を選べないことがあります。その場合には、自動的に「即時約定」となるので注意しましょう。

Exness(エクスネス)口座開設完了

「口座開設」ボタンを押すと、マイページで開設した口座情報を確認できます。自動的に作成された「MT5スタンダード口座(米ドル)」とともに、確認しておきましょう。

Exness(エクスネス)口座開設完了

なお、開設したリアル口座の情報がメールで送付されることはありません。取引プラットフォームの口座番号やパスワードを確認・変更したい方は、マイページをご覧ください。

以上、Exnessの口座開設手順でした。取引を始めたい方は、以下で紹介する口座有効化の手続きを行いましょう。

Exness(エクスネス)の本人確認とは

Exnessの保有する金融ライセンスは、安全性・信頼性が非常に高いことで有名です。そのため、順守している基準やコンプライアンスは厳格で、顧客の本人確認も徹底しています。

本人確認手続きでは、個人情報や経済情報の入力に加え、本人確認書類や住所証明書類の提出が必要です。Exnessの本人確認手続きについて、以下でさらに詳しく説明します。

Exness(エクスネス)の本人確認に必要な書類

Exnessの口座有効化には、「有効期限内の顔写真付き本人確認書類」「発行から6カ月以内の住所証明書類」もしくは「有効期限まで1カ月以上ある現住所証明書」の提出が必要です。

本人確認書類
(身分証明書)
・氏名、生年月日、顔写真が含まれている
・政府(公的機関)によって発行されている
・有効期限内である
住所証明書類
(現住所証明書)
・氏名、現住所が記載されている
・記載されている発行日が6カ月以内である
(※または、有効期限まで1カ月以上ある)
・発行元の信頼性の高い書類である

Exness(エクスネス)で本人確認する前後のサービス比較

サービス口座有効化前口座有効化後
リアル口座の開設
追加口座開設
取引口座への入金上限付きで可
(※上限2,000ドル)
無制限
入金・決済方法一部利用可
(※国内銀行送金・bitwallet・STICPAY・WebMoney)
全て利用可
取引可能
取引口座からの出金不可

口座を有効化することで、様々なサービスを自由に利用できるようになります。取引口座をまだ開設していない方は、下のボタンから口座開設を行いましょう。

\ 世界で最も利用されている口座! /
Exnessで口座開設する (無料)

公式サイト:https://www.exness.com/

Exness(エクスネス)で本人確認する手順

では、Exnessで本人確認する手順をご紹介します。本人確認手続きを行うためには、マイページへのログインが必要です。

Exness(エクスネス)で認証手続きを開始

マイページにログインしたら、画面右上にある「プロフィールを完了」をクリックしましょう。

Exness(エクスネス)で認証手続きを開始

すると、「入金が行えるようになるまで、あと3ステップです」と表示されるので、右下の「今すぐ開始」をクリックします。

Exness(エクスネス)で「今すぐ開始」をクリック

Exness(エクスネス)でメールアドレスを認証

「今すぐ開始」をクリックすると、登録しているメールアドレスの認証が始まります。

公式から届く認証メールを確認し、本文中に記載されている6桁の認証コードを入力しましょう。正しく入力できたら、右下の「続行」をクリックします。

Exness(エクスネス)からのメール本文中に記載されている6桁の認証コードを入力

メールアドレスが認証されると、以下の画面に移行します。「入金が行えるようになるまで、あと2ステップです」と表示されたら、右下の「電話番号を確定」をクリックしましょう。

Exness(エクスネス)で「電話番号を確定」をクリック

Exness(エクスネス)で電話番号を認証

続いて、電話番号の認証に移ります。画面が切り替わったら、頭の0を除く10桁の電話番号を入力し、確認コードの受け取り方を選択して、「続行」をクリックしましょう。

Exness(エクスネス)で電話番号を入力

SMSを選択した場合、電話番号のメッセージに6桁の認証コードが届きます。そのコードを間違いなく入力し、右下の「続行」をクリックしてください。

Exness(エクスネス)で6桁の認証コードを入力

すると、「入金が行えるようになるまで、あと1ステップです」という画面が表示されるので、右下の「今すぐ完了してください」をクリックします。

Exness(エクスネス)で「今すぐ完了してください」をクリック

Exness(エクスネス)でプロフィール情報を登録

続いては、プロフィール情報の入力に移ります。

Exness(エクスネス)でプロフィール情報を登録
例:Ichiro
例:Tanaka
生年月日例:20/1/1998(日/月/年)
現住所例:101,5-2-4,shinjuku,shinjuku-ku,Tokyo
性別例:男性

まず、氏名を登録します。身分証明書(パスポートなど)に記載されている名前と名字を正しく入力しましょう。

次に、生年月日の登録です。日/月/年の順番に生年月日を選択します。

続いて、現住所の登録です。ローマ字表記で番地・市区町村・都道府県の順に入力します。

最後に、性別の選択です。「女性」「男性」「その他」の中から選びましょう。

以上の項目をもれなく入力したら、右下の「続行」ボタンをクリックしてください。

Exness(エクスネス)に経済情報を申告

プロフィール情報を登録すると、自動的に経済情報の登録手続きが始まります。

Exness(エクスネス)で口座開設する目的

まずは、口座開設の目的を選択します。「投資」「ヘッジ」「投機」の中から適切なものをクリックしましょう。

Exness(エクスネス)で口座開設する目的を選択

Exness(エクスネス)に収入源を申告

続いて、収入源を選択します。「預金」「雇用/事業収益」「家賃収入」「借入金/ローン」「年金」「相続」の中から適切なものにチェックを入れ、右下の「続行」をクリックしましょう。

Exness(エクスネス)に収入源を申告

Exness(エクスネス)に職業・業界を申告

続いて、職業や業界を選択します。「会計」「事務/秘書」「農業」「ケータリング/ホスピタリティ」などの中から適切なものを選択し、右下の「続行」をクリックしましょう。

Exness(エクスネス)に職業や業界を申告

Exness(エクスネス)に純資産を申告

続いて、純資産の申告です。現金と銀行口座残高を合わせた現在の純資産を計算し、選択肢の中から最も適切なものをクリックしましょう。

Exness(エクスネス)に純資産を申告

Exness(エクスネス)に雇用状況を申告

続いて、雇用状況の登録です。「就業中(フルタイム)」「パート・アルバイト」「自営業」などの中から適切なものをクリックします。

Exness(エクスネス)に雇用状況を申告

Exness(エクスネス)に年収の手取り額を申告

続いて、年収の手取り額を申告します。いくつかある選択肢の中から適切なものを選び、クリックしましょう。

Exness(エクスネス)に年収の手取り額を申告

Exness(エクスネス)にCFD取引の経験を申告

続いて、CFD取引の経験を申告します。過去3年間における、実資金でのCFD取引の経験について、選択肢の中から適切なものを選びクリックしましょう。

Exness(エクスネス)にCFD取引の経験を申告

Exness(エクスネス)にトレーディングスキルの習得期間を申告

続いて、トレーディングスキルの習得に必要な時間を申告します。自身の取引経験に合わせて適切なものを選び、クリックしましょう。

Exness(エクスネス)にトレーニングスキルの習得期間を申告

Exness(エクスネス)に投資する月収を申告

続いて、Exnessに投資する月収を申告します。「今のところなし」から「月収の50%以上」まで、自身の計画に最も近い選択肢を選びクリックしましょう。

Exness(エクスネス)に投資する月収を申告

Exness(エクスネス)での1年のトレード計画を申告

続いて、1年のトレード計画を申告します。「高尚な趣味として続けたい」「トレーディングコーチになりたい」などの中から適切なものを選び、クリックしましょう。

Exness(エクスネス)での1年のトレード計画を申告

Exness(エクスネス)で取引予定のある商品を申告

続いて、取引予定の商品を選択します。「貴金属」「外国為替/通貨ペア」などの中から取引予定のある商品にチェックを入れ、「続行」をクリックしましょう。

Exness(エクスネス)で取引予定のある商品を申告

Exness(エクスネス)を知ったきっかけを選択

最後に、Exnessを知ったきっかけを申告します。「テレビ」「Youtube」などの中から適切なものを選び、右下の「送信」をクリックしましょう。

Exness(エクスネス)を知ったきっかけを選択

以上で経済情報の登録は完了です。ここまでの手続きで、30日間は最大2,000ドルの入金で取引できるようになります。

ただし、30日が経過すると本人確認手続きを求められます。

ストレスフリーに取引を楽しみたい方は、この流れで「今すぐ本人認証を行う」をクリックし、手続きを完結させましょう!

Exness(エクスネス)で「今すぐ本人認証を行う」をクリック

Exness(エクスネス)で本人確認に必要な書類を登録

Exnessで本格的な取引を楽しむためには、書類の認証による本人確認が必須です。

まずは名前を確認し、正しければ「書類をアップロード」をクリックしましょう。

Exness(エクスネス)で「書類をアップロード」をクリック

続いて、データの使用に関する同意を行います。アメリカ合衆国の国民・居住者・在住者でない方は「その他」を選択し、規約を読んだ上で「同意して続行」をクリックしましょう。

Exness(エクスネス)で「同意して続行」をクリック

すると、本人確認の認証に移ります。身分証明書の発行国や地域を選択し、提出する身分証明書の種類を選びましょう。

なお、「パスポート」「運転免許証」「IDカード」「住民登録カード」の4種類が身分証明書として認められます。

Exness(エクスネス)で身分証明書の種類を選択

最後に、身分証明書を撮影しアップロードします。この時、書類の四隅を含めた鮮明かつ高画質な写真を撮りましょう。

Exness(エクスネス)で「書類を送信」をクリック

身分証明書の提出後は、同様の手順で住所証明書類の提出が必要です。

「発行から6カ月以内の住所証明書類」もしくは「有効期限まで1カ月以上ある現住所証明書」を用意し、鮮明かつ高画質な写真を送付しましょう。

Exness(エクスネス)の口座開設に関するQ&A

ここまでExnessの口座開設についてご紹介してきました。初心者の方でも安心して始められますが、まだ不安や疑問があるという方向けに、よくある質問を紹介しておきます。

Exness(エクスネス)の口座開設に本人確認書類は必要ですか

口座開設のみの場合であれば、本人確認書類の提出は不要です。

ただし、入出金や取引などのサービスに制限なく行うためには、顔写真付き身分証明書と住所証明書の提出が必要です。

どちらもオンライン上で提出できます。認証されればExnessの全サービスを利用できるようになるので、本格的に取引したい方は必ず本人確認手続きを行いましょう。

Exness(エクスネス)の口座開設に必要な書類は何ですか

口座有効化に必要な書類は以下の2種類です。

  • 有効期限内の写真付き身分証明書:パスポート、運転免許証、IDカード(マイナンバーカード)、住民登録カード
  • 発行から6カ月以内の現住所証明書:住民票、公共料金請求書、納税証明書、銀行残高証明書、年金支払い証明書、自動車納税証明書、ふるさと納税証明書など

なお、現住所証明書の代わりとして、国民健康保険証などの「有効期限まで1カ月以上ある現住所証明書」の提出も可能です。

Exness(エクスネス)の口座開設に手数料はかかりますか

口座開設に手数料はかかりません。口座タイプや取引条件などは関係なく、どの口座も無料で開設できます。

また、どの口座タイプでも口座維持費は一切かかりません。取引以外の面で費用が発生することはないので、初心者の方でも安心して挑戦できます。

Exness(エクスネス)の口座開設に関する問い合わせ先はどこですか

Exnessの口座開設に関して質問のある方は、公式のチャットまたはサポートデスクに問い合わせましょう。なお、日本語サポートデスクは平日8時から24時まで営業しています。

Exness(エクスネス)の口座開設は18歳未満でも可能ですか

Exnessでは、18歳未満の口座開設を認めていません。たとえ本人以外の名義で開設したとしても、規約違反が発覚した時点で口座凍結になる恐れもあります。

Exness(エクスネス)の口座開設は何分で完結しますか

口座開設は約5分で、口座有効化は最長1日で完了します!

開設からたった1日で本格的な取引を始められるので、ぜひ今すぐ口座開設しましょう!

Exness(エクスネス)で追加口座や複数口座の開設は可能ですか

Exnessなら、MT4口座とMT5口座のそれぞれで100口座ずつ開設できます。合計200口座まで開設できるので、取引スタイルに合わせて使い分けたい方にもおすすめです!

Exness(エクスネス)でデモ口座は開設できますか

Exnessはデモ口座も取り扱っています。開設方法はリアル口座とほぼ同様です。

  1. 口座開設フォームで必要事項を入力する
  2. 取引口座の選択画面で「デモ口座」を選ぶ
  3. 口座開設完了

デモ口座を開設すると、すぐにチャート画面が表示されます。デモ口座の取引は簡単に始められるので、初心者の方も気軽に挑戦してみてください!

Exness(エクスネス)で法人口座は開設できますか

Exnessでは法人口座の開設が可能です。ただし、事前に個人口座を開設していることが条件になります。

法人口座の開設手順は以下の通りです。

  1. 個人口座を開設する
  2. プレミアプログラムの「シグネチャー会員」になる
  3. 法人口座開設に必要な書類を提出する

このように、法人口座の開設にはいくつかのステップが必要です。まずは個人口座を開設し、プレミアプログラムの「シグネチャー会員」になりましょう。

Exnessの法人口座を開設するためには、申込書や法人の登記簿謄本などの書類提出が必要です。

なお、法人口座は個人口座と同様の条件で取引できます。法人口座で利益を出すためにも、あらかじめ個人口座で取引に慣れておくと良いでしょう。

Exness(エクスネス)に口座開設ボーナスはありますか

Exnessは口座開設ボーナスキャンペーンを開催していません。

これまでに開催された実績がないため、今後も開催されないと思われます。

ボーナスキャンペーンを実施しない代わりに、Exnessは業界最狭レベルのスプレッドや無制限のレバレッジといった充実した取引環境を提供しています。

優れた条件で取引を楽しみたい方は、必ずExnessで口座開設しておきましょう!

Exness(エクスネス)の口座開設【まとめ】

本記事では、Exnessの口座開設方法をご紹介しました。

Exnessの口座開設は非常に簡単で、初心者の方でも約5分で完結できてしまいます。また、有効化も最長1日で完了するので、本格的な取引をすぐに始められます。

無制限のハイレバ取引を安全に楽しみたい方は、今すぐExnessで口座開設と有効化の手続きを行いましょう!

\ 世界で最も利用されている口座! /
Exnessで口座開設する (無料)

公式サイト:https://www.exness.com/

ABOUT US
海外FXバンク編集部(編集長 柏木修一)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー 柏木修一が編集長をしています。 → この海外FX記事を書いた海外FXバンク編集部(編集長 柏木修一)の詳しいプロフィールはこちら

『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』というベストセラー本の著者でもあり、ファイナンシャル・プランニング技能検定1級(日本FP協会認定国家資格)も保持しています。

著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXおすすめランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた海外FXバンク編集部(編集長 柏木修一)の詳しいプロフィールはこちら