AXIORY(アキシオリー)はスキャルピングと相性抜群!その5つの理由と注意点を徹底解説

AXIORY(アキシオリー)は日本人ユーザーから非常に人気のある海外FX業者です。

主婦トレーダー

AXIORYってスキャルピングトレードに向いているの?

そんなAXIORYに対してこのような疑問をお持ちの方も多くいらっしゃるでしょう。スキャルピングトレードが取引スタイルの方は特に気になりますよね。

結論から言うと、AXIORYはスキャルピングトレードと相性抜群の業者です!

この記事では、AXIORYがスキャルピングに向いている5つの理由と注意点を詳しく解説していきます。

AXIORY(アキシオリー)はスキャルピングしてもいいの?

AXIORYは公式にスキャルピングを認めています。

しかしFX 業者の中には、国内FX業者でも海外FX業者でもスキャルピングを制限・禁止している業者が存在します。

スキャルピング禁止の国内FX業者と海外FX業者は以下の通りです。

  • DMM FX
  • SBI FXトレード
  • iFOREX
  • LAND-FX(経済指標発表時・自動売買使用のスキャルピングを禁止)

これらの業者でスキャルピングを行うと、たとえ知らなかったとしても「不正行為」とみなされます。そうすると、利益の没収や出金拒否といったペナルティが課せられてしまいます。

その点、AXIORYは公式サイトのF&Qでも堂々とスキャルピングができることを記載しています。

スキャルピング(超短期売買)はできますか?

スキャルピング(超短期売買)は可能です。また、スキャルピングの回数に制限は設けておりません。

AXIORY公式ホームページから引用 
https://www.axiory.com/jp/support/faq/trading-condition#scalping

AXIORY(アキシオリー)がスキャルピングと相性抜群の5つの理由

スキャルピングをするならAXIORYを選ぶ5つの理由をご紹介します。

AXIORYを選ぶ理由
  1. 約定力が高い
  2. スプレッドが狭い
  3. 完全ECN方式を採用している
  4. NDD方式を採用している
  5. スキャルピング向けのcTraderが利用可能

それでは、ひとつずつみていきましょう。

約定力が高い

AXIORYは約定力が非常に高いので、スキャルピングに向いています。

約定力とは、トレーダーが注文したときの内容のまましっかりと成立する力のことをいいます。この約定力が弱いと、注文が通らなかったり、思った価格で注文が成立しなかったりなどの問題が発生してしまいます。

スキャルピングトレードでは、短期間で小さな利幅を狙っていくので、約定力が低いとそれだけ不利といえるでしょう。特に、スキャルピングトレードは売買回数が他のトレードスタイルと違って多いので、価格のズレが積み重なればその分最終的な損益に大きな悪影響を与えてしまいます。

また、約定力が低い場合思った通りにトレードができないので、メンタルにも影響してしまいます。

その点、AXIORYの約定力は実績99.99%となっているため、安心して取引することができます。管理人も実際にAXIORYでスキャルピングトレードを行った際に、約定力の高さを実感しました。

②スプレッドが狭い

前述した通り、スキャルピングは短期間で小さな利幅を狙うトレードスタイルなので、利益をさらに伸ばそうとすると売買回数はその分多くなってしまいます。

売買回数が多くなってくると、スプレッドの存在も無視できなくなってくるので、スキャルピングトレードはスプレッドが狭い業者を利用しましょう。

それでは、実際にAXIORYと他の人気海外FX業者4社のスプレッドを比較してみましょう。

通貨ペアAXIORY
スタンダード口座
XM
スタンダード口座
BigBoss
スタンダード口座
TitanFX
スタンダード口座
HotForex
プレミアム口座
USD/JPY
(ドル円)
1.2pips1.8pips1.7pips1.3pips1.7pips
EUR/JPY
(ユーロ円)
1.3pips2.6pips2.3pips1.5pips1.6pips
GBP/JPY
(ポン円)
1.8pips4.1pips2.9pips2.3pips3pips
AUD/JPY
(オージー円)
1.8pips3.4pips2.2pips1.7pips2.6pips
EUR/USD
(ユーロドル)
1.2pips1.8pips1.9pips1.2pips1.1pips
GBP/USD
(ポンドル)
1.3pips2.4pips2.5pips1.7pips1.7pips
AUD/USD
(オージードル)
1.6pips1.8pips1.8pips1.4pips1.7pips

5社の中で最も狭いスプレッドは赤文字にしてみました。
※同じスプレッドの場合は両方を赤文字にしています。

このように、海外FX業者の中でもAXIORYのスプレッドは狭いことがわかります。

完全ECN方式を採用している

AXIORYは、完全ECN方式を採用しています。

ECN方式とは、トレーダーの注文をインターバンク市場の注文と直接マッチングさせる取引方式のことをいいます。

そのため、スプレッドはインターバンク市場のスプレッドがそのまま適用されるので、ECN口座の取引コストは他の口座タイプよりも抑えることができます。

前述した高い約定力に加え、狭いスプレッドという理由から、ECN口座はスキャルピングトレードに適しているといえるでしょう。

NDD方式を採用している

AXIORYは透明性の高いNDD方式を採用しています。

取引にディーラーが介入するDD方式と違って、NDD方式は取引にディーラーが介入しないため透明性の高い環境で取引することが可能です。

NDD方式を採用している業者の主な収入源はスプレッドなので、トレーダーが活発に取引すればするほど業者にも利益が出ます。そのため、不透明なレート操作や約定拒否が一切起こることもなく、安心してトレードができます。

数秒のずれが命取りになるスキャルピングでは、滑り(スリッページ)は禁物です。AXIORYには単にスプレッドが狭いだけでなく、スキャルピングにおける不安要素を全て取り除いた、透明性の高いトレード環境が整っているといえるでしょう。

⑤スキャルピング向けのcTraderが利用可能

AXIORYでは、MT4以外に「cTrader」という取引ソフトが利用できます。cTraderは、スキャルピングトレードに有利な取引ソフトと言われているため、このソフトを利用できるのは嬉しいですよね。

そんなMT4とcTraderの機能の違いをまとめてみました。

項目MT4cTrader
同時決済不可
予想利益表示不可
自動売買日本語で簡単英語で難しい
EAの種類多い少ない
インディケーターの種類多い少ない

このようにcTraderには、同時決済や予測利益表示などが利用できるメリットがあります。しかし、MT4の方がcTraderよりもEAの数が多く、自動売買も日本語で簡単にできるため、初心者の方や自動売買がやりたい方にはMT4の利用をおすすめします。

結論:AXIORY(アキシオリー)でスキャルピングをするならスタンダード口座がおすすめ!

AXIORYには以下の2つの口座タイプがあります。

  • スタンダード口座(ECN口座)
  • ナノスプレッド口座(ECN口座)

結論から言うと、AXIORYでスキャルピングをするならスタンダード口座をおすすめします。

そんなスタンダード口座(ECN口座)とナノスプレッド口座(ECN口座)の取引手数料込の「実質スプレッド」は以下の通りです。

通貨ペアスタンダード口座ナノスプレッド口座(手数料込)
USD/JPY1.2pips0.9pips
EUR/JPY1.3pips1.1pips
GBP/JPY1.8pips1.3pips
AUD/JPY1.8pips1.3pips
EUR/USD1.2pips0.8pips
GBP/USD1.3pips1.0pips
AUD/USD1.6pips1.0pips

このように、手数料込の実質スプレッドで比較すると、ナノスプレッド口座(ECN口座)の方がスタンダード口座(ECN口座)よりも取引コストを抑えられることがわかります。

しかし、ナノスプレッド口座(ECN口座)は上級者の方向けの口座となっているため、他社からの乗り換えで口座を開設する方やこれから海外FXを始めたいという方にはSTP口座である「スタンダード口座」をおすすめします。

前述した通り、AXIORYのスタンダード口座は他の海外FX業者と比べてもスプレッドがとても狭いので有利にスキャルピングトレードを行えるでしょう。

AXIORY(アキシオリー)でスキャルピングをする時の注意点

ここまでで、AXIORYがスキャルピングに向いていることがお分かりいただけたのではないでしょうか。そんなAXIORYでスキャルピングをする時の注意点は以下の通りです。

  • スリッページには十分注意する
  • レバレッジ制限に注意する

それでは、ひとつずつみていきましょう。

スリッページには十分注意する

AXIORYのスプレッドは狭いですが、スキャルピングを行うときはスリッページに注意してください。

スリッページとはレートの滑りのことで、注文時の価格と注文成立時の価格の差(ズレ)を指します。

スキャルピングトレードは売買回数が多く、狙う利幅も小さいので、スイングトレードや長期トレードなどがトレードスタイルの人に比べてスリッページの影響を受けやすくなっています。

そのため、スリッページによる損失を防ぐために相場が不安定なときは取引しないようにしましょう。

例えば経済指標発表時や取引量が少ない早朝は、レートが滑りやすい傾向にあります。

このような時間帯を避けて取引を行うことで、スリッページによる損失リスクを抑えることができるでしょう。

レバレッジ制限に注意する

AXIORYの最大レバレッジは400倍ですが、証拠金残高(口座残高)によってレバレッジが制限されるので注意が必要です。

証拠金残高と最大レバレッジの関係は、以下の表の通りです。

証拠金残高1倍10倍25倍50倍100倍200倍300倍400倍
$0~$100,000
(0円以上約1000万円まで)
$100,001~$200,000
(約1000万円以上約2000万まで)
 
$200,001以上
(約2000万以上)

このように証拠金残高によってレバレッジの上限が決まっています。

小さな利幅を狙うスキャルピングトレードにおいても、証拠金残高は定期的にチェックして、レバレッジが制限されないように注意しましょう。

まとめ

AXIORYがかなりスキャルピングに向いている海外FX業者だということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

AXIORYのスタンダード口座であれば、他の海外FX業者よりスプレッドの狭さを感じつつ、約定力の高さやサーバーの安全性も感じながらトレードをすることができます。

ABOUT US

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。

海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較、そしてFX業者は、IS6FXとTitanFX(タイタンFX)の情報を中心にまとめています。