XM(XMTrading) VS TitanFX(タイタンFX)を徹底比較!【2021年最新版】

XM(XMTrading) VS TitanFX(タイタンFX)を徹底比較

XM(XMTrading)とTitanFX(タイタンFX)は、業界の中でもかなり人気のある大手海外FX業者です。

  • XMとTitanFX、どっちの口座を開設したらいいの?
  • どちらの方が取引環境がいいの?

そんなXMとTitanFXに対してこのように思われている方も多くいらっしゃるでしょう。どちらかの口座を開設しようと思ってもどっちがいいかわからなければ、悩んでしまいますよね。

そこでこの記事では、XMとTitanFXについて徹底比較していきます。スプレッドやボーナスなどの取引条件はもちろんのこと、会社の安全性・信頼性などあらゆる角度から徹底比較します。

なお、この記事は2021年最新版の記事となっているため、他の記事よりもより最新の情報を記載しています。この記事をご覧になることで、XMとTitanFXの違いについて完璧に把握できるため、ご自身にあった海外FX業者の口座を開設することができるでしょう。

それでは、まずはXMとTitanFXの取引環境の比較をする前に、会社の安全性・信頼性から比較してみましょう。

XM(XMTrading) VS TitanFX(タイタンFX) 比較 【安全性・信頼性】

XMの運営実績は2009年、TitanFXの運営実績は2014年となっており、XMの方が運営歴は長いですが、会社の安全性・信頼性はどうなのでしょうか。

会社の安全性や信頼性について、金融ライセンス・資金管理の面から徹底比較していきましょう。

XM(XMTrading) VS TitanFX(タイタンFX) 比較 金融ライセンス

XMとTitanFXが取得・保有している金融ライセンスについて比較します。

XMTitanFX
金融ライセンスFSA:セーシェル金融庁VFSC:バヌアツ金融サービス委員会

このように、XMとTitanFXでは、どちらも拠点とする各国の金融ライセンスを取得・保有しています。これらの金融ライセンスはそれぞれ顧客保護のために第三者機関の立場からXMとTitanFXを監視かつ監督しています

XM(XMTrading) VS TitanFX(タイタンFX) 比較 資産管理

XMとTitanFXの資産管理について比較します。

XMTitanFX
資産管理分別管理分別管理

XMとTitanFXではどちらも資産管理として、分別管理を採用しています。分別管理とは、顧客資金と会社の運営費用を別々に分けて保管していることをいいます。

そのため、XM・TitanFXに預けたあなたのお金が勝手に運営資金に回されるなんてことはないので安心してください

XM(XMTrading) VS TitanFX(タイタンFX) 比較 【取引環境】

それでは、XMとTitanFXの取引環境について徹底比較していきましょう。まずは、XMとTitanFXの口座タイプから見ていきましょう。

XM(XMTrading) VS TitanFX(タイタンFX) 比較 【口座タイプ】

XMとTitanFXの口座タイプはそれぞれ以下のように異なっています。

XMの口座タイプ
  • スタンダード口座(STP口座)
  • マイクロ口座(STP口座)
  • ゼロ口座(ECN口座)

XMのスタンダード口座とマイクロ口座はどちらもSTP口座となっており、1ロットあたりの取引量や最小ロット・最大ロットが異なるだけで、スプレッドや最大レバレッジなどの取引条件は同じです。どちらの口座タイプも取引手数料は無料となっています。

また、ゼロ口座はECN口座となっており、スプレッドの狭い口座タイプになります。ゼロ口座では、スプレッドが狭い代わりに取引手数料が発生します。

TitanFXの口座タイプ
  • スタンダード口座(STP口座)
  • ブレード口座(ECN口座)

TitanFXのスタンダード口座もSTP口座となっており、取引手数料が発生しません。反対に、ブレード口座はECN口座なため、スプレッドが狭い代わりに取引手数料が発生します。

このように、XMでは3種類の口座タイプから、TitanFXでは2種類の口座タイプから選ぶことができます

それでは、そんなXMとTitanFXのスプレッドについて比較していきましょう。

XM(XMTrading) VS TitanFX(タイタンFX) 比較 【スプレッド】

XMのスタンダード口座(STP口座)とTitanFXのスタンダード口座(STP口座)の平均スプレッドを比較すると以下の通りになります。

通貨ペアXM
スタンダード口座
TitanFX
スタンダード口座
USDJPY1.6pips1.33pips
EURJPY2.5pips1.74pips
GBPJPY3.6pips2.45pips
AUDJPY3.0pips2.12pips
EURUSD1.6pips1.2pips
GBP/USD2.2pips1.57pips

最も狭いスプレッドを赤で表してみました。このように、XMとTitanFXのSTP口座を比較すると、TitanFXの方が圧倒的にスプレッドが狭いことがわかります

一方で、XMのゼロ口座(ECN口座)とTitanFXのブレード口座(ECN口座)のスプレッドをそれぞれ比較すると以下の通りになります。

通貨ペアXM
ゼロ口座
TitanFX
ブレード口座
USDJPY0.1pips0.33pips
EURJPY0.6pips0.74pips
GBPJPY1.1pips1.45pips
AUDJPY0.8pips1.12pips
EURUSD0.1pips0.2pips
GBP/USD0.4pips0.57pips

このように、XMとTitanFXのECN口座のスプレッドを比較すると、XMの方が狭いことがわかります。

しかし、ECN口座では、スプレッドの他に別途取引手数料が発生します。XMの10万通貨あたり往復10ドル(1.0pips)が、TitanFXのの10万通貨あたり往復7ドル(0.7pips)が発生します。

取引手数料を比較すると、TitanFXの方が3ドル(0.3pips)も低く設定されていることになります。そのため、スプレッドと往復手数料を加味した実質スプレッドを計算するとXMよりもTitanFXの方が有利になるのです

XM(XMTrading) VS TitanFX(タイタンFX) 比較 【最大レバレッジ】

次に、XMとTitanFXの最大レバレッジを比較していきましょう。

XMTitanFX
最大レバレッジ最大888倍最大500倍

このように、XMの方がTitanFXよりも最大レバレッジは大きいことがわかります。

ただし、XMで最大レバレッジ888倍が適用されるのはスタンダード口座とマイクロ口座のみとなっています。ゼロ口座の最大レバレッジは500倍となるので注意して下さい。

一方で、TitanFXの最大レバレッジは500倍ですが、ECN口座であるブレード口座でも最大レバレッジは500倍となっています。

そのため、XMとTitanFXのECN口座のみの最大レバレッジを比較すると同じになります。

XM(XMTrading) VS TitanFX(タイタンFX) 比較 【ボーナス】

XMではボーナスを提供していますが、TitanFXではボーナスを提供していません。

ここまで比較してきた通り、XMではスプレッドや取引手数料などのトータルコストにおいて不利でしたが、ボーナスで挽回できるくらい非常に魅力的なボーナスを提供しています

XMのボーナス
  • 口座開設ボーナス:3,000円
  • 入金ボーナス
    500ドル(約5万円)まで100%
    入金500ドル以上20%※上限5,000ドル(約50万)
  • ロイヤルティプログラム(XMポイント)

このように、XMでは、口座開設ボーナスや入金ボーナスだけでなく、取引する度にボーナスがもらえるロイヤルティプログラムも提供しています。

ロイヤルティプログラムでもらったボーナスは、証拠金にあてたり、キャッシュバックしたりすることができます。

そんなXMのボーナスについて詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

XM(XMTradeing)のボーナス

XM(XMTrading)のボーナスを完全ガイド!口座開設&入金ボーナス・出金可否・注意点【2021年最新版】

XMのボーナスを活用して、トレード資金を増やしお得に取引するのがいいか、TitanFXで取引の度に発生する取引コストを抑えるのがいいかを比較すると、個々の価値観によって異なると言えるでしょう

XM(XMTrading) VS TitanFX(タイタンFX) 比較 【日本語サポート】

XMとTitanFXは海外FX業者であるにも関わらず、日本語サポートがかなり充実しているのです

そのため、どちらの口座を開設したとしても、何か困ったことがあればすぐに問い合わせて解決することができるでしょう。

XMとTitanFXは日本人ユーザーからの評判も非常に良いのでおすすめです。

XMとTitanFXの評判について詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

XM(XMTrading)の評判&独自調査まとめ【2021年最新版】

TitanFX(タイタンFX)の評判や口コミをオペラが独自調査!2個のデメリット&12個のメリット判明

まとめ

XMとTitanFXについてあらゆる角度から徹底比較しました。

XMとTitanFXでは、それぞれ金融ライセンスを取得しており、分別管理を徹底していることから、安全性・信頼性は両者とも高いといえるでしょう。また、日本語サポートも充実しているので、なにか困ったことがあっても安心ですね。

しかし、XMとTitanFXでは、スプレッドやレバレッジ、ボーナスなどの取引条件が異なります。

スプレッドはTitanFXの方が狭いのですが、XMの方がレバレッジが高く、豪華なボーナスも提供しています。

そのため、スプレッドが狭い業者を利用したい方はTitanFXを、豪華なボーナスを活用してハイレバでお得に取引したい方はXMを選んでみてはいかがでしょうか

XMもTitanFXも評判が非常にいいため、どちらもおすすめの海外FX業者です。迷われている方は、どちらの口座も開設するといいでしょう。

XMとTitanFXの口座開設方法について詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

XM(XMTrading)の口座開設

XM(XMTrading)の口座開設方法&手順を高画質画像付きで徹底解説【2021年最新版】

TitanFX(タイタンFX)の口座開設方法を高画質画像付きで徹底解説【2021年最新版】

ABOUT US

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。

海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。