IS6FXスキャルピングのおすすめ口座と取引

IS6FXでのスキャルピング

ISFXのスキャルピング取引条件 (禁止かどうか?)

スキャルピングや取引に制約はあるかが、トレーダーの中でもかなり気になるところですよね。

こちら結論から言いますと、IS6FXでは、EA含め、スキャルピング等に制限は設けておりません。
海外FX業者の中では、スキャルピングNGの業者も多いので、スキャルピングOKはというのは、非常に良心的な会社と言えるでしょう。

しかし、公式的にひとつだけ注釈がありまして、【お客様が行う取引が非常に膨大になり当社で執行能力に支障をきたすと判断された時には注文が入り難くなる場合もございます。】となっています。

スキャルピングをする際に一番重要なポイント

スキャルピングをするのであればスプレットが狭いことが必須です。国内FX業者は、原則固定スプレッドをうたい、狭いスプレットを提示している業者が多いですが、残念ながら利確がなかなかできず、約定力が低いのが現実です。

ですので、国内FXでスキャルピングをしていても、ボラティリティが高くなる局面ではスリッページでスプレット分など簡単に消し飛んでしまい、利益が出ません。

そういった意味では、スプレッドの狭い、スキャルピングOKの海外FX業者を選びましょう。
やはり低スプレットかつ約定力がある業者を選ぶ事が結果的な利益につながります。

そうなると、IS6FXは、その2つの条件を兼ね備えた理想的な業者のひとつなのは間違いありません。

関連記事:IS6FXのスプレッドについて

まとめ

スキャルピングでは本質的なコストを見るようにしましょう。自分が最初に選んだFX業者を使い続け、その後は業者の見直しを行わずに日々の取引を続けている方も多いと思います。

ただし、トータルコストを意識すると、スプレッド以上に約定力の重要性に気づくと思います。取引回数の多いトレーダーほど、FX業者選びによるコストの違いは大きくなります。

あなたの大切なお金を確実に運用するためにも、FX業者選びをめんどくさいと思わずに、常に見直しを検討してみてください。IS6FXは、2020年10月に誕生したFX業者ですが、後発だけあって、非常に完成されています。