【2021年9月更新】海外FXでボーナスキャンペーン開催している業者一覧

easyMarketsのロスカットはいつ?証拠金維持率や強制ロスカットの回避方法を解説!

easyMarketsのロスカット

easyMarketsは、最大レバレッジ400倍で取引できる海外FX業者です。

  • easyMarketsのロスカットはいつ発動される?
  • 証拠金維持率は何%なの?
  • 強制ロスカットの回避方法はある?

そんなeasyMarketsのロスカットについてこのように思われている方も多くいらっしゃるでしょう。レバレッジ取引でまず最初に確認しておかなければいけないのが、ロスカットや証拠金維持率ですよね。

そこでこの記事では、easyMarketsのロスカットについて徹底解説していきます。いつ発動されるのか、証拠金維持率や強制ロスカットの回避方法についても合わせてご紹介していきます。

これからeasyMarketsでの取引をしようかどうか考えている方は是非参考にしてみてください。

それでは、easyMarketsのロスカットについて解説する前に、そもそもロスカットとは何かについてご紹介していきます。

そもそもロスカットとは?

ここからは、ロスカットの概要やロスカットにまつわる関連語について解説していきます。

ロスカットとは?

ロスカットとは、証拠金維持率があらかじめ決められた基準以下に割り込んだ場合に、強制的にポジションが決済される仕組みのことをいいます。

それでは、「ロスカット」と「強制ロスカット」の違いは何なのでしょうか。

実は、ロスカットと強制ロスカットは同じ意味なのです。本来ロスカットとは、FX業者側で強制的に行われるものを指します。そのため、今回解説するロスカットは、すべて「強制ロスカット」のことです。

証拠金とは?

証拠金とは、口座に入金するトレード資金のことです。FXでは資金(証拠金)を担保として預け、レバレッジをかけてトレードします。

よって、 取引したいすべての金額を現金で用意する必要はないのです。ハイレバレッジをかけるなら、少額からでも大きな利益を見込めることが可能です。

証拠金維持率とは?

証拠金維持率とは、口座の有効証拠金に対する必要証拠金の割合のことです。そんな証拠金維持率の計算方法は以下の通りです。

証拠金維持率の計算方法

証拠金維持率 = 有効証拠金 ÷ 必要証拠金 x 100

例えば、資金5万円に対して、1万円の必要証拠金でポジションを保有した場合、5万円 ÷ 1万円 × 100%= 500% となります。

その後、3万円の含み損が発生した場合、有効証拠金は5万円 – 3万円=2万円となり、この時の証拠金維持率は、2万円 ÷ 1万円 × 100%=200% になります。

有効証拠金とは、残高+クレジット+未実現の損益のことです。ポジションを保有している場合、その保有ポジションの損益も含まれます。

easyMarketsのロスカットは証拠金維持率30%で発動される

easyMarketsのロスカットは、証拠金維持率30%を割り込むと発動されます。これは海外FX業者の中でも、平均的な水準となっています。よって、複数のポジションを保有している場合は、含み益の大きなポジションから順番に自動的に強制決済されます。

なお、easyMarketsではロスカットが発動される前に、証拠金維持率70%を割り込むとマージンコールが発動して証拠金不足を警告してくれます。

マージンコールとは、強制ロスカットが発動する前に「もうすぐ強制ロスカットになります」ということをお知らせしてくれるものです。

それでは、easyMarketsで強制ロスカットにならないためにはどうしたらいいのでしょうか。ここからは、easyMarketsで強制ロスカットを回避するための方法について解説していきます。

easyMarketsで強制ロスカットを回避するための方法

easyMarketsで、証拠金維持率30%を割り込むとロスカットが発動されるということはご紹介しましたね。

裏を返せば、証拠金維持率を30%以上を保っておけば、強制ロスカットは発動しないことになります。

証拠金維持率は、必要証拠金に対して有効証拠金が十分にあればあるほど上昇し、有効証拠金が少なければ少ないほど低下するという特徴があります。

よって、easyMarketsで強制ロスカットを回避するための方法は以下の通りです。

  1. 有効証拠金を増やす
  2. 必要証拠金を減らす
  3. 強制ロスカット発動前に損切する

上記のいずれかの方法を行なえば、強制ロスカットは簡単に回避することができます。それでは、これらの具体的な回避方法について見ていきましょう。

有効証拠金を増やす

easyMarketsで強制ロスカットを回避する方法の1つとして、追加で証拠金を入金して、有効証拠金を増やすことが挙げられます。なぜならば、有効証拠金が増えると、証拠金維持率が上昇するからです。

取引口座に十分な資金を入金していたとしても、含み損がふくらんだ場合、証拠金維持率が低下するので、強制ロスカットとなってしまいます。それを防ぐためには、取引口座に入っている資金を増やせばいいという発想です。

ただし、追加で証拠金を入金する場合は注意が必要です。なぜならば、相場のトレンドが転換せず、どんどん含み損が大きくなっている場合、追加入金をしたとしても強制ロスカットをくらう可能性があるからです。

そのため、「相場のトレンドが転換する」という今後の相場予想を十分にした上で余裕をもって追加入金を行いましょう。

必要証拠金を減らす

easyMarketsで強制ロスカットを回避する方法の2つ目は、必要証拠金を減らすことです。ポジションの一部を決済することによって、必要証拠金が減るため、証拠金維持率が上昇します。

そのため、複数のポジションを保有している場合はそのポジションの一部を、または一つのポジションしか保有していない場合は、部分決済を行いましょう。そうすることで、保有ポジションを減らし、必要証拠金を減らすことができます。

強制ロスカット発動前に損切する

easyMarketsで強制ロスカットを回避する方法の3つ目は、強制ロスカット発動前に損切することです。証拠金維持率30%を割り込むと強制ロスカットが発動するため、その前にトレーダー自身が損切りを行なえば、強制ロスカットを回避することができます。

強制ロスカットになってしまうということは、損失がそれほどまでに膨れ上がっていることになります。損失が膨らんでも「いつか取り戻せるかもしれない」と思う方は多いですが、すぐに取り返すことは難しいのです。

そのため、損切りをしてリセットした方が、時間面や資金面においても機会損失を抑えることができます。

まとめ

easyMarketsでは、最大レバレッジ400倍で取引できるため、ダイナミックなトレードをすることが可能です。しかし、ハイレバレッジ取引ができるということはそれだけ強制ロスカットになる可能性も高いということなので注意が必要です。

証拠金維持率30%を割り込むとロスカットが発動されるeasyMarketsですが、そんな強制ロスカットを回避するための方法は以下の通りです。

  1. 有効証拠金を増やす
  2. 必要証拠金を減らす
  3. 強制ロスカット発動前に損切する

ロスカットをされないためにも、なるべく丁寧な資金管理を心がけましょう。

なお、easyMarketsでは現在期間限定で口座開設ボーナスキャンペーンを開催しています。口座を開設するだけで3,500円がもらえるため、是非この機会に口座開設してみて下さい。

この海外FX記事の執筆者プロフィール

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら

『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』というベストセラー本の著者でもあり、ファイナンシャル・プランニング技能検定1級(日本FP協会認定国家資格)も保持しています。

著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXおすすめランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら