TitanFX(タイタンFX)で両建ては可能?やり方と禁止事項を徹底解説

TitanFX(タイタンFX)で両建てをしたいという方は多くいらっしゃるでしょう。

結論から言うと、TitanFXで両建ては可能です。しかし、両建てにもルールは存在するのできちんとルール守って行わなければ口座凍結される可能性があります。

主婦トレーダー

TitanFXでの両建てのやり方が知りたい

両建てに関してこのような疑問を抱いている方も多いと思います。そこでこの記事では、TitanFXで両建てを行う場合のやり方や禁止事項について解説していきます。

TitanFX(タイタンFX)の両建てとは?

両建てとは、同じ通貨の「買い」と「売り」のポジションを同じタイミングでエントリーする方法を指します。

相場が上昇するのか、下降するのかを予測できない場合に、「買い」と「売り」ポジションを同じタイミングで建てます。

この両建てを利用すれば、含み益の時に両建てをすることで利益確保につながり、含み損を抱えた時にもう片方のポジションを取ることで損失の拡大を防ぐというメリットもあります。

しかし、取引する通貨ペアによってはスワップポイントが発生するため、日々損失となってしまう場合もあるので注意が必要です。特にスイングトレードや長期トレードで両建てをする場合は、スワップポイントをエントリー前に確認しましょう。

TitanFX(タイタンFX)は両建てを認めている

TitanFXは両建てによる取引を認めています。実際にTitanFXの公式ホームページでは両建てをしても良いと記載されてあります。

Titan FXでは同一口座内の両建ては行っていただくことが可能です
TitanFX公式ホームページより引用

またTitanFXでは200ポジションを建てることができるので、複数の両建てを行うことができます。

両建ては海外FX業者の中には許可していない業者も存在するので、両建てができるというのはメリットのひとつといえるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)での両建てのやり方

TitanFXはスプレッドが狭いため両建てに必要なコストが少なく済みます。そのため、両建てを行うならTitanFXは非常におすすめです。

それでは、どういったやり方があるのかみていきましょう。

異なる通貨ペアで両建てを行う場合

TitanFXの両建てのやり方は、MT4もしくはMT5で買い注文と売り注文を同じタイミングで行ないます。

異なる通貨ペアで両建てをすることのメリットは以下の2つです。

  1. 買いポジションと売りポジションが両方とも含み益となると、利確したときに利益が通常より大きくなる
    異なる通貨ペアの両建てを行う上で重要なことは、2つの通貨ペアが同じような動きをする通貨にエントリーすることです
  2. 通常の両建てでは発生しないスワップポイントが得られる
    異なる通貨ペアで両建てを行うと、スワップポイントがプラスになる場合がある

つなぎ売りを行う場合

つなぎ売りとは長期的にみるとロングのトレンドが出ているけど、短期的にはショートのトレンドが出ているので両建てをするという手法です。

つなぎ売りのやり方
  1. ユーロドルの週足を見たときにロングのトレンドが出ている
  2. 週足でロングのトレンドが出ているので買いポジションをもつ
  3. しかし、15分足を見るとショートのトレンドが出ている
  4. 買いポジションは保有しながら短期で売りポジションを持つ
  5. 売りポジションで含み益が出ると、利確する
  6. 1~5を買いトレンドが出ている間何回か続ける
  7. 長期の買いポジションは保有し続けているのでタイミングをみて買いポジションを利確する

このようにつなぎ売りを行うと、買いポジションの大きな利益を得ながら小さな売りポジションの利益も得ることができるのでただ、長期で買いポジションをずっと保有するよりトータルの利益は大きくなります。

TitanFX(タイタンFX)の両建ての禁止事項

TitanFXの両建ての禁止事項は、以下の通りです。

  • 別口座間での両建て
  • ゼロカットを悪用した両建て
  • 他の業者の口座間での両建て

それでは、ひとつずつみていきましょう。

TitanFX(タイタンFX)の別口間での両建て

本来TitanFXで認められている両建ては、T口座で同じ数量・通貨ペア・タイミングの買いポジションと売りポジションを保有することを指します。

なのでTitanFXでは、別口座間での両建ては禁止となります。

別口座間での両建てとは例えば、TitanFXのT口座で2ロットのユーロドルを買いエントリーした場合に、F口座でも同じ数量・同じタイミングで売りエントリーすることなどです。

たとえ悪気がなかったとしても、TitanFXでは重大な規約違反となってしまうので、口座凍結や出金拒否の対象になってしまいます。

そのため、別の口座間での両建ては絶対にやめましょう。

TitanFX(タイタンFX)のゼロカットを悪用した両建て

最大レバレッジ500倍で両建てをしたにもかかわらず、損失のポジションでゼロカットを悪用する両建ても、TitanFXで禁止されています。

経済指標発表時などの大きなレート変動を狙い両建てすれば、片方は損失となり、もう片方は爆益となってしまいます。 このようなゼロカットを悪用する両建てはTitanFXでは禁止なので絶対にやめましょう。

TitanFX(タイタンFX)以外の業者の口座間での両建て

TitanFXとTitanFX以外の異なる業者の口座の両建ても禁止となっています。この場合も、口座凍結や出金拒否などのペナルティ対象となるので絶対にやめましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。TitanFXの両建てについて理解を深めることができたでしょうか。

TitanFXで両建てをするメリットは、スプレッドが狭いため必要なコストが少なく済むことです。

TitanFXの両建てにはルールがあるので、きちんとルールを守ってトレードを行いましょう。

ABOUT US

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。

海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較、そしてFX業者は、IS6FXとTitanFX(タイタンFX)の情報を中心にまとめています。