【2021年10月更新】海外FXでボーナスキャンペーン開催している業者一覧

XM(XMTrading)のpips(ピップス)を詳しく解説!計算方法&表示方法について

XM(XMTrading)は最大レバレッジ888倍で取引でき、追証なしのゼロカットを搭載した海外FX業者です。

  • XMのpipsはいくらなの?
  • XMのpipsの計算方法はどうするの?
  • XMのpipsの表示方法が知りたい!

XMのpipsについてこのように思われている方も多くいらっしゃるでしょう。

FXは各国の通貨ごとにそれぞれ価値が異なるため、トレードの損益などをすぐに把握することはできません。そこでわかりやすく計算するために共通単位としてpipsを活用しています。

この記事では、そんなXMのpipsについてわかりやすく解説していきます。また、pipsの計算方法や表示回数も合わせてご紹介します。

この記事を最後までご覧になることで、pipsの全知識を得ることができるので、あなたの疑問もきっと解消するはずです。

XM(XMTrading)のpips(ピップス)とは?

XMのpipsとは、各国の通貨における価値を把握するために用いるFX共通の単位をいいます。

つまり、各国の通貨における最小単位の1%を表しているのです。例えば日本でいうと、日本円の最小単位は1円になるので、1/100にあたる0.01円が1pipsとなります。

アメリカの場合は米ドルの最小単位は1セントなので、ドルに計算すると、1pipsは0.0001ドルになります。同様に諸外国通貨も、米ドルと同じく1pipsあたり0.0001通貨となります。

そのためXMのpipsは、以下のようになります。

  • 日本円:0.01円=1pips
  • 日本円以外:0.0001通貨=1pips

FXでpipsを利用する時は、主にスプレッドです。

スプレッドは、買値と売値の差額を表しています。スプレッドや取引手数料は取引コストとなるので、できるだけ安く抑えたいですよね。

しかし各国の通貨単位でスプレッドを表示させても、一目でいくらなのか把握するのは厳しいでしょう。

そんな時にスプレッドをpipsで表示すれば、XMのスプレッドがいくらなのか把握することができるので、大変便利です。

このようにpipsは計算する上で欠かせない単位なので、XMでも共通単位として利用しています。

XM(XMTrading) pips(ピップス)の計算方法

それではここからは、XMの1pipsはいくらなのか、pipsの計算方法を解説していきます。

日本円の場合と日本円以外の場合で計算してみましょう。

XM(XMTrading) pips(ピップス)の計算方法①日本円の場合

XMのpipsの計算方法は、日本円の場合「取引通貨量×0.01」でXMの利益を計算することができます。

例えば1万通貨(0.1ロット)で発生した利益は1pipsあたり100円、10万通貨の場合は1pipsあたり1,000円となります。

pipsは同じでも、取引通貨量ごとに利益は異なるので注意してください。

XM(XMTrading) pips(ピップス)の計算方法①日本円以外の場合

XMのpipsの計算方法は、日本円以外の場合「取引通貨量×0.0001×各国の通貨レート」でXMの利益を計算することができます。

日本円以外の通貨ペアのポジションを建てる場合、同じ取引通貨量で取引した場合、1pipsあたりの利益が異なります。なぜならば、各通貨ペアごとの換算レートが異なるからです。

そのため、上記の計算式に当てはめて利益を計算しなければいけません。

  • 例えば、オージー=0.6米ドル、米ドル=100円だったときに10万通貨(1ロット)トレードした場合の、利益の計算方法は以下の通りです。
    10万通貨×0.0001×0.6ドル=0.6ドル、米ドル=100円
    0.6×100=60となり、1pips=60円となります。
  • 例えば、ユーロ=0.5米ドル、米ドル=100円だったときに10万通貨(1ロット)トレードした場合の、利益の計算方法は以下の通りです。
    10万通貨×0.0001×0.5ドル=0.5ドル、米ドル=100円
    0.5×100=50となり、1pips=50円となります。

このようにXMで1pipsの利益はいくらなのかをすぐに計算できます。

しかし、これらの計算を通貨ペアごとにしていくのは非常に面倒なことです。

特にMT4/MT5ではトレード中のポジションにおける損益状況を表示してくれますが、レードは常に変化するため、すぐに損益を計算することは難しいです。

そこでMT4/MT5に搭載されているpipsの表示方法について解説していきます。

XM(XMTrading) pips(ピップス)の表示方法

XMのMT4/MT5には、pipsを表示できる機能が搭載されているので、ここではその表示方法についてみていきましょう。

この機能を活用すれば一目でXMの利益を把握することができます。非常に便利な機能なので、この際に覚えておきましょう。

XMの損益状況をpipsで表示する方法は、MT4/MT5のターミナル上で行います。

ターミナル内のタブで「取引」ボタンを選択し、取引タブのエリア内で右クリックして「損益」をクリックしてください。その後XMの損益状況を「ポイント」でpipsに表示することができます。

XM(XMTrading)のpips(ピップス)は計算機でも求められる

XMのpipsは計算機でも求めることが可能です。

下記のリンクから「ピップ値計算機」へアクセスしましょう。
https://www.xmtrading.com/jp/forex-calculators/pip-value

アクセスしたら、以下の内容をそれぞれ入力してください。

  • 通貨ペア:(例)USDJPY
    pipsに換算したい通貨ペアを選択してください。
  • 口座の基本通貨:(例)JPY
    ご自身の口座の基本通貨を選択してください。基本的には「JPY」になります。
  • 口座タイプ:(例)スタンダード(1ロット=100,000)
    「スタンダード」「マイクロ」「XM Zero」の口座タイプのうちのいずれかを選択してください。
  • ロット数量:(例)5
    ロット数を入力しましょう。
    例えば、スタンダード口座で10万通貨(1ロット)をpipsに換算したい場合はロット数に「1」を入力してください。
  • 現在の変換価格:※入力なし
    選択した「通貨ペア」の現在の価格が自動で入力されるため、ここは入力しなくてOKです。

すべての入力が完了したら「計算する」をクリックしてください。 そうするとのピップ値の「口座の基本通貨」「変換された通貨」が自動で表示されます。

  • 口座の基本通貨:(例)5,000
    上記の入力した条件で「1pipsあたり日本円でいくらか」が表示されます。
  • 変換された通貨:(例)5,000
    上記の入力した条件で「1pipsあたり決済通貨でいくらか」が表示されます。

このようにして「変換された通貨」は、МT4/МT5上の現在のレートと同じになります。

XМのリアルタイムのpipsが一目で把握できるのでこちらの「ピップ値計算機」は非常に便利です。

そのため初心者の方でも、「ピップ値計算機」を利用すれば安心してXМでpipsを把握することができます。

まとめ

ここまででXMのpipsの計算方法と表示方法を詳しく解説してきました。

XMを始めとするFXは異なる通貨ペアでトレードするため、pipsを把握することは非常に重要となります。

pipsを把握することで、XMのスプレッドや損益状況を把握するのに役立つため、きちんと理解しておきましょう。

この海外FX記事の執筆者プロフィール

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら

『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』というベストセラー本の著者でもあり、ファイナンシャル・プランニング技能検定1級(日本FP協会認定国家資格)も保持しています。

著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXおすすめランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら