【2021年10月更新】海外FXでボーナスキャンペーン開催している業者一覧

XM(XMTrading)は法人口座を開設できない?オペラがおすすめの業者を紹介

XM(XMTrading)は最大レバレッジ888倍で取引できるため、大きな利益を狙える海外FX業者です。

  • XMは法人口座を開設できないの?
  • もし法人口座を開設できるなら、そのメリットはなに?

そんなXMに対してこのような疑問を抱いている方も多くいらっしゃるでしょう。大きな利益を獲得できた場合に考えておきたいのが節税ですよね。

確かに法人口座を開設することは、節税対策に繋がります。

しかし結論から言うと、XMは法人口座を開設することはできません

この記事では、XMの法人口座にまつわる全ての情報について解説していきます。また海外FX歴10年以上の管理人オペラが法人口座が可能なおすすめの海外FX業者もご紹介します。

この記事を最後までご覧になれば、あなたも法人口座を開設して、節税できるようになるでしょう。

法人口座が可能なおすすめの海外FX業者が気になるところですが、XMが法人口座を開設できないことXMで法人口座を開設するとどんなメリットがあるのか法人口座を個人口座として利用できるのかどうかから解説していきます。

XM(XMTrading)は法人口座を開設できない

繰り返しになりますが、XMは法人口座を開設できなません。

XMは過去に法人口座を開設することはできましたが、現在では新規の受付を停止しています。

このことはXMの公式サイトでも以下のように明言しています。

Q.法人口座を開設できますか?
A.いいえ、取り扱いがございません。

XMの公式サイトから引用

そこで、XMのサポートに法人口座対応の再開について問い合わせてしてみましたが、今後再開の予定はないとのことでした。

そのためXMでは個人口座しか開設することができません。

それでは、その個人口座を法人口座として運用することはできるのでしょうか。

これについては後述していきますが、まず最初にXMの法人口座が開設できた時のメリットについてみていきましょう。

XM(XMTrading)で法人口座を開設できた時のメリット

仮にXMで法人口座を開設できた時のメリットについてみていきましょう。

①損益通算が適用される

XMで法人口座を開設できた時のメリットとして、まず損益通算が適用されることが挙げられるでしょう

損益通算とは、他に事業を行っている場合、XMとその事業の損益を相殺して課税対象額を減らし、節税することをいいます。

この損益通算が適用されるためには、他に事業を行っていなければいけません

●例えばあなたが行っているA事業で利益が出て、XMで損失が出た場合、本来A事業だけなら多く税金が徴収されていたところをXMで負けた分だけ安く済ませることがことができます。

またその逆にA事業で損失が出てXMで利益が出た場合、XMの利益を事業の損失で相殺することもできます。

②繰越損失の控除が適用される

XMで法人口座を開設できた時の2つ目のメリットとして、繰越損失の控除が適用されることが挙げられるでしょう

繰越損失とは、XMで損失が出た場合その損失を翌年以降に繰り越せることをいいます。そうすることで、翌年以降の税金対象額を減らせます。

繰越損失は海外FXの個人口座では適用されませんが、法人口座であれば適用されます。

●例えば2021年で損失が出た場合、XMの個人口座ではその年でリセットされ、2022年には2021年分の損失は計上できなくなります。

一方で、XMの法人口座では2021年の損失は2022年にも繰り越して課税対象額を軽減し節税効果を得ることができます。

③税率が下がる可能性がある

XMで法人口座を開設できた時の3つ目のメリットとして、税率が下がる可能性があることが挙げられるでしょう

XMの法人口座と個人口座の税率は以下の通りです。

  • 法人口座:最大30%
  • 個人口座:最大45%

このように、法人口座と個人口座の税率は法人税最大30%、所得税最大45%といったように異なります。

仮にXMで大きな利益を獲得した場合は、個人口座よりも法人口座は大きな節税効果を得ることができるでしょう。

XM(XMTrading)で法人口座として個人口座を利用することはできる?

実はXMで法人口座として個人口座を利用することは、可能性で言うと0%ではありません

税理士によっては、XMで法人口座として個人口座を運用できると明言する人もいます

確かにXMの個人口座を、法人口座と個人口座といったように資金を分けて運用することはできるでしょう。

しかしXMは法人口座を個人口座として利用することを許可しているわけではありません。

また税務署ごとに判断基準が違うため、ご自身の税理士や管轄の税務署にもよるでしょう。

もしXMの個人口座を法人口座として利用したいのであれば、ご自身の税理士に相談しつつ、しっかりと税務署にも相談した上で利用してください。

確かにXMは人気海外FX業者ですが、わざわざ個人口座を法人口座として運用することはこれらの専門家や税務署に相談しなければいけないことを考えると手間ですし、元々法人口座に対応している他の海外FX業者で開設したほうが早いです。

そのため、法人口座を開設することができるおすすめの海外FX業者をご紹介していきます。

法人口座が可能なおすすめの海外FX業者

法人口座が可能なおすすめの海外FX業者は以下の通りです。

  1. AXIORY
  2. Tradeview
  3. iFOREX

それでは、それぞれの特徴について解説していきます。

AXIORY

AXIORY安全性が高く、スプレッドが狭いことで有名な海外FX業者です。日本語サポートも充実しているため、初心者の方からプロの方までおすすめできます。

またスキャルピングや自動売買などの制限が一切ないことから思う存分トレードをすることができるでしょう。

そんなAXIORYは法人口座に対応しており、スムーズに開設できるため、非常におすすめです。

Tradeview

Tradeviewスプレッドが非常に狭く約定力も高い人気海外FX業者です。特にスプレッドの狭さは業界トップクラスを誇っています。

そんなTradeviewでは法人口座を開設できます

またAXIORYと同様に禁止されているルールは一切ありません。出金拒否もないため、安心して利用できる業者となっています。

iFOREX

iFOREXは業界で最も運営実績が長く、老舗の海外FX業者です。運営期間は安全性・信頼性にも関わってくるため、多くのトレーダーの方におすすめできます。

そんなiFOREXは法人口座に対応しています。

AXIORYと同レベルのスプレッドの狭さを誇っているため、XMよりも有利にトレードすることができるでしょう。

また、現在期間限定で入金125%ボーナスキャンペーンを開催しています。そのため、口座開設するなら今がチャンスです。

しかし、デメリットとして法人口座申請書にすべて英語で入力しなければいけません。

そのため、英語が苦手な方は専門家に頼むかAXIORYやTradeviewを利用しましょう。

法人口座における注意点

法人口座おける注意点について解説していきます。

法人口座は個人口座で運用した時よりも税率が低くなりますが、それは利益が一定額を超えた場合のみとなっているため注意してください。

法人口座の節税効果を得られるおおよその目安は年収1,000万円を継続して見込めるようになった時です。

逆に利益が少ない場合は、法人口座を開設するメリットはありません。むしろ、個人口座の方が節税効果が得られるのです。

さらに法人口座では、年間7万円の法人住民税や税理士費用などの費用が発生するので注意してください。

まとめ

XMで法人口座は開設できません。しかし、個人口座を法人口座として利用できる可能性も0%ではありません。

しかし法人口座を開設できないXMをわざわざ利用するよりも、元々法人口座に対応しているAXIORY、Tradeview、iFOREXを利用することをおすすめします。

これらの海外FX業者であれば、スプレッドも狭く、安全性も高いため、法人口座を開設する際にも非常におすすめです。

この海外FX記事の執筆者プロフィール

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら

『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』というベストセラー本の著者でもあり、ファイナンシャル・プランニング技能検定1級(日本FP協会認定国家資格)も保持しています。

著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXおすすめランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら