iFOREXはMT4に対応していない?独自の取引プラットフォームを徹底解説

iFOREXは海外FX業者の中でも一番の老舗であることから人気の高い業者です。

  • iFOREXってMT4に対応していないの?

そんなiFOREXに対してこのような疑問を抱いている方も多くいらっしゃるでしょう。すでに他の海外FX業者を利用している方の中には、iFOREXでもMT4を使いたいという方もきっと多いはずです。

そこでこの記事ではiFOREXはMT4に対応しているのか、そしてiFOREXが採用している独自の取引プラットフォームについて徹底解説していきます。また、使い方やメリットについてもご紹介していきます。

この記事を最後までご覧になると、iFOREXの取引プラットフォームの使い方について把握することができるため、スムーズに注文することができるようになるでしょう。

iFOREXはMT4に対応していない!

結論から言うと、iFOREXはMT4に対応していないので利用することができません。

MT4は世界中で最も利用されている取引プラットフォームです。そのため、他の海外FX業者で幅広く利用されています。

しかしiFOREXではMT4の代わりに、独自の取引プラットフォームを採用しています。

これまで他の海外FX業者でMT4を利用してきた方は、iFOREXの独自の取引プラットフォームについて不安になる方もいらっしゃるでしょう。

海外FXをこれから始めようと思われている方の中には、評判の高いMT4を利用してみたかったと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかしiFOREXの独自の取引プラットフォームを実際に利用してみたユーザーからは、MT4よりも使いやすいと好評なのです。

iFOREXの独自の取引プラットフォームの評判について詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

iFOREXの評判や口コミを徹底調査!メリット・デメリット公開

実際に管理人もiFOREXの取引プラットフォームを利用していますが使いやすく、不便に感じたことは一切ありません。

それではそんなiFOREXの独自の取引プラットフォームについてみていきましょう。

iFOREXの取引プラットフォーム(FXnetView) 使い方

iFOREXが採用している独自の取引プラットフォームとはFXnetViewです。

ここからは取引プラットフォーム(FXnetView)の使い方について解説していきます。まずは注文方法から見ていきましょう。

取引プラットフォーム(FXnetView)の注文方法
  1. iFOREXの取引プラットフォーム(FXnetView)を起動すると、まずはじめに気配値表示を確認できます。
  2. 注文方法は、気配値表示内の買いボタンもしくは売りボタンを選択するだけで注文フォームへアクセスすることができます。なおこの時点でも銘柄の選択は可能ですが、次のステップでもできます。
  3. 注文フォームで、新規注文方法→注文したい通貨ペアを選択していき、取引数量を入力しましょう。※新規指値注文を選択した場合は、これらに加えて価格も入力しなければいけません。
  4. 買いボタン・売りボタンのいずれかを選択し「注文」ボタンをクリックすれば発注完了となります。

以上がiFOREXの取引プラットフォーム(FXnetView)の注文方法になります。基本的な操作に関しては、MT4とそれほど違いはありません。

なお損切りや利益確定のストップを最初から入れることもできます。もっと細かい注文をしたい場合は、注文フォーム左下の「ツール」を選択することで、注文内容を入力できます。

次にiFOREXの取引プラットフォーム(FXnetView) チャートの表示方法について見ていきましょう。

取引プラットフォーム(FXnetView) チャートの表示方法
  1. 注文フォームヘアクセスして、銘柄でチャートを表示したい通貨ペアを選択してください。
  2. ツールをクリックして、メニュータブからチャートを選択しましょう。
  3. そうすることで、チャートへアクセスします。

iFOREXの取引プラットフォーム(FXnetView) チャートも、MT4と同様に分析ツールがあるので、自分好みにカスタマイズすることができます。

iFOREXにはインジケーターなどの役立つ機能が装備されているので、使いやすさを実感することができるでしょう。

MT4は機能が多すぎるので初心者の方では使いづらいと感じるかもしれませんが、iFOREXでは最低限のメニューがシンプルに表示されているため、初めて利用する方でもわかりやすく使いやすいと好評です。

iFOREXの取引プラットフォーム(FXnetView)のアプリ

さらにiFOREXの取引プラットフォーム(FXnetView)のアプリですが、パソコンと変わらない使いやすさとなっています。MT4ではチャートを表示する場合は通貨ペアを追加しなければいけませんが、iFOREXではその必要はありません。

iFOREXではMT4と違って、ファンダメンタルズ分析もすることができるため、初心者の方からプロの方まで幅広いユーザーにおすすめできます。

iFOREXの取引プラットフォーム(FXnetView) メリット

それではiFOREXの取引プラットフォーム(FXnetView)のメリットについてまとめておきましょう。

iFOREXの取引プラットフォーム(FXnetView)のメリット
  • 銘柄の種類が多い
  • レバレッジをすぐに確認できる
  • 必要証拠金を注文前に確認できる

銘柄の種類が多い

iFOREXの取引プラットフォーム(FXnetView)を使うメリットとして、多くのCFD銘柄に投資できることが挙げられるでしょう。

iFOREXで口座開設しておけば、通貨ペアだけでなく、個別株やETF、仮想通貨などの取引も可能です。

レバレッジをすぐに確認できる

iFOREXの取引プラットフォーム(FXnetView)ではMT4と違って銘柄のレバレッジをすぐに確認できます。

そのため、手っ取り早くレバレッジを知りたいなら、iFOREXはおすすめです。

必要証拠金を注文前に確認できる

iFOREXの取引プラットフォーム(FXnetView)では、銘柄の必要証拠金を注文前に確認することができます。

iFOREXの取引プラットフォーム(FXnetView)を起動すれば、リアルタイムの必要証拠金をすぐに確認できます。

まとめ

iFOREXの取引プラットフォームについてご紹介してきました。

iFOREXではMT4が利用できない代わりに、独自のトレーディングプラットフォームであるFXnetViewを採用しています。

iFOREXの取引プラットフォーム(FXnetView)はシンプルなため、機能を探しやすく使いやすいのが特徴です。またテクニカル分析とファンダメンタルズ分析のどちらもできるため、MT4に劣らないといえるでしょう。

そのため是非この機会にiFOREXで口座開設して、FXnetViewを試してみてはいかがでしょうか。

iFOREXでは、現在初回125%の豪華な入金ボーナスキャンペーンを開催しています。こちらのボーナスを利用すれば、少額でFXnetViewを試せるでしょう。

iFOREXのボーナスについて詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

iFOREXのボーナスを徹底解説!100%入金ボーナスと年利3%キャッシュバックキャンペーンまとめ

ABOUT US

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。

海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較、そしてFX業者は、IS6FXとTitanFX(タイタンFX)の情報を中心にまとめています。