AXIORY(アキシオリー)の自動売買(EA)の設定方法まとめ!メリット&注意点&おすすめのEAを紹介

AXIORY(アキシオリー)では自動売買(EA)の利用が可能です。

初心者トレーダー

AXIORYの自動売買(EA)ってどうやって設定するの?

AXIORYの自動売買(EA)に対して、このように思われている方も多くいらっしゃるでしょう。海外FX業者の自動売買(EA)の設定方法は国内FX業者のように簡単ではないため、海外FX業者で初めて自動売買(EA)を利用したいという方はやり方がわからずに困ってしまいますよね。

自動売買(EA)を利用する場合、自分で他のサイトから取得したり、VPSの契約をしたりする必要があります。

特にパソコンが苦手な方ですと、自動売買(EA)のセットアップだけでもかなり苦労するでしょう。

そこでこの記事ではAXIORYの自動売買(EA)の設定方法をわかりやすく解説していきます。

AXIORY(アキシオリー)の自動売買(EA)の設定方法

ここからはAXIORYの自動売買(EA)における設定方法を解説します。

自動売買(EA)の設定までのステップは以下の通りです。

  • Step1:AXIORY(アキシオリー)で口座開設する
  • Step2:VPS(仮想専用サーバー)を契約する
  • Step3:VPS内でWindowsOSをインストールしましょう
  • Step4:VPS内でMT4をダウンロードしましょう
  • Step5:EAをダウンロードもしくは購入する
  • Step6:EAをMT4/MT5にインストールしましょう

Step1:AXIORY(アキシオリー)で口座開設する

AXIORYで自動売買(EA)をするには、口座開設をする必要があります。

まだ口座を持っていないという方は、AXIORYの新規口座開設ページで口座を作っておきましょう。登録は簡単で5分程度で終わります。

Step2:VPS(仮想専用サーバー)を契約する

次はVPS(仮想専用サーバー)の契約をしましょう。

VPS(仮想専用サーバー)とは、オンラインでレンタルできる仮想上のパソコンのことをいいます。

VPSを契約してMT4のEAを起動させることによって、24時間自動売買(EA)の安定した運用が可能となります。まさに、自動売買(EA)をするなら、VPSは必須といえるでしょう。

しかしVPSを契約するにあたり、どのVPSを契約したらいいか悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。そこでおすすめなのが以下のVPSになります。

おすすめのVPS

このように月額料金が2,000円前後と少し高めとなっていますが初心者の方でもとても使いやすいVPSとなっています。VPSの運用に慣れてきたら、VULTERなど海外VPSの検討もおすすめします。こちらでは月額料金を安く抑えることができます。

Step3:VPS内でWindowsOSをインストールしましょう

自動売買(EA)を利用するためには、まずVPS内でWindowsOSをインストールしましょう。

VPSにWindowsOSをインストールするのは非常に難しいです。管理人も最初の頃はやり方が分からずに困ってしまいました。パソコンの知識に自信がある人以外は、WindowsOS付のVPSプランを選びましょう。

※前述した通り、お名前.comのデスクトップクラウドであれば、すでにWindowsOSとMT4がインストールされているため、パソコンが苦手という方はこちらのVPSがおすすめです。

Step4:VPS内でMT4をダウンロードしましょう

次はVPS内でMT4をダウンロードしていきます。
ダウンロード方法は以下の2種類あります。

  1. MT4公式サイト
  2. AXIORYの「MT4」

どちらもダウンロードボタンを押すだけ簡単なので、すぐにできるでしょう。

Step5:EAをダウンロードもしくは購入する

次は、EAのダウンロードになります。

MT4向けのEAは以下のサイトから購入します。

これらのサイトはレビューがあるので事前にEAの口コミをチェックできます。

初めからEAを購入するのもいいですが、EAの相場は1万円〜10万円と非常に高額となっています。そのため、EAに関する知識もなしにいきなりお金を突っ込むんでしまうと、後で後悔してしまうかもしれません。まずは無料EAから試してみましょう。

※無料EAは、MQL5の「無料EA一覧」でダウンロードが可能です。

Step6:EAをMT4/MT5にインストールしましょう

EAを取得したら、次はMT4にEAをインストールしていきましょう。

MT4のダウンロード/インストールは、AXIORYの「MT4」から行ってください。

またVPSの中でEAのダウンロードをしておくと、アップロードがスムーズになります。VPSのブラウザを利用すれば、EAをダウンロードすることもできます。

以上で、EAの設定は完了です。

AXIORY(アキシオリー)で自動売買(EA)をするメリット

ここまでで、自動売買(EA)の設定方法について解説してきました。ここからはAXIORYで自動売買(EA)をするメリットについてご紹介していきます。

チャートを見る時間を減らせる

チャートの分析にはどうしても時間がかかってしまいます。エントリータイミングを見極めるために、数時間チャートを眺めることもよくあります。

ずっとチャートを見続けないにしても、相場がどう動いたのかが気になって仕事中に確認することもあるでしょう。

しかし自動売買(EA)を利用することで、自分の時間が奪われることもなく、注文と決済を自動化できます。

FXをしたいけど仕事に集中できないという方や普段家事や子育てで忙しいという方は、自動売買(EA)をおすすめします。

合理的なトレードができる

自動売買(EA)を利用することで、合理的なトレードが可能になります。

ついついトレードに対して熱くなってしまって、無茶なエントリーを繰り返してしまったという方もいらっしゃるでしょう。

その点自動売買(EA)であれば、一定の収益や損失が出れば代わりに利確・損切りをしてくれます。

FXトレードの結果に一喜一憂しやすいという方は、自動売買(EA)を使った方が良い成果を出しやすいかもしれません。

AXIORY(アキシオリー)で自動売買(EA)をする際の注意点

ここからはAXIORYで自動売買(EA)を利用する際の注意点を解説していきます。

市販で出回っているEAは詐欺・データ改ざんが多い

前述した通り、EAの相場は1万円~10万円となっており、とても高いです。EAの開発には時間はかかりますがコストはそんなにかからないため、売れば売るほどに儲かります。

そのためEA開発者の中には、バックテストの結果を改ざんして、開発したEAが高収益であるかのように偽装することもあります。

EAは完全放置だと稼げない

自動売買(EA)は相場の変化に合わせて、運用するEAを切り替えなければいけません。

例えばレンジ系のEAは、トレンド相場だと収益を出しづらいです。その場合レンジ系EAの運用をいったん停止して、トレンド系のEAに切り替える必要があります。

このように自動売買(EA)を利用するときは、相場の状況に合わせて、相性の良いEAを適切に切り替える必要があるのです。しかし、その確認も1日1回で十分でしょう。

AXIORY(アキシオリー)で自動売買をするときのおすすめのEA

おすすめのEAは以下の通りです。

この2種類がおすすめです。

STABLE_MASTERがおすすめの理由
  • 価格が安い:16,500円
  • プロフィットファクター:4.15(3ヶ月)
  • 最大ドローダウン:7.76%
  • 勝率:91.49%
  • 平均利益:1,044円
  • 平均損失:-2,703円

このような理由からSTABLE_MASTERがおすすめです。3ヶ月しかフォワードテストをしていませんが利益が出しにくい時期でも安定して収益を出していました。価格も16,500円とEAの中でもお手頃なので、自動売買をしたことがないという方でも手を出しやいでしょう。

粉雪
  • 価格:18,500円
  • プロフィットファクター:2.81
  • 最大ドローダウン:15.57% 
  • 勝率:61.95%
  • 平均利益:1,252円
  • 平均損失:-726円

粉雪のトレード手法は、最大4つのポジションを保有して、獲得ピップスが20pipsになるように決済していくという手法です。特殊な手法ですが、とても人気のあるEAです。

まとめ

ここまでAXIORYの自動売買(EA)について解説しました。

自動売買(EA)はチャートをみる時間を節約できるため、好きなことをしながら自分の時間を使え、かつ利益もだせるという優れものです。

普段忙しい方や相場に熱くなってしまう方は自動売買(EA)をおすすめします。

ABOUT US

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。

海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較、そしてFX業者は、IS6FXとTitanFX(タイタンFX)の情報を中心にまとめています。