easyMarketsで両建てはできるの?メリットや禁止事項・注意点について

easyMarketsの両建て

FXについて調べていくと「両建て」の魅力についてよく耳にすると思います。そもそも両建てについて知らないトレーダーにとっては、「両建て」は未知の手法ですよね。「危険なイメージがある」「初心者でも簡単にできるのでは?」など疑問も多いのではないでしょうか。

両建ては、その意味とともにメリットと注意点などをきちんと把握して、賢く運用しなければならない手法です。その両建ては、すべてのFX業者でできるわけではありません。国内外問わず、禁止しているFX業者もあれば、両建てを認めているFX業者もあります。

結論から言うと、easyMarketsは、両建てを認めているFX業者になります。それも、両建てを活用して自由に取引をしていきたいと思っているトレーダーにはピッタリのFX業者でもあるのです。

では、easyMarketsで両建て手法をしていくとどのようなメリットがあり、どのような禁止事項があるのでしょうか。この記事では、両建ての意味などを含め、 easyMarketsで両建てしていくメリットや禁止事項・注意点についてをまとめました。

easyMarketsで両建てはできる!

両建てを禁止している海外FX業者があるなか、easyMarketsでは、両建てを禁止していません。両建てができるため、トレーダーは取引戦略の幅を広く持つことができます。では、そもそも両建てとは何でしょうか。両建てについて詳しく解説して行きます。

そもそも両建てとは?

そもそも両建てとは、同じ通過ペアの「買いポジション」と「売りポジション」を同時に持つことをいいます。「買いポジション」と「売りポジション」を同時に持つことで、値動きがどちらの方向に動いたとしてもプラスマイナスゼロになるという仕組みです。一方がゼロカットされたとしても、もう一方で利益を出し続けることができるのです。

両建てを禁止しているFX業者もある

もともと、両建ては「禁じ手」とされていた方法で、日本国内だけでなく、両建てを禁止している海外FX業者もあるほどです。両建てを禁止しているFX業者の特徴として、ゼロカットシステムがある業者と、ボーナスが豊富な業者です。

両建てをすることで、「買いポジション」と「売りポジション」いずれかは、値動きが逆行していくため、ゼロカットが発生します。海外FX業者では、トレーダーが複数口座が持てるようになっており、ゼロカットは口座単位で発動するような仕組みになっているため、トレーダーが両建てをすることで、FX業者は過度なゼロカットの肩代わりをしなければならなくなります。

そのため、複数口座間、他社間での両建てを禁止している業者が多いのです。

easyMarketsの両建てのメリット

easyMarketsで両建てをしていくことでどのようなメリットがあるのでしょうか。主な利点として以下の3つがあります。

禁止条項が少ない

easyMarketsでは、両建てに関する禁止事項が少ないメリットがあります。両建てをすることでFX業者に不利益が生じる可能性があり、そのため禁止しているFX業者が多いことを先ほどもご紹介しました。両建てを認めているFX業者でも、FX業者が不利益とならないよう、禁止事項がしっかり定められているのが一般的です。しかし、easyMarketsでは、細かい禁止事項が決められていないのです。

つまり、意図的でなくても禁止事項に触れてしまい、口座が凍結されてしまったなどのリスクがないといえるのです。トレーダーは両建てに関するルールを気にすることなく、自由度の高い手法でトレードを楽しむことができるのです。

リスクヘッジが可能

easyMarketsに限らず、両建てをすることで急な値動きに備えたリスクヘッジができるようになります。easyMarketsでは、一定時間レートを固定できる「フリーズレート」や、注文をキャンセルできる「dealCancellation(ディールキャンセレーション) 」などの独自システムが整っており、トレーダーに有利な取引ができる魅力がありますが、急な値動きは誰にも完全に予想できません。

そのためのリスクヘッジをするために両建ては有効なのです

easyMarketsの両建ての禁止事項

先ほどもご紹介しましたが、easyMarketsでは特別禁止条項を設けていません

しかし、禁止事項がないからといって、故意にFX業者に不利益をもたらしたり、悪用したりすれば口座の凍結などのリスクを追う可能性があります。

easyMarketsでは、独自取引プラットフォームを使っているため、トレーダーの動向を掴みやすくなっています。それが、禁止事項を特別設けていない理由にもなっていますが、悪用すればすぐにバレてしまます。

そのため、故意にFX業者の不利益となるような取引を行うことは、控えるようにしましょう。

easyMarketsの両建てにおける注意点

easyMarketsの両建ては禁止事項などは特にありませんが、注意しなければならない項目が複数あります。両建てにはメリットもありますが、もちろんデメリットもあります。両建てをしたことで不利益とならないよう、以下については注意するようにしてください。

複数口座の開設ができない

easyMarketsでは、複数口座の開設をすることができません。つまり、両建てに関して、ゼロカットを期待した取引をすることができないのです。そのため、FX業者にとって不利益な両建て取引をしにくいといえますが、それでも両建てには注意するようにしましょう。

口座凍結リスクがあると覚えておく

先ほどもご紹介しましたが、 easyMarketsでは、両建てに関する禁止事項が少ないため、自由度が高い取引をすることが可能です。しかし、悪用しようとすれば、イレギュラーに口座凍結されてしまう可能性もゼロではありません。口座凍結のリスクもありえることを頭に置いておきましょう。

手数料が2倍

両建ては「買いポジション」と「売りポジション」の2つのポジションを同時に持っているため、手数料も2倍かかります。easyMarketsでは、海外FX業者のなかでも、スプレッドがやや広めであるため、計画性を欠き、むやみに両建てをしていると手数料がかかってしまい、利益にならなかったということにもなりかねません。手数料が2倍かかることを意識して、トレード戦略を立てるようにしましょう。

ポジションの長期保有に注意

両建てポジションの長期保有し続けてしまうと、スワップポイントがマイナスとなり、利益を減らしてしまうことになってしまいます。easyMarketsのketsのスワップポイントはマイナススワップが多いため、両建てポジションを長期保有する場合には、注意するように心がけましょう。

決済のタイミングが難しい

両建ては上級者の手法になるため、初心者には決済タイミングの見極めが難しいです。両建て自体は仕組みも難しくないので、誰でもできるように感じますが、有効な使い方を理解し、賢く活用していかなければ、損失も二重となってしまい、リスクヘッジしているつもりが、大きな損失を生み出す結果となってしまう可能性もあります。

両建ては使い方を謝ると、手数料2倍の損失も2倍で身動きが取れなくなってしまう、リスクも高い手法であることを理解し、賢く活用できるようにしなくてはならないのです。

まとめ

easyMarketsでは、両建てを禁止している海外FX業者もあるなか、両建てを認めているFX業者です。禁止事項をしっかり設けている会社が多いなかでも、特に明確な禁止事項も明記されていないため、トレーダーはルールに縛られることなく自由に取引することができます。

両建てはリスクヘッジができるメリットもありますが、決済のタイミングなどを見誤ると大きな損失を生み出してしまうなど、リスクも大きい手法です。その点も踏まえながら、両建てにチャレンジしていくようにしましょう。

またeasyMarketsには、「フリーズレート」や「dealCancellation」などここでしか活用できない独自システムも豊富です。トレーダーが有利に取引を進められる環境も整えられえているため、両建てにチャレンジしたいと思ったら、有利かつ自由に取引が進められる easyMarketsがおすすめです

この海外FX記事の執筆者プロフィール

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。

海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた人のプロフィールはこちら