TitanFX(タイタンFX)のデモ口座開設手順まとめ!【2021年最新版】

TitanFX(タイタンFX)のデモ口座は、メールアドレス一つで複数開設可能となっています。

  • TitanFXのデモ口座の開設手順がわからない
  • デモ口座を開設する注意点があったら知りたい!

そんなTitanFXのデモ口座についてこのように思われている方も多くいらっしゃるでしょう。デモ口座を開設することは、実際にリアル口座を開設する前のトレードの練習にもなりますし、トレード手法の検証にも役立ちます。そのため開設方法は是非とも知っておきたいですよね。

そこでこの記事では、TitanFX(タイタンFX)のデモ口座開設手順や注意点を画像つきで分かりやすく解説していきます。

この記事を最後までご覧になると、TitanFXのデモ口座の開設手順を把握することができるため、誰でも気軽に口座開設することができ、TitanFXのスプレッドや約定力の高さ、スワップなどを確認することができるでしょう。

 TitanFX公式サイトの口座開設フォームはこちら 

まずはTitanFXの評判について知りたいという方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

TitanFX(タイタンFX)の評判や口コミをオペラが独自調査!2個のデメリット&12個のメリット判明

TitanFX(タイタンFX)のデモ口座における特徴

TitanFXのデモ口座は、リアル口座と全く同じスペックでトレードを試すことが利用できます。

TitanFXのデモ口座の特徴は以下のとおりです。

  • 口座タイプ:Zeroスタンダード口座・Zeroブレード口座
  • レバレッジ:最大500倍(1倍、25倍、50倍、100倍、200倍、250倍、300倍、400倍、500倍の中から選択可能)
  • ベース通貨:円、米ドル、ユーロ、豪ドル(リアル口座だとシンガポールドル建て口座も選択可能)
  • 口座資金:最大500万円(1万円単位で調整可能。追加入金不可)

TitanFXの口座タイプとレバレッジについて詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

TitanFX(タイタンFX)の口座タイプ2種類(スタンダード口座とブレード口座)を比較して解説

TitanFX(タイタンFX)のレバレッジまとめ!最大500倍の制限&変更方法&注意点を徹底解説

それでは、TitanFXのデモ口座開設手順についてみていきましょう。

TitanFX(タイタンFX)のデモ口座開設手順

TitanFXのデモ口座の開設手順は以下の通りです。

  • ユーザー登録をする
  • メールで本人確認をする

それでは、ひとつずつみていきましょう。

ユーザー登録をする

まずは、下記のTitanFXの公式ホームページへアクセスし、デモ口座申請ページへアクセスします。

 TitanFX公式サイトの口座開設フォームはこちら 

そうすると、デモ口座登録ページへ移動するので、名・姓・メールアドレス・プラットフォームの入力・選択をしていきましょう。

Titan FX(タイタン FX)のデモ口座申請画面
  • 名前:(例)Ken Tanaka 
    半角英数字で入力
  • メールアドレス:(例)XXXXX@gmail.com 
    受信可能なアドレスを入力
  • プラットフォームの選択:(例)MT4 
    MT4とMT5のどちらかを選択

このように、名前・メールアドレスの入力・プラットフォームの入力・選択を行なっていきます。また、これらの入力・選択を行なっていく際には、いくつかの注意点があるので、1つずつ確認していきましょう。

入力項目の注意事項

  • 認証メールを受信するためにアドレスは必ず受信可能なものを入力しましょう。
  • MT4とMT5は、後から変更できないため、考慮して選択しましょう。
  • 必ずチェックボックスには、チェックを入れてください。

氏名の入力(半角英数字で入力)

名前を半角英数字で入力してください。TitanFXのデモ口座開設では、最初に名前、次に苗字の順番で入力します。国内FX業者とは、順番が違うので注意してください。

メールアドレスの入力

docomo、au、softbankなどネットワーク会社メールアドレスは、TitanFXからのメールが正常に受信できない可能性があります。

登録不可のアドレスは以下の通りです。

登録不可のアドレス
  • ne.jp
  • docomo.jp
  • softbank.jp
  • auone-net.jp

これらが禁止されているアドレスになります。そのため、登録する際は、gmailやyahooなどのアドレスで登録しましょう。

取引プラットフォームの選択

結論から言うと、MT4をおすすめします。

そんなMT4をおすすめする理由は、以下の通りです。

  • インジケーターやEA(自動売買ソフト)の種類が豊富
  • 情報が多く、わからないことがあっても解決法を見つけやすい

このように、MT4は長く利用されていることから、もしMT4の利用中にわからないことがあってもネットで調べればすぐに解決法がわかります。MT5の方が最新のプラットホームですが、利用者が少なく、いざとなったときに情報を集めることは難しいでしょう。

なお、MT4とMT5のメリットをまとめておいたので、参考にしてみてください。

MT4のメリット
  • 利用者が多く解説サイトもとても多い
  • 困ったときの解決法を調べやすい
  • インジケーターやEA(自動売買ソフト)の種類が多い
  • ほぼ全ての海外FX業者に対応している
MT5のメリット
  • MT4よりも動作スピードが早い
  • 時間足の表示が多い

TitanFXのMT4についてさらに詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

TitanFX(タイタンFX)のMT4のダウンロード&ログイン方法を高画質画像で徹底解説!

これら全ての項目における入力・選択が完了したら、「さあ、始めましょう」ボタンをクリックしてください。そうすると、以下画像のページへ切り替わります。

Titan FX(タイタン FX)のデモ口座登録画面

表示されている通り、登録したメールアドレスにTitanFXからメールが届くので、メールを確認しましょう。

メールで本人確認をする

TitanFXから送られてきたメールを開くと、以下のような画面が表示されます。

Titan FX(タイタン FX)のデモ口座登録完了画面

画面からお分かりいただける通り、これでデモ口座の開設は完了です。デモ口座の開設も非常にシンプルだということがお分かりいただけたでしょうか。

また、メール内には、MT4とMT5をダウンロードする「こちら」というボタンがあるので、これをクリックします。これで、デモ口座版のMT4(MT5)のダウンロードを行うことが可能です。

ただ、スマホではメールのリンクからMT4(MT5)をダウンロードすることはできません。そのため、スマホ版のMT4とMT5を利用する場合は、ダウンロードする必要があります。

デモ口座の注意点

TitanFXのデモ口座には、利用期限が定められています。また、デモ口座の利用制限はMT4とMT5で少々異なっており、以下のように定められています。

  • MT4:口座開設日より30日間
  • MT5:最終ログインから30日間

このようにデモ口座には利用制限が定められているので、利用する際は気をつけましょう。TitanFXを30日間無料で体験すれば、使い勝手の良さがわかるはずです。

まとめ

いかがでしたでしょう。デモ口座の開設手順についてご理解できたと思います。デモ口座は、実際の為替レートの変動・取引条件を反映し、架空の資金で運用を試すことができるので初心者の方にとってはおすすめの口座です。しかし、デモ口座の利用はあくまで短期間と決めて練習するのがいいでしょう。

初めにデモ口座を開設してしまうと、リアル口座での口座開設時期が遅れ、だらだらとデモ口座で取引してしまう可能性があります。そもそも、稼ぐためにFXを始めたいと思っているのですから、それでは本末転倒となってしまいます。

なので、あくまでリアル口座開設後にデモ口座を作ることをおすすめします。デモ口座で基本的なMT4もしくはMT5の使い方や発注の仕方などを覚えたらすぐにリアル口座に移行してみてはいかがでしょうか。

TitanFXのリアル口座の口座開設方法について知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

TitanFX(タイタンFX)の口座開設方法を高画質画像付きで徹底解説【2021年最新版】

せっかくFXを始めるのであれば、まずリアル口座で開設しましょう。

 TitanFX公式サイトの口座開設フォームはこちら 

ABOUT US

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。

海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。