【2021年7月更新】海外FXでボーナスキャンペーン開催している業者一覧

TitanFX(タイタンFX)のロスカットはいつ発動される?証拠金維持率と強制ロスカットの関係を詳しく解説!

TitanFX(タイタンFX)は最大レバレッジ500倍で取引できる海外FX業者です。

  • TitanFXのロスカットは、いつ発動されるの?
  • そもそもロスカットと証拠金維持率ってなに?

このような疑問をもたれている方も多くいらっしゃるでしょう。レバレッジ取引を行う上で、必ず確認しておかなければいけないのがロスカットや証拠金維持率になります。

そこでこの記事では、TitanFXのロスカットはいつ発動されるのか、証拠金維持率と強制ロスカットの関係を詳しく解説していきます。ロスカット水準などを知ることは、TitanFXの利益に大きく影響するのできちんと把握しておきましょう。

オペラ

管理人オペラ自身長年TitanFXを利用しています。この記事では、実際に利用したからこそわかるTitanFXのロスカットにおける全知識をご紹介していきます。

 TitanFX公式サイトの口座開設フォームはこちら 

TitanFX(タイタンFX)のロスカットとは?

TitanFXのロスカットとは、ポジションが多くの含み損を抱えてしまい、証拠金維持率が一定を下回ってしまう強制的に決済される仕組みのことをいいます。

それに対して追証とは、証拠金を追加入金することをいいます。追証は、ロスカットを防ぐために証拠金を追加して証拠金維持率を回復する役割があります。

TitanFXではこの追証(借金)は発生しません。国内FX業者では追証は発生しますが、海外FXであるTitanFX(タイタンFX)では追証は発生しないのです。

マージンコール(追証のひとつ手前の段階でもうじき追証ラインに達することを知らせる機能)もTitanFXにはないため、すぐさまロスカットとなります。

そんなTitanFXのロスカットにおける評判について詳しく知りたいという方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

TitanFX(タイタンFX)のロスカットは証拠金維持率20%で発動

TitanFX(タイタンFX)では、証拠金維持率が20%を下回るとロスカットが発動します。

証拠金維持率とは、有効証拠金に対して必要証拠金がどのくらいの割合を占めているのかという目安のことをいいます。

TitanFXでエントリーすると、常に証拠金維持率が変動し続けます。

証拠金維持率は、必要証拠金と有効証拠金から計算することができます。

TitanFX(タイタンFX)の証拠金維持率の計算方法

TitanFXの有必要証拠金と有効証拠金を求めた上で、証拠金維持率の計算方法をみていきます。

TitanFX(タイタンFX)の必要証拠金の計算方法

必要証拠金とは、TitanFXでエントリーするための必要な資金額のことをいいます。

例えば、TitanFXで100,000通貨の注文をレバレッジ100倍で行う場合の必要証拠金の計算方法は以下の通りです。

100,000通貨÷100倍×100円⁼100,000円
このことからTitanFXの必要証拠金は10万円であることがわかります。
※1ドル⁼100円で計算しています。

TitanFX(タイタンFX)の有効証拠金の計算方法

有効証拠金とは、TitanFXの口座残高があとどれくらい残っているのかを表す金額をいいます。

TitanFXに預けた証拠金や現在と過去のエントリー結果の損益合計額のことで、実質分の残高を表しています。

例えば、TitanFXの口座に100万円の資金を預けていた場合、上述した必要証拠金でポジションを保有している場合の有効証拠金の計算方法は以下の通りです。

1,000,000円-100,000円⁼900,000円
このことからTitanFXの有効証拠金は90万円であることがわかります。

TitanFX(タイタンFX)の証拠金維持率の計算方法

それではこの必要証拠金と有効証拠金を用いて、TitanFXの証拠金維持率を計算しましょう。

(900,000円÷100,000円)×100⁼900%
このことから現在のTitanFXの証拠金維持率は900%であることがわかります。

TitanFXのロスカットは証拠金維持率が20%を下回った場合に発動するので、このポジションを建てたとしてもロスカットまで十分な余力があると判断できるでしょう。

証拠金維持率は自分で計算することができますが、エントリーするとTitanFXのMT4/MT5のターミナル内でリアルタイムの証拠金維持率を簡単に確認することができます。

TitanFXであとどのくらいでロスカットされてしまうのか、リアルタイムの証拠金維持率から瞬時に把握できるので、こまめに確認すると良いでしょう。

TitanFX(タイタンFX)のロスカット水準を競合他社と比較してみた

ここまでで、ロスカットや証拠金維持率を解説してきましたが、証拠金維持率20%という数値は競合他社と比較するどうなのでしょうか。
TitanFXと3社の人気競合他社のロスカット水準を実際に比較したのが以下の通りになります。

  • TitanFXのロスカット:証拠金維持率20%を下回ったときに発動
  • XMのロスカット:証拠金維持率20%を下回ったときに発動
  • GEMFORXのロスカット:証拠金維持率20%を下回ったときに発動
  • AXIORYのロスカット:証拠金維持率が20%を下回ったときに発動

このように、4社とも証拠金維持率は20%でした。

しかし、比較した海外FX業者は評判がよい業者ばかりで、他の海外FX業者の中には証拠金維持率100%でロスカットという業者も存在します。

そのため、TitanFXをはじめとする4社のロスカット率は優秀であると言えるでしょう。

 TitanFX公式サイトの口座開設フォームはこちら 

そんなTitanFXの口座開設方法について詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

TitanFX(タイタンFX)の強制ロスカットはあくまで保険!

レバレッジを高く設定するということは、損失が膨らむスピードも早くなるということです。エントリーの時は高い証拠金維持率だったとしても、いつの間にか強制ロスカット水準まで下がってくることもあります。

強制ロスカットが発動してしまうというのは、身の丈に合っていないトレードを行っているということです。

強制ロスカットにならないようなトレードを心がける必要があります。

あくまで強制ロスカットは保険と思い、自分で損切り設定して、リスクとうまく付きあっていくのが大事です。

TitanFX(タイタンFX)のロスカットはレバレッジも関係する

TitanFXのロスカット発動要素は、証拠金維持率だけではなく、レバレッジも関係しています。

レバレッジが大きいほどロスカットされてしまう可能性が高くなるので、最大レバレッジ500倍で取引できるTitanFXでは証拠金維持率をきちんと計算してからエントリーすることをおすすめします。

証拠金維持率が高いということは、それだけ強制ロスカットからも遠いということなので長くポジションを保有できることになります。

そんなTitanFXのレバレッジに関して詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

まとめ

TitanFXのロスカット、証拠金維持率の関係において詳しく解説しました。

証拠金維持率をこまめに確認していきながら、トレードで利益を伸ばしていきましょう。

 TitanFX公式サイトの口座開設フォームはこちら 

この海外FX記事の執筆者プロフィール

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。

海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた人のプロフィールはこちら