【2021年10月更新】海外FXでボーナスキャンペーン開催している業者一覧

XM(XMTrading)のボーナスを完全ガイド!口座開設&入金ボーナス・出金可否・注意点【2021年最新版】

XM(XMTradeing)のボーナス

XM(XMTrading)のボーナスは業界トップクラスの豪華さを誇っています。

  • XMの口座開設&入金ボーナスではいくらもらえるの?
  • XMのボーナスは出金できる?
  • XMでボーナスをもらう際の注意点はある?

そんなXMのボーナスについてこのような疑問を抱いている方も多くいらっしゃるかと思います。海外FXでトレードを行っていく上で、ボーナスの情報は是非とも知っておきたいですよね。

そこでこの記事では、XMのボーナスを完全ガイドしていきます。口座開設&入金ボーナスの詳細はもちろんのこと、出金可否・注意点についてもご紹介していきます。

この記事を最後までご覧になると、XMのボーナスについて正しい知識を一気に習得することができるので、今後XMのボーナスを利用して有意義なトレードを行っていくことができるでしょう。

オペラ

管理人オペラ自身もXMを長年利用しています。この記事では、実際に利用したからこそわかる口座開設&入金ボーナスの詳細や出金可否・注意点はもちろん、ボーナスの受け取り方・ボーナス消滅の条件・ボーナスリセットについてもご紹介していきます。

新規口座開設で3,000円がもらえる/

 XM公式サイトの口座開設フォームはこちら 

まずXMの評判について知っておきたいという方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

XM(XMTrading)の評判

目次

XM(XMTrading)のボーナスとは?

XMのボーナスには以下の3種類があります。

  • 口座開設ボーナス 3,000円
  • 入金ボーナス(100% or 20%)
  • ロイヤルティプログラム(XMポイント)

XMではこれらの豪華なボーナスを現在開催しています。

そのため、「豪華なボーナスがもらえる海外FX業者を利用したい!」という方にはXMはぴったりな業者だと言えるでしょう。

それでは、XMでもらえるこれら3種類のボーナスについて、順番にみていきましょう。

XM(XMTrading)の口座開設ボーナス【3,000円】

口座開設ボーナスとは、新規でXMの口座を開設する方を対象にプレゼントされるボーナスのことをいいます。

初めてXMで口座を開設する場合、対象となる口座タイプは以下の通りです。

  • スタンダード口座(STP口座)
  • マイクロ口座

口座開設ボーナスはスタンダード口座、マイクロ口座が対象となっており、デモ口座やゼロ口座は対象ではないので注意してください。

XMではこれらの2種類のうちどちらか1つの口座を開設した場合、3,000円のボーナスをもらうことができます。入金しなくても取引できるので、トレーダーとしては嬉しいボーナスですよね。

「海外FXを試してみたい」という方でも、自分のお金を入金することなく、XMの最大レバレッジ888倍でトレードすることができるので、太っ腹なボーナスといえるでしょう。

XM(XMTrading)の口座開設ボーナスの受け取り方

ここからは、口座開設ボーナスの受け取り方について見ていきます。

まず口座開設ボーナスを受け取るためには本人確認書類の提出を行う必要があります。本人確認書類では、「身分証明書」「住所確認書」として、以下のような書類が必要です。

身分証明書
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 写真付き住基カード
  • 外国人登録証/在留カード
  • 写真付き障害者手帳
住所確認書
  • 健康保険(被保険者)証
  • 住民票
  • 印鑑登録証明書
  • 公共料金請求書/領収書(電気料金・ガス・水道など)
  • 固定電話・携帯電話料金請求書/請求書
  • クレジットカード・銀行利用明細書/請求書
  • 納税通知書(領収証書)を始めとした租税通知書

「身分証明書」と「住所確認書」などの本人確認書類の詳細や注意点については、下記に記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

XM(XMTrading)の口座開設

口座開設ボーナスは、本人確認書類の提出(リアル口座の有効化)を済ませれば、マイページ上からワンクリックで3,000円受け取ることができます。

ちなみに3,000円の口座開設ボーナスで出た利益は出金することができます。その際は、初回最低出金額は6,000円からしかできないので注意してください。

XM(XMTrading)の入金ボーナス

入金ボーナスとは、入金額に対して定められているパーセンテージをボーナスとしてもらうことをいいます。

XMの入金ボーナスは、以下の2段階制となっています。

  1. 入金した額の500ドル(約5万円)まで100%入金ボーナス
  2. 500ドル(約5万円)を超える入金には20%入金ボーナス
    ※①と②を合わせた入金額が5,000ドル(約50万円)に達するまで適用される

それではひとつずつみていきましょう。

①XM(XMTrading)の100%入金ボーナス

XMでは入金上限額500ドル(約5万円)まで、100%入金ボーナスが適用されます。つまり、500ドル(約5万円)の上限金額までは、入金額をそのまま丸ごとボーナスとして受け取ることができます。そのため、ボーナスの加算により口座の有効証拠金を2倍にすることができます。

ちなみに初回でまとめて500ドル(約5万円)を入金する必要はありません。その都度入金したとしても上限額の500ドル(約5万円)までは100%の入金ボーナスが適用されます。

たとえ少額入金であったとしても、上限金に達するまでは何度でもボーナスをもらえるのは、トレーダーとしては嬉しい限りですよね。

②XM(XMTrading)の20%入金ボーナス

20%入金ボーナスでは、500ドル(約5万円)を超える入金に対しては①と②を合わせた入金額が5,000ドル(約50万円)に達するまで、入金額の20%のボーナスを付与され続けれます。こちらも100%入金ボーナスと同様に、少額資金の入金を繰り返したとしても上限額に達するまでは適用されます。

20%入金ボーナスの場合はもらえるボーナスは最大で以下の通りです。

  • ②5,000ドル(約50万円)-①500ドル(約5万円)=4,500ドル(約45万)
  • 4,500ドル(約45万)×20%=900ドル(約9万円)

このように、20%入金ボーナスを利用すると、最大900ドル(約9万円)がもらえるというわけです。

それでは、入金に対しての獲得ボーナスと証拠金についてシミュレーションしておきましょう。100ドル(約1万円)入金した場合と1,000ドル(約10万円)入金した場合はそれぞれ以下の通りになります。

  • 100ドル(約1万円)入金した場合
    100ドル(約1万円)×100%=100ドル(約1万円)
    獲得ボーナス
    100ドル(約1万円)
    合計有効証拠金
    100ドル(約1万円)+100ドル(約1万円)=200ドル(約2万円)
  • 1,000ドル(約10万円)入金した場合
    500ドル(約5万円)×100%=500ドル(約5万円)
    500ドル(約5万円)×20%=100ドル(約1万円)
    獲得ボーナス
    500ドル(約5万円)+100ドル(約1万円)=600ドル(約6万円)
    合計有効証拠金
    1,000ドル(約10万円)+600ドル(約6万円)=1,600ドル(約16万円)

100ドル(約1万円)入金した場合は入金ボーナス100ドル(約1万円)をもらえ、証拠金は最初の入金額を合わせると200ドル(約2万円)になります。

一方で、1,000ドル(約10万円)入金した場合は入金ボーナス600ドル(約6万円)をもらえ、証拠金は最初の入金額を合わせると1,600ドル(約16万円)になります。

このように入金すればするほど、獲得ボーナスや証拠金も増える仕組みとなっています。

XM(XMTrading)の入金ボーナスの受け取り方

入金ボーナスの受け取り方は、XMの取引口座へ入金を行うだけです。それだけで、自動的に入金ボーナスをもらうことができます。XMではボーナス申請手続きは不要となっており、即座に取引口座へ反映されます。

そのため、ほとんどの方が簡単に入金ボーナスを受け取ることができるでしょう。

ボーナスは、口座情報の「クレジット」に反映されます。なお、有効証拠金は口座残高にクレジットの金額を足した合計金額が表示されます。

入金ボーナスが受け取れない場合

XMの入金ボーナスが受け取れない場合、以下のようなケースが考えられます。

  • 口座開設時にボーナスを受け取ることを希望していない場合
  • ゼロ口座で口座開設している場合
  • キャッシュバックサイト経由で口座を開設した場合

口座開設時にボーナスを受け取ることを希望していない場合

入金ボーナスを受け取るためには、口座開設時から注意しておく必要があります。口座開設時に「はい、ボーナスの受け取りを希望します。」を選択しないと、ボーナスを受け取ることができません。

ここでボーナスの受け取りを希望しないと、ボーナスの対象外となってしまいます。

ゼロ口座で口座開設している場合

ゼロ口座を開設した場合は入金ボーナスを受け取ることができません。ゼロ口座は入金ボーナスの対象外だからです。

キャッシュバックサイト経由で口座を開設した場合

XMでは取引量に応じてキャッシュバックがもらえるサイトを経由して口座開設することもできます。しかし、キャッシュバックサイトを経由にして口座開設をした場合は、入金ボーナスはともかく、口座開設ボーナスさえももらうことができません。

そのため、ボーナスを受け取るために必ず公式サイトから申し込むようにしましょう。

 XM公式サイトの口座開設フォームはこちら 

XM(XMTrading)のロイヤルティプログラム(XMポイント)

XMには、「ロイヤルティプログラム」というボーナスがあります。

ロイヤルティプログラムとは、トレードを行うと、取引量に応じてポイントがもらえるボーナスのことをいいます。ロイヤルティプログラムのポイントを「XMポイント(XMP)」と呼び、貯まったXMポイントは、取引ボーナスや現金に交換することができます。

また、ロイヤルティプログラムでは、取引量に応じてもらえるXMPが異なるのが特徴です。獲得できるXMPはトレーダーごとに定められている「ロイヤルティステータス」によって決定されます。

ロイヤルティステータスには以下の4段階があります。

  1. エグゼクティブ(10XMP/lot) : 初回取引完了後
  2. ゴールド(13XMP/lot) : エグゼクティブレベルスタートから30日後
  3. ダイアモンド(16XMP/lot):エグゼクティブレベルスタートから60日後
  4. エリート(20XMP/lot) :エグゼクティブレベルスタートから100日後

※貯まるポイントは1lot(10万通貨)の取引で最大20ポイント
※ポイント数は取引開始からの期間に応じて上記のようになります。

これらの「ロイヤルティステータス」はトレードを行った日数が増えることによって自動的にレベルアップし、1ロットの取引で獲得できるXMPの量が増加します。

なお、獲得したXMPをボーナスや現金に換金するときの計算方法は以下の通りです。

  • ボーナス=XMP÷3
  • 現金=XMP÷40 

それでは、これらのロイヤルティステータスについてひとつずつみていきましょう。

エグゼクティブ(Executive)

エクゼクティブ(Executive)ランクは、全てのトレーダーが最初に設定される最低ランクとなります。エクゼクティブランクでは、スタンダード口座で1ロット(10万通貨)のトレードをするごとに10XMPを獲得することができます。

次のランクであるゴールド(GOLD)にランクアップするためには、30日間の取引を行う必要があります。

ゴールド(GOLD)

30日間の取引後にエグゼクティブランクからランクアップしたのが、ゴールド(GOLD)ランクです。ゴールドランクでは、スタンダード口座で1ロット(10万通貨)ごとのトレードによって13XMPをもらうことができます。

そして、60日間の取引後にはゴールドランクの次のランクであるダイアモンド(DIAMOND)ランクにランクアップすることができます。ただ、30日間のトレードがない場合はエクゼクティブランクにランクダウンしてしまうため、注意してください。

ダイアモンド(DIAMOND)

60日間の取引後にゴールドランクからランクアップしたのが、ダイアモンド(DIAMOND)ランクです。ランクは、スタンダード口座で1ロット(10万通貨)ごとのトレードによって16XMPを獲得することができます。

100日間の取引後には、ダイアモンドランクの次のランクであるエリート(ELITE)ランクへとランクアップすることが可能です。しかし、100日間トレード実績がない場合はエクゼクティブランクへリセットされてしまうため、注意してください。

エリート(ELITE)

100日以上トレードした場合は、ダイアモンドランクからエリート(ELITE)ランクへとランクアップします。エリート(ELITE)ランクでは、スタンダード口座で1ロット(10万通貨)ごとのトレードによって16XMPを獲得することができます。

しかし、100日間トレード実績がない場合はエクゼクティブランクへとリセットされるため、注意が必要だと言えるでしょう。

例えば、2ロット(20万通貨)のトレードをしたときのXMポイントをボーナスや現金に換金した場合は以下の通りです。

  • XMポイント
    20XMP×2=40XMP
  • ボーナス
    40XMP÷3=約13.3ドル(約13,300円)
  • 現金
    40XMP÷40=1ドル(約100円)

このように、エリートランクではボーナス・現金を獲得できます。

なおロイヤルティプログラムは、XMで口座開設すれば自動的に参加できます。ポイントサービスだからといって、自身で入会手続きする必要はありません。

取引するごとにもらえ、ボーナスや現金にも換金可能なので非常にお得なサービスと言えるでしょう。

XM(XMTrading)のロイヤルティプログラムにおける注意点【4個】

ここまで、ロイヤルプログラムにおける概要をご紹介してきました。しかし、ロイヤルティプログラムには以下のような注意点もあるため、しっかりと押さえておくことが重要です。

  1. ポイントを現金化できるのはダイアモンドとエリートのみ
  2. XMPポイントは複数口座で共有することができる
  3. XMPの対象となるのはポジションを10分以上保有した場合
  4. マイクロ口座に付与されるポイントは1/100

それでは、ひとつずつ確認していきましょう。

①ポイントを現金化できるのはダイアモンドとエリートのみ

上述した通り、XMPを現金化することができるのは、ロイヤルティステータスがダイアモンドランクとエリートランクのみです。そのため、エクゼクティブとゴールドではXMPを現金化することはできません。

自分自身のロイヤルティステータスがどのランクにあるのかをしっかりと把握しておきましょう。

②XMPポイントは複数口座で共有することができる

XMPは、アカウントに対してポイントが付与されるという特徴があります。1つのアカウントにおける複数の口座において、XMPを共有することが可能ということです。

③XMPの対象となるのはポジションを10分以上保有した場合

XMPを獲得するためには、ポジションの保有時間が10分以上である必要があります。保有時間が10分に満たない場合は、XMPの対象外となってしまうのです。

そのため、トレードを数秒から数分で繰り返していくスキャルピングトレードのようなトレードではXMPを付与してもうことはできません。XMでスキャルピングトレードを行う場合は、このルールに気をつけてください。

④マイクロ口座に付与されるポイントは1/100

マイクロ口座で付与されるXMPは、スタンダード口座でもらえるポイントの100分の1の割合となります。これは、マイクロ口座のロット単位がスタンダード口座の100分の1という低い数値となっているからです。

マイクロ口座における魅力は「少額の資金からトレードを開始することができる」ということですが、ロイヤルティプログラムにおいては低いロット単位が不利になってしまうようです。

そのため、マイクロ口座のXMPが少ないと感じたら、スタンダード口座の追加開設を検討するのも良いでしょう。

XM(XMTrading)のボーナスは出金できる?

結論から言うと、XMのボーナス自体をそのまま出金することはできません。

そのため、「ボーナスをもらうためだけに口座開設し、ボーナスを出金しよう」という考えをもっている方がいるとしたら、一刻も早くその考えを捨てたほうがいいでしょう。

このルールはXMに限ったことではなく、ほとんどの海外FX業者で同様の仕様となっています。海外FX業者がボーナスキャンペーンを行う理由は、「多くのトレーダーにトレードを行ってほしい」という願いがあるからです。

そのため、口座開設だけしてトレードもせずにボーナスを持ち帰ろうとする行為は禁じられています。海外FX業者からもらったボーナスはあくまでトレードに活用するための軍資金として、前向きに捉えていきましょう。

ただ、ボーナスを活用して得た利益に関しては出金が可能ですので、安心してください。

XM(XMTrading)のボーナスにおける注意点【10個】

XMのボーナスにおける注意点は以下の通りです。

  1. ボーナスはクレジット表記となる
  2. 複数口座を開設してももらえない
  3. ボーナスは消滅する場合がある
  4. ボーナスが復活することはない
  5. 同一アカウント内の別口座に資金移動するとボーナスも移動する
  6. ロスカットライン20%以下は有効証拠金に対して設定
  7. 損失が出た場合は残高から引かれる
  8. ボーナス相殺後にゼロカットが発動する
  9. 休眠口座になった場合はボーナスもリセットされる
  10. 禁止事項・不正行為を行った場合はボーナスが消滅する

それでは、順番にみていきましょう。

①XM(XMTrading)のボーナスはクレジット表記となる

まず、XMから受け取ったボーナスは「ボーナス」としてではなく、「クレジット」として表記されるというルールがあります。そのため、XM会員ページやMT4(メタトレーダー4)またはMT5(メタトレーダー5)では「クレジット」と表記されているため、注意が必要です。

XMボーナスはクレジット表記されるため、ボーナスは残高とは別物として管理されます。すなわち、XM取引口座における残高は「入金額+取引で生じた利益」となり、クレジットは「ボーナス」となるというわけです。

また、XMにおける「有効証拠金」は”残高+クレジット”となります。有効証拠金とは、取引する際に利用することができる証拠金のことです。簡単に言うと、「あとどれくらい取引を行うことができるか」ということを表す金額ということになるでしょう。

ロスカット(強制的に損失が確定されること)の判断をする場合に、この有効証拠金をもとにロスカットラインの計算がされます。

XMでは獲得したボーナスも有効証拠金としてカウントされるため、ボーナスを受け取ることで口座における証拠金維持率を高めることができます。

②XM(XMTrading)のボーナスは複数口座を開設してももらえない

XMでは、複数口座を開設してもボーナスはもらえません。なぜならばボーナスは、口座ごとの管理ではなくユーザーのアカウントごとの管理となっているからです。

XMは最大8口座まで複数口座を持つことができますが、ボーナスをもらえるのは最初に開設した口座のみになります。

「ボーナスがもらえるのは1回だけ」と覚えておきましょう。

③XM(XMTrading)のボーナスは消滅する場合がある

XMでは出金を行う場合、残高の出金額に応じてボーナス(クレジット)は消滅するというルールがあります。このルールを知らないと「気づいたらボーナスがなくなっていた・・・」という事態に陥りやすくなってしまうので、よく覚えておきましょう。

具体的に言うと、残高に対する出金額の割合と同割合のボーナスが差し引かれる仕様となっています。

たとえば、残高が10万円でボーナスが5万円の場合、2万円/4万円を出金した場合はそれぞれ以下の通りです。

  • 2万円を出金した場合
    2万円の出金は、残高10万円に対して20%
    ボーナスも20%の1万円が消滅
    残高8万円 ボーナス4万円となる
  • 4万円を出金した場合
    4万円の出金は、残高10万円に対して40%
    ボーナスも40%の2万円が消滅
    残高6万円 ボーナス3万円となる

このように、残高に対する出金額の割合と同割合のボーナスが消滅してしまいます。そのため、出金をする際は注意しましょう。

④XM(XMTrading)のボーナスは復活することはない【一度消滅してしまった場合】

一度消滅してしまったXMのボーナスは、二度と復活することはありません。また、ボーナス上限がリセットされることもないです。

利益がでてすぐに全額出金をしてしまうと、ボーナスも全額消えてしまうので非常にもったいないですよね。

そのため、出金などを行う際は細心の注意を払っておくことが大切です。せっかくもらったボーナスを無駄にしないためにも、ボーナスの管理はしっかりと行っていきましょう。

⑤同一アカウント内の別口座に資金移動するとボーナスも移動する

XMでは最大8つまで複数口座を持つことができるため、他口座への資金移動を行う機会が多いのではないでしょうか。しかし、同一アカウント内の別口座へ資金移動を行うと、ボーナスまでもが移動してしまいます。

出金時におけるルールと同じく、ボーナスも資金移動額の割合に応じて移動するという特徴があります。他口座への資金移動によるボーナス移動の例としては、以下の通りです。

例えば口座残高10万円・ボーナス5万円の口座から2万円を資金移動した場合

  1. 10万円における2万円は、20%となる
  2. ボーナス残高5万円における20%は、1万円となる
  3. 結論:1万円分のボーナスが資金移動する

このようにボーナスの移動が行われるため、有効証拠金のルールをよく覚えておくことは重要なことです。

⑥ロスカットライン20%以下は有効証拠金に対して設定

XMのロスカットラインは、20%以下となっていますが、これは有効証拠金(残高+ボーナス)に対するロスカット水準です。

そのため、トレードの最中に一時的に残高がマイナスになっても、ボーナスを含めた有効証拠金維持率がロスカットライン20%を下回らない限り、強制ロスカットされることはありません

⑦損失が出た場合は残高から引かれる

XMのボーナスは、損失が発生した場合は、残高から減ります

例えば残高5万円・ボーナス3万円のとき、5万円の損失が発生した場合

  • 残高:0円
  • ボーナス:3万円

このように、トレードで発生した50,000円の損失は、残高である50,000円が充当されます。今回は残高と損失が同額であったため、ボーナスクレジットには一切影響がありませんでした。

しかし、損失額が残高を上回ると、残高は一時的にマイナス表記になります。

例えば残高5万円・ボーナス3万円のとき、6万円の損失が発生した場合

  • 残高:-1万円
  • ボーナス:3万円

↓ マイナス残高とボーナスが自動相殺される

  • 残高:0円
  • ボーナス:20,000円

残高5万から損失額6万円が引かれると、-1万円の残高となります。ここで、マイナス残高とボーナスが相殺されることで残高は0となり、ボーナスクレジットは2万円になります。

マイナス残高とボーナスは自動的に相殺されるため、特に申請する必要などはありません。ただ、マイナス残高とボーナスの相殺には長い時間がかかる場合があります。

その場合、残高がマイナスの状態でトレードをして利益を出したとしても、今後残高と利益が相殺されてしまいます。これは非常にもったいないことなので、残高のマイナスが自動相殺されるまで、しっかりと待つことが堅実だと言えるでしょう。

早くトレードをしなければならないときにマイナス残高とボーナスが自動されない場合は、XMのサポートに連絡しましょう。サポートセンターに連絡すればすぐに対応してもらえるため、急ぎの際はおすすめの解決方法です。

⑧ボーナス相殺後にゼロカットが発動する

ゼロカットが発動するのは「マイナス残高とボーナスを相殺しても、口座残高がマイナスになるとき」です。

ゼロカットとは、トレーダーの取引口座における残高がマイナスになった場合に、残高を0にリセットしてくれるシステムのことを指します。ゼロカットによって業者に損失を肩代わりしてもらうことができ、追証(追加証拠金。いわゆる借金のこと)を負わずに済みます。

このことから、ゼロカットはトレーダーに対する救済システムだと言えるのです。このゼロカットが発動するタイミングについて、しっかりと覚えておきましょう。

⑨休眠口座になった場合はボーナスもリセットされる

XMでは、開設した取引口座でポジションを保有せずに、トレード・入金・出金が90日間行われない場合は、「休眠口座」となってしまいます。休眠口座となってしまうと口座がロックされてしまうため、ログインすることができなくなってしまいます。

休眠口座を解除するためにはサポートセンターに連絡する必要があり、サポートに問い合わせすることによって休眠を解除することが可能です。しかし、休眠口座を解除した後は獲得したボーナスがすべて消滅しています。

上述した通り、消滅したボーナスはどんな方法によっても復活することはありません。XMからせっかくもらったボーナスも、全てを無駄になくしてしまいます。

また、休眠口座になるとボーナスはなくなるどころか、サポートへの問い合わせなど手間がかかるため、取引口座は極力放置しないように心がけましょう。

⑩禁止事項・不正行為を行った場合はボーナスが消滅する

XMで獲得したボーナスが消滅する条件としては、「禁止事項・不正行為を行ったケース」も挙げることができます。「XMの禁止事項・不正行為には、どのような行為が挙げられるのか?」というように思われる方もいらっしゃることでしょう。

XMにおける禁止事項・不正行為としては、以下のようなことがあります。

  • 他口座との両建てを行うこと
  • 他業者を利用した上で両建てを行うこと
  • グループ内での両建てによるアービトラージを行うこと
  • 不正なボーナスの受け取り(口座開設ボーナスを何かしらの方法で2回受け取る行為、入金ボーナスの上限以上の金額を受け取る行為など)
  • 接続遅延、レートエラーを利用したトレードを行うこと

※両建て:同一通貨ペアにおける買いポジションと売りポジションを同時に保有すること
 アービトラージ:いわゆる裁定取引のこと

複数口座での両建て・他業者を利用した両建て・グループ内での両建て・アービトラージに関してはXMに限らず、多くの海外FX業者で禁止されている不正行為となっています。

このような行為を行った場合はボーナスの消滅はともかく、口座が永久凍結されてしまうため、絶対にしないようにしましょう。

XM(XMTrading)のボーナスリセット

なんとXMは、ボーナスリセットをしてくれます。

入金ボーナスを全て使いきったという方もいらっしゃると思います。その場合、XMが入金ボーナスのリセットをしてくれるのです。

XMはボーナスリセットするだけではなく、期間限定の追加ボーナスなども実施しています。その種類は以下の通りです。

  • 500ドル(約5万円)までの100%入金ボーナスリセット
  • 500ドル(約5万円)追加100%入金ボーナス
  • 1000ドル(約10万円)入金ボーナス

ボーナスリセットがあるのもXMの魅力のひとつといえるでしょう。

そんなボーナスリセットについて詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

XM(XMTrading)はボーナスだけで取引を行うことが可能

XMでは、口座開設ボーナス・入金ボーナス・ロイヤルティプログラムといったボーナスキャンペーンを実施していることがお分かりいただけたかと思います。そして、XMでは複数の口座を開設することができるため、「ボーナスだけで取引する口座」を開設して大きな利益を狙うことが可能です。

XMにおけるボーナスだけで取引を行っていく方法について見ていきましょう。まずは、トレーダーの自己資産で安定的に取引できる口座を開設します。

そして、追加口座としてXMポイントを利用してハイレバレッジトレードを行うための口座を開設してください。その際、開設する口座タイプはスタンダード口座がおすすめとなります。スタンダード口座では最大レバレッジが888倍となっているからです。

また、マイクロ口座ではXMPがスタンダード口座の100分の1となっていることも考慮すると、やはりおすすめはスタンダード口座でしょう。

これで、「A口座=安定的なトレードを行う口座」「B口座=XMPを貯める口座」が用意できました。A口座におけるトレードで獲得したXMPはアカウント内で共有することができるため、B口座ではXMPを利用することで実質的にボーナスだけで取引を行うことが可能となるわけです。

この方法は、XMPが複数口座で共有することができるということを応用した運用方法だと言えるでしょう。

XM(XMTrading)のボーナスは確定申告の必要なし

トレードで得た利益は最終的に確定申告によって、所得税を納めなければなりません。

確定申告とは、1年間に稼いだ収入から経費を差し引いた「所得」に対する税金を自分で計算し、国に納めることを指します。トレードで稼いだ所得に対して確定申告を行わなければ「脱税」となってしまいます。

そのため、トレーダーは1年に1回かならず確定申告を行う必要があるのです。

そこで確定申告の際、「所得はボーナスを含めるのか?」というような疑問が浮かぶかと思われます。

しかし、XMのボーナスは所得には含まれません。そのため、確定申告の必要もありません。ボーナスは証拠金としてトレードに活用することはできますが、ボーナス自体の出金を行うことはできないからです。

よって確定申告で納めるべき税金は、ボーナスクレジットを除外した証拠金から計算してください。

XM(XMTrading)のボーナスに関するQ&A

Q. XM(XMTrading)のボーナスの使い方を知りたいのですが?

XMでは、損失によって残高が0になってしまっても、ボーナスのみで取引を続けることができます。

そのため、初めて海外FX業者を利用する方や他社からの乗り換えを検討している方にとって有意義なボーナスの使い方ができるでしょう。

Q. XM(XMTrading)のボーナスの受け取りはどうしたらいいですか?

XMのボーナスの受け取りは、口座開設ボーナスであれば本人確認書類の提出を済ませれば、マイページ上からワンクリックで3,000円受け取ることができます。

入金ボーナスは、XMの取引口座へ入金を行うだけで受け取れます。

ロイヤルティプログラムは、XMで口座開設をしたら自動的に参加できるので、取引するごとにXMポイントを受け取れますよ。

まとめ

これまで、XMのボーナスについてガイドしてきました。XMのボーナスはかなり豪華で、その中でも100%入金ボーナスは特においしいです。

海外FXを入金額の倍の資金でトレードできるのは非常に大きなメリットといえるでしょう。この機会に是非活用していただきたいです。

新規口座開設で3,000円がもらえる/

 XM公式サイトの口座開設フォームはこちら 

この海外FX記事の執筆者プロフィール

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら

『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』というベストセラー本の著者でもあり、ファイナンシャル・プランニング技能検定1級(日本FP協会認定国家資格)も保持しています。

著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXおすすめランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら