【2021年7月更新】海外FXでボーナスキャンペーン開催している業者一覧

iFOREXの確定申告を徹底解説!【2021年最新版の税金ガイド】

iFOREXの確定申告

iFOREXはスプレッドが狭く、ハイレバレッジで取引できるため、大きな利益を獲得しやすい海外FX業者です。

  • iFOREXはいくら稼いだら確定申告しないといけないの?
  • 税金の計算方法はどうすればいいの?

iFOREXの確定申告についてこのような疑問を抱いている方も多くいらっしゃるでしょう。iFOREXである程度利益を獲得したら、確定申告をしなければいけません。

そこでこの記事では、iFOREXの確定申告を徹底解説していきます。また、確定申告をするべき人や税金の計算方法、確定申告における注意点も合わせてご紹介していきます。

この記事を最後までご覧になれば、税金の計算方法を始めとしたiFOREXの確定申告の全知識を得ることができるので、スムーズに確定申告できるようになるでしょう。

この記事は、2021年最新版の税金ガイドとなっているため、是非参考にしてください。

iFOREXの確定申告とは?

iFOREXの確定申告は、前年の1月1日から12月31日までの収入を税金の計算方法によって算出し、その算出した所得税を納めることをいいます

iFOREXである程度利益を獲得した場合確定申告を行う必要がありますが、その確定申告や納税通知はiFOREXや税務署などから届くことはありません。

そのためご自身で税金を計算して、ご自身で確定申告をしなければいけません。

この納税を怠ると罰則の対象となってしまうので、iFOREXで口座開設をしてある程度利益を獲得しだしたら確定申告や税金について把握しておく必要があります。

iFOREX 確定申告をするべき人

iFOREXの税金を確定申告で納めるべき人は、以下に該当する人です。

  • 給与取得者:正社員・パート・アルバイトなどをしている人
    20万円を超えたら確定申告をしなければならない
  • 給与非取得者:個人事業主・学生・専業主婦などをしている人
    38万円を超えたら確定申告をしなければならない

正社員やパートできちんと税金を納めている人であっても、iFOREXの税金においても確定申告して納税しなければいけません。

ただし年収が2,000万円を超えてしまう正社員の人の場合は、職場で確定申告を行わないためご自身でiFOREXの所得・給料所得・その他の所得を合わせて確定申告する必要があります。

給料をもらっていない給与非取得者の人であってもiFOREXの所得とその他の所得を合わせて確定申告しなければいけません。

それでは、給与取得者と給与非取得者における税金について具体的にみていきましょう。

iFOREX 確定申告の区分は「雑所得の総合課税」

iFOREXの確定申告の区分は「雑所得の総合課税」になります

そもそも税金には以下の10種類の確定申告区分があります。

給与所得・不動産所得・事業所得・
配当所得・利子所得・退職所得・
譲渡所得・一時所得・山林所得・雑所得

これら10種類の確定申告区分はそれぞれ税金の計算方法が異なります。

さらに雑所得は、総合課税と分離申告課税の2種類にわかれます。

総合課税は、雑所得以外の所得の合計額を課税対象額にしています。そのため、必然的に課税対象の額は大きくなっています。

総合課税の税率は、所得額に応じて最低税率5%から税率が上がり、最大45%となっています

iFOREXの税金の計算方法

それではiFOREXの確定申告における税金の計算方法を解説していきます。

税金の計算方法はまず、①年間所得、②所得税を算出することで求められます

それでは具体的にみていきましょう。

年間所得700万円・給与所得500万円(源泉徴収済み)だった場合の税金の計算方法は、以下の手順で行います。

年間所得と課税対象額の計算方法

まずはiFOREXの年間所得を計算します

所得とは、収入から経費を引いた金額をさします。

●例えば、年間所得600万円・給与所得400万円(源泉徴収済み)で
iFOREXで50万円の利益を獲得し、トレードで利益を獲得するための参考書やネット通信費などが年間5万円かかった場合、所得は以下の通りです。

600万円-5万円=595万円

この595万円がiFOREXの年間所得となります。

給与所得はすでに源泉徴収されているので、ここでは給与所得の400万円は確定申告する必要がありません。

なお個人事業主として収入を得ている場合は、ご自身で確定申告しなければいけないので、iFOREXの所得と合わせて総所得を求めてください。

課税対象額は、ここからさらに医療費控除・配偶者控除・社会保険控除・基礎控除などを引いて計算できますが、わかりやすく解説するためにここでは省略します。

所得税の計算方法

iFOREXの所得税の計算方法は、以下の通りです

所得税=年間所得額×総合課税の税率-控除額

このようにして、所得税を求めます。

ちなみに、雑所得総合課税の税率は以下の通りです。

課税される所得金額税率控除額
1,000円 から 1,949,000円まで5%0円
1,950,000円 から 3,299,000円まで10%97,500円
3,300,000円 から 6,949,000円まで20%427,500円
6,950,000円 から 8,999,000円まで23%636,000円
9,000,000円 から 17,999,000円まで33%1,536,000円
18,000,000円 から 39,999,000円まで40%2,796,000円
40,000,000円 以上45%4,796,000円
国税庁「No.2260 所得税の税率」から引用

iFOREXの年間課税所得額が595万円だった場合の税金の計算方法は以下の通りです。

595万円×20%-427,500=762,500円が、所得税になります。

iFOREXの確定申告における注意点

ここからはiFOREXの確定申告における注意点について解説していきます。

iFOREXの確定申告 ボーナスは対象外

iFOREXの確定申告として、もらったボーナスは所得の対象外となっています

もちろん、ボーナスを活用して利益が出た場合は、その利益に合わせて税金はかかります。

しかし、ただ単にボーナスをもらっただけでは、税金は発生しないのです。

iFOREXにどんなボーナスがあったのか、忘れてしまった方はこちらをご覧ください。

iFOREXのボーナス

iFOREXで税金を安く抑える方法

ここまでで、iFOREXの確定申告について解説してきましたが、実はiFOREXで税金を安く抑える方法が1つだけあります。

それは、iFOREXで法人口座を開設することです。税金という点で見ると、法人の方が圧倒的にお得なのです。そんな法人の税率は以下の通りです。

  • 800万円以下の所得:税率15%
  • 800万円以上の所得:税率23.9%

このように、個人の税率に比べると、法人の税率はかなり低く設定されています。その他にも法人口座のメリットとしては、「繰越控除が9年間になる」「保険料、社員の給与、役員報酬が経費になる」「経費の幅が広がる」などがあります。

そのため、税金を少しでも安く抑えたい方は、法人口座を開設してみてはいかがでしょうか。

 iFOREX公式サイトの口座開設フォームはこちら 

iFOREXの法人口座について詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

iFOREXの法人口座

なお、iFOREXの法人口座は開設する際に、英文章の読解が必要になります。そのため、英語が苦手な方はAXIORYがおすすめです

AXIORYはiFOREXと同様にスプレッドが狭く、手数料も海外FX業界随一の安さとなっています。そんなAXIORYは、日本語で法人口座を開設できるため非常におすすめです。

 AXIORY公式サイトの口座開設フォームはこちら

AXIORYの法人口座について詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

まとめ

iFOREXの確定申告と税金について解説してきました。

iFOREXは評判が非常に良い海外FX業者なので、多くの方が利用しています。そのため人数が多い分、確定申告の際に迷われる方も多いでしょう。

中には確定申告の税金の計算方法を面倒に思う方もいらっしゃるでしょう。

年間収入と経費さえ把握しておけば、会計ソフトや国税庁の確定申告フォームを利用して、自動的に税金を計算してもらえるので、面倒な方はそちらを利用してみましょう。

なお、税金を安く抑えたい方は、iFOREXの法人口座の開設をおすすめします。

 iFOREX公式サイトの口座開設フォームはこちら 

この海外FX記事の執筆者プロフィール

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。

海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた人のプロフィールはこちら