小売売上高とは?FXにおける小売売上高の影響度・チャートの値動きを解説!

小売売上高とは?

小売売上高とは、小売業・サービス業の売上高を集計したものです。これは百貨店や総合スーパーの売り上げのサンプル調査を基にして、毎月第2週に前月分が発表されます。国内の個人消費の動向を表すものなので、たとえばアメリカの場合は個人消費がGDPの約7割を占めることから他の先進国よりも高い傾向になります。

個人消費の動向は景気全体にも影響を大きく与える為、注目度の高い指標としてこの小売売上高は見られています。

またこの売上高としての割合が最も多いものとして「自動車及び同部品」という部門があります。これは販売店のなかでもセールなどの景気と直接の関係がない要因による月ごとのブレが大きとされ、この自動車に関連する項目を除いたコア部分の注目度が高いです。

またこの数値は季節調整がされての発表になります。この数値は、当該月末から約2週間という速さで発表されるため、非常にタイムリーな指標です。また修正も約2か月後に行われるため、比較的タイムリーに現状を把握できる指標だといえるでしょう。

重視するにはうってつけの指標ではありますが、デメリットもあります。そのひとつに、修正が大きい場合があること、サンプルの数が少ないことが挙げられます。また、月ごとの変動が激しいため、トレンドを見極めるのが難しいと言われています。

また、これは小売業の売上高の数値なので、サービス業は除外されているという点も気をつけなければなりません。

このアメリカの小売売上高の発表は、米国夏時間で日本時間午後9時半、冬時間で午後10時半に発表がされます。

FXにおける小売売上高の影響度・チャートの値動き

小売売上高は個人消費のトレンドの把握だけでなく、景気の良し悪しの判断材料にもなります。それにより、ドルの売買にもつながる資料になるため注目される経済指標です

この小売売上高の数値は、実際の数値も重要ですがなにより予測値が重要になります。予測よりも実際の数値が上回ったか、それとも下回ったかによって相場の動きが変わってきます。

たとえば、小売売上高が予測値を上回った場合は景気が回復傾向にあると推察されドル買いに、反対に小売売上高が予測値よりも下回った場合は景気が停滞傾向になっていると判断されドルが売られる状況になります。

また年末のクリスマス商戦では特に1年の結果を確認する判断材料として注目されるため、そのクリスマス商戦の結果が反映される1月の発表は特に注目が集まります。

また現状として、近年では日本の小売は外資系オンラインショップによって経営が厳しくなっています。スマートフォンの普及によって大衆のネット小売店の利用が増え、日本の小売に影響を与えているのです。また貧富の差の拡大により、消費活動の二分がみられるため、単一の指標では測りきれなくなっているのも現状の問題として取り上げられています。しかしこの指標の伸びは日本円にプラスの影響を与えるため、注視すべき指標ではあります。

まとめ

このように、小売売上高はその国の個人消費の動向を知るうえで重要になる指標です。個人消費はアメリカがGDPの約70%を占めることから、アメリカの小売売上高を注視するのが良いでしょう。

この小売売上高の算出は、百貨店やスーパーマーケットやコンビニをはじめとした小売業者の売上額をまとめてだされた数字になります

振れ幅が大きいため指標を見るときは注意が必要になります。

また、アメリカの小売売上高の結果は、GDP概算の資料になったり、米労働省統計局による生産者物価指数データなど、官民問わず広く利用されています。

個人消費の動向を知れるだけでなく、結果によってドルの売買にも大きく影響し、GDPにも影響してくることから注視すべき指標であると言えるでしょう。

この海外FX記事の執筆者プロフィール

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。

海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた人のプロフィールはこちら