【2021年7月更新】海外FXでボーナスキャンペーン開催している業者一覧

XM(XMTrading)の手数料を全種類解説!知らなきゃ損する手数料を安くする方法

XM(XMTrading)は、日本人から最も人気のある海外FX業者です。

  • XMの手数料は高い?
  • どういう時に手数料は発生する?
  • 手数料を安くする方法はある?

そんなXMについてこのような疑問を抱いている方も多くいらっしゃるでしょう。手数料は何にいくらかかるのかXMを利用する上で知っておきたいですよね。

XMが手数料として徴収するパターンは以下の通りです。

  • ポジションを持つ時のスプレッドと取引手数料
  • マイナスのスワップポイント
  • 入金による手数料
  • 出金による手数料

ちなみに、XMでは口座開設や追加口座などの際に手数料は発生しません。

この記事では、これらの全種類の手数料を解説していきます。またこれらのうち、入金や出金に関しては手数料を抑えることができるので、「知らなきゃ損する手数料を安くする方法」、注意点も合わせてご紹介します。

この記事を最後までご覧になれば、手数料にかかるコストを節約できるようになるでしょう。

XM(XMTrading)の手数料【全種類】

それでは、XMの手数料を全種類解説していきます。

XM(XMTrading)の手数料①スプレッド・取引手数料

XMはどの口座タイプでもスプレッドが発生しますが、取引手数料が発生するのはゼロ口座のみとなっています。

XMのゼロ口座ではスプレッドが狭い分、1ロットで往復手数料10ドル発生してしまうのです。

ちなみにXMにはスタンダード口座・マイクロ口座・ゼロ口座の3つの口座タイプがありますが、スタンダード口座・マイクロ口座は取引手数料は発生しません。

そのためXMの手数料は以下の通りになります。

  • スタンダード口座・マイクロ口座の手数料
    スプレッドのみ
  • ゼロ口座の手数料
    スプレッド+取引手数料

XM(XMTrading)の手数料②マイナスのスワップポイント

XMでは、スワップポイントがマイナスの時、マイナスのスワップポイントが手数料として発生します。

スワップポイントとは、FX業者が各国の政策金利の差を定める数値のことを指します。

これらのスワップポイントは通貨ペアや買いポジション・売りポジションによって異なるので、必ず取引前に確認するようにしてください。

XM(XMTrading)の手数料③入金による手数料

XMは入金による手数料も発生します。

XMの入金方法は以下の通りです。

  • クレジットカード/デビットカード
  • 国内銀行送金
  • bitwallet
  • STICPAY
  • BXONE

ちなみに、これから新規で入金する場合は、クレジットカード/デビットカードのJCB、STICPAYは利用できません。

過去にXMでこれらの入金履歴がある方のみ、利用することができます。

これらの入金方法は後述しますが、それぞれ手数料が異なります。

XM(XMTrading)の手数料③出金による手数料

XMは出金による手数料も発生します。

XMの出金方法は以下の通りです。

  • クレジットカード/デビットカード
  • 銀行送金
  • bitwallet
  • STICPAY
  • BXONE

これらの出金方法は後述しますが、それぞれ手数料が異なります。

XM(XMTrading)の手数料を安くする方法【知らなきゃ損する】

XMでは、入金・出金による方法次第で手数料を安くすることができます。

知らなきゃ損する方法なので、覚えておきましょう。

XM(XMTrading)の手数料を安くする方法①クレジットカード/デビットカードで入金する

XMの手数料を安くする方法の1つ目は、クレジットカード/デビットカードで入金することです。

XMの入金による手数料は以下の通りです。

入金方法手数料
クレジットカード/デビットカード無料
国内銀行送金①振込する際の手数料(0~880円)
入金額が1万未満であれば別途980円の手数料がかかる
bitwallet無料
ただしbitwalletへ入金する際に手数料がかかる
●クレジットカードの場合、入金額の4~5%
●国内銀行送金の場合、無料
STICPAY無料
ただしSTICPAYへ入金する際に手数料がかかる
●クレジットカードの場合、入金額の3.85%
●国内銀行送金の場合、入金額の1%
BXONE※その時の為替によって異なる

このように、XMの入金方法の中で、手数料が唯一かからないのはクレジットカード/デビットカードとなります。

新規で入金する場合は、クレジットカード/デビットカードのJCBは利用できないので、VISAになります。

クレジットカード/デビットカードのVISAで入金すると手数料が安くなるどころか、タダなので入金する際はクレジットカード/デビットカードのVISAにしましょう。

XM(XMTrading)の手数料を安くする方法②クレジットカード/デビットカードで出金する

XMの手数料を安くする方法の2つ目は、クレジットカード/デビットカードで出金することです。

XMの入金による手数料は以下の通りです。

出金方法出金手数料最低出金額出金上限
クレジットカード/デビットカード無料500円入金額と同額
海外銀行送金リフティングチャージ【2,000~4,000円程度】10,000円無制限
bitwallet無料
ただし、bitwalletから国内銀行への出金は一律777円かかる
500円入金額と同額
STICPAY無料
ただし、STICPAYから国内銀行への出金は出金額の2.5%+600円かかる
500円入金額と同額
BXONE※その時の為替によって異なる500円入金額と同額

このように、XMの入金方法と同じく、出金方法で手数料が唯一かからないのはクレジットカード/デビットカードとなります。

そのためXMのクレジットカード/デビットカードで出金すると手数料が安くなるどころか、タダなので出金する際はクレジットカード/デビットカードにしましょう。

XM(XMTrading)の手数料における注意点

ここからはXMの手数料における注意点を解説していきます。

XM(XMTrading)は手数料で口座維持手数料が発生する場合がある

XMは手数料で口座維持手数料が発生してしまう場合があるので、注意しましょう。

口座維持手数料が発生する場合は、90日間トレードをせず非アクティブな口座の場合のみとなっています。毎月5ドルの口座維持手数料が発生してしまいます。

そのため、XMでしばらくトレードを控えようと考えている方は、最後の取引から90日以内に全額出金して口座残高をゼロにしておきましょう。

そうすれば、口座残高は空なので、口座維持手数料を徴収されることはありません。

XM(XMTrading)の手数料に関するQ&A

Q.XM(XMTrading)の手数料は高いですか?

はい、XMのゼロ口座の手数料は高いです。XMのゼロ口座は、取引手数料が1ロット往復10ドルかかってしまいます。

手数料はスプレッド+取引手数料なので、高いと言えるでしょう。

初心者の方でしたら取引手数料のかからない、スタンダード口座がおすすめです。

まとめ

ここまでで、XMの手数料を全種類解説した後、手数料を安くする方法を伝授しました。

XMの手数料を安くするためには、入金・出金の際にクレジットカード/デビットカードを利用しましょう。

そうすれば手数料は無料なので、他の方法よりもコストを抑えることができるでしょう。

この海外FX記事の執筆者プロフィール

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。

海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた人のプロフィールはこちら