TitanFX(タイタンFX)の出金方法を全種類解説!1番おすすめの出金方法はなに?

TitanFX(タイタンFX)は、世界中で利用されている人気海外FX業者です。

  • TitanFXにおける出金方法には、どのような種類があるか全て知りたい
  • TitanFXの出金方法の中で、1番おすすめの方法が知りたい!

そんなTitanFXの出金に関してこのように思われている方も多くいらっしゃるでしょう。出金方法の種類は業者ごとに異なるため、きちんと理解しておきたいですよね。

そこでこの記事では、TitanFXの出金方法を全種類解説していきます。また、1番おすすめの出金方法や出金における注意点・出金手順などについてもご紹介していきます。

オペラ

管理人オペラ自身、TitanFXの全ての出金方法を利用したことがあります。この記事では、その経験を活かしてTitanFXの出金に関するありとあらゆる情報をまとめてみました。TitanFXの出金に関してわからないことがあれば是非この記事を参考にしてください。

 TitanFX公式サイトの口座開設フォームはこちら 

TitanFX(タイタンFX)の出金方法【4種類】

それぞれの海外FX業者ごとに出金方法は異なるため、各業者ごとに対応している出金方法をあらかじめチェックしておくことは重要なことです。TitanFXには、以下6種類の出金方法があります。

  • クレジットカード/デビットカード
  • 国内銀行送金
  • bitwallet(旧mybitwallet)
  • STICPAY
  • NETELLER(日本在住者には使えない)
  • Skrill(日本在住者には使えない)

ただ、このうち日本居住者は「NETELLER」と「Skrill」を利用することができません。日本居住者対象なのは、「クレジットカード/デビットカード」「国内銀行送金」「bitwallet(旧mybitwallet)」「STICPAY」の4種類なので、これらの出金方法について今回はご紹介していきます。

このように、TitanFXの出金方法には日本居住者向けでないものがあるため、注意していきましょう。

TitanFX(タイタンFX)の出金方法はbitwalletが1番おすすめ!

1番おすすめの出金方法はbitwalletになります。

bitwalletと銀行送金の手数料と出金にかかる日数比較は以下の通りです。

項目bitwallet出金海外銀行送金
出金手数料無料1,700円
受取り手数料なし2,000円~
4,000円
出金時間即時2~5営業日

銀行送金では、出金にかかる時間が長い上に、出金手数料を合計すると3,000円ほどかかってしまいます。

それに対してbitwalletは、出金手続きが完了されると即時口座に着金され、出金手数料は無料なのです。

出金されたお金は、bitwallet内に資金をためておくこともでき、bitwallet内の資金を国内の銀行へ出金する際の手数料もわずか824円となっています。

bitwalletは非常に便利で他の出金方法と比べてもお得なので、まだ口座を作っていない方は作ることをおすすめします。

TitanFX(タイタンFX)の出金における5つの注意点

さらに、TitanFXの出金には、以下5つの注意点・ルールが存在しています。

  • 本人確認証明書類の提出を行うこと
  • 出金できない銀行がある
  • 入金・出金は同じ方法で行うこと
  • 出金方法によって手数料・口座反映時間などが異なる
  • ポジションを持ったままの出金は可能だが、出金上限は余剰証拠金の90%まで

TitanFXではこれら5つの注意点について把握しておかないと、いざ出金しようとしても、上手く出金できないケースに陥ってしまうでしょう。スムーズに出金を行なっていくためにも、これら5つの注意点について確認していきたいと思います。

まずは、「本人確認証明書類の提出を行うこと」から確認をしていきましょう。

本人確認証明書類の提出を行うこと

TitanFXだけに限らず多くの海外FX業者では、出金を行うために「本人確認証明書類の提出」が必要となっています。

「本人確認証明書の提出なんて知らないし、やっていない」という方もいらっしゃるのも無理はありません。なぜなら、TitanFXでは口座開設時において本人確認証明証書の提出が不要だからです。

そのため、本人確認証明書類の提出を行わないままトレードを行い利益を稼ぎ、いざ出金しようとするときに「出金できない・・・」というケースに陥ってしまいます。TitanFXで出金を行うためには本人確認証明書類の提出は必須となっているため、口座開設時にできれば本人確認を済ませておくことが大切です。

本人確認書類の提出のやり方を知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

TitanFX(タイタンFX)の口座開設方法を高画質画像付きで徹底解説【2021年最新版】

本人確認を早めに済ませて、スムーズな出金を行なっていけるようにしましょう。

出金できない銀行がある

世に存在する銀行には、TitanFXの銀行送金における出金に対応していない銀行があります。TitanFXの銀行送金からの出金に対応していない銀行には、以下6タイプの銀行が挙げられるでしょう。

  • ゆうちょ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 新生銀行
  • じぶん銀行
  • セブン銀行
  • みずほ銀行(ネット支店のみ出金に対応していない)

これら6タイプの銀行以外は、TitanFXの銀行送金における出金に対応しています。そのため、ほとんどの銀行がTitanFXの出金に対応しているということが、よくお分かりいただけると思います。

ただ、ゆうちょ銀行やジャパンネット銀行を含めた6つの銀行では出金を行うことができないため、銀行送金による出金を行う際は注意しましょう。また、みずほ銀行に関してはネット視点のみ出金に対応していないだけなので、その他の支店では銀行送金の出金を行うことが可能です。

入金・出金は同じ方法で行うこと

TitanFXの出金におけるルールとして最も重要なのが、「入金方法と同じ出金方法を行わなければならない」ということです。これは、TitanFXが国際法を遵守しており、不正行為を防ぐための努力をしていることが理由となっています。

不正行為としては、マネーロンダリング(資金の発生源を分かりにくくするために、架空・他人名義の金融機関口座を不正利用する行為。日本語だと資金洗浄と言う)やテロ活動の資金調達などが挙げられるでしょう。これらの不正行為を防ぐためにトレーダーが入金した金額までは、入金方法と同じ方法で出金する必要があるというわけです。

しかし、国内銀行送金では入金額以上の出金が可能となっています。国内銀行送金以外の出金だと入金額と同様の金額しか出金することができません。

このように、出金方法によって出金できる金額が異なってくるため、特徴をしっかりと押さえて利用していきましょう。

そんなTitanFXの入金方法に関して詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

TitanFX(タイタンFX)の入金方法を全種類解説!1番おすすめの入金方法はなに?

出金方法によって手数料・口座反映時間などが異なる

TitanFXのみならず、多くの海外FX業者では出金方法によって、手数料・口座反映時間(着金日数)などの仕様が異なってきます。
TitanFXの各種出金方法における手数料・口座反映時間の違いは、以下のとおりです。

出金方法詳細口座反映時間出金手数料
クレジット/デビットカードVISA/master約1~2週間
(当~翌営業日)
なし
オンライン ウォレットbitwallet/STICPAY
/Skrill/NETELLER
即時
(当~翌営業日)
なし

bitwalletウォレット口座から銀行へ出金する場合は、別途手数料が発生します(実質824円)。また、STICPAYウォレット口座から銀行へ出金する場合も、別途手数料が発生するので注意が必要です(800円+1.5%)。

さらに、クレジットカードの種類によっても、以下のように口座反映時間が異なってきます(以下はあくまで目安です)。

  • JNB-VISA(翌営業日)
  • りそなVISAデビットカード(4日後)
  • CITIカードVISA、楽天VISAデビットカード、スルガVISA(1週間後)
  • 新生銀行VISA、楽天VISA、イオンVISA、セゾンMaster、楽天Master(1か月後)
  • JACCS-VISA(1か月半)

ちなみに、JACCS-VISAにおける出金に関しては電話で処理してもらう必要があります。このような出金方法ごとの特徴を踏まえ、自分に合った入金方法を選んでいきましょう。

ポジションを持ったままの出金は可能だが、出金上限は余剰証拠金の90%まで

TitanFXは、ポジションを持ったまま出金を行うことができる海外FX業者の1つです。ただ、ポジションを持ったままの出金における上限金額は、余剰証拠金の「90%未満」の金額までとなっています。

そのため、余剰証拠金における残り10%の金額を出金することはできません。とはいえ、ポジションを持ったまま90%の余剰証拠金を出金ができるということは、TitanFXにおけるメリットのひとつだといえるでしょう。

  • 100万円の余剰証拠金の場合
    →90万円の出金が可能。残り10万円は出金できません。

TitanFX(タイタンFX)の出金手順

ここまで、TitanFXにおける出金方法の種類や注意点・ルールについてご紹介してきました。TitanFXにおける出金方法について、理解を深めることができてきたと思います。

それでは、ここからは「TitanFXの出金手順」を見ていきましょう。前述したとおり、TitanFXには「クレジットカード/デビットカード」「bitwallet(旧mybitwallet)」「STICPAY」「国内銀行送金」「NETELLER」「Skrill」といった6種類の出金方法を行うことができます。

そして、このうち日本居住者が利用できるのは、以下の4種類です。

  • クレジットカード/デビットカード
  • bitwallet(旧mybitwallet)
  • STICPAY
  • 国内銀行送金

そのため、この記事では日本国内居住者におけるトレーダーの方に向けて、この4種類の出金方法についてご紹介していきたいと思います。

TitanFXの各種出金方法における手順を把握し、スムーズな出金ができるようになりましょう。まずは、クレジットカード・デビットカードによる出金方法から見ていきます。

クレジットカード・デビットカードによる出金方法

クレジットカード・デビットカードに限らず、TitanFXから出金を行うためには「クライントキャビネット(会員ページ)」へ、まずアクセスする必要があります。クライントキャビネットへアクセスするためには、TitanFXの公式ホームページで「クライントキャビネット」ボタンをクリックしてください。

TitanFXの公式ホームページ画面

TitanFXのクライントキャビネット画面へ進んだら、「メールアドレス」「パスワード」の登録をします。

TitanFXのクライントキャビネット画面

メールアドレスとパスワードを入力したら、「ログイン」ボタンをクリックしましょう。これで、TitanFXのクライアントキャビネットへのアクセスが完了です。

クライントキャビネットへアクセスしたら、左手メニューから「出金」ボタンをクリックしてください。

TitanFXのクライントキャビネット画面

そうすると出金方法の選択ができるようになるので、クレジットカードでの出金を選択してください。また、入金した際に使用したクレジットカードの選択、「取引口座」に希望の取引口座も選択します。

TitanFXの出金方法のクレジットカード選択画面

そして、入金した際に利用したクレジットカードを選択すると、出金額の選択ができるようになるので、希望の出金額を選択しましょう。

TitanFXの出金額の選択画面

希望出金額を選択したら、「出金」ボタンをクリックしてください。そうすると、「出金リクエスト手続き完了・成功」のメッセージ(出金のご依頼ありがとうございました JPY ○○○○○。お客様のメールアドレスに確認メールを送信いたしました 。お客様の照会ID ********というメッセージ)が表示されます。

TitanFXの「出金リクエスト手続き完了・成功」のメッセージ画面

このメッセージ画面が表示されれば、クレジットカード・デビットカードによる出金が完了した証となります。さらに、登録したメールアドレスにも「出金リクエストの確認(完了ボタンを押してください) (********)」という件名の出金リクエストの確認メールが届くでしょう。

確認メールに記載されている「MT4口座番号:*********」、「出金金額:100,000円」、出金「通貨:JPY」及び「出金方法:Credit Card」といった出金情報で正しければ、「確定」ボタンをクリックすれば完了です。

bitwalletによる出金方法

続きまして、bitwalletによる出金の手順について見ていきましょう。まずは、クレジットカード・デビットカードの出金同様、TitanFXのクライントキャビネットキャビネットにログインします。

そして、左メニューの「出金」ボタンをクリックし、出金方法のリストから「bitwallet」のボタンをクリックしてください。また、画面下の「bitwallet口座を確認してください」にメールアドレスが表示されています。

これは、TitanFXの取引口座に登録したメールアドレスと、bitwalletに登録したメールアドレスが同じであることが必要です。

TitanFXの出金方法のbitwallet選択画面

次に、出金希望額を選択し、「出金」ボタンをクリックしましょう。

TitanFXの出金額の選択画面

bitwalletの出金でも同様に、出金成功画面の表示・出金リクエストの確認が送られてきます。出金リクエストの確認メールの内容に間違いがなければ、「確定」ボタンをクリックし、bitwalletによる出金申請を完了させましょう。

STICPAYによる出金方法

TitanFXで、STICPAYによる出金を行なっていきましょう。全ての出金方法と同様に、まずはクライントキャビネットにログインし、左メニューの「出金ボタン」をクリックします。

TitanFXのクライントキャビネット画面

そして、出金方法選択の画面にて、「取引口座」の欄に出金先口座を選択し、「出金方法の選択をしてください」のところでSTICPAYを選択しましょう。また、「STICPAY口座を確認してください」のところに表示されているメールアドレスを確認します。

TitanFXの取引口座に登録したメールアドレスと、STICPAYにおける登録用メールアドレスが同じであるかどうかを確認してください。

TitanFXの出金方法のSTICPAY選択画面

ここまできたら、次に希望出金額を選択し、「出金」ボタンを押して出金リクエストを完了させましょう。

TitanFXの出金額の選択画面

出金リクエストが完了すると、「出金のご依頼ありがとうございました JPY ○○○○。お客様のメールアドレスに確認メールを送信いたしました。お客様の照会ID ********」というような記載がある画面が表示されます。

また、登録用メールアドレスにも出金リクエストの確認メールが届くので、「MT4口座番号:*********」、「出金金額:100,000円」、出金「通貨:JPY及び出金方法:Sticpay」といった記載されている出金情報が正しければ、「確定」ボタンをクリックしましょう。

これで、TitanFXのbitwalletによる出金は完了です。

国内銀行送金による出金方法

最後に、TitanFXの国際銀行送金による出金についてご紹介していきます。国内銀行送金も他出金方法と同様に、まずはクライントキャビネットにログインし、画面左の「出金」ボタンをクリックしましょう。

TitanFXのクライントキャビネット画面

そして、出金先口座の選択・日本国内銀行送金による出金方法を選択します。ここで、他出金方法と異なるのが「国内銀行送金における規約」が画面下にあることです。銀行送金における注意点がかかれているので、よく確認しましょう。

TitanFXの出金方法選択の日本国内銀行送金選択画面

次に、送金先の口座情報を入力してください。

TitanFXの送金先の口座情報入力画面

これらの銀行情報を全て入力したら、「出金」ボタンをクリックしてください。すると、TitanFXに登録したメールアドレスに、出金リクエストの確認メールが届きます。

「MT4口座番号:*********」、「出金金額:100,000円」、出金「通貨:JPY」及び「出金方法:国内銀行送金」といった出金情報に誤りが無ければ、「確定ボタン」を押します。これで、出金手続き完了です。

まとめ

いかがだったでしょうか。TitanFXの出金に関する不安を大方払拭することができたのではないでしょうか?

「出金拒否は起こらないの?」と不安に思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、TitanFXに関しては出金拒否や出金トラブルに関する口コミは特に目立っていません。

TitanFXのその他の評判や口コミを知りたい方は、下記の記事にまとめているので、興味のある方は是非参考にしてみてください。

TitanFX(タイタンFX)の評判や口コミをオペラが独自調査!2個のデメリット&12個のメリット判明

ここでご紹介した「入出金を同じ方法にする」などの出金ルールを遵守することで、安心して出金を行なっていくことができるでしょう。

 TitanFX公式サイトの口座開設フォームはこちら 

ABOUT US

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。

海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。