【2022年10月更新】海外FXでボーナスキャンペーン開催している業者一覧

BigBoss(ビッグボス)のレバレッジを完全解説!最大999倍の制限&変更ルールについて

BigBoss(ビッグボス)のレバレッジ

BigBossの最大レバレッジは、なんと999倍です!他社の最大レバレッジは400倍~500倍がほとんどなので、999倍がいかに高い数値であることかお分かりいただけるでしょう。しかし、BigBossでは口座残高によってレバレッジ制限がかかるので注意が必要です。

そこでこの記事では、BigBossのレバレッジの特徴や取引時の注意点について詳しくご紹介していきます。

BigBoss(ビッグボス)の最大レバレッジは999倍!

冒頭でも述べましたが、BigBossの最大レバレッジは「999倍」です。国内FX業者の最大レバレッジ25倍とは比べ物にならないほど高く設定されています。加えて、海外FX業者の平均的な最大レバレッジが400倍~500倍ほどなので、レバレッジが高く設定できる海外FX業者と比較してもかなり高いレバレッジがかけられるようになっていることが分かります。

実は最大レバレッジが999倍になったのはつい最近のことで、2021年の4月1日からです。それ以前は555倍でした。海外FX業者の平均とほぼ同じです。

ここまで高いレバレッジにした理由は明言されていませんが、ライバル業者を意識したものだと考えられています。理由はともかく最大レバレッジが高いのはかなりメリットが大きいので、ほとんどの利用者からは高い評価を得ているのが現状です

BigBoss(ビッグボス)の最大レバレッジ999倍のメリット

ここからは、「最大レバレッジ999倍」にどのようなメリットがあるのかを紹介していきます。

レバレッジの幅が広い

最大レバレッジはあくまでも最大なので、絶対に最大のレバレッジをかけないといけないというわけではありません。必ずしも999倍のレバレッジをかける必要はないのです。

BigBossの場合、1倍から999倍の間で、かけるレバレッジを自分の裁量で決められます。そのため、自分の資金や相場、銘柄などさまざまな状況を総合的に判断して自由にレバレッジを決めることが可能です。

また、BigBossのレバレッジは業界でも最高水準の999倍まで選択できるので、レバレッジの幅がかなり広いという特徴があります。そのため、今回は200倍にしよう、今回は900倍にしようという風に臨機応変な対応も可能です。

ロスカットされづらい

強制ロスカットが発生しづらいというメリットもあります。残高やポジション数が同じ場合、レバレッジの高さで証拠金の多さが変わります。レバレッジが高い方が、証拠金が少なくて済むため、証拠金維持率を高い水準で維持しやすくなり、結果的にロスカットが発生しづらい状況になりやすいです。

BigBoss(ビッグボス)は追証なしのゼロカットシステムを搭載している

ゼロカットシステムは、残高以上の損失が発生してしまってもオーバーした分を業者が代わりに補填し、0に戻してくれるというものです。通常、取引時の損失で残高が0になり、残高以上の損失が発生した場合、足りない部分は後から支払う必要があります。

しかし、ゼロカットシステムを搭載している業者の取引では、残高以上の損失が発生してもオーバーした分を支払う必要がないため、口座残高以上の損失が発生することがありません。

例えば口座に100万円がある時に、150万円分の損失が発生し残高をオーバーしてしまったとします。この時、ゼロカットシステムが搭載されていないと50万円を追加で支払わなければなりません。しかし、ゼロカットシステムが搭載されていれば、オーバーした50万円を支払う必要がなくなります

このようにどれだけの損失を出してしまっても残高以上の損失は発生しないので、借金を気にせず安心して取引できるというメリットがあります。

BigBoss(ビッグボス)のレバレッジ変更は任意にできない

レバレッジには口座レバレッジと実効レバレッジの2つがあります。この2つのうち口座レバレッジに関してはトレーダーの意思で変更することができません。

ただ、変更できないとはいっても基本的には口座レバレッジを変える必要がないため、大きなデメリットはありません。ちなみにBigBossの口座レバレッジは999倍で設定されています。取引をする際のレバレッジは実効レバレッジと言い、こちらについては大きく取引に影響するため、必要に応じて変更することが可能です。

BigBoss(ビッグボス)のレバレッジ制限

BigBossには最大999倍のレバレッジをかけられるという魅力があるものの、残念なことに一部状況下ではレバレッジに制限を設けられてしまいます。

一部の通貨ペアによっては最大レバレッジが制限される

BigBossの最大レバレッジは999倍で、業界最高水準の数値を誇っています。ただ下記のように、一部の商品についてはレバレッジに制限があり、999倍のレバレッジをかけることができません。

  • USD/TRY・USD/RUB・USD/ZAR:最大50倍
  • CFD銘柄:最大50倍
  • 仮想通貨:最大20倍

これらについては999倍のレバレッジをかけることができず。記載された数字までしかかけられません。ただ、上記以外の商品は999倍のレバレッジに対応しているので、1〜999まで自由に設定できます

口座残高によって最大レバレッジが制限される

商品だけではなく、口座残高によっても最大レバレッジに制限があります。詳しくは以下の通りです。

  • 0円~199万9,999円:最大999倍
  • 200万円~499万9,999円:最大555倍
  • 500万円~999万9,999円:最大200倍
  • 1,000万円以上~:最大100倍

このように、最大レバレッジ999倍が選択できるのは口座残高が200万円未満である場合までです。それ以上の金額が口座にある場合はその金額に応じて、555倍、200倍、100倍と最大レバレッジは下がっていきます。999倍のレバレッジで取引したい場合は、口座残高が200万円未満になるように調節しないといけません。

ただ、調節には1つ注意点があります。それは、ボーナスがすべて消えるという点です。BigBossでは口座残高から資金を出金すると際に、保有中のボーナスがある場合は全て消滅するようになっています。

そのため、資金を調節する際は、「ボーナスが全てなくなることを承知の上で引き出すか」「ある程度使ってから引き出すか」のどちらかを選ばなければならないということになります。編集長オペラはせっかく得たボーナスなので、できるだけ使ってから引き出すことをおすすめします。

ちなみに、口座残高に応じてかけられるレバレッジが変わるというのは、実は海外FX業者の中だと何も珍しいことではありません。むしろ残高に応じて低くならない方が珍しいほどです。倍率は各業者によって左右されますが、基本的には残高が増えることと比例して、最大レバレッジにも制限がかかり、低下していきます。

BigBossをはじめ、有名な海外FX業者であるXMも変化する海外FX業者です。反対に、iFOREX、TitanFXなどは口座残高に左右されず、常に一定のレバレッジを維持しています。

口座残高を一定額で維持することで業界最高水準の999倍のレバレッジをかけられるということを考えると、レバレッジに関してはBigBossが最も取引しやすい環境といえるのではないでしょうか。

以上の理由2つがレバレッジに制限がかかる理由です。BigBossでは一部商品と口座残高が一定額以上の場合に限り、999倍のレバレッジをかけることができません。回避方法としては、「レバレッジの規制がある一部商品で取引しない」「口座残高が一定額以上にならないよう管理する」の2つです。

BigBoss(ビッグボス)のレバレッジにおける注意点

BigBossで取引をする際に知っておいた方がいいレバレッジの注意点をいくつか紹介します。

BigBoss(ビッグボス)のレバレッジは取引量に応じて制限されることはない

BigBossでは、口座残高や一部の商品にはレバレッジに制限が設けられていると解説しました。しかし、取引の量で制限されることはありません。注文ロット数や証拠金の金額量などによってレバレッジが左右されることはないので、制限を気にせず取引を行えます。

BigBossでレバレッジに制限があるのは口座残高が一定額を超えた場合と一部商品の取引だけです。

BigBoss(ビッグボス)のレバレッジはEAを用いた自動売買でも制限されることはない

FXには自動売買ツールが存在します。EAとも呼ばれるこのツールは、名前の通り自動で売買してくれるというものです。取引に必要な設定をすることで、その設定に沿って自動で取引を行ってくれます。そのため、取引にあまり時間をかけられない方や、仕事中や睡眠中など取引をできない時間でも取引を可能とします。

EAには様々なメリットがあるので、利用者が多くいます。その反面、FX業者によってはEAの使用を制限している場合があるので注意が必要です。

BigBossではこのEAの使用は禁止されていません。また、EAを用いた自動売買を行っても、レバレッジに制限がかかることもありません。口座残高が一定額以上か、制限のかかる商品の取引でない限り、最大レバレッジ999倍で取引が可能です。

FOCREX口座のレバレッジは1倍

BigBossには3つの口座があります。FX、CFDトレード、仮想通貨の取引ができる「スタンダード口座」、FX、CFDトレードが可能な「プロスプレッド口座」、仮想通貨のみを扱っている「FOCREX口座」です。

これらの口座のうち、仮想通貨のみを取り扱っているFOCREX口座は残念ながら、最大レバレッジ1倍でしか取引できません。

最大レバレッジ999倍で取引を行えるのは、FOCREX口座以外のスタンダード口座とプロスプレッド口座のみです。これら2つの口座なら、最大レバレッジ999倍で取引できます。ただ、口座残高が一定額以上の場合と一部商品の取引はレバレッジに制限がかかるため、その点には注意しましょう。

BigBoss(ビッグボス)のレバレッジまとめ

ここでは、BigBossのレバレッジについて紹介しました。最大レバレッジ999倍という業界でも最高水準を誇る数値であることが大きな特徴です。さらに、そのハイレバレッジを活かせるような環境づくりがされているため、初心者、上級者を問わず使いやすい環境が用意されています。

ただ、口座残高が一定額を超える場合や一部の商品には999倍というレバレッジがかけられないように制限が設けられているため、その点には注意が必要です。

ABOUT US
海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら

『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』というベストセラー本の著者でもあり、ファイナンシャル・プランニング技能検定1級(日本FP協会認定国家資格)も保持しています。

著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXおすすめランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら