【2023年2月更新】海外FXでボーナスキャンペーン開催している業者一覧

FXGTの確定申告の手順&必要書類を徹底解説!税金の計算方法や節税対策も網羅

FXGTの確定申告

FXGTを含む海外FX業者で得た利益は、確定申告をしなければなりません。納税は国民の義務なので、しっかりとルールを確認しておく必要があります。万が一、無申告が発覚した場合は追徴課税を受ける可能性があるのでご注意ください。

しかし、FX取引の確定申告は多くの方にとって不慣れな作業なので「追徴課税は受けたくないけれど、どのくらいの利益が出たら税金を納めないといけないのか分からない」「会社にバレないから確定申告はしなくて良い」と思う方もいるでしょう。

そこでこの記事では、FXGTの確定申告の対象者や納める税金の種類、必要な書類について徹底解説するので是非参考にしてください。

FXGTで確定申告の対象になる方は?

FXGTで取引しているすべての方が確定申告の対象になるわけではありません。一定の利益以上を儲けたトレーダーは対象になるのですが、その水準は給与所得者や事業所有者・主婦などによって異なります。

確定申告の対象者
  • 給与所得者:FXの利益を含む年間の雑所得が合計20万円を超える場合
  • 事業所有者・主婦・18歳以上の学生・フリーランスなど:FXの利益を含む年間の雑所得が合計48万円を超える場合
    ※2019年までは合計38万円超えでしたが、2020年に上記のように改正されたので注意

給与所得者はFXGTで20万を超える利益を得た場合、給与所得者でない方は48万円を超える利益を得た場合に確定申告が必要だと覚えておきましょう。ただし、以下のいずれかに該当する方はFXGTの利益に関わらず確定申告をする必要があります。

例外的に確定申告の対象者になるケース
  • 複数の会社から給与を受け取っている人
  • 不動産収入などの別の所得がある人
  • 年収が2,000万円以上ある人

FXGTで利益が出ていなくても必ず確定申告をするようにしましょう。

FXGTで確定申告の対象になる取引

続いて、FXGT上のどの取引が税金の計算対象になるのかを確認します。FXGTでは以下の銘柄を取引できますが、これら全てが計算対象になります。

  • FX通貨ペア
  • 仮想通貨
  • シンセティック仮想通貨
  • メタル
  • エネルギー
  • 株価指数
  • GTi12指数
  • 株式
  • DeFiトークン
  • NFT

なお、税金の計算対象となるのは「ポジションを決済して損益が確定した取引」なので、エントリーした時点や保有中のポジションは対象外になります。

FXGTを含む海外FX業者と国内FX業者の確定申告の違い

海外FXと国内FXでは、適用される税制度が異なるので、計算上の違いを詳しく確認します。

FXGTを含む海外FX業者は累進課税

海外FXで得た利益は、総合課税(所得税+住民税)によって計算します。総合課税では、FXの利益が含まれる雑所得だけではなく、給与所得やその他の所得も合算して課税されます。また、所得税は所得によって税率が異なる累進課税になっています。

累進課税の所得額ごとの税率・控除額

所得税率住民税復興特別所得税控除額
195万円以下5%10%2.1%0円
195万円超〜330万円以下10%10%2.1%9万7,500円
330万円超〜695万円以下20%10%2.1%42万7,500円
695万円超〜900万円以下23%10%2.1%63万6,000円
900万円超〜1,800万円以下33%10%2.1%153万6,000円
1,800万円超〜4,000万円以下40%10%2.1%279万6,000円
4,000万円超〜45%10%2.1%479万6,000円

このように、所得税率は所得額に応じて5%~45%に設定されています。また、所得税の他にも住民税や復興特別所得税もかかるため、所得額によっては税率が55%を超えることもあります。

国内FXは申告分離課税

国内FXで得た利益は申告分離課税になるので、FXの利益が含まれる雑所得は給与所得などの所得とは分離して課税されます。

国内FXの税率は一律20.315%に設定されています。内訳は、所得税(15%)・地方税(5%)・復興特別所得税(0.315%)で固定されています。

国内FXの計算方式の方が得だと思われる方も多いかもしれませんが、海外FXの総合課税は他の所得の影響を受けるので、これだけで「国内FXのほうが良い」とは言い切れません。どちらがお得かはトレーダーによって異なります。

FXGTの確定申告に必要な書類

FXGTの税金計算には「年間取引明細書」「必要経費を集計した書類、および領収書」の2種類が必要です。

年間取引明細書

年間取引明細書はMT5からダウンロードできるので、以下で手順を紹介します。

年間取引明細書のダウンロード手順
  1. MT5の「ツールボックス」→「口座履歴」を選択
  2. メニューの中から「期間指定」を選択
  3. 期間をダウンロードしたい年の 1/1~12/31 に指定
  4. 口座履歴に年間の取引履歴が表示されるので、メニューの「レポート」を選択
  5. ExcelまたはHTML形式でレポートをダウンロード

必要経費を集計した書類、および領収書

作成は表計算ソフトなどを利用すると便利でしょう。また、税金計算の時に困らないように、日ごろからレシートや領収書は大切に保管しておくようにしてください。必要経費として計上できる項目は後ほど説明します。

FXGTの確定申告の手順

ここでは、確定申告書の作成方法を解説します。

手順
  1. 国税庁の公式サイトで「申告書等を作成する」→「作成開始」を選択
  2. 提出方法を選択 (マイナンバーカード方式 / ID・パスワード方式 / 印刷して提出)
  3. 税金の種類で「所得税」を選択
  4. 申告内容に関する質問に回答
  5. 雑所得の「入力する」を選択し、所得金額の入力 ※計算方法は後述
  6. 雑所得の内容を入力
  7. 入力完了

所得金額の計算方法と、雑所得の入力内容について詳しく解説します。

FXGTの確定申告の計算方法

FXGTを含む海外FX業者の利益は雑所得の扱いになるので、総合課税や累進課税の対象になります。ただし、課税対象の所得はFXGTの利益だけではなく、給与所得などのその他の所得も含まれるので注意してください。課税される所得金額の計算式は以下の通りです。

年間所得(給与所得やその他の所得+FXGTで得る所得)ー経費ー控除=課税される所得金額

例えば、上記の計算式で課税される所得金額が450万円になった場合、納める所得税は次のようになります。

所得対応する税率所得税
450万円のうち195万円以下195万円に対して5%9万7,500円
450万円のうち195万円超〜330万円以下135万円に対して10%13万5,000円
450万円のうち330万円超〜695万円以下120万円に対して20%24万円

所得税は「9万7,500円+13万5,000円+24万円=47万2,500円」になります。なお、控除額は個人差があるので、確定申告を行うときは注意してください。

雑所得の入力内容

FXGTの確定申告では以下の通りに記入してください。

項目入力内容
種目その他、「証拠金取引」
収入金額年間取引報告書の総損益を入力
必要経費必要経費を入力
源泉徴収税額給与所得者は入力
所得の生ずる場所Eden Island,Seychelles
支払者の名称Tradexfin Limited

確定申告書の内容に誤りがないことを確認したら、税務署に持参または郵送をしましょう。

FXGTの確定申告で知っておきたい節税対策

さまざまな節税対策を行うことによって、税負担を軽くすることができます。節税した結果、同じ収入でも支払う税金が10万円~100万円以上変わることもあるので、これから紹介する方法を是非取り入れてみてください。

必要経費を計上する

FXGTで取引をして利益を得るためにかかった経費は「必要経費」として計上しましょう。例えば、EAやカスタムインジケーターの購入費・FXの勉強にかかった教材費・セミナーの参加費は必要経費に含まれます。さらに、以下の品目も経費として認められる可能性があります。

経費として認められる可能性のある品目
  • 取引環境を整えるためのPC・モニター・周辺機器など
  • 取引環境を整えるための机・椅子など
  • 取引のためのインターネットの通信費
  • 取引に使用している部屋の家賃や光熱費
  • セミナー参加のために購入したスーツ代
  • 他のトレーダーとの交際費

これらは経費として必ず計上できるとは言い切れませんが、意外なものも多いと思います。知っているのと知らないのとでは節税額が大きく変わるので、覚えておくと良いでしょう。

また、これらを経費として計算するためには1年分のレシートや領収書が必要になるので、多少面倒でも必ず保管しておきましょう。

総合課税の他の項目を考慮する

FXGTを含む海外FX業者では、FXの利益は総合課税の雑所得とみなされるので、他の総合課税の所得と合算した結果で課税所得が決まります。そのため、雑所得以外の所得に注目することで、より節税できる可能性があります。

総合課税の対象になる所得
  • 利子所得
  • 配当所得
  • 不動産所得
  • 事業所得
  • 給与所得
  • 譲渡所得
  • 一時所得
  • 雑所得

FX以外にも所得がある場合は、是非その所得と合算して計算してみてください。

配偶者控除など、各種控除を利用する

所得控除にはさまざまな項目がありますが、経費の計上のタイミングで自己申告しなければ適用されません。そのため、以下の項目が所得控除の対象になることを把握しておきましょう。

所得控除の対象
  • 雑損控除
  • 医療費控除
  • 社会保険料控除
  • 小規模企業共済等掛金控除
  • 生命保険料控除
  • 地震保険料控除
  • 寄附金控除
  • 障害者控除
  • 寡婦控除
  • ひとり親控除
  • 勤労学生控除
  • 配偶者控除
  • 配偶者特別控除
  • 扶養控除
  • 基礎控除

利用できる控除は最大限使って節税をしましょう。

FXGTの確定申告における注意点

FXGTの確定申告で注意してほしいことは3つあります。

FXGTのボーナスは課税対象外

FXGTでは口座開設ボーナスや入金ボーナスをもらうことができますが、これらはクッション付きボーナスで、取引の証拠金としてのみ利用できるものなので、課税対象外です。

ただし、取引量に応じたキャッシュバックキャンペーンで取得したキャッシュバックやボーナスを利用して取引して得た利益は、現金化できるので利益として税金計算に含めなければいけません。

FXGTは未確定の損失・利益は課税対象外

税金や確定申告はあくまで確定した利益と損失が対象となるため、FX取引では決済済みの取引内容をもとに申告を行います。そのため、FXGTではポジション決済前の利益や損失(含み益・含み損)には税金がかかりません。

FXGTは損益通算ができない

損益通算とは、損失が生じた年の翌年から3年間は損失を繰り越して利益と相殺できる制度です。国内FXではこの制度が認められているので、例えば以下のような計算ができます。

損益通算の損益課税対象額
損失が生じた年-100万円-100万円0円
+1年+30万円-70万円0円
+2年+60万円-10万円0円
+3年+100万円+90万円90万円

一方、海外FXでは損益通算ができないので、損失を次年度に繰り越せません。また、国内FXと海外FXの両方をやっている場合でも、この2つの損益通算はできないので覚えておきましょう。

FXGTの確定申告に関するQ&A

最後に、FXGTの確定申告に関する質問にお答えします。

FXGTの利益は確定申告しなくてもバレないですか?

海外FXで得た利益は税務署に気づかれにくいことから、このようなイメージを持っている方も多いでしょう。しかし、確定申告をしない場合はバレてしまいます。

なぜなら、FXGTで得た利益を国内の銀行口座に出金した場合に着金の履歴が残り、振り込み元を辿ることでFXGTからの入金だということが発覚するからです。特に、多額を稼いだ場合は税務署から目を付けられやすくなります。隠そうと思わず、正直に確定申告するようにしてください。

FXGTの利益を申告しなかった場合、どのようなペナルティがありますか?

FXGTで利益が出たのに未申告だった場合、以下のような税金を追加で納める必要があります。

ペナルティ内容
延滞税・本来の申告・納税期限から遅れた場合に発生
・本来の申告・納税期限から納付日までの日数分の延滞税(7.3%〜14.6%)を追加で納める
無申告加算税・期限内に確定申告をしない場合に発生
・納税額に対して50万円までは15%、50万円を超える部分は20%分の罰金を支払う
・期限後に自己申告した場合は、5%の罰金
重加算税・悪質な偽造を行ったと判断された場合に発生
・重税額の35%~40%を納める

利益をごまかそうとして、余計にお金を取られてしまっては本末転倒なので、絶対に辞めましょう。

国内FXと海外FXはどちらがおすすめですか?

FXの利益と給与所得の合計が900万を超える方でなければ、どちらを選んでもそこまで差はありません。利益が小さい場合はどちらも税率20%になるからです。例えば、年収500万円の方がFXで100万円を稼いだ時の税金は以下のようになります。

国内FX(給与 500万円 × 所得税 20% = 100万円) + (FXの利益 100万円 × 分離課税 20.315% = 20万315円) = 税金 120万315円
海外FX(給与 500万円 + FXの利益 100万円) × 所得税 20% = 税金 120万

国内FXは利益額に関わらず税率20%なので、FXで数千万円を稼ぐ場合はお得になるかもしれません。しかし、海外FXのハイレバレッジやゼロカットシステムなどを魅力に感じ、税金が高くなったとしても海外FXを利用するトレーダーも多くいます。

FXGTの確定申告まとめ

FXGTで取引をしているすべての方が確定申告の対象になるわけではなく、対象者は給与所得者か事業所得者かによっても基準が異なります。本来は確定申告の対象であるのに、それを知らずに未申告だった場合、追徴課税を受ける可能性があるので十分注意しましょう。

また、記事の中で紹介した確定申告の計算方法や節税方法なども是非参考にして、FXGTの利益がなるべく自分の手元に残るように工夫してみてください。

ABOUT US
海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら

『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』というベストセラー本の著者でもあり、ファイナンシャル・プランニング技能検定1級(日本FP協会認定国家資格)も保持しています。

著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXおすすめランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら