IS6FXのCFD取引-CFDのサービスは行っているのか?

IS6FXのCFD取引

CFD取引という言葉を聞いたことがあっても、なかなかどんな取引かイメージしづらい方も多いかと思います。CFDというのは「Contract For Difference」の頭文字をとった略語で、日本語に訳すと「差金決済取引」という意味になります。

株式投資では現金によって現物の株式を購入し、売却することで利益を得ますが、差金決済取引では現物の株式売買は発生しません。

CFD取引では、FXと同じように証拠金を証券会社に預けたうえで対象の銘柄を売買し、その差金のみを決済します。

IS6FXでは、CFD取引を行っていません

IS6FXでは、CFD取引を行っていませんが、CFD取引とほとんど同じ取引として、海外FXがあります。実は、海外FXもCFD取引の一つであり、通貨取引に特化した差金決済取引ということになります。もしも海外FXの経験がある人にとっては、CFD投資の感覚を比較的つかみやすいかもしれません。

CFD取引をするメリット

CFD取引には以下のようなメリットがあります。

  • レバレッジをかけて取引できる
  • 売り注文から取引できる
  • 24時間取引ができる
  • 手数料無料で取引できる

レバレッジをかけて取引できる

CFD取引はレバレッジを掛けて取引できるため、少額の資金を元手に投資することが可能です。

ただし、IS6FXのような海外FXでは、レバレッジ1000倍の取引もできるため、CFDでなくとも、IS6FXのFXをする方がさらに高レバレッジで取引は可能となります。

売り注文から取引を始できる

CFD取引では、海外FXと同じように、ショートから取引できるというメリットもあります。

日本国内の株式投資では、一定の基準を満たした上で、信用取引口座を開設しないと空売りすることができません。しかし、FXやCFD投資はショートもできるので、下落相場でも利益を出すことができます。

24時間取引ができる

こちらもFX取引と同じくCFD取引では、24時間いつでも取引に参加できるというメリットがあります。

日本の株式市場は午後3時には閉まってしまうので、昼間に仕事をしている方は、リアルタイムで取引市場に参加するのは難しいといえます。

一方、CFD取引は世界中の金融商品や指数などが投資対象となります。そのため、自分の仕事が終わってからでも、必ず世界のどこかで開いている市場があるのです。

このように、誰でもリアルタイムで取引に参加できるというのが、CFD取引の魅力の1つとなっていますが、海外FXでもそれは全く同じです。

CFD取引よりも、IS6FXでFXをしてみよう

まとめになりますが、CFD取引とFXは非常に似ています。今ならIS6FXの新規口座開設だけでボーナスがもらえます!つまり、ご自身のお金を入金不要で即FXトレードが体験できます!

つまり、リスクゼロです。もちろん、この新規口座開設ボーナスを元手に上手く増やしたお金はちゃんと自分のお金として出金もできます。是非、IS6FXでFXをお試し下さい!