【2021年7月更新】海外FXでボーナスキャンペーン開催している業者一覧

TitanFX(タイタンFX)のレバレッジまとめ!最大500倍の制限&変更方法&注意点を徹底解説

TitanFX(タイタンFX)のレバレッジは最大500倍まで設定可能です。そんなTitanFXは、滑りにくい高い約定率やスプレッドの低さ、ゼロカットシステムによる追証なしで評判の海外FX業者です。

トレーダー X

TitanFXのレバレッジの倍率の設定や変更はどうしたらいいの?

オペラ

海外FXが初めての方だと、レバレッジについてよくわからないですよね。そんな方のために、この記事では最大500倍の制限や変更方法そして注意点について徹底解説していきます。

この記事を最後までご覧になると、TitanFXのレバレッジについて全ての知識を得ることができるでしょう。

管理人オペラ自身も最初はレバレッジの条件や制限がわからずに悩んでいましたが、実際にTitanFXを長期間利用してみて、レバレッジにおける全知識を知ることができました。

それでは、そんな管理人が実際に利用してみたからこそわかるTitanFXのレバレッジについてみていきましょう。

TitanFX(タイタンFX)のレバレッジは最大500倍

レバレッジ取引の際に重要なのが、レバレッジ倍率です。TitanFXのレバレッジ取引では、自分のニーズに応じてレバレッジ倍率を設定できます。

TitanFX(タイタンFX)の倍率の設定方法

TitanFXのレバレッジ取引口座の倍率設定方法は、口座開設時に行います。TitanFXで口座開設手続きを進めていくと「取引口座の選択」が存在します。そこで、「レバレッジ」で1倍から500倍までのあなたの好みの倍率を選択しましょう。

レバレッジ取引の最大倍率は500倍

TitanFXのレバレッジ取引の最大レバレッジ倍率は500倍になっています。海外FX業者は最大500倍という数値は海外FX業者の中では一般的で、業者によっては1,000倍、それ以上の会社も存在します。

さらに、TitanFXでは外国為替FX以外にも、ゴールド・シルバーなどの貴金属、オイルなどのエネルギー、株式指数CFDを含む全商品で、最大レバレッジ500倍でのトレードが可能です。

レバレッジ取引で最大500倍にすれば少ない自己資金(必要証拠金)でトレードできる

TitanFXのレバレッジ取引では、最大レバレッジ500倍にすることをおすすめします。なぜなら、レバレッジ取引をうまく活用すれば、少ない自己資金でトレードすることができるからです。

1ドル110円のとき1万通貨のトレードする場合、日本国内FXの最大25倍とTitanFXの500倍での必要な証拠金を比較してみましょう。

  • LINEFXなど日本国内でFXする場合の必要証拠金:110×10,000÷25⁼44,000
  • TitanFX必要証拠金:110×10,000÷500⁼2,200

このように、国内FXのレバレッジ取引の必要証拠金は44,000円が必要なのに対し、TitanFXの必要証拠金はなんと、たった2,200円です。これが海外FXでハイレバレッジでトレードする大きな魅力のひとつです。

2,200円でFXを始められるのは、とても嬉しいことですよね。そんなTitanFXの口座開設方法について詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

TitanFX(タイタンFX)はロスカット率も低いのでおすすめ

一般的に500倍などのハイレバレッジでトレードすると、ポジションに対する含み損の割合を示す証拠金維持率が低くなった場合は、強制的にロスカットされやすくなるリスクがあります。

しかし、TitanFXはトレーダーにきわめて嬉しいロスカット率が20%ですので、かなり多くの含み損を抱えられ、ロスカットされにくくなります。これが国内FXですと、ロスカット率は証拠金維持率50%から100%のFX業者でロスカットされやすくなります。

この点からも、TitanFXは、国内FXと比較すると、ロスカット率の低さやレバレッジ倍率の高さからも大変有利にトレード可能です。

TitanFX(タイタンFX)のレバレッジにおける制限

海外FX業者の中には、口座残高に応じてレバレッジ取引の最大倍率が制限されてしまうFX業者も多く存在します。

しかし、TitanFXではレバレッジの制限がないので、投資金が多い方でも最大レバレッジ500倍でトレードをすることができます。また、口座残高が少なくなっても最大レバレッジ500倍で取引可能です。

このようなレバレッジ制限がないという理由でTitanFXを選ぶ方は実は非常に多いのです。

 TitanFX公式サイトの口座開設フォームはこちら 

そんなTitanFXのレバレッジに関する評判や口コミを下記の記事にまとめているので、興味のある方は是非参考にしてみてください。

TitanFX(タイタンFX)のレバレッジ 変更方法

レバレッジ取引に適したTitanFXですが、口座開設時にレバレッジ倍率を低く設定してしまい、あとからレバレッジを変更したくなる方もいるはずです。

こんな場合でも、TitanFXは、すでに保有する口座のレバレッジ取引の倍率を変更できますのでご安心ください。なお、レバレッジ倍率の変更方法は、倍率を上げる場合と下げる場合で違ってきます。※ただし、TitanFXでポジションを持っている場合は、レバレッジ取引の倍率を変更できないので、そこだけ注意しましょう。

TitanFX(タイタンFX)レバレッジ取引の倍率を上げる方法

TitanFXでレバレッジ取引の倍率を上げる方法は、以下のレバレッジ変更依頼メールをTitanFXのサポートセンターへ送信すればOKです。

引き上げの場合はTitanFXのサポートセンター「support.jp@titanfx.com」にて、以下の情報を加えてメールを送りましょう。

メール件名:レバレッジ倍率変更のお願い

メール本文:登録メールアドレス
      お名前(アルファベット)
      口座番号
      変更前レバレッジ
      変更後レバレッジ

TitanFX(タイタンFX)でレバレッジ取引の倍率を下げる方法

こちらに関しては、クライアントキャビネットからワンタッチの手続きでできます。クライアントキャビネットへログインし、レバレッジ取引の倍率を変更したい口座の鉛筆マークを選択しましょう。

「レバレッジ」のプルダウンメニューから、好みのレバレッジ倍率を選択するだけで、TitanFXのレバレッジ倍率を変更することができます。

なお、レバレッジに関して特に希望がなければ、大は小を兼ねるという意味でも、TitanFXの最大レバレッジ500倍へしておくことをおすすめします。

TitanFX(タイタンFX)のレバレッジにおける注意点

TitanFXでは前述した通り、レバレッジにおける制限はありません。しかし例外として、金融市場に大きな混乱が予想される場合はレバレッジ制限となる可能性があります。

2016年にイギリスがEUを離脱するかどうかの趣旨で国民投票が行われましたが、その際にポンドが大きく動くことが予想されたので、一時的に最大レバレッジ500倍から100倍に制限されたことがありました。

このように、普段の経済指標発表後の値動きでレバレッジ制限にかかることはないですが、大きな市場混乱が予想される場合はレバレッジの制限がかかる恐れがあるので注意しましょう。

またレバレッジ制限がかかる際は事前にTitanFXのサポートからメールなどの連絡があるため、レバレッジ制限がかかってロスカットとなるリスクは低いです。

まとめ

TitanFXのレバレッジ500倍というのは海外FX業者全体でいうと一般的な水準です。レバレッジ1000倍を超える海外FX業者も実際には存在します。

しかし、単純にレバレッジが高いだけで海外FX業者を選ぶよりも、総合的なバランスの取れた海外FX業者を選ぶほうが、中長期的にはおすすめです。

その点、TitanFXは出金拒否の噂もなく、わたくし自身今まで出金拒否された経験もありません。非常にバランスのとれた海外FX業者だと感じています。

TitanFXでは少ない資金で取引できるだけでなく、スプレッドも狭く、滑りにくく、ロスカット率20%・ゼロカットシステムを採用など、メイン口座としてトレードするには最適なFX業者です。是非、この機会に口座を開設してみてはいかがでしょうか。

 TitanFX公式サイトの口座開設フォームはこちら 

この海外FX記事の執筆者プロフィール

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。

海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた人のプロフィールはこちら