【2022年5月更新】海外FXでボーナスキャンペーン開催している業者一覧

SvoFXの評判は怪しい?利用者しか知らない生々しい評価を徹底解説!

SvoFXの評判

「SvoFXって本当に利用しても大丈夫?」「実際の利用者のリアルな評判が知りたい」と思っている方は多いでしょう。SvoFXに興味はあるものの、口座開設まであと一歩が踏みだせないという方もきっと多いはずです。

編集長オペラ

そこでこの記事では、編集長オペラが、SvoFXに利用価値はあるのか、実際の利用者のリアルな評判から徹底解説していきます。その結果、判明したメリット・デメリットについても詳しくご紹介します。

先に結論!SvoFXは利用してはいけない!!
  • 「SvoFXで出金拒否に遭った」「個人情報が無断で詐欺師や悪徳業者に共有されていた」という口コミがインターネット上で多数見受けられた。
    ※実際はトレーダーの側の規約違反や負けた腹いせで書き込んでいる可能性もあるが真実は不明
  • 利用者が疑問に思うことが多いSvoFXを、今の段階では無理して利用することもないので、編集長オペラ的にはしばらく様子見。
  • SvoFXよりも、安全性が高い&ハイスペックな環境で取引できる「iFOREX」が断然おすすめ!

SvoFXの運営会社における評判は?

まずはSvoFXがどのような業者なのか知るために、特徴や金融ライセンスの有無、利用者の資産保護の観点を紹介します。

SvoFXの運営情報

SvoFXはパナマに本社を置く海外FX業者で、取り扱っている銘柄の数は40種類以上、それらの銘柄に最大100倍のレバレッジをかけられるように設定されています。

取引に関しては、スキャルピングや両建てが可能となっており、自分のスタイルに合わせて変更が可能です。また、国内FX業者では導入されていないゼロカットシステムが導入されており、海外FX業者の強みもしっかりとあります。さらに、日本語にも対応しているため、英語などの海外言語に詳しくない方でも迷うことなく取引できる環境が整っています。

利用者にとってお得な入金ボーナスや取引ボーナスなど、一定の条件を達成するごとに貰えるボーナスキャンペーンが豊富というのも特徴的です。

以上がSvoFXの簡単な概要になります。ここまでの内容にはそこまで評判が悪くなるような内容はありません。ただ3点ほど引っ掛かる点があるのでそれを紹介します。

レバレッジが低い

国内FX業者とは違い海外FX業者はレバレッジが高いという特徴があります。国内FX業者でかけられるレバレッジが最大25倍なのに対し、海外FX業者は数百倍から数千倍という高さまで、各業者の好きなようにレバレッジを設定できるのが特徴的です。

SvoFXも国内FX業者にはない海外FX業者の強みを活かし、100倍のレバレッジをかけられるように設定されています。国内FX業者は最大25倍なので、4倍高い数値ということになります。ただ、100倍という数値は国内FX業者と比較すると高いものの、海外FX業者の中で比較するとかなり低い位置にある数値です。

業者によって差がありますが、海外FX業者では400倍から500倍が一般的とされているので、100倍という数字はかなり低水準だと分かります。

両建ての制限がない

SvoFXには両建ての制限がありません。両建てとは、同じ通貨ペアの買いポジションと売りポジションを同時に保有する取引手法を指し、上手く立ち回ることで利益につなげることができます。

基本的にこの両建てを禁止としている業者は少ないですが、両建ての中には禁止行為もあります。その禁止行為をSvoFXは制限していません。

SvoFXの場合は他の業者が禁止としている複数口座を利用した両建てや、他の業者の口座を利用した両建ても可能としています。つまり、他の業者が禁止としている行為を禁止とせず、両建てへの制限がない状態で運営しているという事です。

ボーナスが豊富

海外FX業者では国内FX業者よりもボーナスキャンペーンが豊富である傾向にあります。国内FX業者では基本新規口座開設時のボーナスキャンペーンが主で、それ以外のキャンペーンはほとんどありません。

反対に海外FX業者は様々なボーナスキャンペーンを開催しており、新規の利用者だけではなく、サービスの使用歴が長い利用者も参加できるキャンペーンの開催もしています。ただ、SvoFXのボーナスキャンペーンは多すぎるといっても過言ではないくらいボーナスキャンペーンがあります。

ボーナスキャンペーンは基本的に、新規の利用者を増やす狙いや既存の利用者に対する利用継続のお願い、利用者への感謝など、利用者の事を考えて行う場合と、利用者の事を考えつつ業者の利も考えている場合の2つがあります。

そのため、業者によってはボーナスキャンペーンが多くても不思議ではありません。ただ、ボーナスキャンペーンの量が多いならともかく、多すぎるというのは引っ掛かりを覚える点です。

SvoFXの金融ライセンスは?

次にSvoFXが所有している金融ライセンスを見ていきます。所有しているのは3つのライセンスです。

オーストラリア証券投資委員会

1つ目のライセンスはオーストラリア証券投資委員会です。正式名称を Australia Securities & Investment Commissionといい、略称をASICといいます。オーストラリア証券投資委員会というのは日本名です。

この業者は1998年にオーストラリア政府が主導し設立した業者で、国内の金融業者の監視のために設立されました。政府が主導し設立した業者だけあって、そのライセンスを取得するのはかなり難易度が高く設定されています。そのため、ASICを取得している業者はかなり信頼できる業者です。

ただ現在、SvoFXはこのライセンスを所有していない可能性があります。一度はASICを取得し所有していたものの2020年のある月で有効期限が切れ、その後再取得をしていないことが確認されています。

バヌアツ金融サービス委員会

2つ目はバヌアツ金融サービス委員会です。正式名称をVanuatu Financial Services Commissionといい、略称はVFSC、日本名はバヌアツ金融サービス委員会といいます。

1993年に設立された委員会で名前通り主に金融サービスを取り扱っている委員会です。このVFSCのライセンスは比較的取得しやすい傾向にあります。そのため、あまり信頼されているライセンスではありませんでした。

ただ、「ありませんでした」と言っているように現在は規制が強化され、同時にライセンスの取得難易度も上がりました。その結果、現在は信頼できるライセンスとなっています。

全米先物協会

3つ目は全米先物協会です。正式名称をNational Futures Associationといいます。略称はNFAで日本名は全米先物協会です。NFCは1981年に設立された協会で、商品先物取引委員会(CFTC)が行っていた業務を引き継ぎ、新たに設立されました。

基本的に前身のCFTCの業務や規制、ライセンス発行手続きを行っています。ライセンスの取得難易度は高めで、それに比例するように信頼性も高いです。

ただ、このNFAもASIC同様現在は所持していません。仮に有効期限が切れたのであれば再度、手続きを行うべきことをしていないのは怪しさがあります。

現時点では、なぜ2種のライセンスを所持しなくなったのかは明確にはわかっていません。単純にライセンス業者との方向性の問題などが原因で返上しただけなのか、何かやましいことがあり有効期限が切れた後も放置しているのか不明です。

ただ、所有している3種のうち2種のライセンスが有効期限切れというのは怪しさがあります

ユーザーの資産保護

次にユーザーの資産をしっかりと保護しているかどうか確認します。基本的に評価が高く信頼されている業者は、ユーザーから預かっている資産が0にならないよう対策をしています。

取引の仕方など、ユーザーのミスや立ち回りが原因で資産を失った場合は何の補填もありません。ただ、業者側に問題があった場合。例えば、経営を維持できず倒産せざるを得ない状態になってしまった場合や犯罪に巻き込まれた場合などに備え、資産の分別管理や信託保全を行っています。

この資産保護を行っているかどうか確認したところ。サイトには行っているという記載がありました。ただ、どの銀行を利用しているのか、どのような管理をしているのかは明かされておらず、その資産保護のやり方は完全に不透明です。

SvoFXの評判から分かったメリット

何やら怪しい気配のあるSvoFXですが、メリットは存在しています。ここからはどんなメリットがあるのか紹介します。

日本語サポートが丁寧と評判◎

SvoFXは日本語にも対応しています。英語などの海外言語に疎い人にとって日本語対応の海外FX業者というのはかなりありがたい存在です。

自分にとって慣れ親しんだ言語であるため、解釈の間違いなどが起こらず、正しい意思疎通ができます。

ゼロカットシステムを搭載

SvoFXにはゼロカットシステムが搭載されています。ゼロカットシステムは、ロスカットなどが間に合わず資金以上の損失が発生し資金がなくなってしまった場合でも、オーバーした分を業者側が肩代わりしてくれるというものです。

例えば10万円を使って取引をし、15万円の損失が発生したとします。通常であれば投資家が損失の5万円を追加で払わなければならず、資金が足りなければ借金となってしまいます。

しかし、ゼロカットシステムがあればオーバーした損失分を業者が代わりに負担してくれます。そのため、損失による大きな借金が発生するリスクを減らすことができ、利用者にとって大きなメリットとなるのです。

ソーシャルトレードができる

ソーシャルトレードは別名コピートレードとも呼ばれる取引手法で、実力派トレーダーの取引をそっくりそのまま自分に反映させるというものです。

トレーダーがリアルタイムで公開している取引手法や資金額など、取引にかかわる内容を真似しながら、同じタイミングで取引を行うことで、参考にしたトレーダーと同じ結果を自分にも反映させるという取引手法になります。参考にしたトレーダーがその取引で利益を出せば自分も利益が発生し、損失を出せば自分も損失が発生します。

トレーダーの実力に大きく左右される手法ではあるものの、実力のあるトレーダーを上手く見極められれば、少ない労力で多くの利益を出すことができるという特徴を持った取引手法です。

SvoFXはこのソーシャルトレードに対応しています。業者によっては対応していないこの手法を使えるのは大きなメリットです。

SvoFXの評判から分かったデメリット

ここまでSvoFXのメリットを紹介してきました。ここからはSvoFXのデメリットについてまとめていきます。

最大レバレッジが低い

SvoFXのデメリット1つ目は最大レバレッジが低いことです。SvoFXでかけられる最大レバレッジは100倍となっており、この数値は他の業者に比べ比較的低い数値になります。

国内FX業者よりも海外FX業者の方が優れているという点を挙げると、真っ先に挙がるのがレバレッジが高い点です。国内FX業者でかけられる最大レバレッジは25倍と決められているため、この数値以上のレバレッジはかけられません。反対に海外FX業者は基本的に最大レバレッジに上限がないので、自由に設定できます。

つまり、業者次第で100倍でも500倍でも自由に設定できるということです。そのため、多くの海外FX業者は400倍や500倍など国内では考えられない高さのレバレッジを設定しています。

ただ、SvoFXの最大は100倍です。国内FX業者の25倍と比較すると4倍なのでかなり高い部類ですが、海外FX業者の中だと低水準のレバレッジとなります。基本的には400倍や500倍をかけられるようにするのが一般的なので、海外FX業者の中だと100倍というのは低水準です。

スプレッドが広い

SvoFXのスプレッドは比較的広めの設定です。取引時の売値と買値の差の事を指すスプレッドは、狭ければ狭いほどメリットとなり、広ければ広いほどデメリットになります。

残念ながらSvoFXはこのスプレッドが広めです。ただ、常に一定のスプレッドではなくその時その時で数値が変わる変動制スプレッドを採用しています。そのため、スプレッドが狭いときもあります。

しかし、基本的に広めでたまに狭いときがある程度なので、メリットといえるほどのスプレッドではありません。

ロスカット水準が高め

ロスカットは、トレーダーが必要以上の損失を出さないように導入している機能で、口座残高が一定の金額を下回ると、強制的に取引を終了させる機能です。このロスカットの水準はその業者によって違い、高めだとあまりおすすめできません。

SvoFXのロスカット水準は80%で、この数値はかなり高めです。80%という数値は残高にある資金の80%。つまり8割以下の金額になったら強制ロスカットとなります。

強制という言葉が使われているように、80%を下回ると取引が強制的に終了です。仮に一時的に下回っているだけですぐに上昇する場合だとしても、80%を下回っているのなら強制ロスカットとなります。

そのため、限られた範囲で利益を出せるように立ち回らなければなりません。初心者にこの高さでうまく立ち回るのは不可能に近く、熟練者であってもかなり難しいため、大きなデメリットといえます。

出金方法が国内銀行のみ

SvoFXは出金方法が国内銀行しかありません。通常、銀行だけでなくクレジットカードなどでも出金できるので、主にそれらで出金している方には不便に感じられます。

最低出金額が約10,000円

出金方法が国内銀行のみと限られているだけではなく、出金額も最低100ドルでなければなりません。100ドルは日本円にして約10,000円なので、最低10,000円からでないと出金できないということです。

さらに、出金の手続きをしたからといってすぐに振り込まれるわけではありません。手続きには5日から10日ほどかかるのです。

出金方法が国内銀行のみ、出金可能額は最低約10,000円から、出金の手続きには5日から10日ほどかかる。SvoFXの出金はかなり低いレベルにあるといわざるを得ません。

SvoFXは詐欺?利用者の評判を徹底解明

あまり良い評判がなく、デメリットの方が多いとされているSvoFXですが、実際のところ、詐欺を行っている悪徳業者なのでしょうか。その点を利用者の声を交え、紹介します。

出金拒否に遭ったという口コミも存在する

実際にSvoFXを利用している方の中には出金ができなくなったという声もあります。ただ、SvoFXは利用規約に3つの出金拒否の対応をする規約を記載しています。

以下がSvoFXが定める出金拒否となる要因です。これらに該当する場合は出金ができません。

対象外のプロバイダーと合意していた場合

SvoFXでは他のサービスプロバイダーと合意することを認めています。ただ、認めているのは対象内のプロバイダーであって、対象外のプロバイダーとの合意は認めていません。

仮に対象外のサービスプロバイダーと合意をした場合、アクセス禁止やサービスの利用を禁止する措置を取るとしています。

対象外のプロバイダーとの合意があることを確認でき次第、一定の制限に従うよう連絡を取り、その制限に従う場合は、ひとまずアクセス禁止等の措置は取りやめるとのことです。ただ、従わない場合は、上記のような措置を取るとしています。

名前が一致しない場合

登録した際の名前と銀行の名義人の名前が違う場合、出金拒否を行うとしています。つまり、登録した際の名前と銀行の登録した名前が一致していることが、出金の条件になるという事です。

銀行通帳だけ他人のものを借りるというのもできないと考えられます。

不可抗力の事態が発生した場合

不可抗力の事態、自然災害や異常気象、テロ行為などやむを得ず出金の対応を取れない場合に、出金拒否となるとしています。

ただ、損失等の責任を一切負わないともしているので、利用には注意が必要です。場合によっては口座内の資金全てがなくなる可能性があります。

以上3点が出金拒否となる理由となります。利用規約違反や個人のミス、不可抗力の事態が出金拒否の対応を取る原因です。

これらの理由による出金拒否は正当なものとなります。ただ利用者の口コミには、これらの要因がないのに、出金拒否をされたという声も存在しました。

個人情報を共有され詐欺の案内が頻繁に来るようになった

SvoFXで口座登録をした結果、個人情報を共有され詐欺の案内が来るようになったという口コミもありました。

仮に事実だとしたらかなり悪質なことをやっていることになります。基本的にFXなどの取引を行うには、国内外を問わずFX業者に名前や連絡先などの個人情報を提出しなければなりません。これが事実であれば、SvoFXはこの個人情報を悪質な人間や業者と共有している可能性があるということになります。

名前や電話番号などを悪用し、詐欺のターゲットにしたり、勝手にサイトに登録したりと使い方はいろいろとあります。仮に口コミが本当なら、個人情報をどのように扱われるのか分からないため、個人情報の提供はかなり危険な行為だと考えられます。

口座開設ボーナスが付与されなかった

さまざまなFX業者が行なっているキャンペーンに口座開設ボーナスというものがあります。これは名前通りのキャンペーンで、口座を開設するとボーナスがもらえるというものですが、このボーナスがもらえなかったという口コミもあります。

業者がキャンペーンを開催しているのにもかかわらず、口座を開設してもボーナスが付与されなかったというものです。

これが事実なら口座開設時のボーナスは嘘で、口座を開設させることが目的だった可能性があります。ボーナスが何もない業者とボーナスのある業者なら、多くの人間が後者を選ぶと思います。

その心理を利用してボーナスを付与すると嘘をつき、人を集め登録させて目的を達成することが目的なのかもしれません。目的は口座開設手続きで得られる個人情報などを集めることである可能性が高いです。

スプレッドが広すぎる

SvoFXのスプレッドは広すぎるという口コミもあります。これに関しては事実です。かなり広い設定となっています。

スプレッドが広いとその分利益が減ってしまうので、出来るだけスプレッドが狭い業者を利用するのが一般的です。SvoFXは広すぎるといわれるほど業界の中でも広めの設定となっているので、利用にはあまりおすすめできません。

着金確認ができた

着金確認できたという口コミもあります。悪い評判、口コミが多いSvoFXですが、なかには出金できた人がいることがわかりました。

以上、SvoFX利用者の口コミになります。全体的に悪い口コミの方が多く、良い口コミは少ないです。他にも、執拗に入金するよう言われた。音信不通となった。追加の入金をお願いされた等の口コミも見られました。

編集長オペラはSvoFXを利用していませんし、トレーダーの側の規約違反の可能性もあるので真実は分かりませんが、このような書き込みが多数存在するのも事実です。利用者が不思議に思う点が多いため、今の段階では無理して利用しないことをおすすめします!SvoFXよりも、安全性が高い&ハイスペックな環境で取引できる、「iFOREX」が断然おすすめです!

iFOREXは創業25年以上という海外FX業界No.1の歴史を持ち、受賞歴も豊富な海外FX業者です。海外FX業界で25年以上も運営しているということは、それだけ安全性が高いということでもあります。なぜならば、詐欺業者や悪徳業者が25年以上も運営し続けることはできないからです。

実際に、編集長オペラもiFOREXを長年愛用していますが、出金拒否をされたことは一度もありませんし、他のトレーダーから「iFOREXで出金拒否に遭った」という噂を聞いたことも一切ありません。

スペックも非常に高く、低スプレッド&高約定力&ハイレバレッジ&豪華なボーナスキャンペーンなどといったハイスペックな環境で取引をすることができます。

当サイト経由限定 【iFOREX×海外FXバンク】2022年5月限定タイアップキャンペーン開催中!!

◆キャンペーン1・・・新規口座開設ボーナスキャンペーン4,000円相当

当サイト経由でiFOREXに新規口座開設された方を対象に、口座開設ボーナス30ドル(4,000円相当)をプレゼントしています。(※iFOREXは基本的に口座開設ボーナスを提供していないので、他社で口座開設した場合ボーナスはもらえません。)

2022年5月23日(月)23時59分までの期間限定のキャンペーンとなっているため、まだ口座をお持ちでない方は今のうちに口座開設するとお得に取引を始められます。

◆キャンペーン2・・・初回100%+25%入金ボーナスキャンペーン(激アツ)

現在期間限定で1,000ドル(日本円で約14万円)までの初回入金額に対して入金100%ボーナスを、1,000ドルを超える金額に対しても25%のボーナスがもらえる激アツなキャンペーンを開催しています!つまり、14万円入金したらそのまま14万円がもらえるため、合計28万円から取引をスタートできるのです。

初回入金ボーナスは最初の一回きりしかもらえない特別なボーナスとなっているため、最低でも初回に1,000ドル入金することをおすすめします。口座残高が1,000ドル以上あれば、毎月年利3%の利息キャッシュバックももらえるので一石二鳥です!資金を倍にできる今が大大大チャンスです!

SvoFXの評判まとめ

ここでは、SvoFXという海外FX業者について紹介しました。悪い評判が多く、詐欺や悪徳業者ではないかという口コミが多く存在しています。編集長オペラはSvoFXを利用していませんし、トレーダーの側の規約違反の可能性もあるので真実は分かりませんが、このような書き込みが多数存在するのも事実です。

利用者が疑問に思う点が多いため、今の段階では無理して利用しないことをおすすめします!SvoFXよりも、安全性が高い&ハイスペックな環境で取引できる、「iFOREX」が断然おすすめです!

ABOUT US
海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら

『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』というベストセラー本の著者でもあり、ファイナンシャル・プランニング技能検定1級(日本FP協会認定国家資格)も保持しています。

著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXおすすめランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら