iFOREXでスキャルピングは禁止なの?その理由とおすすめの業者を徹底解説

iFOREXは業界の中でも「かなりスプレッドが狭い」で有名な海外FX業者です。

  • iFOREXでスキャルピングは禁止なの?
  • iFOREXでのスキャルピングのやり方が知りたい!

そんなiFOREXに対してこのように思われている方も多くいらっしゃるでしょう。スキャルピングを行う場合、スプレッドがより狭い業者を利用したいものですよね。

iFOREXではスプレッドが狭いことに加え、最大レバレッジ400倍で取引できるので、短期間で大きな利益を狙いやすい取引環境がそろっています。

しかし結論から言うと、iFOREXはスキャルピングを禁止しています。

この記事では海外FX歴10年以上の管理人オペラが、禁止の理由とスキャルピングが可能なおすすめの業者を徹底解説していきます。

この記事をご覧になることで、スキャルピングに有利な業者を知ることができるので、さらなる利益を伸ばすことができるでしょう。

まずiFOREXの評判について知っておきたいという方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

iFOREXの評判や口コミを徹底調査!4個のデメリット・13個のメリットを公開

iFOREXはスキャルピングを禁止している!

iFOREXではスキャルピングを禁止しています。

実際に、iFOREXの取引規約にもスキャルピングを禁止する旨の記載がありました。

お客様は、市場濫用と定義される方法またはその他の不正な方法で取引プラットフォームを使用したり、注文をしたり、取引を開始したりしないことに、同意します。これには時間差取引やサーバーの遅延の利用、価格操作、時間操作、スキャルピング、他のすべての不法行為、お客様に不当な利益をもたらす行為、もしくは当社が本契約の範囲外で独自の裁量により不適切、もしくは不公正とみなした行為が含まれます。さらに、当社やそのサービスおよび特典を操作または乱用する目的で、別の口座との間で、または当社に関連する異なる名義の口座との間で、あるいは他社との間で、同じ銘柄または同様の銘柄のロングおよびショートポジションを同時に保有する行為もここに含まれます。

iFOREXの取引規約から引用 7.1.14

ここからはiFOREXのスキャルピングの定義について解説していきます。

iFOREX スキャルピングの定義

スキャルピングとは、本来5分以下の短時間で小さい利益を積み重ねていく手法になります。つまり、ポジションを保有してから決済までのスピードがかなり早い取引のことをいいます。

しかしiFOREXのスキャルピングの定義は、1日10回以上の取引をすることです。

iFOREXでは1日10回以上の取引をした場合はスキャルピングとみなされてしまうので、警告もしくは口座凍結などのペナルティの対象となります。

仮にスキャルピングのつもりがなくても10回を超えてしまった場合も、ペナルティの対象となるので注意してください。

逆に10回以内に短期売買であれば、スキャルピングとはならないです。

そのため、1日10回以内の短期売買しかやらないという方はiFOREXをご利用いただけます。

iFOREXの口座開設方法について詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

iFOREXの口座開設方法や本人確認書類を高画質画像付きで徹底解説!【2021年最新版】

iFOREX スキャルピング禁止の理由

iFOREXがスキャルピングを禁止しているのには理由があります。

それは、iFOREXがDD方式を採用している業者だからです。

DD方式とはインターバンク(為替市場)とトレーダーの間に、ディーラーが介入することをさします。

つまり、注文に対して仲介者が介入してくるので、常に取引を監視されている状況になります。

そのためあなたが取引する度に、ディーラーがその都度注文を確認しているので、あまりにも取引の数が多いと成り立たなくなくなってしまいます。よって、10回以上の取引を禁止しているというわけです。

ちなみにディーラーに取引を監視されているので、iFOREXで定めている禁止行為を破れば、すぐにバレます。10回以上の取引は絶対にしないようにしましょう。

スキャルピングを行うのであれば、DD方式ではなく、NDD方式を採用している業者がいいでしょう。

NDD方式では、取引にディーラーが介入してこないので透明性の高い取引をすることができます。

スキャルピングが可能なおすすめの業者

スキャルピングが可能なおすすめの業者はAXIORYです。

AXIORYはスプレッドが非常に狭く、スペックはiFOREXとほとんど変わりませんがNDD方式を採用している業者になります。

そんなAXIORYのスキャルピングについて詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

AXIORY(アキシオリー)のスキャルピング

AXIORY(アキシオリー)はスキャルピングと相性抜群!その5つの理由と注意点を徹底解説

またiFOREXではスキャルピングの他にも自動売買を利用したトレードも禁止していますが、AXIORYではどちらも可能です。

そこで、AXIORYのECN口座のスプレッドや実質スプレッドを競合他社と比較してみました。

通貨ペアiForexAXIORYXM
USD/JPY
(ドル円)
0.7pips1.0pips
(0.4pips)
1.1pips
(0.1pips)
EUR/JPY
(ユーロ円)
1.2pips1.5pips
(0.9pips)
1.6pips
(0.6pips)
GBPJPY
(ポンド円)
2.3pips2.3pips
(1.7pips)
2.1pips
(1.1pips)
AUD/JPY
(オージー円)
3.0pips 1.50pips
(0.90pips)
2.0pips
(1.0pips)

※最も狭いスプレッドを赤い文字で表しています。
※iFOREXには手数料はありませんが、競合他社では手数料も取られてしまうのでカッコ内に取引手数料込の実質スプレッドを表してみました。

このように、AXIORYの実質スプレッドは狭いことがわかります。そのため、AXIORYを利用することで取引する度にかかってしまうコストを節約することができるでしょう。

まとめ

iFOREXではスキャルピングを禁止しています。しかし、1日10回までならスキャルピングとみなされないので、短期売買を行うことが可能です。

iFOREXでは現在期間限定で、入金125%ボーナスキャンペーンを開催しています。この機会にiFOREXのボーナスを活用した短期売買をしてみてはいかがでしょうか。

iFOREXのボーナスについて詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

iFOREXのボーナスを徹底解説!100%入金ボーナスと年利3%キャッシュバックキャンペーンまとめ

しかし1日10回以上のスキャルピングを行いたい方は、AXIORYの利用をおすすめします。AXIORYはiFOREXと同等のスペックを持ち、安全性もとても高いので非常におすすめの業者です。

スキャルピングは取引回数が多いので、スプレッドなどのコストがどうしてもかさんでしまいます。取引コストが安いAXIORYを利用することで、他の業者よりも有利にスキャルピングを行うことができるでしょう。

この海外FX記事の執筆者プロフィール

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。

海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた人のプロフィールはこちら