【2023年2月更新】海外FXでボーナスキャンペーン開催している業者一覧

FXGTで口座凍結・休眠口座された時の原因&解決策を編集長オペラが解説!

FXGTの口座凍結・休眠口座

FXGTでは、一度口座凍結されると、保有しているボーナスは消滅し、再び取引することはできません。そのため、口座凍結される原因を知り、そのようなことがないように対策しておくことが大切です。

先に結論を述べると、口座を定期的に動かしつつ、規約違反をしなければ口座凍結される可能性はほとんどありません。とはいえ、「どのくらいの間隔で取引していれば大丈夫なの?」「規約違反って具体的にどういう行為?」と疑問に思われる方もいるでしょう。

そこでこの記事では、FXGTで口座凍結される原因や対策方法について紹介します。FXGTを利用している方は是非参考にしてください。

FXGTで口座凍結・休眠口座される原因

FXGTで口座凍結される原因は主に以下の3つです。

口座凍結・休眠口座の原因
  • 残高ゼロの状態で口座を放置する
  • 口座維持手数料で残高がゼロになる
  • 規約違反

それぞれ解説します。

残高ゼロの状態で口座を放置する

FXGTでは、残高ゼロの口座を30日間放置すると口座凍結されてしまいます。一度凍結されてしまうと二度とその口座にログインできません。

また、口座に入っていたボーナスは全て消滅してしまい、復活させることはできないので気をつけてください。

口座維持手数料で残高がゼロになる

FXGTでは、口座に残高がある場合でも90日間放置してしまうと毎月10ドル(約1,400円相当)の口座維持手数料がかかります。手数料が口座から引き落とされ続け、残高が0円になると、口座凍結されます。

手数料で残高が減るのはもったいないので、口座凍結する前に取引を行うか、90日以上取引しない時は一度出金しておくことをおすすめします。

規約違反

規約違反行為が発覚したり、その可能性が疑われたりすると、口座凍結されてしまいます。規約違反の場合は、最悪アカウント停止などの処分にあります。

具体的には以下のような行為が該当します。

規約違反
  • 複数口座間の両建て
  • FXGTと他業者間の両建て
  • 複数アカウントの運用
  • 同じIPアドレスで複数口座の運用
  • 自己アフィリエイト
  • ボーナスの不正取得

それぞれ解説します。

複数口座間の両建て

複数口座間の両建てとは、別々の口座で買い建てと売り建ての両方のポジションを持つことです。FXGTでは同一名義で複数のライブ口座を持つことができますが、複数口座間で両建てを行うのは規約違反にあたります。

例えば、以下のような取引は禁止です。

禁止されている両建て行為の例
  • 【口座A】BTC/JPYを1ロット買い【口座B】BTC/JPYを1ロット売り
  • 【口座A】BTC/JPYを3ロット買い【口座B】BTC/JPYを0.5ロット売り
    ロットが異なっても両建てにあたる
  • 【口座A】BTC/JPYを1ロット買い【口座B】BTC/USDを1ロット売り
    相関性の高い通貨ペア同士の両建ても禁止

経済指標などの相場の急変動が予想されるときにレバレッジを効かせ、上記のような両建てポジションを持てば、一方の口座ではゼロカットで損失を回避しながら、もう一方の口座では大きな利益を狙うことができます。

しかし、この取引方法は大きな利益が出ればトレーダー側のものになりますが、大きな損失が出てもマイナス分の損失はFXGT側が負担しなければいけません。これはゼロカットシステムの悪用とみなされるので、複数口座間の両建ては禁止されています。

なお、自動売買システムがたまたま両建てしてしまった場合や同じ口座内での両建て、複数のデモ口座間での両建ては問題ありません。複数口座間で同じ通貨ペアのポジションを保有しないように気を付けていれば問題ないでしょう。

FXGTと他業者口座間での両建て

上記と同様の理由で、FXGTと他の海外FX業者の口座間での両建ても規約違反にあたります。仮にもう一方の業者で禁止していなくても、FXGTでは禁止行為になるので注意してください。

もしこのような行為を行うと、FXGTだけではなく、もう一方の業者からもペナルティを受ける可能性があります。

複数アカウントの運用

FXGTでは同一名義での複数のライブ口座・デモ口座の運用は許可していますが、同一人物が複数のアカウントを持つことは禁止されています。つまり、1人2個以上のアカウントを持つことは違反になります。

なぜなら、口座開設ボーナスなどを何度も不正に受け取るためにアカウントをいくつも所持したトレーダーが過去にいたからです。このような行為を未然に防ぐために、FXGTは厳しく取り締まりをしています。

1つのIPアドレスで複数口座を使っている

1つのIPアドレスで複数口座を運用している時は口座凍結される可能性があります。例えば、同じネット回線で家族がそれぞれFXGTを利用していたり、同じパソコンで複数人が取引をしていたりする場合が該当します。

もちろん、別人がそれぞれのアカウントを運用しているのであれば違反にならないので、カスタマーサポートセンターへ問い合わせて口座凍結解除を依頼できます。また、それぞれがアカウント認証を済ませておくことでも口座凍結を防ぐことができます。

自己アフィリエイト

FXGTでは、友人などにFXGTを紹介してその人が取引すると、取引量に応じて報酬を得られる「アフィリエイトプログラム」を提供しています。しかし、自分のアフィリエイトリンクから取引をして報酬を得ることは禁止されています。

ボーナスの不正取得

FXGTはボーナスが豪華なことで知られています。だからこそ、ボーナスを不正入手しようとする悪質なトレーダーも少なくありません。例えば、以下のような行為は禁止されています。

不正取得とみなされる行為
  • 別のメールアドレスを使って登録して複数口座を作る
  • 偽名を使って登録して複数口座を作る
  • 複数口座で入金ボーナスを受け取り両建てする

FXGT側もこれに関してさまざまな対策をしており、発覚した場合は利益の没収や口座凍結などのペナルティが課せられます。

FXGTで口座凍結・休眠口座されないケース

次に「これは規約違反にあたらないのかな」「口座凍結してしまったらどうしよう」と不安になりがちなケースについて解説していきます。以下のようなケースはFXGT側からも認められており、口座凍結されないので安心してください。

口座凍結されないケース
  • 稼ぎすぎ
  • 自動売買
  • スキャルピング

それぞれ解説します。

稼ぎすぎ

FX業者の収益構造には「DD方式」「NDD方式」の2種類あり、FXGTはNDD方式を採用しています。DD方式は主に国内FX業者が採用していて、トレーダーが稼ぐと業者が損をしてしまう利益相反構造になっています。

一方、NDD方式ではトレーダーが取引ごとに支払うスプレッドが業者の利益になるので、トレーダーが稼いだ分、業者も得をします。

このような仕組みになっていることから、DD方式を採用しているFX業者の取引で稼ぎすぎた場合は口座凍結されてしまうケースがありますが、NDD方式ではそのようなことはありません。

NDD方式を採用しているFXGTでは稼ぎすぎて口座凍結される心配はないので、安心してください。

自動売買

FXGTでは、自動売買をしても口座凍結されません。FXGTが採用している取引プラットフォーム「MT5」では、EAを設定するだけで簡単に自動売買を行うことができます。さらに「MQL5.com」というサイトと連携すると、シグナルトレードを利用できます。

また、先述したように自動売買の取引でたまたま両建てが行われていたとしても、規約違反にはなりません。FXGT側もそういった事例は考慮しているはずなので安心してください。取引に自信のない方や初心者の方にはEAやシグナルトレードを一度使ってみることをおすすめします。

スキャルピング

国内FX業者はスキャルピングを禁止していますが、FXGTを含む海外FX業者のほとんどはスキャルピングを認めています。特にFXGTは最大1,000倍のレバレッジをかけることができるので、スキャルピングに有利です

FXGTで口座凍結・休眠口座されると起こること

続いて、口座凍結されると具体的にどのようなことが起こるのかについて説明します。

口座凍結すると起こること
  • MT5にログインできなくなる
  • ボーナスが全て消える
  • 口座維持手数料がかかる場合がある
  • 規約違反をすると永久追放

それぞれ解説します。

MT5にログインできなくなる

口座凍結すると、MT5にログインできなくなります。そのとき注意が必要なのが「確定申告」です。

FXで利益が出た場合、確定申告後に納税しなければいけません。FXの利益を確定申告するために必要な「年間取引報告書」はMT5上でダウンロードすることができます。口座凍結するとMT5にログインできないので、確定申告前にサポートセンターに連絡して報告書を入手しておくようにしましょう。

ボーナスが全て消える

FXGTでは、口座凍結して休眠口座になってしまうと、ボーナスが全て無くなり、元に戻すことはできません。ボーナスが消えるタイミングは口座残高の有無によって異なり、残高がゼロの場合は30日間放置後に消滅、少しでもある場合は90日間放置後に消滅します。

FXGTのボーナスは証拠金としても利用できるため、消えてしまうのはもったいないです。取引を辞める時は、口座内のボーナスは有効活用して使い切ってからにしましょう。

口座維持手数料がかかる場合がある

口座残高が残っている状態で90日間放置すると、口座維持手数料として月に10ドル(約1,400円相当)ずつ口座から引き落とされます。さらに、手数料の支払いによって口座残高がゼロになると、口座凍結されてしまいます。

手数料を払いたくない場合は定期的に取引をするか、口座残高をゼロにするようにしましょう。

規約違反をすると永久追放

規約違反が理由で口座凍結されると、二度とFXGTのアカウントを作ることができません。もちろん、アカウントの復旧を依頼しても拒否されてしまいます。永久追放された時は他の海外FX業者で取引をするしか方法はなくなってしまうので注意してください。

FXGTの口座凍結・休眠口座の解除方法

続いて、口座凍結された場合の解除方法を説明します。

解除方法
  • 規約違反をしていないか確認
  • 追加口座の開設
  • カスタマーサポートセンターに連絡

それぞれ解説します。

規約違反をしていないか確認

以下のような行為を避ければ、口座凍結されることはほぼありません。該当するものがないか確認しましょう。

規約違反にあたる行為
  • 複数アカウントの運用
  • 同じIPアドレスで複数口座の運用
  • 複数口座間の両建て
  • FXGTと他業者間の両建て
  • ボーナスの不正取得
  • 自己アフィリエイト

これらが理由で口座凍結されてしまうと、出金拒否やアカウント停止という処分を受けるだけでなく、口座凍結の解除を行うことは不可能になります。

追加口座の作成

規約違反をしていないのであれば、追加口座を開設することで再び取引をすることができます。追加口座の開設手順は以下の通りです。

追加口座の開設手順
  1. FXGTのマイページへログイン
  2. 「MT5」→「口座開設」を選択
    ・手持ちの現金/仮想通貨を用いて取引する場合は「ライブ口座」
    ・架空の残高を使ってトレードの練習をしたい場合は「デモ口座」
  3. 追加口座の口座タイプを選択
    ・スタンダード+口座:FXGTの全銘柄を取引可能
    ・FX専用口座:仮想通貨なしのFX専用口座
    ・CryptoMax口座:仮想通貨特価の口座
    ・ミニ口座:1ロット=10,000通貨の少額取引口座
    ・PRO口座:スプレッドがECNに次いで狭く、手数料無料の口座
    ・ECN口座:スプレッドが最も狭いが、手数料がかかる
  4. 通貨口座の基本通貨を設定
    ・法定通貨(日本円/米ドル/ユーロ)
    ・仮想通貨(ビットコイン/イーサリアム/リップル/カルダノ/テザー)
  5. 口座の最大レバレッジの設定
    5倍・10倍・25倍・50倍・100倍・200倍・500倍・1000倍
  6. MT5のログイン情報が表示される
  7. 追加口座へ入金または資金移動
    ・入金:eWalletに入金後、eWalletから追加口座へ資金移動
    ・資金移動:既存のMT5口座から、追加口座へ資金移動
  8. MT5でログイン

追加口座は会員ページから1分程度で作成することが可能です。

カスタマーサポートセンターに連絡

同じネット回線で家族がそれぞれFXGTを利用していたり、同じパソコンで複数人が取引をしていたりする場合、口座凍結されてしまう可能性があります。このような時は、FXGT側に同一人物ではなく複数人だということを伝えることで口座凍結を解除してもらえます。

また、口座凍結された理由に心当たりがない時も、カスタマーサポートセンターに問い合わせてみましょう。こちらに非がなければ、スタッフが一生懸命問題解決に取り組んでくれるはずです。

FXGTで口座凍結・休眠口座されないための対策3選

ここからは、FXGTで口座凍結されることを防ぐ方法について解説します。

口座凍結・休眠口座の対策
  • 定期的に取引を行う
  • 早めにアカウント認証を行う
  • 正当な方法で稼ぐ

それぞれ解説します。

定期的に取引を行う

先述したように、口座残高がゼロの場合は30日間取引を行わなければ口座凍結、1円以上ある場合は90日間取引を行わなければ、口座維持手数料がかかってしまいます。定期的に取引を行うことで口座凍結や手数料の支払いを防ぐことができます。

早めにアカウント認証を行う

家族で同じネット回線やパソコンを使っている場合、各人が早めにアカウント認証を済ませておきましょう。アカウント認証は、本人確認書類と現住所確認書類を提出すれば完了します。別人であることをFXGT側に示すことで、規約違反だと勘違いされることを防げます。

正当な方法で稼ぐ

当たり前ですが、規約違反をせずに正当な方法で稼ぎましょう。特に「複数口座間/FXGTと他のFX業者間の両建て」「ボーナスの不正取得」「自己アフィリエイト」によって口座凍結になるケースが多いです。

このように手段を選ばすに稼ぐことも技術的に可能かもしれませんが、これらの行為は、FXGTの運営側に迷惑をかけてしまうことはもちろん、他のトレーダーにも少なからず影響を及ぼします。絶対に行わないようにしましょう。

FXGTの口座凍結・休眠口座に関するQ&A

最後に、FXGTの口座凍結に関する質問についてお答えします。

凍結した口座の削除方法を教えてください。

凍結した口座はトレーダー側で削除することができず、マイページの「MT5」に残り続けます。ただし、新たに追加口座を開設することで再び取引を行うことができます。違反行為で口座凍結された時は追加口座は開設できません。

口座凍結すると口座維持手数料はかかりますか?

口座凍結されたからといって、必ず口座維持手数料がかかるわけではありません。口座残高が1円以上ある状態で90日間放置してしまうと、毎月10ドル(約1,400円相当)ずつ手数料を支払う必要が生じます。支払いの時点で残高が10ドルに満たない時は、残高すべてが差し引かれます。

休眠口座になった場合、入金や出金は行えますか?

一度休眠口座になってしまうと、その口座では取引が行えなくなるので、入金や出金はできません。出金申請をしても出金拒否されてしまうので注意してください。

休眠口座にならないためにはどうすればいいですか?

1カ月に最低1回は取引を行うことで口座凍結・休眠口座化を防ぐことができます。

休眠口座になった場合の解除方法を教えてください。

口座残高が1円以上ある状態で90日間放置すると、休眠口座となります。この場合はMT5にログインすることで自動的に解除され、再び取引をすることができます。

FXGTの口座凍結・休眠口座まとめ

FXGTの口座凍結の原因のほとんどは「口座の放置」です。口座凍結されてしまうとボーナスが消滅するだけではなく、新しく口座を作らなければいけません。できるだけ定期的に取引を行い、「うっかり凍結されてしまった」ということを防ぐようにしましょう。

また、規約違反が発覚すると二度とFXGTを利用できなくなってしまいます。利用規約をしっかりと確認し、「知らず知らずのうちに規約違反行為をしてしまっていた」ということがないように気をつけてください。

ABOUT US
海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら

『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』というベストセラー本の著者でもあり、ファイナンシャル・プランニング技能検定1級(日本FP協会認定国家資格)も保持しています。

著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXおすすめランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら