【2021年9月更新】海外FXでボーナスキャンペーン開催している業者一覧

MYFXMarketsの評判や口コミは?利用者の多くが号泣した理由!【2021年最新版】

MYFXMarketsは、2013年に設立された、FXをメインで取り扱っている業者ですが、評判や口コミなどが少ないため、まだ日本人投資家からの知名度が低い海外FX業者といえます。そのため、口座開設しようかどうか悩んでいるという方も多くいらっしゃるでしょう。

今この記事を呼んでいるあなたも、実際の利用者だからこそ知るMYFXMarketsのリアルな評判について知りたいと思っているはずです。

そこでこの記事では、ネット上から拾い集めたMYFXMarketsユーザーの評判や口コミをまとめてみました。その結果判明したメリット・デメリットもあわせてご紹介しております。

何も知らずに、いざMYFXMarketsを利用して過去の先人達のように号泣することがないよう、MYFXMarketsの実態を暴いていきたいと思います。MYFXMarketsの口座開設、トレードに関心のある方は参考にしてみてください。

それでは、評判や口コミが気になるところですが、まずはMYFXMarketsの会社概要からみていきましょう。

MYFXMarketsの会社概要

MYFXMarketsは、オーストラリア最大のFX業者*1Axitraderの*2ホワイトラベル取得済みの海外FX業者です。MYFXMarkets自身はセントビンセント・グレナディーン金融庁でライセンス登録してます。

  • *1Axitraderとは
    オーストラリア最大のFX業者(日本でいうとGMOクリック証券)で申請から許可まで5~6 年かかり、審査が厳しいとされるオーストラリア証券投資委員会(ASIC)でライセンス登録済みで透明性の高さを誇ります。またベストMT4ブローカー、ベストMT4プロバイダーを受賞するなど、業界に認められています。
  • *2ホワイトラベルとは
    システムを借りて、独自のブランド名でFX会社を運営していることです。

また、MYFXMarketsはお問い合わせ方法が豊富です。日本語と英語、中国語の3ヶ国語に対応しており、電話、チャット、メール、Lineの各種でお問い合わせが可能です。日本語で問い合わせができるため、困った時も問い合わせが気軽にできます。

その他にも、MYFXMarketsは約定力が高いです。MYFXMarketsのサーバーは、ニューヨーク・東京を始め世界各地にデーターセンターを配置されており、高速で安定した取引環境が用意されてます。

その理由は、GoogleやAmazonなどのネットワークを構築している世界でも有名なデータセンターのエクイニクス社のデータベースの中に取引サーバーを設置しているからです。サーバーのスぺックや設置場所によって、約定力の高さが変わるため、サーバーのスぺックが高いと、大量の注文を瞬時に処理でき、設置場所によって通信の遅延が起こりづらく、高速な約定力を可能にしてます。

MYFXMarketsのメリット【5個】

それでは、MYFXMarketsの評判や口コミからわかったメリットについて解説していきます。

FX商品、CFD、コモディティに加えて仮想通貨も取引可能【評判○】

海外FX業者は、FX商品、CFD、コモディティが取引可能な業者多いですが、MYFXMarketsは仮想通貨まで取引可能です。取扱通貨はビットコイン、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップル、イーサリアムの人気5銘柄です。レバレッジは、最大5倍となります。FXと同様にMT4(FX専用ツール)を使った取引が可能です。

仮想通貨以外で入金した場合、仮想通貨の取引は差金決済取引になり、仮想通貨の売買を行っているという事ではなく、仮想通貨のプライスの変動による取引のため、仮想通貨を出金することはできません。

入金方法が国内銀行、海外銀行、bitwalletなど多種多様【評判○】

MYFXMarketsの入金方法は、 クレジットカード・デビットカード(VISA/MasterCard) 国内銀行送金 海外銀行送金 bitwallet(ビットウォレット)の4種類です。入金可能通貨はUSドル、円、オーストラリアドルと仮想通貨のビットコインになります。外貨預金などから運用資金に変えたい方、銀行口座ではなく、クレジットカードを利用し入金したい方など、入金方法が幅広く選択できることも魅力です。

LINEで問い合わせできて返信が早い【評判○】

海外FX業者の問い合わせは、ほとんどメールによるもので、レスポンスが遅い、英語での問い合わせが必要だったりします。そういった業者が多い中で、MYFXMarketsにLINEアカウントがあることがとても珍しいです。

LINEアカウントに平日の夜、平日朝に質問をしたところ、比較的早いレスポンスで、回答が返ってきました。カスタマーサポートの営業時間は平日の6〜15時となっており、営業時間であれば、早く回答がいただけます。仕事やプライベートでも使用しているLINEで簡単に問い合わせできるのはとても楽です!

スプレッドが狭い【評判○】

MYFXMarketsはスプレッドがとても狭いです。為替取引はスプレッド差(売値と買値の価格差)があります。そのスプレッド差が狭ければ狭いほど利益が取れる可能性が高いです。

特に、スキャルピングなどの短期売買を専門に取引する方におすすめです。口座の種類が2種類スタンダード口座とプロ口座があり、スプレッド差が狭いのはプロ口座になります。

MYFXMarketsはオーストラリアドルのスプレッドが特に狭いです。国内FX業者のオーストラリアドルのスプレッドは概ね0.7pipsですが、MYFXMarketsは概ね0.5pipsで取引できます。

ロスカット水準が証拠金維持率20%【評判○】

ロスカット水準が証拠金維持率20%になります。証拠金維持率について説明します。証拠金維持率は有効証拠金と必要証拠金×100倍で計算可能です。

証拠金維持率20%のメリットは、ある相場で価格が急落し証拠金の維持率50%まで低下した場合でも、ポジションが保有したまま急な価格変動の相場を回避できるため、政治的イベントの乱高下の中でもポジションを取ることができます。保有中のポジションが強制的に決済されるロスカットは、極力回避したいものです。

MYFXMarketsのデメリット【6個】

それでは、MYFXMarketsのデメリットを発表していきたいと思います。

倒産時、資産が保証されない【評判△】

MYFXMarketsは分別管理と呼ばれる口座管理方法を採用してます。分別管理とは、会社の資金と顧客の資金を分別して管理することをいいます。資産は分別管理されてますが、信託保全はありません。*3信託保全がないためMYFXMarketsが破産、倒産した場合、預けている資産が返還されない可能性が高くなります

また、ライセンス登録されているセントビンセントおよびグレナディーン諸島の現地の情報は日本で報道されることはほぼありません。そのため、現地で問題が発生した場合、情報収集に時間がかかり、対応が遅くなることが想像できます。日本国内でも有名な取引業者ではありません。また、日本ユーザー数の少なさなどにより、対応されない可能性も高いです。

*3信託保全とは
私たちが預けている証拠金と、 FX業者の固有資産を明確に区分して管理することを、信託保全といいます。信託保全により、万が一FX業者が破綻した場合でも、私たちが預けている証拠金(資産)の全額もしくは一部が返還されます。

ゼロカットのためには追加入金が必要【評判×】

MYFXMarketsはゼロカットを採用してます。ゼロカットは取引ポジションがマイナスになり、口座資金がマイナスになった場合、その損失分を業者が負担して口座残高をゼロにリセットしてくれます。

「追証がない」、「借金にならない」といったメリットですが、MYFXMarketsではそのゼロカットが自動に適用されるわけではありません。一度サポートに連絡してから入金が必要になります。サポートから指定された一定金額を入金完了後、マイナス残高がゼロにリセットされる流れです。気持ちが先走り、サポートデスクへ連絡する前に入金を行うと、マイナス分との相殺になるため、ゼロカットが適用されないため注意が必要です。

金融ライセンスが金融庁が特別の注意を払うべき取引国に該当【評判×】

前述した、セントビンセント・グレナディーン金融庁があるセントビンセントおよびグレナディーン諸島は、「特別の注意を払うべき取引国」に指定されております。金融庁が公表しており、注意が必要です。

FATF(Financial Action Task Force on Money Laundering:金融活動作業部会)は本年6月に15ヶ国・地域を資金洗浄対策に非協力的な国・地域(「非協力国」)として認定・公表している

クック諸島、エジプト・アラブ共和国、グアテマラ共和国、グレナダ、インドネシア共和国、ミャンマー連邦、ナウル共和国、ナイジェリア連邦共和国、フィリピン共和国、セントビンセントおよびグレナディーン諸島、ウクライナ

金融庁のホームページから引用

また、金融庁が発表している無登録で金融商品取引業を行っている業者として、金融庁(財務局)が警告書の中に掲載されてます

海外FX業者の中でレバレッジが低い【評判△】

MYFXMarketsのFXのレバレッジが400倍、仮想通貨のレバレッジが5倍と公式サイトに表記されてます。国内FX業者よりも高いレバレッジを誇っていますが、海外FX業者の中では低いです。他の海外FX業者はレバレッジが500〜1000倍です。他の海外FX業者の方が、高いレバレッジで取引ができます。

また、MYFXMarketsに確認したところ、スタンダード口座に初回最低入金金額の$200(2万円)を入金した場合、レバレッジは100倍、ロッド数は0.01となります。

キャンペーン・ボーナス等は期待できない【評判△】

FX業者で定番となっているキャンペーン、ボーナスが全くありません。口座開設ボーナス、入金ボーナス、友達紹介ボーナスなどを活用して小額資産でも始められる業者が多いですが、MYFXMarketsは公式サイトを含めSNSでもキャンペーンがありません。

キャンペーンがない上に出金手数料がユーザー負担です。銀行送金は出金手数料は1件につき$25(2000円)になります。しかし、入金したクレジットカード、Bitwallet口座への出金手数料は無料となっております。

出金拒否の被害が報告されている【評判×】

MYFXMarketsの最大のデメリットは、出金拒否の被害が報告されていることです。過去13名の方から、出金拒否の被害が報告されてます。総額1億1481万5544円が出金できず、返金請求を行なっています。

せっかく利益がでても出金できなければ意味がありません。出金拒否の結果、泣き寝入りした人も多く存在します。出金拒否があるMYFXMarketsは、利用価値がないFX業者といえるでしょう

MYFXMarketsを実際に使ったユーザーの口コミ・評判

MYFXMarketsの口コミでは、利益や使い勝手のツイートを上げてるユーザーがおらず、実際の使い勝手がいいなどの判断がつきません。それに加えて、出金のトラブル対応などは2019年以前のものが多いため、日本国内のユーザー数は少ないと想定されます

今回、参考にしたMYFXMarketsを実際に使ったユーザーの口コミの一部は以下の通りです。

MYFXMarketsの良い口コミ・評判

オペラ

スプレッドは狭く、約定力も高いみたいですね。

MYFXMarketsの悪い口コミ・評判

オペラ

システムエラーがおこることもあるようですね。サポートも評判悪いですね。

まとめ| MYFXMarketは安全性、透明性が低いためあまり信頼できない

MYFXMarketsは仮想通貨の取引、LINEの対応が早いなど海外FX業者には珍しい特徴があります。しかし、破産時の資産が保証されない、出金のトラブルが発生する可能性がある、取引ユーザーが少ないため透明性が低いなど、デメリットであげた項目に留意しておく必要があります。そのため、MYFXMarketはおすすめできません

初めて海外FX業者を利用する方は、口座開設ボーナスなどがあり、口コミや利用者が多く取引のトラブル対応も早い、評判の良い、他の業者をおすすめします。

この海外FX記事の執筆者プロフィール

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら

『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』というベストセラー本の著者でもあり、ファイナンシャル・プランニング技能検定1級(日本FP協会認定国家資格)も保持しています。

著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXおすすめランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら