IS6FXの税金と確定申告 – 必要書類と計算・やり方

IS6FXの税金と確定申告

IS6FXの税金と確定申告について詳しく紹介していきます。海外FX業者のIS6FXで取引した場合の税金区分や税率、計算方法、確定申告の書類と書き方を解説します。

国内FXと海外FXでは、課税方法や税率が異なりますので注意しましょう。

IS6FXの確定申告が必要な人と条件

IS6FXの確定申告が必要な人と条件は以下の通りです。

  • 副業の方 → 年間利益20万円以上
  • 個人事業主の方 → 年間利益38万円以上

IS6FXの税率は累進課税となっており、利益によって納税額が変わります。累進課税率や控除額、計算方法について詳しく見ていきましょう。

[IS6FXの確定申告] サラリーマンは利益20万円から必要

サラリーマンをはじめ、給与所得者は「IS6FXの年間利益が20万円以上」の条件で、確定申告が必要になります。

パートやアルバイトも給与所得者に含まれるので、サラリーマン同様利益が20万円を超えたら確定申告が必要です。

2月16日~3月15日の確定申告の時期までに、利益が20万円を超えているかどうかを忘れずに確認しておきましょう。

[IS6FXの確定申告] 個人事業主は利益38万円から必要

個人事業主の場合は、「IS6FXの年間利益が38万円以上」の条件で、確定申告が必要になります。

フリーランスや専業主婦、アルバイトをしていない学生も、この条件に従って確定申告をしなければなりません。

IS6FXの税金は雑所得の累進課税

国内FXと海外FXでは、課税方法や税率が異なります。

  • 国内FXの場合:雑所得 申告分離課税(税率は一律20.315%)
  • 海外FXの場合:雑所得 累進課税(税率は利益に応じて15%~55%)

どちらも雑所得という収益になります。

国内FXの「申告分離課税」とは、ほかの所得とは分離して税金を納税する方法です。一方海外FXの「累進課税」では、利益が増えるほど税率が高くなる仕組みです。

確定申告の際、国内FXと海外FXの損益合算はできません。その代わり海外FXの場合、他の海外FX口座における損益を通算することが可能です。

また海外FXでは損失の繰越ができないので、損失を最小限に抑えるトレードを心がけましょう。

IS6FXの税率と税金の計算方法

IS6FXの税率は累進課税となっているので、利益が増えれば税率が上がりますが、控除金額も上がります。

所得金額税率控除額
195万円以下15%0円
195万円~330万円20%97500円
330万円~695万円30%427500円
695万円~900万円33%636000円
900万円~1800万円43%1536000円
1800万円~4000万円50%2796000円
4000万円以上55%4796000円

IS6FXでは、所得税(5%~45%)と住民税(10%)の合算となっています。

計算方法は「FXの年間利益-経費=個人所得」となります。

経費とは、FXのために買ったパソコンやタブレット、FX関連のセミナーや書籍代などを指します。

IS6FXの確定申告提出期限

IS6FXの確定申告期間は2月16日から3月15日なので、この期間内に済ませましょう。3月15日を過ぎた場合、期限後申告として扱われ税延滞税を課される可能性があるので、注意してください。