IS6FXのロスカット条件と証拠金維持率

IS6FXのロスカット条件と証拠金維持率

ここでは、IS6FXのロスカット計算と証拠金維持率について詳しく紹介していきます。海外FX業者のため、国内FX業者に比べロスカットされにくいのも特徴です。

さらに、IS6FXの証拠金維持率やロスカットの計算方法、ロスカットを避ける方法について詳しく解説しますので、ロスカットとなる条件をしっかり把握して、あなたの大切な資金をコントロールしましょう。

IS6FXのロスカット執行条件

ロスカットが執行される条件ですが、証拠金額維持率が50%を下回った場合に自動的にロスカット執行をさせて頂いております。

複数のポジションを保有されております場合には、損失額の大きなポジションから順次執行させて頂き、証拠金維持率50%を上回るまで行われる形となっております。

証拠金維持率は以下の計算方法で算出されます
 →証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100

IS6FXの証拠金維持率50%のメリット

  • ロスカットされた時の損失が小さくなる
  • ロスカット水準が高ければ、強制ロスカットされた時の損失が小さくなります。

例えば、大手の海外FX業者のXMでは、証拠金維持率20%でハイレバレッジでのトレードが可能な分、一瞬にして大金を失う可能性も十分あります。そういった意味では、IS6FXは証拠金維持率も非常にバランスの取れた会社だと考えて良いでしょう。

とはいっても、IS6FXで安心してしまい、トレードが雑になって大きな損失を出してしまわないように資金管理には細心の注意を払いましょう。

\期間限定!!今なら口座開設で20,000円が必ずもらえる

 IS6FX公式サイトの口座開設フォームはこちら 

ABOUT US

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。

海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較、そしてFX業者は、IS6FXとTitanFX(タイタンFX)の情報を中心にまとめています。