Tradeview(トレードビュー)のレバレッジは最大で500倍!制限&レバレッジ変更&注意点を徹底解説

Tradeview(トレードビュー)のレバレッジは最大で500倍となっています。

  • Tradeviewのレバレッジって制限はある?
  • レバレッジ変更はどうやるの?

そんなTradeviewのレバレッジについてこのような疑問を抱いている方も多くいらっしゃるでしょう。

そこでこの記事では、Tradeviewのレバレッジを徹底解説していきます。この記事をご覧になれば、以下のことがわかるでしょう。

  • Tradeviewの口座ごとの最大レバレッジ
  • レバレッジの制限
  • レバレッジ変更のやり方
  • 競合他社と最大レバレッジ比較

Tradeviewに関するレバレッジの特徴を理解しておくことで、いざ最大レバレッジに変更したい時などに迷うことなくスムーズに行うことができます。

オペラ

Tradeviewのガチ利用者である管理人オペラが、Tradeviewのレバレッジに関する全知識をご紹介していきます。

Tradeview(トレードビュー)の最大レバレッジ【全口座タイプ】

Tradeviewのレバレッジは、口座タイプによって異なります。

Tradeviewには以下の5つの口座タイプがあります。

  1. X Leverage口座
  2. ILC口座
  3. MT5口座
  4. cTrader口座
  5. Currenex口座

口座を開設する前にこれらTradeviewの口座タイプごとのレバレッジについてしっかりと把握しておきましょう。

①Tradeview(トレードビュー)のX Leverage口座の最大レバレッジ 

TradeviewのX Leverage口座の最大レバレッジは500倍となっています。

Tradeviewの口座タイプの中で一番レバレッジが高いです。そのため、ハイレバレッジでトレードをしたいという方にはこちらの口座をおすすめします。

またX Leverage口座はTradeviewの中でも一般的な口座といわれているので、初心者の方にもおすすめです。

②Tradeview(トレードビュー)のILC口座の最大レバレッジ 

TradeviewのILC口座の最大レバレッジは200倍となっています。

競合他社のレバレッジと比べると物足りないという方もいらっしゃるかと思いますが、ILC口座は平均スプレッド0.2pipsで業界No.1のスプレッドの狭さを誇ります。そのため、「レバレッジは低くていいからスプレッドが狭い口座がいい」いう方にとってはもってこいの口座となっています。

③Tradeview(トレードビュー)のMT5口座の最大レバレッジ

TradeviewのMT5口座の最大レバレッジ100倍となっています。

ILC口座と同様に、平均スプレッドが0.2pipsという魅力はありますが、レバレッジ100倍はどうしても少なく感じてしまいます。MT5にこだわりがなければ、別の口座タイプを利用するといいでしょう。

④Tradeview(トレードビュー)のcTrader口座の最大レバレッジ 

TradeviewのcTrader口座の最大レバレッジは400倍となっています。

cTrader(シートレーダー)とは、Tradeview独自の取引プラットフォームです。cTraderを利用することで、約定力の高さなどを感じることができるでしょう。

また最大レバレッジは400倍ですが、レバレッジ変更の申告をしなければ最大レバレッジ200倍となるので注意しましょう。

⑤Tradeview(トレードビュー)のCurrenex口座の最大レバレッジ 

TradeviewのCurrenex口座の最大レバレッジは400倍となっています。

Currenex口座は、ヘッジファンドが利用する取引プラットフォームでトレードができ、板情報の閲覧が可能な口座タイプです。

しかしcTrader口座と同様に、Currenex口座もレバレッジ変更の申告をしないと最大レバレッジは200倍となります。

Tradeview(トレードビュー)のレバレッジ 制限は?

海外FX業者には、最高レバレッジの制限や規制をかけられることがあります。

レバレッジの制限がかかるとは、普段のレバレッジよりも低いレバレッジでしかトレードできないということです。

そのためレバレッジ制限がかかってしまうと、「いつも通りのレバレッジで取引しようと思っても取引できない」ということになりかねません。

Tradeviewは口座残高によってレバレッジの制限がかかってしまうので、しっかりと覚えておきましょう。

Tradeview(トレードビュー)のレバレッジ 制限の対象は口座残高10万ドル(約1,000円)以上

Tradeviewでは、口座残高10万ドル(約1,000円)以上あるとレバレッジに制限がかかってしまいます。

しかし、最大レバレッジ何倍まで制限されるかはTradeviewの公式サイトにも記載されていません。

そのため最大レバレッジで取引したければ、口座残高が10万ドル(約1,000円)を超える前に出金することをおすすめします。そうすれば、いつも通りのレバレッジでトレードすることができます。

Tradeview(トレードビュー)のレバレッジ 初期設定

Tradeviewのレバレッジは、もともと初期設定が最大レバレッジになっていません。そのため、最大レバレッジで取引したければ変更の申告をしなければいけません。

Tradeviewの初期設定 レバレッジは以下の通りです。

Tradeviewのレバレッジ 初期設定
  • X Leverage口座のレバレッジ 初期設定:最大レバレッジ400倍
  • ILC口座口座のレバレッジ 初期設定最大レバレッジ100倍
  • MT5口座のレバレッジ 初期設定最大レバレッジ100倍
  • cTrader口座のレバレッジ 初期設定最大レバレッジ200倍
  • Currenex口座のレバレッジ 初期設定最大レバレッジ200倍

Tradeview(トレードビュー)のレバレッジ変更のやり方

Tradeviewは、レバレッジ変更さえすればハイレバレッジでトレードすることができます。

ここからはレバレッジ変更のやり方について解説していくので、ハイレバレッジでトレードをしたい方は是非参考にしてみてください。

まずは以下の方法でレバレッジの変更をしましょう。

  1. Tradeviewの「レバレッジ変更申請」にアクセスする
  2. 必要事項を入力する(名前、メールアドレス、口座番号、希望するレバレッジ)
    ※口座に残高がないと変更できないので注意してください。
  3. チェックボックスにチェックを入れて、送信ボタンをクリックする

②の必要事項を入力する前に、レバレッジを変更する口座に入金を済ませておく必要があります。

Tradeview(トレードビュー)のレバレッジを競合他社と比較!

Tradeviewの最大レバレッジを競合他社と比較したのが以下の通りになります。

  • Tradeview:最大レバレッジ500倍
  • XM:最大レバレッジ888倍
  • AXIORY:最大レバレッジ400倍
  • TitanFX:最大レバレッジ500倍

このように人気競合他社と比較しても、Tradeviewのレバレッジは平均的でXMのスプレッドが最も高いということがわかります。

そこで、TradeviewとXMのスタンダード口座のスプレッドを比べてみました。

通貨ペアTradeviewXM
USD/JPY1.8pips2.0pips
EUR/JPY1.9pips2.7pips
GBP/JPY2.3pips5.4pips
EUR/USD1.7pips1.9pips
GBP/USD2.0pips2.6pips

このように、Tradeviewの方が全ての通貨でスプレッドが狭いことがわかります。そのため、ハイレバレッジで取引したいけどスプレッドが狭い業者がいいという方にTradeviewはおすすめです。

Tradeview(トレードビュー)のレバレッジに関するQ&A

レバレッジって何ですか?

レバレッジとは「てこ」を意味しており、通常の何倍もの取引ができるシステムのことです。

そのためTradeviewでは、最大レバレッジ500倍を利用して、10万円の証拠金で5,000万円の取引をすることができます。

ハイレバレッジで取引することは危険なんですか?

ハイレバレッジでの取引は危険ではありません。

ハイレバレッジで取引をする場合は、口座残高の額が少なく済むにもかかわらず、大きな利益を目指すことができます。

レバレッジとポジションの数量管理さえできていれば、全く危険なものではないので安心してください。

まとめ

Tradeviewは最大レバレッジ500倍で取引可能ですが、初期設定が決められているのでハイレバで取引した以下は必ずレバレッジ変更の申告を行いましょう。

ABOUT US

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。

海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較、そしてFX業者は、IS6FXとTitanFX(タイタンFX)の情報を中心にまとめています。