XM(XMTrading)の両建てを徹底解説!メリット&やり方&禁止事項について

XM(XMTrading)は両建てが可能な海外FX業者です。

  • XMの両建てのメリットってなに?
  • 両建てのやり方が知りたい!
  • XMの両建てに禁止事項はある?

そんなXMの両建てについて、このように思われている方も多くいらっしゃるでしょう。XMで両建てを行うのであれば、きちんと特徴を理解しておきたいですよね。

そこでこの記事では、XMのガチ利用者である管理人オペラが、XMの両建てについて徹底解説していきます。また、XMの両建てを行うメリットや、やり方、禁止事項も合わせてご紹介していきます。

この記事を最後までご覧になれば、XMの両建てに関する全知識を得ることができるので、スムーズに両建てを行うことができるようになるでしょう。

XM(XMTrading)は両建てを禁止していない!

XMは両建てを禁止していません。

両建てとは、1つの通貨ペアで買いポジションと売りポジションを同時に保有することをさします。

しかし海外FX業者の中には両建てを禁止している業者も少なくありません。そのような業者で両建てを行うと、口座凍結などのペナルティの対象となってしまいます。

その点XMでは両建てを認めているので、両建てを利用したトレードをすることが可能です。

実際に、XMの公式サイトでも両建てを認めている記載がありました。

Q 両建て取引を認めていますか?

A はい、認めています。1つの取引口座でポジションを両建ていただけます。両建ては、同じ銘柄で「買い」と「売り」両方のポジションを同時に開いた場合に 成立します。FX、ゴールドおよびシルバーを両建てする際、両建てポジションの必要証拠金はゼロであるため、証拠金維持率が100%未満でもポジションを建てることができます。その他すべての銘柄を両建てする際、両建てポジションの必要証拠金は50%です。最終的な必要証拠金が口座の有効証拠金の合計以下となる場合にのみ、新規に両建てポジションを建てることが可能です。

XM公式サイトから引用

それでは、実際に両建てを行うメリットについて解説していきます。

XM(XMTrading)の両建て メリット

XMで両建てを行うメリットは以下の通りです。

  • 証拠金が0になる
  • 別々のトレード手法を同時に行える
  • XMポイントがもらえる

それでは順番に見ていきましょう。

XM(XMTrading)の両建ては証拠金が0になる

XMで両建てを行う場合、証拠金は0になります。つまり、両建てをする際に、お金がかからないということです。

本来、両建てを他の海外FX業者で行うと、両建てポジションの片方、もしくは両方の証拠金が必要になります。

しかしXMの両建てでは証拠金はかからないので、お金に余裕ができ、証拠金不足による強制ロスカットを防ぐことができます。

XM(XMTrading)の両建ては別々のトレード手法を同時に行える

両建てを行う場合、別々のトレード手法を同時に行うことができます。

具体的に言うと、1つの通貨ペアで長期的にはロング、短期的にはショートという戦略を練っていた場合、同時に同じ通貨にエントリーする事が可能です。

XMではこのような両建てを認めているため、スイングトレードとスキャルピングなど、異なるトレード手法を同時に行うことができます。

XM(XMTrading)の両建てはポイントがもらえる

XMでは、ロイヤルティプログラムという独自のポイント制度があります。そのため両建てを行うことで、ポイントがもらえ、効率よく稼ぐことができます

ポイント稼ぎのための両建ては規約違反になりますが、「両建て手法をしていたらいつの間にかすごくポイントをもらえていた」という場合でしたら問題ありません。

XMポイントは取引すればするほどもらえるので、ポジションを同時に建てる両建てとの相性は抜群です。

そんなXMのロイヤルティプログラムについて詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

XM(XMTradeing)のボーナス

XM(XMTrading)のボーナスを完全ガイド!口座開設&入金ボーナス・出金可否・注意点【2021年最新版】

XM(XMTrading) 両建てのやり方

ここからはXMの両建てのやり方について解説していきます。

経済指標時の両建て

雇用統計などの大きな経済指標時にハイレバレッジで両建てです。

具体的なやり方としては、雇用統計のなどの大きな経済指標発表前に両建てでポジションを建てるだけです。

ポジションを建てた場合、絶対に逆指値の損切注文をあらかじめ入れておきましょう。

雇用統計のなどの大きな経済指標時は、価格が思いっきり伸びます。その際に、含み損ポジションとなってしまった方は損切りします。

もう片方の含み益ポジションが損切り幅より伸びれば利確しましょう。

しかし、この両建てのやり方は、かなり運任せなやり方となっています。

利益が出ている場合の両建て

利益がでている場合の両建てはおすすめです。

具体的なやり方としては、含み益となっている場合に相場が反転してしまったタイミングで、逆のポジションを建てるだけです。

予想したトレンド方向に動くと思ってはいても、反対方向に相場が動いてしまったら、どうしても不安になってしまいますよね。

その際に両建てを建てることで、含み益となったままポジションを保有することが可能です。

XM(XMTrading)の両建て 禁止事項

XMの両建ての禁止事項は以下の通りです。

  • 複数の口座間での両建て
  • 他の業者間での両建て
  • 複数人の口座間での両建て

これらの注意事項を破ると、口座凍結などの罰則を受ける場合があります。なお、XMは評判が良い海外FX業者なので、これらの注意事項をしっかり守ってトレードをしていれば罰則を受けることはありません。

それでは順番に見ていきましょう。

複数の口座間での両建て

XMでは、複数の口座間での両建てを禁止しています

XMは1つの口座内での両建ては禁止していませんが、XM内に複数口座を保有している場合は、その口座間の両建ては禁止しています。

例えば、XMのA口座でロングポジションを、B口座でショートポジションを保有するといった行為です。

そのため、複数の口座間での両建ては絶対にしないようにしましょう。

他の業者間での両建て

XMでは、 XMと他の業者の口座を利用した両建ても禁止しています

例えば、XMのA口座でロングポジションを、TitanFXのB口座でショートポジションを保有するといった行為です。

そのため、XM以外にも他の海外FX業者を利用している方は注意が必要です。

複数人の口座間での両建て

XMでは、複数人の口座間での両建て禁止しています

例えば、あなたのA口座でロングポジションを、友人のB口座でショートポジションを保有するといった行為です。

そのような両建ては禁止されているのでしないようにしましょう。

XM(XMTrading)の両建てに関するQ&A

Q. XM(XMTrading)は両建て禁止ですか?

いいえ、XMでは両建てをすることができます。ただし、複数の口座間での両建て他の業者間での両建て複数人の口座間での両建ては禁止しています。

Q. XM(XMTrading)は両建てとEAを同時に行うのは可能ですか?

はい、XMでは両建てとEAどちらも可能です。

Q. XM(XMTrading)で禁止している両建てはばれますか?

はい、ばれます。

MT4ではすべての業者の取引履歴が管理されているため、XMはMT4の履歴をチェックできるようになっています。そのため、禁止されている両建てを行えばすぐにバレるでしょう。

Q. XM(XMTrading)の両建てはロスカットされないって本当ですか?

はい、本当です。

XMで両建てを行う場合、証拠金が0になるので、ロスカットされません。

Q. XM(XMTrading)の両建て解除はどうするのですか?

XMで両建て解除をする場合は、決済を行ってください。

そうすると、両建て解除となります。

まとめ

XMでは、同一口座内での両建ては可能です

両建てを上手く利用すると証拠金が0になり資金に余裕ができるので、効率よく資金を運用していくことができます。

しかし、XMには禁止している両建ても存在します。もし、禁止している両建てを行った場合は、口座凍結などのペナルティの対象となってしまうので注意が必要です。

そのため、きちんとXMのルールを把握して、両建てで利益を伸ばしていきましょう。

XMの口座開設方法がわからないという方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

XM(XMTrading)の口座開設

XM(XMTrading)の口座開設方法&手順を高画質画像付きで徹底解説【2021年最新版】

この海外FX記事の執筆者プロフィール

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。

海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた人のプロフィールはこちら