【2021年7月更新】海外FXでボーナスキャンペーン開催している業者一覧

easyMarketsのゼロカットを完全まとめ!本当に追証は発生しない?

easyMarketsのゼロカット

「FXで損失額が大きくなってしまった」「FXで借金を作ってしまった」などニュースでも聞いたことがあると思います。これは、FX取引においてマイナス損失を出した金額を、FX業者から請求されることで生まれているのです。この追証(借金)をなくし、FX取引において出たマイナス額をリセットしてくれる仕組みがゼロカットです。

日本のFX業者では、対応していないため聞き覚えがないかもしれませんが、easyMarketsをはじめ、多くの海外FX業者ではゼロカットシステムを採用しているという特徴があります。

では、実際にゼロカットとはどのような仕組みで、どのように発動されるのでしょうか。この記事では、海外FX歴10年以上の管理人が、easyMarketsのゼロカットを完全まとめにしてみました。本当に追証は発生しないのか、発動条件や注意点も含めて徹底解説していきます。

easyMarketsのゼロカットとは?

海外FX業者であるeasyMarketsでは、ゼロカットを採用しています。日本国内のFX業者では、ゼロカットシステムをみかけることはありませんが、そんなゼロカットについて詳しく解説していきます。

そもそもゼロカットとは?

そもそもゼロカットとは、どういうシステムなのでしょうか。ゼロカットとは、相場の急変などの影響で、損失が発生した場合、FX業者が損失額を肩代わりしてくれる制度をいいます

国内FX業者では、このゼロカット制度が法律で禁止されているため、損失が出てしまった場合は、損失額を請求されてしまいます。しかし、ゼロカット対応をしたFX業者で取引を行えば、損失が出てしまったとしても、口座残高を0円にリセットされるシステムなのです。

easyMarketsもゼロカットを採用している

国内FXとは違い、海外FX業者はゼロカットを対応している業者も多いです。海外FX業者であるeasyMarketsも、もちろんゼロカットを採用しています

また、easyMarketsは最大400倍というハイレバレッジができる取引環境を提供しています。ハイレバレッジは少ない証拠金で、何倍もの資金で取引ができる仕組みとなっています。ハイリターンが期待できすが、値動きが逆行してしまえば、大きな損失を被ることになり、大きなリスクがあることも事実です。

しかし、このゼロカットでトレーダーは守られるため、安心して取引を続けることができるのです。

easyMarketsで追証は発生しない

ゼロカットを採用しているeasyMarketsでは、追証は発生しない仕組みとなっています。追証とは、損失してしまった損失分をトレーダー側に請求することです。追証が発生しないeasyMarketsでは、入金した金額以上に損失は発生せず、借金リスクが回避できるのです。

先ほども少し触れましたが、国内FX業者ではゼロカットが法律で禁止されているため、万が一、口座残高以上の損失が出てしまった場合には、損失額はトレーダーに請求されるのです。

その点でいうと、easyMarketsのような追証が発生しないFX業者は、国内FX以上に安心して取引ができるといえるのではないでしょうか。

追証なしのゼロカットにデメリットはある?

追証なしのゼロカットにはメリットが大きく、注意したい点はあるものの、デメリットはほぼないと言えます。唯一デメリットがあるとすれば、FX業者の経営破綻に気をつけなければならないことです。

国内FX業者がゼロカットを採用しない理由の1つとして、FX業者の損失を防ぐ目的があります。追証が発生しないゼロカットでは、トレーダーの損失分は、FX業者が肩代わりしなくてはなりません。その損失カバーをするため、資本が耐えきれず、実際に経営破綻をしたFX業者も存在します。

その点でいうと、easyMarketsは信託保全がないものの、複数の金融ライセンスを取得しており、顧客資産と業者資産を明確に分別管理しているため、信用性の高いメリットがあります。さらに、値動きを止められる「フリーズトレード」や、注文をキャンセルできる「 dealCancellation 」などの、トレーダーに有利に取引できる取引ツールも充実しているため、リスク管理も徹底されています。

実際に、スイスフランショックで、多くのFX業者とトレーダーが負債を負うなか、easyMarketの顧客資産は安全に守られ、スイスフランショック後に、スイスフランの通貨取引をいち早く復活させた実績があります。easyMarketsでは、ゼロカットのデメリットも克服できているFX業者ともいえるのです。

easyMarketsのゼロカットの発動条件

easyMarketsのゼロカットはどのような条件で発動されるのでしょうか。ゼロカットは、ロスカットが発生したら自動的に発動されます

そのため、ゼロカットはきちんと発動されるので安心して取引できますが、発動のタイミングが遅れることもあるため、不安に感じたら、運営に連絡するようにしましょう。easyMarketsは、海外FX業者ですが、日本語での問い合わせに対応している点も安心です。

easyMarketsのロスカットとは?

ゼロカットが発動される条件となるロスカットとは、どのような仕組みなのでしょうか。ロスカットとは、FX取引で定められた水準まで損失が発生した場合、それ以上の損失を防ぎために保有ポジションを強制的に決済するシステムを言います。

easyMarketsのロスカットレベルは、証拠金維持率30%に設定されています。証拠金維持率が30%以下になると、含み損が大きいポジションから順番に決済されていきます。

このロスカットが発生したらゼロカットも自動的に発動されるようになっています。ロスカットが間に合わず、損失を出したとしてもゼロカットで追証もされないため、ハイレバレッジを設定したとしても、リスクが少なくて済むのです。

easyMarketsのゼロカットにおける注意点

easyMarketsのゼロカットにはデメリットがありませんが、注意しなければならないことが3点あります。その注意点について詳しくみていきましょう。

ゼロカットシステムに頼りすぎない

ゼロカットシステムは、マイナスリスクが少なくなることから、強気に取引がしやすいと言えます。しかし、計画性がなく、リスクの高いトレードばかり続けていると、ゼロカットがあると言えど、資金は不足していきます。

ゼロカットがあるからと、安心しきってしまうと、計画性を損ねかねないので、ゼロカットに頼らないよう取引をしていくように注意しましょう

ゼロカットはボーナスと相殺される

もしボーナス残高がある場合には、ボーナスでマイナス分を相殺されるようになります。ここでいうボーナスとは、キャンペーンなどでもらえるポイントのことです。

そのため、ボーナス残高でマイナス分を補填できてしまう場合には、ゼロカットは発動されないのですが、ボーナス残高よりもマイナスが上回った場合は、ボーナスで相殺して残ったマイナス額をゼロカットしていく仕組みになっています。

ゼロカットされるとボーナスはなくなってしまうので、注意するようにしましょう

手数料がやや高めの設定

ゼロカット対応があるFX業者は、マイナスリスクがなく安全に取引を行える分、取引にかかる手数料が高めになっています。easyMarketsも同じく、手数料の安さを売りにしている海外FX業者に比べると高めの設定になっています。

つまり、言い換えれば、手数料を高く支払っている分、安全に取引ができているということです。少しでもリスク管理をしたいトレーダーは、手数料よりもゼロカットなどの環境を重視した方が良いでしょう。

まとめ

ゼロカットは、借金リスクを減らすための、トレーダーを守る仕組みです。国内FX業者では、導入されていないことから、海外FX業者の大きな魅力の1つと言えるでしょう。

さらに、easyMarketsでは、ゼロカット対応がされているだけでなく、トレーダーに有利な取引ができるほか、高い安全性を誇る海外FX業者であるため、「海外FXのハイレバレッジ取引を安全に行いたい!」という慎重派のトレーダーにおすすめです。

この海外FX記事の執筆者プロフィール

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。

海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた人のプロフィールはこちら