【2021年9月更新】海外FXでボーナスキャンペーン開催している業者一覧

コピートレード(ソーシャルトレード)は稼げる?編集長オペラが選ぶおすすめ業者TOP3を紹介

「FX取引を始めたいけど、FXの知識が浅くなかなか手が出せない。」「FX取引をするには時間がないから諦めるしかないかも。」と悩んでいる人は少なくありません。

そんな人におすすめなのがコピートレードです。コピートレードは、プロのトレーダーの取引内容をそのままコピーする取引で、ソーシャルトレードとも言われています。このコピートレードが、なかなかFXを始められない人、FXを始めたばかりで利益を得られない人におすすめなのです。

この記事では、編集長オペラがコピートレードの魅力を解説していきます。メリットやデメリット、コピートレードを有効活用するためのコツや、編集長オペラが実際に利用したことがある「コピートレードにおすすめな海外FX業社」も合わせてご紹介するので是非参考にしてください。

コピートレード(ソーシャルトレード)とは? 

コピートレードとは、「ソーシャルトレード」とも呼ばれており、取引を公開している個人トレーダーのトレードをコピーし、自分のポジション取引で同じトレードを行うことを言います。毎月コピー元のトレーダーに手数料を支払うという仕組みです。

このコピートレードは、日本国内ではあまり定着していないため、馴染みがないトレーダーも多いのではないでしょうか。

それもそのはず、日本ではコピートレードは認められていないため、国内FX業者ではサービスの提供を行っていないのです。そのため、コピートレードを行いたいなら、規制がされていない海外FX業者を活用するトレーダーが多いです。コピートレードは、手数料がかかりますが魅力もたくさんあります。

それでは、コピートレードの魅力についてもみていきましょう。

コピートレードに向いている人

コピートレードは、すでに取引パターンをコピーできているので、自分で注文や決済手続きをする必要がなく、操作不要で取引が可能です。

つまり、自動売買と同様に、24時間モニタリングしていなくても売買できるため、日頃時間が取れないビジネスマンや、時間に限りのある人には、コピートレードは向いているといえます

また、コピートレードは実績のあるトレーダーの取引戦略をコピーして活用することができるため、FXに関する知識が浅くてもFX取引ができるため、初心者でもFX取引ができるだけでなく、プロのトレーダーの取引戦略を参考にできるため、FX取引の勉強にもつなげることができます。

その点でいうと、FXをはじめた初心者、FXを勉強していきたい初級トレーダーなどにも向いていると言えるでしょう。

コピートレードのメリット

チャートにずっと張り付かなくていい

コピートレードに向いている人でも紹介しましたが、コピートレードは自動的にプロのトレーダーの取引を自分の取引に反映させるため、自分自身で注文手続きや決済手続きをする必要がありません。

そのため、チャート画面にずっと張り付いて売買のタイミングを見計らう必要がないのです。値動きなどを気にせずにFX取引ができる点は、コピートレードの大きなメリットといえます

チャートなどを見て自分で売買タイミングを見計らって取引を行う裁量取引では、チャンスを逃さないために、チャート画面に張り付く必要が出てきます。コピートレードでは、反映されたタイミングで取引が自動的に行われるため、タイミングを逃さないというメリットもあります。

初心者でも勝てる可能性が高い

コピートレードでは、FX取引の知識がなくてもプロのトレーダーの取引をコピーできるためFXの知識がなくても活用することができ、初心者でも始めやすいというメリットがあり、さらには、コピートレードは、初心者でも勝てる可能性が高いという特徴があります。

FX取引を始めたばかりでは、FXに関する知識をつけて行かなければなりません。FX取引に関する知識を身につけなければ、「いつの間にか大きな損失になっていた」「資金を全て溶かしてしまった」ということになりかねません。

裁量取引を行う場合には、自分自ら値動きを分析しなければなりませんし、仮に自動売買を活用したとしても、自分で取引条件を設定する必要があるため、知識は必要になります。

しかし、コピートレードはFX取引の深い知識は不要で、プロのトレーダーの取引をそのまま反映させることができるため、勝つ可能性も高くなるのです

変則的な相場にも対応できる

コピートレードは、変則的な相場にも対応できるメリットがあります。自動売買システムでは、平均的な相場状態を想定して設定されているため、経済ニュースなどで相場が荒れてしまった場合は、損失を出してしまう危険性があります。それを防ぐために、自動売買では定期的なチェックと、ポジション量の調整などが必要になります。

しかし、コピートレードは、実際にプロのトレーダーがその場で判断をくだし、その決定がそのまま反映されるため、変則的な相場にも対応でき、さらに不測の事態にも対応できるのです。

プロのトレーダーは、損失を少なく抑えることを重視して取引を行っているので、リスクのある取引も避けることができる傾向にあります。自動売買のように機械的でない点も、コピートレードの最大のメリットと言えるでしょう。

プロトレーダーの取引を参考にできる

コピートレードは、プロのトレーダーの取引をそのまま反映して取引をすることが魅力です。そのため、プロのトレーダーの取引戦略などを参考にすることができ、FX取引のノウハウを見ることに繋がります。

実際のプロのトレーダーの取引判断を自分の取引を通じて見ることができます。初心者だけでなく、中級者も上級者の取引を実際に見ることで勉強できることは多くあるはずです。

最近では、SNSやネットに取引戦略などを紹介している人も多いですが、実際にテキストなどで紹介されるより、「百聞は一見にしかず」です。実際に目で見て体験した方が勉強になると感じる人もいるのではないでしょうか。コピートレードは、単なるFX取引手法として捉えず、勉強の場としているトレーダーも少なくありません。

分散投資ができる

FX取引で勝ち続けることは難しいことはご存知でしょうか。どんなに狙って取引したとしてもFX取引で勝ち続けられるのは全体で約10%と言われています。

そのため、FX取引においては損失をいかに防ぐかのリスク管理が重要になるのです。トレードを1つに絞ってしまうと負ける可能性が約90%と高くなってしまいうため、分散投資でトレードを1つに絞らずに様々な取引をしたほうがリスクも抑えることができます。

コピートレードでは、1つのトレードに絞らず、分散投資が可能であるため、リスク管理の観点でも非常に便利です。そのため、コピートレードを活用することで、リスクを減らすことも可能になると言えるでしょう

コピートレードのデメリット

利用できる業社は限られる

コピートレードは、国内FX業者では利用制限があるため、サービスを提供しているFX業者はほどんどありません。制限のない海外FXでは、コピートレードが提供されているため、コピートレードを活用したいトレーダーは海外FX業社で口座を開設する必要があります。

海外FXは、国内FX業者に比べ、安全面などが疑わしい業社もあるため、業者の見極めが大切となります。また、海外FX業社が全てコピートレードを提供してるわけではありません。コピートレードを提供している業社も限られているため、安全性を配慮した上で、コピートレードがある海外FX業社を選択しなくてはいけません。トレーダーの口コミなどを参考にして、業社を見極めるようにしましょう。

利用コストが発生する

コピートレードを利用するには、利用手数料を支払わなければなりません。利用手数料は、毎月固定で決まっている場合もあれば、利益に対し一定の成功報酬を支払う場合があります。支払い規定と、支払う成功報酬のパーセンテージはFX業社によって異なります。

つまり、利益が出たとしても、成功報酬として支払うべき手数料が発生するため、自分の利益はその手数料を差し引いた金額となります。

コピートレードを提供しているFX業社では、成功報酬として利益のおおよそ20%に設定されています。このコストは、裁量取引では発生しないコストです。余分にコストがかかる点はコピートレードのデメリットといえますが、その分、質の高いトレードを参考にできるのです。

しかし、コストも安くはないので、いつ頃までコピートレードを利用するかなどを利益を見比べながら計画すると良いでしょう

複数のエントリーが重なることもある

コピートレードのメリットでも紹介しましたが、コピートレードは1つのトレードに絞らず、複数のトレードをコピーすることができます。複数のトレードをコピーすることでリスクを抑えることができますが、コピーした複数トレードのエントリーが重なってしまう可能性もあります。

エントリーが重なることで生じる問題が証拠金の圧迫です。証拠金が充分でない場合、エントリーが重なることで、証拠金維持率に圧力がかかり、ロスカットされてしまう可能性もあります。それを防ぐためにも、証拠金の圧迫には充分に注意してコピートレードを活用するようにしましょう。

コピートレードの始め方

多くの魅力があるコピートレード。コピートレードの魅力をみて始めたいと思っているトレーダーも多いのではないでしょうか。コピートレードは、始め方もシンプルで簡単です。

コピートレードの始め方
  1. コピートレードが利用できる海外FX業社を選定
  2. 選定した海外FX業社の口座を開設
  3. ストラテジープロバイダーを選択する
  4. 運用を開始する

投資家の資金を運用するストラテジープロバイダーのなかから自分のコピーしたいトレードを選び、コピーしていきます。コピートレードをスタートするのは、非常に簡単ですが、コピートレードで一番重要となるのが、このストラテジープロバイダーを選択することです。

もし自分が選択したストラテジープロバイダーが予想通りに機能しながったとしても、自由に変更するとができるので、コピートレードをはじめても実績はしっかり分析するようにしましょう。

コピートレードの肝となる、ストラテジープロバイダーの上手な選び方についても次の章でご紹介いたします。

コピートレード ストラテジープロバイダーの選び方

中長期的なストラテジーを選ぶ

コピートレードは、ストラテジープロバイダーが注文した後に、自分の口座でも同じように注文が反映されるという仕組みです。

そのため、コンマ数秒というレベルですがコピートレードには時差が発生します。コンマ数秒の時差で合っても、相場は毎秒変動しています。スキャルピングのように短時間で売買を繰り返す取引では、コピートレードを活用しても同じように利益を生み出せるとは限りません。そのため、コピートレードとスキャルピングの相性はよくないと言われています。

コンマ数秒の時差でも大きな影響がないのが「デイトレード」と「スウィングトレード」のような中長期的なトレード手法です。スキャルピングとは違い、時差が生じたとしても安定的に取引ができるため、コピートレードでも利益を生み出しやすいでしょう。コピートレードを活用する際は、中長期的なストラテジーを選ぶようにしましょう。

ドローダウンが20%以下のものを選ぶ

コピートレードするストラテジープロバイダーのドローダウンに注目しましょう、ドローダウンとは、最大資産よりどの程度資産を一時的に減少させたかを示す割合のことで、このドローダウンが高いということは、証拠金の増減が激しいことを示しており、利益率が高いことが伺えます。つまり、ドローダウンが高いと高い利益を望める代わり、リスクも同時に高くなります

低い利益率でも安定的に取引をしたほうが資産を増やすことに繋がります。安定して取引するためにはドローダウンは20%以下がおすすめです。

慣れてきたら、稼いだ利益を元手に高い利益率のストラテジープロバイダーを選ぶなどをしたほうが、自分の資産を守ることできるので、はじめのうちは無理をせず、安定したドローダウン率のストラテジープロバイダーを選ぶようにしましょう。

90日間以上取引しているストラテジーを選ぶ

ストラテジープロバイダーを選ぶ際は、取引期間にも注目するようにしましょう。ストラテジープロバイダーのなかには、短期的に大きな利益を生み出すものから、長期的にコツコツ利益を生み出すものまで様々な取引スタイルが公開されています。

もちろん、自分に合う取引スタイルを選択するのが良いですが、取引期間は90日間以上取引しているストラテジーを選ぶと良いでしょう。

短期取引をしているストラテジープロバイダーの中には、もちろん実力で稼いでいる人もいます。しかし、短期取引は調子や運によっても利益を生み出すことが可能です。もし、運だけで利益を生み出しているトレーダーであるならば、自分がフォローした後に、運がつき損害を出してしまう可能性もあります。

トレーダーの実力を見るためにも、はじめは短期取引ではなく、90日以上の取引期間が設定されているストラテジープロバイダーを選んだほうが良いです

フォロワー数は多いものがいい

何か商品を選びときや、食事をする場所を決めるときに、人のクチコミを参考にする人も少なくないのではないでしょうか。人が選んでいるものほど信頼性が高いというのは、ストラテジープロバイダーも同様です。ストラテジープロバイダーを選ぶ際に、どのくらいの人がその取引をコピーしているのかをフォロワー数で知ることができます。

コピートレードを活用しているトレーダーはいつでもフォローを解除することができます。つまり、利益を生み出していないトレーダーにはフォロワーは集まらないようになっているということ、逆に利益を出しているトレーダーにはフォロワーが集中します。フォロワーが集中しているストラテジープロバイダーを選んで、大きな失敗をすることがほぼないと言えるため、コピートレードをする際は、フォロワーが50人以上いるストラテジープロバイダーを選ぶようにしましょう。

コピートレードおすすめ比較ランキングTOP3【編集長オペラが選ぶ】

ここでは、編集長オペラが実際に利用してみて本当におすすめできる海外FX業者をご紹介していきます。

コピートレード第1位 GEMFOREX

国内FX業者の特徴を持つGEMFOREXは、日本人トレーダーからも人気の海外FX業社です。GEMFOREXの魅力は、豪華なボーナスと自動売買システムが使い放題のサービスを提供している点ではないでしょうか。ボーナスは、口座開設するだけで最大20,000円がもらえるだけでなく、入金するだけで資金を増やすことができる入金ボーナスなどもあり、資金が少ないトレーダーから注目を集めています。

GEMFOREXは、コピートレードに対応しており、「ミラートレード」という名前で呼ばれています。GEMFOREXでミラートレードがおすすめな理由として、150にもわたるストラテジーを無料で使うことができるためです

自動売買システムに特化した海外FX業者であるため、高性能のストラテジーを数多く提供しています。MT4などの取引ツールがなくてもミラートレードを利用することができ、日本語サポートもついているので、海外FX初心者でも安心して利用できます。

ボーナス取得のハードルも高くない点も初心者には嬉しいポイントです。海外FX業者でも口座開設しやすいため、ミラートレードにもおすすめです。

コピートレード第2位 HotForex 

HotForexは、取引銘柄の豊富さと、ハイレバレッジが魅力の海外FX業者です。国内トレーダーからもポジティブな評価をされているFX業者でもあり、入金ボーナスや、取引数に応じてポイントがたまるロイヤリティプログラムなど、魅力的なサービスが提供されており、コピートレードにも対応しています。

HotForexのコピートレードは、ストラテジープロバイダーをフォローすることで、取引をコピーすることができる仕組みです。HotForexのコピートレードの魅力は、そのストラテジープロバイダーとして取引を公開しているトレーダーがなんと800人以上もいる点です。ストラテジープロバイダーの選択肢が増えれば、自分の取引の幅も広がることに繋がります。

なお、HotForexのコピートレードは専用の「HFCOPY口座」を開設する必要がある点に注意しましょう。

コピートレード第3位 TitanFX 

TitanFXは、ヘビートレーダーをターゲットとしており、スプレッドが狭く取引コストが抑えられる、約定力が高いなど取引条件が魅力の海外FX業者です。ボーナスなどの派手な企画は行っていない分、取引のしやすさはあります。

そんなTitanFXでは、コピートレードサービス「ZuluTrade」が無料で利用できます。有名なトレーダーのトレードもコピーでき、初心者でも無理なく稼ぐことができる環境です

取引コストが抑えられ、約定力も高いFX業社なので、ゆくゆくはスキャルピングなどに挑戦したいトレーダーにも向いている業社でもあります。

まとめ

コピートレードの魅力や注意点についてもご紹介してきました。

コピートレードは、FXを始めたばかりの初心者や、まとまった時間が取れないビジネスパーソンにも活用しやすい取引方法です。FXの知識があまり必要としないだけでなく、プロの視点も同時に学ぶことができるので、初心者から中級者までメリットは多くあります。

コピートレードを有効活用するには、どんなストラテジープロバイダーを選ぶかが重要となります。自分にあう取引スタイルを選択して、コピートレードを有効に使うようにしましょう。

この海外FX記事の執筆者プロフィール

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら

『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』というベストセラー本の著者でもあり、ファイナンシャル・プランニング技能検定1級(日本FP協会認定国家資格)も保持しています。

著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXおすすめランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら