TitanFX(タイタンFX)のスワップポイント一覧まとめ!他社比較&おすすめ手法付き

この記事では、TitanFX(タイタンFX)のスワップポイントを詳しくそして分かりやすく解説していきます。

初心者トレーダー

TitanFXのスワップポイントは他の業者と比べてどうなの?

TitanFXのスワップポイントに関してこのような疑問を抱いている方も多くいらっしゃるでしょう。そこでこの記事では、各銘柄のスワップポイントを一覧表にまとめてみました。さらに、日本円換算済みのスワップ損益の大きな銘柄もランキング形式で発表していきたいと思います。

またTitanFXと競合他社とのスワップポイントの比較やスワップポイントのおすすめの手法、注意点についてもご紹介するので、是非参考にしてみてください。

 TitanFX公式サイトの口座開設フォームはこちら 

TitanFX(タイタンFX)のスワップポイントとは?

スワップポイントとは、各国の金利差を利用したトレードで得られる利益のことを言います。

まずは、TitanFXのスワップポイントに関する全知識についてご紹介していきます。また、TitanFXならではのスワップポイントに関するルールも解説します。

スワップポイントの付与される時間

TitanFXのスワップポイントは、MT4もしくはMT5のサーバー時間の0時に付与・没収されます。

日本時間に表すと下記の通りになります。

  • 冬時間:午前7時(日本時間)
  • 夏時間:午前6時(日本時間)

そのため、この時間をまたいでポジションを保有する場合は、スワップポイントが付与・没収されるので注意が必要です。

土日分のスワップポイントは、木曜早朝に反映される

TitanFXでは、土日分のスワップポイントが付与・没収されるのは木曜日です。つまり、日本時間で木曜の早朝の時間は、3日分のスワップポイントが付与・没収されます。

ただし、CFD取引である原油・株価指数に関しては、土日分と合わせて3日分のスワップポイントが月曜の早朝に付与・没収されるので、原油・株価指数を取引する方は注意しましょう。

スワップポイントのみ出金はできない

TitanFXでは、スワップポイントのみを出金することはできません。

スワップポイントによる利益が出金できるようになるのは、ポジションを決済した後になります。

スワップポイントによる利益は、ポジションの損益とは別で計算されます。つまり、ポジションを保有した結果マイナスだったとしても、スワップポイントは関係なく口座へ反映されます。

スワップポイントの確認方法

スワップポイントは以下の手順で確認できます。

  1. MT4の気配値欄で通貨ペアを選択し、右クリックでSpecification(仕様)をクリックする
  2. クリックしたら、Specification画面の中で、スワップポイントを確認できる

この手順で確認できるポイントは、10万通貨を1日保有したときのスワップポイントになります。

それでは、このポイントを円換算に直してみましょう。

スワップポイントを円換算する方法

まずは、任意の通貨ペアのスワップポイントを調べます。

Specification画面にはスワップロング(Swap long)、スワップショート(Swap short)と出ています。ロングは「買い」、ショートは「売り」となります。

例えば、EURUSD(ユーロドル)を10万通貨で1日保有した場合のポイントは以下の通りです。

  • ロング:-3.98ポイント
  • ショート:-0.59ポイント

それでは、これを円換算に直していきましょう。

円換算をするためには、まず通貨換算する必要があります。通貨換算するには、「ポイント」の部分と「通貨ペアの右側の通貨」を入れ替えるだけで簡単にできます。

つまり、以下の通りになります。

  • ロング:-3.98USD
  • ショート:-0.59USD

これを円換算していくと以下の通りになります。

  • ロング:-3.98×100=-398円
  • ショート:-0.59USD=-59円
    ※1USD=100円計算

EURUSD(ユーロドル)を1日保有した場合、このようなコストがかかってしまいます。つまり、買いと売りどちらもマイナススワップになります。

スイングトレードや長期トレードなどの中長期で取引する場合、スワップポイントに注意して、トレードしましょう。

それでは、他の競合他社のスワップポイントはどうなっているのかみていきましょう。

TitanFX(タイタンFX)のスワップポイント一覧表【各銘柄】

ここでは、TitanFXの全銘柄のスワップポイント一覧を紹介していきます。スワップポイントは、全て日本円に換算しています。

通貨ペアのスワップポイント一覧表

通貨ペア日本円日本円
USDJPY
(米ドル円)
-4.21-421円-1.95-195円
AUDJPY
(豪ドル円)
-1.93-193円-1.31-131円
AUDUSD
(豪ドル米ドル)
-3.46-357円-2.37-245円
CADJPY
(加ドル円)
-2.52-252円-0.91-91円
CHFJPY
(スイスフラン円)
-0.31-31円-4.22-422円
EURAUD
(ユーロ豪ドル)
-1.73-138円-4.64-369円
EURCAD
(ユーロ加ドル)
-0.81-66円-5.15-418円
EURJPY
(ユーロ円)
-1.15-115円-3.92-392円
EURNOK
(ユーロノルウェークローネ)
0.668円-38.93-469円
EURTRY
(ユーロトルコリラ)
154.342147円-261.02-3631円
EURUSD
(ユーロ米ドル)
-0.77-80円-3.82-395円
EURZAR
(ユーロ南アフリカランド)
168.521185円-324.76-2284円
GBPJPY
(ポンド円)
-5.50-550円-3.73-373円
GBPTRY
(ポンドトルコリラ)
166.692319円-296.16-4119円
NZDCHF
(NZドルスイスフラン)
-4.42-516円1.78208円
SEKJPY
(スウェーデンクローナ円)
-0.25-25円-0.26-26円
USDCNH
(米ドル人民元)
48.76775円-77.05-1224円
USDCHF
(米ドルスイスフラン)
-5.52-645円1.52177円
NZDUSD
(NZドル米ドル)
-3.30-341円-0.75-77円
USDMXN
(米ドルメキシコペソ)
14.6776円-32.63-170円

株価指数のスワップポイント一覧表

株式指数日本円日本円
JPN225
(日経225)
-22.82-228円-21.34-213円
US30
(ダウ平均株価指数)
-23.83-246円-26.33-272円
US500
(S&P500)
-2.89-30円-3.2-33円
EUSTX50
(ユーロストック50)
-3.53-45円-2.36-30円
CN50
(上海A株価指数)
-1.22-2円-14.2-23円
HK50
(ハンセン50)
-11.23-15円-12.72-17円
HSCEI
(ハンセン総合指数)
-5.08-8円-5.68-9円
NETH25
(オランダ株価指数)
-1.36-17円-1.17-15円
SING30
(シンガポール株価指数)
-1.12-9円-1.17-9円
TWFTSE
(台湾株価指数)
-1.47-15円-1.56-16円
US2000
(米中小型株価指数)
-1.66-17円-1.9-20円
VIX
(VIX指数)
-2.73-28円-1.29-13円

貴金属のスワップポイント一覧表

貴金属日本円日本円
XAGUSD
(シルバー米ドル)
-0.37-191円-0.68-351円
XAGEUR
(シルバーユーロ)
-0.76-393円-0.18-93円
XAUUSD
(ゴールド米ドル)
-2.78-287円-4.56-471円
XAUEUR
(ゴールドユーロ)
-5.61-708円-0.78-98円

エネルギーのスワップポイント一覧表

エネルギー日本円日本円
XBRUSD
(ブレント原油米ドル)
-0.15-15円-1.57-162円
XTIUSD
(WTI原油米ドル)
0.3536円-1.9-196円

TitanFXのスワップポイントはこのようになっています。

スワップ損益の大きな銘柄ランキング【日本円換算済み】

通貨ペア&銘柄名ポジション日本円換算値
GBPTRY
(ポンドトルコリラ)
売り2319円
EURTRY
(ユーロトルコリラ)
売り2147円
EURZAR
(ユーロ南アフリカランド)
売り1185円
USDCNH
(米ドル人民元)
売り775円
NZDCHF
(NZドルスイスフラン)
買い208円
USDCHF
(米ドルスイスフラン)
買い177円

ランキングはこのようになっています。トルコリラが高金利となっています。

TitanFX(タイタンFX)のスワップポイントにおける注意点

高金利通貨を含む通貨ペアでは、スワップポイントで得られる利益も高額になります。

スワップポイントで得られる利益が最も多いポンドトルコリラのショートでは、一日あたりプラス2319円の利益が発生します。

しかし、このような通貨ペアでは為替損を注意しなければいけません。

ポンドトルコリラのように高金利を設定している通貨はインフレ傾向が強いため、一般的に為替相場ではかなり弱い通貨になってしまいます。

高金利通貨のスワップは非常に魅力的ですが、トレードをする場合は注意しましょう。

TitanFX(タイタンFX)のスワップポイント【競合他社との比較】

スワップポイントは、FX業者によって異なります。

ここでは、TitanFXのスワップポイントを人気海外FX業者である「XM」「AXIORY」と比較してみました。

TitanFXXMAXIORY
USDJPY
(米ドル/円)
-2.05-4.091.8-3.9-1.95-4.21
EURUSD
(ユーロ/米ドル)
-3.82-0.77-5.77-0.77-4.59+0.05
AUDJPY
(豪ドル/円)
-1.31-1.93-2.68-3.48-0.74-2.61

TitanFX、XM、AXIORYの中で最も条件の良いスワップを赤色で表しています。

このようにTitanFXでは、平均より優位性のあるスワップポイントを提供してくれていることがわかります。

 TitanFX公式サイトの口座開設フォームはこちら 

TitanFX(タイタンFX)のスワップポイントにおけるおすすめの手法

TitanFXは最大レバレッジ500倍で取引できるというメリットがあります。

そこでTitanFXでスワップポイントを狙うトレードを行う場合には、レバレッジと組み合わせましょう。

国内FX業者ではレバレッジ25倍までなので、レバレッジ500倍を活用しない手はありません。

例えば狙っている通貨ペアのスワップポイントが国内FX業者だと100円発生するのであれば、TitanFXでは2,000円のスワップポイントを狙うことができるのです。

レバレッジを活用して、スワップポイントで利益も狙えるのは嬉しいですよね。

TitanFXのレバレッジについて詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

TitanFX(タイタンFX)のレバレッジまとめ!最大500倍の制限&変更方法&注意点を徹底解説

まとめ

いかがでしたでしょうか。TitanFXのスワップポイントにおいて理解を深める事ができたと思います。

TitanFXの最大レバレッジ500倍を利用して、スワップポイントでも利益を狙っていきましょう。

 TitanFX公式サイトの口座開設フォームはこちら 

そんなTitanFXの口座開設方法について詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

TitanFX(タイタンFX)の口座開設方法を高画質画像付きで徹底解説【2021年最新版】

ABOUT US

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。

海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。