【2022年1月更新】海外FXでボーナスキャンペーン開催している業者一覧

SDGsへの取り組み

SDGsの取り組み

海外FXバンクが運営するウェブサイトは、クライアントの生産性・雇用機会に影響を与えることはもちろん、消費者にも大きな影響を与えます。そのため、海外FXバンクでは発信するすべての情報に責任を持ち、ユーザーに貢献することを約束します。SDGsプロジェクトを通して、持続可能な社会の実現を目指しています。

海外FXバンクのSDGsへの取り組み

そもそもSDGs(持続可能な開発目標)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

外務省のホームページから引用

ここからは、海外FXバンクが取り組んでいるSDGs(持続可能な開発目標)についてご紹介していきます。

文部科学省策定「学校と地域でつくる学びの未来」の認定企業として、質の高い情報を発信

質の高い情報をユーザーに発信する

海外FXに関するメディアは数えきれないほどございます。しかし、中には間違った情報を発信するメディアも数多く存在します。

そのため、海外FXバンクでは元大手金融機関勤務のファイナンシャル・プランニング技能検定1級(日本FP協会認定国家資格)を持つ編集長が、ユーザーに有益な情報かつ正確な情報を発信し続けることによって質の高い情報を提供しています。

さらに、海外FXバンクは、文部科学省策定「学校と地域でつくる学びの未来」に登録されており、土曜学習応援団として小学生6年生・中学生・高校生を対象にお金の授業を行っています

文部科学省策定「学校と地域でつくる学びの未来」

子供のマネー教育が遅れているといわれる日本人の教育を変えるべく、子供の金融リテラシー向上を目指して、ボードゲームを通じたお金の授業をしています。

従業員の健康の推進・働きやすい環境づくりを目指す

従業員の健康の推進・働きやすい環境づくりを目指す

従業員の健康を守るべく、肝炎検査などの健診を推奨しています。また、専属保健師から定期的に助言をいただいており、従業員一人一人の活力増進に対する意識の向上に努めています。

その他にも、タバコを吸わない従業員に対しては禁煙手当として月1万円を支給したり、福利厚生としてスポーツジムの会費を全額会社で負担したりするなど、あらゆる角度から従業員が健康的な生活を送れるよう徹底的にサポートしています。

さらに、海外FXバンクでは東京都産業労働局が推奨する「テレワーク東京ルール」にて実践企業宣言をしています

東京都産業労働局の「テレワーク東京ルール」のホームページ

テレワークの導入=通勤時間の削減となるので、その分有意義な時間を確保することができます。このように、テレワークを通じて、ワークライフバランスの実現を目指しています。

厚生労働省策定「女性の促進推進企業」の認定企業として、性別にこだわらない積極雇用を実現

厚生労働省策定「女性の促進推進企業」の認定企業として、性別にこだわらない積極雇用を実現

海外FXバンクは厚生労働省の「女性の活躍推進企業」にも登録されており、性別にこだわらない採用を実現しています。そのため、海外FXバンクの女性従業員の割合は正社員の75%を占めています。

厚生労働省の「女性の活躍推進企業」のホームページ

また、性別に関係なく、勤務時間短縮・介護休業などの制度の周知を行うことで、積極的な子育て・介護への参加も応援しています。

環境省策定「Fun to Share」の賛同企業として、省エネ活動・省資源への徹底を心がける

環境省策定「Fun to Share」の賛同企業として、省エネ活動・省資源への徹底を心がける

海外FXバンクは、環境省策定「Fun to Share」の賛同企業として登録されています。

環境省策定「Fun to Share」のホームページ

環境省のガイドラインに基づき、「一般廃棄物の削減」「ペーパレス化あっせん活動」「電力の二酸化炭素排出量削減」「水使用量の削減」「残業時間削減」などすべての目標値をクリアしています

具体的な取り組みとしては、「ウォーターサーバー導入によるペットボトルの削減」「書類をオンライン化して紙の節約を実現」「エアコンの温度を夏は28度、冬は20度に設定」「LED照明器具の使用」「事務所不在時の電気の消灯」「Web会議/テレワークの実施」などを実施することによって、省エネ活動・省資源への徹底を心がけています。

また、海外FXバンクではCSR活動で砂浜清掃も行っています。砂浜清掃を行うことで、海の豊かさを守っており、日本財団策定「海と日本PROJECT」にも登録されています。

日本財団策定「海と日本PROJECT」のホームページ

農林水産省策定「食べて応援しよう!」の賛同企業として、被災地を応援

農林水産省策定「食べて応援しよう!」の賛同企業として、被災地を応援

現在でも被災地の食品に対する風評被害はございます。海外FXバンクでは、このような不平等はあってはならないと考えています。

そこで、海外FXバンクでは農林水産省策定「食べて応援しよう!」の賛同企業として、定期的に「被災地産の食材を食べて応援しよう!」企画を実施しています

農林水産省策定「食べて応援しよう!」のホームページ

被災地産食品を積極的に消費することによって、被災地の復興を応援しています。