【2021年8月更新】海外FXでボーナスキャンペーン開催している業者一覧

easyMarketsのスワップポイントを徹底解説!スワップに代わる魅力も調査

easyMarketsのスワップポイント

easyMarketsは、独自ツールや固定スプレッドが魅力の海外FX業者です。

  • easyMarketsのスワップポイントって実際のところどうなの?
  • そもそもスワップポイントって何?

そんなeasyMarketsのスワップポイントに対してこのような疑問を抱いている方は多くいらっしゃるでしょう。特に、easyMarketsでスイングトレードや長期トレードをされる方は、スワップポイントはいくらかなのか気になってしまいますよね。

そこでこの記事では、海外FX歴10年以上になる管理人が、easyMarketsのスワップポイントについて徹底解説していきます。また、スワップに代わる魅力を調査した結果も合わせてご報告します。

これからeasyMarketsで長期ポジションを保有したい方は是非参考にしてみてください。

それでは、まずはスワップポイントが何かわからない方のために、スワップポイントの解説からしていきます。

そもそもスワップポイントとは?

そもそもスワップポイントとは、簡単に説明すると各国通貨の金利の差額のことをいいます

一般的に、金利が高い国の法定通貨(円やドルなど)は、価値や信用が高いと判断されます。仮に、金利が低い通貨を売却して金利が高い通貨を購入した場合は、金利の差を埋めるためにスワップポイントが付与されるという仕組みなのです。

これだけではわかりにくいので、具体例を出していきましょう。

例えば、日本円(金利0.5%)を売却して米ドル(金利2.5%)を購入する場合、受け取れるスワップポイントは以下の通りです。

●金利2.5%-金利0.5%=金利2.0%

よって、金利差2.0%分のスワップポイントを受け取ることができます。これは、ドル円のロングポジションを保有することと同じ意味になるのです。

反対に、米ドル(金利2.5%)を売却して日本円(金利0.5%)を購入する場合、金利差2.4%分のスワップポイントを支払わなければいけません。これは、ドル円のショートポジションを保有することと同じ意味になります。

なお、FX取引では価格変動による差額以外にも、スワップポイントが損益に関係してきます

日本は低金利国家なので、円絡みの通貨ペアはマイナスのスワップポイントになります。

スワップポイントはFX業者が独自で設定している

スワップポイントは各国通貨の金利の差額のことですが、実際の金利差をそのまま反映しているわけではありません。各FX業者が金利差を参考にして独自で設定しているのです。

実際に、スワップポイントはFX業者によってそれぞれ以下のように異なります。

ドル円ロングのスワップポイント比較
  • TitanFX:-2.05
  • AXIORY:-1.95
  • easyMarkets:-2.25

また、政策金利が変わった際にスワップポイントも変更となる場合もあるので、FX業者のスワップポイントはエントリーする前に必ず確認するようにしましょう。

easyMarketsのスワップポイントは?

スワップポイントの概要がわかったところで、本題であるeasyMarketsのスワップポイントについて解説していきましょう。

結論から言うと、easyMarketsのスワップポイントは小さくはありません。しかし、そのことを考慮しても有り余るほどの魅力がeasyMarketsにはあります

easyMarketsの魅力
  • 金融ライセンスの安定感
  • 固定スプレッドの透明性
  • 独自ツール

それでは、順番に解説していきます。

easyMarketsのスワップに代わる魅力① 金融ライセンス

easyMarketsでは、なんと以下の4つの金融ライセンスを取得しているのです。

  • キプロス証券取引委員会(CySEC)
  • オーストラリア証券投資委員会(ASIC)
  • イギリス領バージン諸島(BVI FSC)
  • FSAセイシェル

特に、キプロス証券取引委員会(CySEC)は取得難易度が非常に高く、厳しい規制を実施していることで有名です。そんなキプロス証券取引委員会(CySEC)を取得・保有していることはかなりすごいことなのです

easyMarketsの場合、キプロス証券取引委員会(CySEC)を含めた4つの金融ライセンスを取得しているので、これらの取得した金融ライセンスによって常に監視されています。

そのため、easyMarketsの信頼性や安全性はかなり高いと言えるでしょう。

easyMarketsの金融ライセンスについて詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

easyMarketsのスワップに代わる魅力② 固定スプレッド

easyMarketsは、変動スプレッドではなく、固定スプレッドを採用しています。そのため、どんなに価格変動が激しい相場でもスプレッドは広がりません。

多くの海外FX業者は変動スプレッドを採用していますが、スプレッドが固定しているeasyMarketsの方が取引に透明性があります。それに初心者の方にも固定スプレッドの方が明確でわかりやすいでしょう。

easyMarketsの固定スプレッドにおける最大のメリットは、国内FX業者と違って重要指標時や早朝でもスプレッドが広がらないことです

easyMarketsのスプレッドに関して詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

easyMarketsのスワップに代わる魅力③ 他社にはない独自ツール

easyMarketsには、他社にはない以下の独自ツールを利用することができます。

  • dealCancellation:一定時間内であれば取引をキャンセルできる機能
  • フリーズレート機能:一定時間表示レートをストップできる機能

トレーダーであればこれらの反則レベルの機能を一度は利用してみたいという方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。実際に、管理人もこれらの魅力に惹かれ独自ツールを利用した経験があります。

初めてdealCancellationフリーズレート機能を使った時は衝撃を受けました。含み損の状態からでも、一定時間内であれば取引自体をキャンセルすることができるため、損失を限定的にすることができたのです。

また、表示レートを固定して売買できるフリーズレート機能を使うことでトレード手法の幅も広がりました

他社にはないこれらの画期的な機能を利用してみることをおすすめします。実際にeasyMarketsの独自ツールを利用した人の評判について知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

easyMarketsの評判

easyMarketsのスワップポイントまとめ

ここまでで、スワップポイントの概要、easyMarketsの魅力について解説してきました。確かに、長期保有する上でスワップポイントを重視することは大事なのですが、会社の安全性や取引の透明性もかなり大事です

一見、スワップポイントが大きい業者の方が魅力的に見えますが、倒産してしまったり、お金を持ち逃げされてしまったのでは意味がありません。

それよりも、安全性や信頼性が高い業者で透明性のある取引をしたほうがいいでしょう。easyMarketsでは、安全性や透明性が高いだけでなく、下記の画期的な独自ツールを利用することができるのでかなりおすすめです。

  • dealCancellation:一定時間内であれば取引をキャンセルできる機能
  • フリーズレート機能:一定時間表示レートをストップできる機能

なお、easyMarketsは現在期間限定でボーナスキャンペーンを開催しています。口座を開設するだけで口座開設ボーナス3,500円がもらえます!さらに、入金額に応じて、175%入金ボーナスも付与されるのです。是非この機会に口座開設して、独自ツールを利用してみてはいかがでしょうか。

easyMarketsの口座開設方法について詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

easyMarketsの口座開設

この海外FX記事の執筆者プロフィール

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。

海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた人のプロフィールはこちら