【2021年10月更新】海外FXでボーナスキャンペーン開催している業者一覧

FXGTのロスカットや証拠金維持率の計算方法、対処法の総まとめ

FXGTのロスカット

この記事では、FXGTのロスカット水準について詳しく解説しています。

  • FXGTは証拠金維持率が何%でロスカットされるのか?
  • 証拠金維持率はどうやって計算すればいいのか?
  • ロスカットを避けるためにはどうしたらいいのか?

海外FX業者であるFXGTに対して、このような疑問を持たれてはないでしょうか?ロスカットは海外FXを行う上で最も避けなければならないことの1つなので、これらの疑問を解決することは重要なことです。

ロスカットについて分からないままだと「どうしてロスカットされたか分からない・・・」というように危険なので、ここではFXGTにおけるロスカットに関する情報をまとめてお伝えしていきます。

オペラ

海外FXで最も危険なロスカットを避けるための方法をここで学び、安心安全なトレードができるようにしていきましょう。

また、FXGTの評判について詳しく知りたい方は、以下の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

fxgtの評判
 FXGT公式サイトの口座開設フォームはこちら 

ロスカットされたらどうなる?

海外FXで最も避けなければならないと言われているロスカット。では、ロスカットされたらどうなるでしょうか?「そもそも、ロスカットって何?」というように思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ロスカットとはトレーダーの損失が拡大しないように、証拠金維持率がある一定のラインに達したときに損失を確定されることをいいます。

証拠金維持率とは、必要証拠金(ポジションを保有するために必要な資金のこと)に対する有効証拠金(担保として口座に保持している資金のこと)の割合のことです。

このように一見すると、ロスカットはユーザーの救済システムのようにも思えてしまいますよね。

しかし、保有している通貨の価格が今後上昇することで孫窒を挽回できるチャンスがあったとしても、ロスカットが適用されることによって損失を挽回するチャンスが無くなってしまいます。そのため、「このままいけば利益になったのに、強制ロスカットのために損失で終わってしまった・・・」というようなケースに陥ってしまうこともあるのです。

このようなデメリットがあるため、トレーダーはロスカットを絶対に避けて運用していく必要があります。

なお、FXGTのボーナスを活用して、証拠金を増やすことができます。十分な証拠金があれば、ロスカットされにくいので、最大限ボーナスを活用していきましょう。そんなFXGTのボーナスキャンペーンについて詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

fxgtのボーナス

ロスカットが発動する証拠金維持率のライン(ロスカットライン)は、各FX業者ごとに異なっているため注意が必要です。では、FXGTのロスカットラインは何%に定められているのでしょうか?

FXGTのロスカットラインは口座タイプによって異なる!

前までのFXGTではロスカットラインは、50%と定められていました。しかし、2021年6月28日からFXGTのロスカットラインはセント口座・ミニ口座・スタンダード口座だと20%、ECN口座だと40%に変更になりました。

FXGTでは証拠金維持率がそれぞれ20%・40%を下回ることで、保有しているポジションが強制的にクローズされてしまうというルールです。

この比率は、海外FX業者としてはどうなのでしょうか?他の海外FX業者の場合はロスカットラインを20~30%に定めていることが多いため、FXGTのロスカットラインは平均的だと言えるでしょう。

ただし、ECN口座は40%となっているため、ロスカット水準が気になる方はセント口座・ミニ口座・スタンダード口座を利用することをおすすめします

マージンコールラインも口座タイプによって異なる!

過去のFXGTのマージンコールラインは80%となっていましたが、2021年6月28日からセント口座・ミニ口座・スタンダード口座は50%、ECN口座は70%に変更となりました

マージンコールとは、証拠金維持率がロスカットラインに近づいてきたことを、トレーダーに知らせるシステムのことです。そして、このマージンコールも証拠金維持率がある一定のライン(マージンコールライン)に達した時点で発令されます。

トレーダーはマージンコールによってロスカットが近いことを知ることができ、避けることができます。そのため、マージンコールは重要なシステムだと言えるでしょう。

また、マージンコールを発令しない業者もあるため、マージンコールを採用しているFXGTは良心的な業者だとも言えます。

ゼロカットシステム採用のため追証なし

FXGTはゼロカットシステムを採用しているため、追証(借金のこと)が発生することがありません。ゼロカットシステムとは、口座残高がマイナスになった場合に、マイナス分をゼロに戻してくれるユーザー救済システムのことです。

ハイリスクになりがちな海外FXを行っていく上では、ロスカットを絶対的に防ぐことは難しいでしょう。さらに、スイスフランショック・リーマンショックといった暴落の際には、ロスカットが上手く作動されないという状況もありました。

そして、気が付くと口座残高がマイナスになっていて、そのタイミングでロスカットされることもあるようです。そのため、FXGTのようにゼロカットシステムを採用していることは、トレーダーとして非常にありがたいことだと言えるでしょう。

そんなFXGTの口座開設方法について詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

fxgtの口座開設

FXGTでロスカットを避けるための方法

ここまでで、ロスカットに関する概要・FXGTのロスカットラインについて理解を深めることができたでしょう。それでは、実際にFXGTでロスカットを避けていくにはどうしたらいいのか、その方法について解説していきたいと思います。

FXGTでロスカットを避けるための方法としては、以下3つの方法が挙げられるでしょう。

  • 取引口座へ追加入金を行う
  • 強制ロスカット前に損切を行う
  • ハイレバレッジに気を付ける

これら3つの方法はどういうことなのか、1つずつ確認していきましょう。

取引口座へ追加入金を行う

ロスカットされる前に取引口座へ追加入金することで、強制ロスカットを避けることが可能です。取引口座へ追加入金するタイミングとしては、上述した「マージンコールが発令されたとき」などが挙げられます。

マージンコールはロスカットをさけるための警報でもあるので、しっかりと対応していきましょう。また、FXGTの入金方法としては以下4種類の方法が挙げられます。

  • クレジットカード
  • 仮想通貨
  • bitwallet
  • 海外銀行送金

このようにFXGTでは、海外FXにおいて代表的な入金方法であるbitwalletを行うことができるのがメリットの1つです。クレジットカード・仮想通貨・bitwalletによる入金は即日に反映できますが、海外銀行送金による入金だと即日反映されないので注意してください。

強制ロスカット前に損切を行う

強制ロスカットをされる前にトレーダー自身が損切り(損失を確定させること)してしまうということも、強制ロスカットを避ける方法としては有効的だと言えるでしょう。

FXにおいては自分で損失を確定させる損切を行うことが、非常に重要だと言われています。損失が拡大しないようにトレーダー自身がマネジメントし、いかに損失を抑えることができるかが、トレーダーの手腕だと言えるほどです。

そのため、勝率が高いトレーダーほど損切りを機械的に行い、損失拡大防止を徹底しています。FX初心者でも損切ラインを設定するなりして、このように損切りを徹底することがおすすめです。

ハイレバレッジに気を付ける

FXGTでは証拠金維持率だけでなく、レバレッジにも注意することが肝心だといえます。レバレッジとは、元手の資金以上の利益を狙えるようにするためのシステムのことです。

FXGTでは最大1000倍のレバレッジでトレードをすることができますが、証拠金維持率に余裕がなければ即ロスカットされてしまうでしょう。そのため、1000倍のハイレバレッジトレードを行う場合は、口座残高に十分なゆとりを持たせることが重要です。

レバレッジについて詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

FXGTのレバレッジ

FXGTにおける証拠金維持率の計算方法

ここまでで、ロスカットを避けるには証拠金維持率を把握しておくことが重要だということがお分かりいただけたと思います。

証拠金維持率は、以下の計算で求めることが可能です。

証拠金維持率(%)=(有効証拠金÷必要証拠金)×100  

この有効証拠金が必要証拠金の20%もしくは40%を下回ることで、ロスカットが発動する仕組みとなっています。それでは、以下の計算方法についても押さえておきましょう。

  • 必要証拠金の計算方法
  • ロスカットラインに達した際の有効証拠金の計算方法
  • ロスカットされるまで耐えることができる含み損の計算方法

これら3つの計算方法について、1つずつ確認していきます。

必要証拠金の計算方法

先ほどのおさらいですが、必要証拠金とはポジションを保有するために必要な資金のことを指します。必要証拠金は、以下の計算式から導き出すことが可能です。

必要証拠金=注文時の価格×取引ロット数(取引枚数)÷口座レバレッジ

このように口座レバレッジで最終的に割るので、口座レバレッジが低いほど必要証拠金が少なくなります。

ロスカットラインに達した際の有効証拠金の計算方法

改めてのご紹介となりますが、有効証拠金とは担保として口座に保持している資金のことを指します。そして、ロスカットラインに達した際の有効証拠金は以下の計算式で求めることができます。

ロスカット水準に達した場合の有効証拠金=必要証拠金×ロスカット水準(%)

ロスカットされるまで耐えることができる含み損の計算方法

含み損(ふくみぞん)とは、保有している通貨の価格が買った時よりも下がっており、売却することで損失ができる状態のことを指します。

ロスカットされるまで耐えることができる含み損は以下の計算式で求めることができるので、よく確認しておきましょう。

ロスカットまで耐えれる含み損=口座残高-ロスカット時の有効証拠金

FXGTの証拠金維持率はMT5で確認することができる

「FXGTで開設した口座の証拠金維持率を、リアルタイムで確認したい」というように思われている方もいらっしゃるでしょう。証拠金維持率は常に変動しているため、ポジション保有時に計算しても正しい証拠金維持率を導き出すのは難易度が高いものです。

そこで、MT5を活用することでFXGTの証拠金維持率を確認することができます。MT5のターミナル「取引」から、現在保有しているポジションの証拠金維持率・有効証拠金・必要証拠金・口座残高など、さまざまな情報を確認することが可能です。

このように、FXGTではマージンコールの他にも現在の証拠金維持率を確認する方法があります。

まとめ

いかがだったでしょうか?FXGTでトレードをしていく上で重要なロスカット回避について、理解を深めることができたことでしょう。

FXGTはロスカットラインが高いことがデメリットだと記述しましたが、ロスカットラインが高いことはロスカット後の証拠金が多く残るというメリットもあります。そのため、運用しだいではロスカットが高い業者でも問題なく運用をすることも可能です。

ここで学んだことを生かし、ロスカットを際限まで避けることができる運用をしていきましょう。

 FXGT公式サイトの口座開設フォームはこちら 

この海外FX記事の執筆者プロフィール

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら

『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』というベストセラー本の著者でもあり、ファイナンシャル・プランニング技能検定1級(日本FP協会認定国家資格)も保持しています。

著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXおすすめランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら