【2021年7月更新】海外FXでボーナスキャンペーン開催している業者一覧

HotForexのスプレッドは本当に有利なの?一覧表と競合他社を徹底比較!

HotForexはスプレッドが狭さが魅力的と話題になっている海外FX業者です。

  • HotForexのスプレッドは本当に有利なの?
  • 他の海外FX業者と比べてどうなの?

そんなHotForexのスプレッドについてこのような疑問を抱いている方も多くいらっしゃるでしょう。スキャルピングトレードやデイトレードをする場合、スプレッドは最も重要視するべきポイントですよね。

そこでこの記事では、HotForexのスプレッドを競合他社と徹底比較しながら、本当にHotForexのスプレッドが有利かどうか検証していきます。また、HotForexの一覧表もご紹介していきます。

オペラ

HotForexのガチ利用者である管理人オペラ自身が、HotForexのスプレッドに関する全知識解説していきます。

HotForexのスプレッドは本当に有利なの?

それでは、早速HotForexのスプレッドが本当に有利かどうか検証していきましょう。まず、HotForexの口座タイプごとのスプレッドからみていきましょう。

HotForexには以下の3種類の口座タイプがあります。

  • マイクロ口座(STP口座)
  • プレミアム口座(STP口座)
  • ゼロスプレッド口座(ECN口座)

※厳密にはHotForexには5種類の口座タイプあり、上記3種類の口座タイプの他にHFCopy口座とAUTO口座という口座タイプがあります。

HFCopy口座は特定のトレーダーの運用をそのままコピーする口座で、AUTO口座は自動売買用の口座となっているので、ここでは一旦除外して解説していきます。

それでは、マイクロ口座プレミアム口座ゼロスプレッド口座の口座タイプごとの平均スプレッドについてそれぞれ見ていきましょう。 

 マイクロ口座・プレミアム口座ゼロスプレッド口座
取引手数料なし0.6pips/1Lot往復
USD/JPY
(ドル円)
1.7pips0.2pips
(0.8pips)
EUR/USD
(ユーロドル)
1.2pips0.1pips
(0.7pips)
EUR/JPY
(ユーロ円)
1.7pips0.8pips
(1.4pips)
AUD/USD
(オージードル)
1.5pips0.8pips
(1.4pips)
AUD/JPY
(オージー円)
2.3pips1.0pips
(1.6pips)

ゼロスプレッド口座のカッコ内が、手数料込みのトータルコストです。
※ゼロスプレッド口座はスプレッド+0.6pips/1Lot往復の手数料がかかってしまいます。

マイクロ口座

マイクロ口座のスプレッドは上記の表の通りです。

マイクロ口座では手数料は発生しないため、トータル取引コストはスプレッドとなっています。

プレミアム口座のスプレッド

HotForexのプレミアム口座には100%スーパーチャージボーナスがあります。

100%スーパーチャージボーナスとは、100%入金ボーナスとキャッシュバックがセットになったボーナスのことです。

そのためプレミアム口座では、100%入金ボーナスだけではなく、1Lotあたり2ドル(約200円)のキャッシュバックをもらうことができます。

このキャッシュバックを考慮すると0.2pips程度のスプレッドとなるので、実質のスプレッドは以下の通りになります。

プレミアム口座
取引手数料なし
USD/JPY
(ドル円)
1.5pips
EUR/USD
(ユーロドル)
0.9pips
EUR/JPY
(ユーロ円)
1.5pips
AUD/USD
(オージードル)
1.3pips
AUD/JPY
(オージー円)
2.1pips

このように、マイクロ口座とスプレッドは同じですが、プレミアム口座の方が取引コストを抑えることができます。

ゼロスプレッド口座のスプレッド

HotForexのゼロスプレッド口座は、3種類の口座タイプの中で最もスプレッドが狭い口座タイプになっています。そのため、スキャルピングトレードが取引スタイルの方には特におすすめです。

HotForexのゼロスプレッド口座(ECN口座)と人気海外FX業者のECN口座のスプレッドを比較すると以下の通りになります。

通貨ペアHotforexXMTitanFX
往復手数料0.6pips/1Lot往復10ドル/1Lot往復7ドル/1Lot往復
USD/JPY0.2pips
(0.8pips)
0.4pips
(1.4pips)
0.3pips
(1.0pips)
EUR/USD0.1pips
(0.7pips)
0.3pips
(1.3pips)
0.2pips
(0.9pips)
EUR/JPY0.8pips
(1.4pips)
0.5pips
(1.5pips)
0.3pips
(1.0pips)

カッコ内の中が手数料込みのトータルコストです。
最も低い取引コストは赤文字にしてみました。

このように、HotForexは人気海外FX業者3社の中で最もスプレッドが狭いことがわかります。そのため、HotForexのスプレッドは有利だと言えるでしょう。

HotForexのスプレッド一覧表

それでは、HotForexのそれぞれのスプレッドについてみていきましょう。
※プレミアム口座でのスプレッドになります。

HotForexのスプレッド【通貨ペア】

通貨ペアHotForex
プレミアム口座
USD/JPY1.7pips
USD/CHF1.7pips
USD/CAD2.0pips 
EUR/USD1.2pips 
EUR/JPY1.7pips
EUR/GBP1.7pips 
EUR/AUD2.6pips 
EUR/CHF1.8pips 
EUR/CAD2.1pips 
GBP/USD1.8pips 
GBP/JPY2.4pips 
GBP/CHF2.5pips 
AUD/USD1.5pips
AUD/JPY2.3pips 
AUD/CAD2.9pips 
AUD/NZD3.3pips 
CHF/JPY2.5pips 
CAD/JPY2.4pips 
CAD/CHF2.0pips 
NZD/USD1.5pips 
NZD/JPY1.5pips 
NZD/CHF3.6pips 
ZARJPY3.7pips 
HotForexの公式サイトから引用 https://www.hotforex.com/sv/jp/trading-products/trading-details-forex.html

HotForexのスプレッド【株価指数CFD】

銘柄HotForex
JPN225
(日本株価指数)
9.3pips 
NETH25
(オランダ25種株価指数)
0.2pips 
USA30
(NYダウ)
5.3pips 
USA100
(ナスダック100種株価指数)
3.3pips 
USA500.S
(S&P500種株価指数)
0.4pips 

HotForexのスプレッド【貴金属】

銘柄HotForex
XAU/USD
(ゴールド/米ドル)
2.3pips 
XAG/USD
(シルバー/米ドル)
4.0pips 
XAU/EUR
(ゴールド/ユーロ)
3.1pips 
XAG/EUR
(シルバー/ユーロ)
1.1pips

HotForexのスプレッドを競合他社と徹底比較

ここからは、HotForexで最も一般的な口座であるSTP口座(マイクロ口座・プレミアム口座)のスプレッドを競合他社と比較していきます。

通貨ペアHotForexFXGTXMIS6FX
USD/JPY1.7pips1.4pips1.6pips1.6pips
EUR/JPY1.7pips1.8pips2.5pips2.3pips
GBP/JPY3.0pips3.0pips3.9pips3.1pips
AUD/JPY2.3pips2.8pips3.3pips2.9pips
EUR/USD1.2pips1.4pips1.7pips1.5pips
GBP/USD1.8pips1.9pips2.4pips2.4pips
AUD/USD1.5pips1.6pips1.9pips2.0pips

このように、HotForexのSTP口座(マイクロ口座・プレミアム口座)のスプレッドは、競合他社の中でも一番狭いことがわかります。

HotForexのSTP口座は少額から利用可能

HotForexは最低入金額が200ドル(約2万円)からとなっています。

競合他社の中には最低入金額を高めに設定している業者もあります。それに比べて、HotForexの最低入金額200ドル(約2万円)というのは、非常に良心的な設定になっています。

HotForexであれば、約2万円という少額入金でSTP口座(マイクロ口座・プレミアム口座)を利用できます

HotForexのレバレッジ

HotForexのレバレッジやロスカット水準を競合他社と比較すると以下の通りになります。

 HotForexFXGTXM
レバレッジマイクロ口座:1000倍
プレミアム口座:400倍
1000倍888倍
ロスカット水準20%20%or40%20%

このようにHotForexのマイクロ口座であれば、最低入金額2万円でレバレッジ1000倍を使いアグレッシブなトレードをすることができます。

HotForexのスプレッドまとめ

HotForexのマイクロ口座・プレミアム口座はスプレッドも低いため、競合他社よりも有利にトレードすることができるでしょう。

ゼロスプレッド口座の方がスプレッドは低いですが、こちらの口座ではボーナスをもらうことができません。また、最大レバレッジ200倍でしか取引できません。そのため、ボーナスをもらいたい方やハイレバで取引したい方はマイクロ口座・プレミアム口座がおすすめです。

管理人がHotForexを利用し続けている理由は、チャンスがあったときにでハイレバを活かした大ロットでスキャルピングを満喫することができるからです。

HotForexをまだ口座を開設していない方は、わずか2万円で他の競合他社よりも有利にトレードができるHotForexのマイクロ口座・プレミアム口座の実力をぜひ一度試していただきたいです。

HotForexはスキャルピング制限や出金拒否は一切ないので、思う存分トレードを楽しむことができるでしょう。

この海外FX記事の執筆者プロフィール

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。

海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた人のプロフィールはこちら