【2022年12月更新】海外FXでボーナスキャンペーン開催している業者一覧

AximTradeの評判・口コミを徹底解明!実際の利用者に独自アンケートを実施しました

AximTradeの評判・口コミ

2010年に設立されたAximTradeは、豊富な取り扱い銘柄やお得なボーナス、無制限のレバレッジ、ロスカット水準0%など、中級者以上のトレーダーから口コミ・評判の良い海外FX業者です。

日本語サポートに対応していないので、英語が苦手な方やFX自体が初めてという初心者の方には敷居が高いかもしれませんが、無制限レバレッジやロスカット水準0%は非常に魅力的です。

そこでこの記事では、AximTradeとはどんな海外FX業者なのか、そして口コミ・評判から判明したメリット・デメリット、取引スペックなどについて詳しく解説していきます。国内FX業者のように追証による借金の心配はありませんので、超ハイレバレッジで大きな取引をしたい方も是非参考にしてみてください。

目次

AximTradeとは?信頼性&安全性を調査

運営会社Thara Heights Owner’s Corporation
所在地Quastisky Building, PO Box 4389, Road Town Tortola, British Virgin Island.F20
ライセンス英国領ヴァージン諸島
設立2010年
取引ツールMT4
ボーナスキャンペーン口座開設ボーナス
入金ボーナス
最大レバレッジ無制限
取扱銘柄・FX(為替)
・貴金属
・エネルギー
・株式
・株価指数
・仮想通貨

AximTradeは、2010年に設立された海外FX業者で、英国領ヴァージン諸島に拠点を置く「Thara Heights Owner’s Corporation」が運営しています。

金融ライセンスを所持し、分別管理によって顧客の資産が守られています。これまでに日本の金融庁からの警告もないため、安心安全な取引が可能です。そんなAximTradeの信頼性&安全性について細かく調査してみましたので、口座を開設しようかどうか悩んでいるという方は是非参考にしてください。

ASICで金融ライセンスを取得済み

海外FX業者の信頼性を調査する際、最初に注目すべきは金融ライセンスです。一部で金融ライセンスを所持せず、無登録で運営している海外FX業者もありますが、AximTradeでは「英国領ヴァージン諸島」から許可を得ていると公式サイトに明記されています。

しかし英国領ヴァージン諸島の金融ライセンスを取り扱う公式サイトを確認してみたところ、どこにもAximTradeという文字は明記されていませんでした。

有効期限切れなのか、それとも見つけられなかっただけなのか、またただ謳っているだけなのかはわかりませんが、少々信頼性に劣る結果となりました。

ただAximTradeのグループ会社である「AximTrade Pty Limited」では、オーストラリア証券投資委員会「ASIC」からの金融ライセンスを所持しています。

あくまでもグループ会社ですので、AximTradeに対して認めた金融ライセンスではありません。いくらグループ会社で審査の厳しいASICの金融ライセンスを持っていたとしても、それが直接信頼性の証となるわけではありません。

以上のことから、ASICで金融ライセンスを取得済みと言いましても信頼できる海外FX業者とは断言できません。自己責任で口座を開設しましょう。

分別管理を徹底している

海外FX業者では「分別管理」または「信託保全」のいずれかで顧客の資産を管理しています。分別管理とは、FX業者が2つの口座を所有し、1つに運営資金、もう1つに顧客の資金と、分けて管理する方法です。

そして信託保全とは、運営資金はFX業者で管理し、顧客資金を信託銀行に信託し管理する方法です。信託保全の場合、万が一FX業者が破綻しても、顧客の資産は守られます。(保全されます)

しかし分別管理の場合、ただFX業者が口座を分けているだけのため、もし破綻した際に必ずしも資産が守られるわけではありません。

AximTradeでは分別管理を採用しており、顧客の資産を運営資金に充てられることはないと明確にしています。一見、口座に預けているお金が守られているかのように聞こえますが、重要なのは規約内の一言です。

「お客様は金融サービス補償制度による補償を受けられる可能性がある」と書かれています。あくまでも「可能性」であって、必ずしも返還されるとはどこにも書いていません。

もっと言うと、本当に分別管理されているのかその証拠がありません。分別管理と言いつつも、実際には同じ口座で管理している可能性が考えられます。

そもそもきちんと分別管理をしていたとしても、破綻時に戻ってくる「可能性がある」と明記している限り、戻ってこなくても何も文句は言えませんのでご注意ください。

日本の金融庁から警告されていない

日本の金融庁のホームページを確認しても、AximTradeに対して警告はされていませんでした。(2022年現在)

金融庁の許可を得ずに日本国内のトレーダーに対し、海外拠点の業者がFXのサービスを提供する行為自体に違法性はありません。

AximTradeも海外を拠点にしているFX業者ですので、警告を受けていないのは当然のことです。しかし、海外FX業者の中には、日本の金融庁から警告を受けているところもたくさんあります。

その理由は「日本国内に向けて勧誘している」からです。つまり拠点が海外であっても、日本国内に向けてプロモーションを実施することは違法であり、金融庁から警告を受けることとなります。

実際に日本人トレーダーから支持を集めている海外FX業者の多くは警告を受けています。ただし警告を受けたところで日本の行政や司法が動くことはなく、あくまでも「止めてください」「遺憾です」程度のものです。

警告されたからと言って業務停止や行政処分などのペナルティを課せられることはないため、言うならば海外FX業者に対しての嫌がらせのようなものなのです。

AximTradeは金融庁から警告されていないため、「安心安全の優良海外FX業者」という印象を受けますが、実際にはただ日本国内に向けて勧誘をしていないだけのことです。しかし逆に考えれば、日本の法律を真摯に守っている優良業者とも言えます。

\ 期間限定!!今なら口座開設で10,000円が必ずもらえる! /
AximTrade公式サイトの
口座開設フォームはこちら

AximTradeの評判・口コミ

AximTradeで実際に取引する日本人トレーダーの口コミ・評判を独自調査してみました。良い評判と悪い評判がありましたが、全体的には良い評判が多い印象です。

やっぱりINFINITE口座が最強。レバレッジ無制限で取引できるなんて最高過ぎる!

独自アンケート

僕がAximTradeを使っているのはCFD銘柄が多いから。他のFX業者と併用する必要がないから資産管理もやりやすい。

独自アンケート

う~ん、スプレッドが広い(汗)そこまで激広というわけじゃないけど、もう少し狭くしてほしいものだ。

独自アンケート

スキャルピングで30秒以内の連続注文が駄目ってマジ?AximTradeはなしだな。

独自アンケート

日本語サポートない!その時点で無理。

独自アンケート

口座開設ボーナスはないけど入金ボーナスがあるから、まぁ良しとするか。入金ボーナスだけでも十分にお得だしね。

独自アンケート

当サイトであれば、入金ボーナスだけでなく、口座開設ボーナス10,000円がもらえるキャンペーンを開催しています!期間限定のキャンペーンとなっていますので、AximTradeで口座を開設しようかどうか悩んでいるという方は是非この機会に口座開設してみてはいかがでしょうか。

\ 期間限定!!今なら口座開設で10,000円が必ずもらえる! /
AximTrade公式サイトの
口座開設フォームはこちら

AximTradeの評判・口コミから判明したメリット

AximTradeの口コミ・評判を調査してみた結果、いくつかのメリットが判明しました。海外FX業者だからこその魅力が詰まった業者だとはっきりわかりました。

レバレッジ無制限&ロスカット水準0%、4種類から選べる口座タイプ、豊富なCFD銘柄、追証なし&ゼロカットシステムの導入、お得なボーナスなど、AximTradeが多くの日本人トレーダーから支持を集めている理由がたくさんあります。

ここではAximTradeの口コミ・評判から判明したメリットについて、それぞれ詳しく解説していきます。

INFINITE口座はレバレッジ無制限&ロスカット水準0%で取引可能

AximTrade最大の魅力がレバレッジ無制限(INFINITE口座)でロスカット水準0%という攻撃的な取引が可能というところです。

正確には「21億4748万3647倍」ですが、この数字はもはや無制限と表しても決して過言ではありません。ここまで攻撃的なスーパーハイレバレッジが可能な海外FX業者は、AximTradeの他、Exnessしかありません。

ロスカット水準0%ということは、証拠金残高ギリギリまでの取引が可能なため、含み損を持ち続け、最後まで逆転のチャンスを期待できます。

しかしかけているレバレッジは無制限ですから、あまりにも無茶な取引をするとあっという間に損失が発生し、証拠金の全てを失ってしまう恐れがありますのでご注意ください。

ただしレバレッジ無制限をかけるためには3つの条件を満たしている必要があります。「口座残高1,000ドル以下」「これまでに5ロット以上の取引を行っている」「本人確認が完了している」です。

上記条件を1つでも満たしていない場合、レバレッジ無制限での取引はできませんのでご注意ください。

またゼロカットシステムをあまりにも多様するとレバレッジに制限がかかる場合があります。あまり無茶取引をせず、危なくなったら早めの損切りを決断しましょう。

口座タイプが4種類もある

AximTradeには「スタンダード口座」「セント口座」「ECN口座」「INFINITE口座」と全4種類の口座があり、トレードスタイルに合わせて自由に選ぶことができます。

最も一般的なのがスタンダード口座で、最大3,000倍のレバレッジをかけての取引が可能です。全体的なスペックにバランスが取れているため、もし口座選びに迷った場合にはスタンダード口座を開設しましょう。

そしてセント口座は、1ロット1,000通貨という少額での取引が可能な口座ですので、少ない自己資金で取引がしたい方におすすめです。

次にECN口座は、激狭スプレッドでの取引が可能な口座で、短時間で何度も繰り返し取引するスキャルピングやデイトレーダーにおすすめの口座です。唯一取引手数料のかかる口座ですが、トータル的には低コストでの取引が可能です。

最後にINFINITE口座ですが、最大の特徴が無制限のレバレッジでロスカット水準0%という上級者向けの取引ができる口座です。無制限レバレッジはINFINITE口座のみに適用されます。

また追加口座として、スタンダード口座は最大7つ、セント口座は最大2つ、ECN口座は最大5つ開設可能ですが、INFINITE口座に限り1つしか開設できませんのでご注意ください。

CFD銘柄が豊富

AximTradeで取り扱う通貨ペアは全33種類と、他の海外FX業者と比べて少ないですが、その分豊富なCFD銘柄を採用しています。

貴金属(ゴールド・シルバー)、エネルギー(WTI原油・ブレンド原油)、株価指数(インデックス)、仮想通貨など、全70種類以上のCFD銘柄を対象とした取引が可能です。

特に注目したいのが今流行の仮想通貨で、ビットコイン・イーサリアム・リップル・カルダノ・ダッシュ・トロン・ステラなどなど、メジャー通貨からマイナー通貨まで59種類の通貨ペアで取引できます。

さらに仮想通貨の取引に対しても最大100倍のレバレッジがかけられます。法定通貨よりも値動きが大きな仮想通貨ですから、100倍レバレッジをかけることで短時間で大きな利益を得られる可能性があります。

このようにAximTradeでは、通貨ペアの他、様々なCFD銘柄を取り扱っているため、わざわざ複数の海外FX業者で口座を開設せずとも、いろんな取引ができます。

追証なし&ゼロカットシステムを導入している

もしハイレバレッジをかけて口座残高が大きなマイナスになってしまったら…そう考えるとあまりにもリスクが大き過ぎます。国内FX業者で取引したことのある方でしたらよくご存知かと思いますが、万が一口座残高がマイナスになると追証が発生し、FX業者に対して借金を背負うことになります。

最大25倍のレバレッジでさえも時に莫大な借金を抱えることもあるため、AximTradeの無制限レバレッジでもし損失を出してしまった場合、考えるのも嫌になるくらいの追証となります。

しかしご安心ください。AximTradeではゼロカットシステムと呼ばれる仕組みを導入しており、万が一マイナス残高になってしまっても、全て業者側で補填してもらえます。つまり口座残高が0に戻るため、追証のリスクは皆無です。借金の心配がないため、大きなレバレッジをかけた取引にもチャレンジできます。

ただし何度も連続してゼロカットシステムを使っていると途中でレバレッジ制限がかかる場合があります。業者側でマイナス分を補填しているのですから当然のことです。

ゼロカットシステムがあるからと言ってあまりにも無茶な取引は避けるようにしましょう。あくまでも常識の範囲内にしておくことが大切です。

ボーナスが豪華【当サイト限定】

AximTradeのボーナスは2種類!【当サイト限定】

AximTradeでは、当サイト限定で口座開設ボーナス&入金ボーナスキャンペーンを開催しています!

AximTradeの口座開設ボーナス10,000円

AximTradeにて新規で口座を開設すると、そのまま取引に使える10,000円分のボーナスが進呈されます。ボーナス自体の出金はできませんが、一定条件を満たすことで利益分がリアルマネーとなり、出金やそのまま次の取引の証拠金として使えます。

AximTradeの100%入金ボーナス

AximTradeへ初めて入金した際に、最大100万円までの100%入金ボーナスが進呈され、そのまま証拠金として使えます。クッション機能のないお飾り的なボーナスではありませんので、初回は先行投資という意味も込めて、思い切った入金をおすすめします。

\ 期間限定!!今なら口座開設で10,000円が必ずもらえる! /
AximTrade公式サイトの
口座開設フォームはこちら

AximTradeの評判・口コミから判明したデメリット

AximTradeはメリットの多い海外FX業者ですが、口コミ・評判の中には不満や否定的な書き込みもあり、いくつかのデメリットが判明しました。

スプレッドが比較的広め、30秒以内のスキャルピング禁止、入出金方法が少ない、日本語サポートがない、MT4しか利用できないなどが挙げられ、少々致命的なデメリットも見受けられました。

ではAximTradeの評判・口コミから判明したデメリットについて、もう少し詳しく解説していきますので、口座開設の参考になれば幸いです。

スプレッドが比較的広め

「AximTradeはスプレッドが広い」「取引コストが大き過ぎる」など、スプレッドが他の海外FX業者と比較して広めという口コミ・評判が多く見られます。

確かにドル円やユーロ円など、メジャー通貨のスプレッドは1.4~1.8pipsとなるため、少々取引コストが大きくなります。特にINFINITE口座では1.6~2.0pipsまで広くなるため、短時間で何度も取引をしていると利益を出し辛いです。

もしスキャルピングで取引をする場合には、スプレッドの狭いECN口座をおすすめします。ECN口座でしたら同じメジャー通貨でも0.2~0.4pipsのため、取引コストを抑えることができます。

ただしECN口座では取引手数料として6ドルがかかります。あまりにも何度も売買を繰り返していると取引手数料だけが徴収され、利益を出すことが難しくなりますのでご注意ください。

30秒以内のスキャルピングは禁止されている

上記で「スキャルピングにはECN口座がおすすめ」と解説させていただきましたが、AximTradeでは30秒以内のスキャルピングは禁止されています。

つまり数秒単位で連続してのスキャルピングができないため、トレードスタイルによっては自分の理想とする取引ができない可能性があります。

スキャルピングというのはサーバーへの負荷が大きいため、他のトレーダーに迷惑をかけてしまう恐れがあります。そのためAximTradeを含む一部の海外FX業者では、「過剰な」スキャルピングを禁止しています。

意図的であっても恣意的であっても、万が一30秒以内の連続取引をしてしまうと、利益分やボーナスの没収、最悪は口座凍結ペナルティを課せられる場合があります。

きちんと利用規約に明記されている禁止事項ですから「知らなかった」「わざとじゃない」などの言い訳は通りません。

場合によっては口座永久凍結となり、二度とAximTradeで口座を開設することができなくなるケースもありますので十分にご注意ください。

入出金方法が少ない

AximTradeの公式サイトを確認してみますと、そこには様々な入出金方法が紹介されていますが、全て使えるわけではありません。

多くの海外FX業者では、クレジットカードやデビットカード、各種オンライン電子決済サービス、仮想通貨、銀行送金などなど、様々な入出金方法に対応しています。

しかしAximTradeで使えるのはEウォレットのPerfectMoney、そして仮想通貨のUSDTのみです。日本国内から入出金方法として使えるのはこの2つのみとなりますのでご注意ください。

公式サイトの発表によると、日本人トレーダー向けにクレジットカード入金に対応するとのことですが、まだ正式発表されていなく、いつ対応するか定かではありません。

現段階では国内に居住する日本人トレーダーには少々不便な海外FX業者です。もちろんPerfectMoneyかUSDTのアカウントを持っている場合には良いかもしれません。

日本語サポートがない

海外FX業者選びで重要なのは日本語サポートです。拠点を海外に置いているため、国内FX業者とは取引環境やスペックが大きく異なります。

そのため取引をしていると何かと悩みやトラブルが発生するものです。そこで重要なのは日本語サポートの存在です。

AximTradeではライブチャットとメール、お問い合わせフォームを使ってのサポートに対応しています。しかし全ての対応言語は英語のみで、日本語での問い合わせはできません。

そもそもAximTradeには日本人トレーダーが少ないため、まだ本格的な日本市場への取り組みが間に合っていない印象です。

ただし公式サイトはほぼ全て日本語表示されていますので、口座開設や入出金手続き、取引方法などは特に問題ありません。

サポートがいつ日本語に対応するのかわかりませんが、これから日本人トレーダーが増えてくることで、充実した日本語サポートも十分に期待できます。

MT4しか利用できない

海外FX業者では、MT4とMT5が一般的な対応取引プラットフォームですが、AximTradeで使えるのはMT4のみとなります。つまり最新のMT5を使った取引ができません。

世界的にはMT4ユーザーの方が多いと言われていますが、MT5に乗り換えて取引している方も多くいらっしゃいます。そんなユーザーにとってMT4しか使えないAximTradeは、大きなデメリットと言えるでしょう。

業界スタンダードのMT4も確かに使いやすく、カスタマイズもしやすいと人気を集めていますが、それでも取引環境や機能面ではMT5の方が圧倒的に優秀です。

\ 期間限定!!今なら口座開設で10,000円が必ずもらえる! /
AximTrade公式サイトの
口座開設フォームはこちら

AximTradeの取引スペック&取引ルール

AximTradeは、海外FX業者ならではの取引スペックで、初心者から上級者まで納得の環境で様々な取引が可能です。

そこでここでは、全口座タイプ・通貨ペア&CFD銘柄・レバレッジ・スプレッド&スワップポイント・ロスカット水準、その他いくつかの取引ルールについて解説します。

AximTradeの口座タイプを全種類解説

AximTradeの口座タイプは全4種類あり、それぞれ最大レバレッジやスプレッド、最大取引数量などに大きな違いがあります。各口座タイプの主なスペックは下記の通りです。

 スタンダード口座セント口座 ECN口座INFINITE口座
取引形態NDD STPNDD STPNDD ECNNDD STP
最大レバレッジ3,000倍2,000倍1,000倍無制限
取引手数料無料無料片道3ドル無料
スプレッド1.0pips1.0pips0pips3.0pips
ロット単位10万通貨1,000通貨10万通貨10万通貨
最大取引数量50ロット150ロット50ロット25ロット
最大ポジション数200ポジション200ポジション200ポジション50ポジション
ロスカット30%30%30%0%
ボーナスありなしなしなし
最低入金額1ドル1ドル50ドル1ドル

特に取引環境にこだわりがないのであれば、最も一般的なスタンダード口座をおすすめします。AximTradeでは様々なボーナスキャンペーンを実施していますが、適用されるのは唯一スタンダード口座のみとなります。

少しでも自己資金を増やして取引したい場合にはスタンダード口座を開設しましょう。しかしAximTrade最大の魅力であるレバレッジ無制限が使えるのはINFINITE口座のみです。

スプレッドこそ3.0pipsと広いですが、少ない資金で大勝負に出たい場合にはINFINITE口座が断然おすすめですただし最大ポジション数が50ポジションと、他の口座タイプと比べて少なくなりますのでご注意ください。

そしてスキャルピングやデイトレードなど、短い時間で何度も取引を繰り返すトレードスタイルの場合にはECN口座がおすすめです。スプレッドが最狭0pipsと非常に狭く、コストを抑えられます。

ただしECN口座に限り取引手数料として6ドル(片道3ドル)必要です。それでもスプレッドの恩恵があるため、スキャルピングに適しています。

このようにAximTradeには4種類の口座タイプが用意されており、それぞれ大きな違いがあります。ご自身のトレードスタイルによって開設する口座を選ぶようにしましょう。

様々な口座スペックで取引したい場合には、AximTradeでは最大15個までの複数口座を開設できます。

ボーナスキャンペーン用にスタンダード口座、スキャルピング用にECN口座、ちょっとしたギャンブル感覚で使う用にINFINITE口座といったように、複数口座を開設することで、AximTradeの特徴を最大限活かした有意義な取引が可能になります。

\ 期間限定!!今なら口座開設で10,000円が必ずもらえる! /
AximTrade公式サイトの
口座開設フォームはこちら

AximTradeの通貨ペア&CFD銘柄

AximTradeの通貨ペアは33種類と他の海外FX業者と比べて少々少ないですが、CFD銘柄は非常に充実しています。まず通貨ペアは下記の通りです。

AUD/JPYCAD/JPYCHF/JPYEUR/JPYGBP/JPY
NZD/JPYUSD/JPYAUD/CADAUD/CHFAUD/NZD
AUD/USDCAD/CHFEUR/AUDEUR/CADEUR/CHF
EUR/GBPEUR/NOKEUR/NZDEUR/SEKEUR/USD
GBP/AUDGBP/CADGBP/CHFGBP/NZDGBP/USD
NZD/CADNZD/CHFNZD/USDUSD/CADUSD/CHF
USD/NOKUSD/SEKUSD/SGD 

AximTradeの通貨ペアは上記の通り、メジャー通貨ペアからマイナー通貨ペアまで最低限の銘柄は揃っています。

そしてその他CFD銘柄として、貴金属7銘柄/エネルギー2銘柄/株式72銘柄/株価指数10銘柄/仮想通貨59銘柄などを取り扱っています。

他の海外FX業者にはないAximTradeだからこそ取引可能なCFD銘柄もあります。通貨ペア以外にもたくさんの銘柄で取引したい!そんな方におすすめです。

もっとたくさんのCFD銘柄をお望みでしたら「AXIORY」での口座開設をおすすめします。AXIORYでは通貨ペアだけで62種類、その他CFD銘柄は350種類以上取り扱っているため、AximTradeよりも遥かに豊富です。

AximTradeのレバレッジ

AximTradeのレバレッジは各口座タイプによって大きく異なり、また特定の時間帯になると倍率が下がります。それぞれの口座タイプに応じた最大レバレッジは下記の通りです。

口座タイプ最大レバレッジ特定時間の最大レバレッジ
スタンダード口座3,000倍1,000倍
セント口座2,000倍1,000倍
ECN口座1,000倍500倍
INFINITE口座無制限1,000倍

レバレッジ無制限はINFINITE口座のみで、スタンダード口座が3,000倍、セント口座が2,000倍、ECN口座に至っては1,000倍とかなり低くなります。

ただしあくまでも最大値であり、証拠金残高や経済指標発表時、週末など特定の時間帯になると大きく制限が課せられます。INFINITE口座も無制限が解除され、最大1,000倍までの取引しかできなくなりますのでご注意ください。

INFINITE口座でレバレッジ無制限の取引をしたい場合には、証拠金残高1,000ドル以下を維持しなければいけません。1,000ドルを超えると3,000倍、2,000倍、1,000倍と下がっていき、10万ドル以上で100倍までとかなりの制限を受けます。

スタンダード口座も同じで、最大3,000倍のレバレッジで取引するためには、口座残高1,000ドル以下に抑える必要があり、残高が増えると最小100倍にまで下がります。

このような変動レバレッジは通貨ペアと貴金属のみに適用され、その他の銘柄は固定レバレッジが採用されています。つまり口座残高に関係なく常に同じ倍率での取引ができます。

通貨ペアと貴金属以外の銘柄を使った取引をする場合には、事前に何倍のレバレッジをかけられるのか必ず確認しておきましょう。

AximTradeのスプレッド&スワップポイント

AximTradeのスプレッドは口座タイプによって異なります。主な通貨ペアのスプレッドとスワップポイントは下記の通りです。

スタンダード口座ECN口座
USD/JPY2.2~2.7pips0.5~1.2pips
EUR/JPY3.1~3.4pips0.8~1.3pips
CAD/JPY3.2~3.6pips1.5~2.3pips
AUD/JPY2.8~3.1pips1.0~1.4pips
CHF/JPY3.7~4.2pips1.8~2.3pips
GBP/JPY3.5~3.9pips0.8~1.5pips
NZD/JPY2.4~2.9pips1.1~1.6pips
EUR/USD1.7~1.8pips0.3pips

スプレッドとは、買値と売値の価格差のことで、狭ければその分コストが低くなり、逆に広ければコストが高くなります。AximTradeでは変動スプレッドを採用しているため、取引するタイミングによって大きく異なります。

またスタンダード口座とECN口座とではスプレッドに大きな差があり、ECN口座の方が圧倒的な低コストでの取引が可能です。

ただしECN口座にのみ往復6ドルの取引手数料がかかるため、スプレッドが狭いからコストが低い、とは言い切れません。しかしスプレッドは変動するため、スキャルピングにおすすめなのは取引手数料がかかっても断然ECN口座です。

逆にスイングトレードや長期保有といった長期間ポジション保有するトレードスタイルの場合には、ECN口座では損をしてしまう恐れがありますのでご注意ください

全体的な口座スペック、そして取引する通貨ペアのスプレッドを比較し、ご自身にとって最もコストの低い口座を選ぶようにしましょう。

では次にスワップポイントを見ていきましょう。主要通貨ペアのスワップポイントは下記の通りです。

買い売り
USD/JPY-36円-72円
EUR/JPY-60円-36円
CAD/JPY-24円-48円
AUD/JPY-36円-48円
CHF/JPY-72円-24円
GBP/JPY-60円-84円
NZD/JPY-24円-48円
EUR/USD-95円-32円

上記の通り、AximTradeではほぼ全ての通貨ペアでマイナススワップとなります。ここまでマイナスに偏っていると、日をまたいだトレードスタイルでは気が付いたら大きな損失を抱えてしまう恐れがあります。

マイナススワップに邪魔されたくないのであれば、AXIORYやXMなどの海外FX業者をおすすめします。これら2社もマイナススワップは多いですが、プラススワップも多く見られます。

スキャルピングやデイトレードでコツコツと稼ぐトレードスタイルの方にとってはそこまで気にする必要はありませんが、長期保有でスワップポイントを気にするのであれば、AXIORYやXMで口座を開設しましょう。

AximTradeのロスカット水準30%

AximTradeのロスカット水準は30%、そしてマージンコールは60%で、この水準は他の海外FX業者と大差はなく平均的です。

ロスカット水準50~100%の国内FX業者と比べて、証拠金維持率ギリギリまで取引が可能です。ロスカットを迎える前に一発逆転のチャンスがあります。

ただしマージンコールが60%と早めに通知されるため、ポジション保有中は十分に注意しなければいけません。

またINFINITE口座に限り、ロスカット水準が0%と最も低く、他の口座タイプよりもさらにギリギリまで維持できます。しかしここまでロスカット水準が低いと、怖いのが借金、つまり追証です。

追証とは、証拠金を下回り口座残高がマイナスになった時点で発生する追加証拠金のことであり、追証が発生した時点でその日の24時までに証拠金を入金しなければいけません。

それはつまりFX業者に対して借金をしているのと同じで、万が一追加で入金しなかった場合には全てのポジションは強制決済されます。

ハイレバ取引をしていると突然追証が発生するケースはよくあり、多くのトレーダーにとって最悪の出来事と言っても過言ではありません。

そう考えますとロスカット水準0%はあまりにも恐ろし過ぎます。しかしAximTradeでしたらその心配もいりません。

AximTradeではゼロカットシステムを採用しており、口座残高がマイナスになった時点で業者側にて補填され、追証が生じることがなくなります。つまり借金の心配なくレバレッジ無制限のハイレバ取引が可能なのです。

追証が発生するのは国内FX業者のみで、これは金融庁のルールにより、ゼロカットシステムが認められていないからです。AximTradeのようなほとんどの海外FX業者ではゼロカットシステムを採用していますのでご安心ください。

ただしあまりにもゼロカットシステムを連続使用すると制限がかかる場合があります。あまり無茶な取引を連続して行わないようにしましょう。

AximTradeは自動売買制限なし|30秒以内のスキャルピングは禁止

AximTradeで使える取引プラットフォームはMT4のみで、Windows・mac・Android・iOSなど、あらゆるOSに対応しています。

自動売買ツールが使えるのはWindows対応のダウンロード版MT4に限られますが、AximTradeでは自動売買に制限はありませんので、安心して24時間稼働させておけます。

1つ注意したいのがスキャルピングです。ここまで「スキャルピングにはECN口座がおすすめ」「スプレッドの狭い口座タイプでスキャルピングしよう」などと解説してきましたが、スキャルピングには制限が設けられています。

数秒単位のスキャルピングはサーバーへの負担があまりにも大きいため、認められているのは30秒以上間隔を空けたスキャルピングのみです。

30秒以内に連続して注文してしまうと利用規約違反となり、利益の出金を拒否されたり、最悪の場合、口座凍結ペナルティを課せられるケースもあります。

あとになって「知らなかった」では済まされない禁止行為ですので、スキャルピングトレーダーの方は十分にご注意ください。

もし完全制限なしでスキャルピングをしたい場合には、AximTrade以外の海外FX業者での口座開設をおすすめします。

AximTradeの取引手数料は1ロットあたり片道3ドル

AximTradeの取引手数料は無料ですが、ECN口座のみ1ロットあたり片道3ドルの手数料が発生します。つまり1往復で6ドルを支払わなければいけません。

多くの海外FX業者が提供するスタンダード口座では、取引手数料を無料にした上で、スプレッドを広めに設定しています。

スプレッドだろうが取引手数料だろうが、トレーダーにとってはただの取引コストに過ぎず、海外FX業者からしてみればただの利益です。

ですのでスプレッドを狭くて取引手数料を徴収するのも1つの方法ですが、1人でも多くの顧客を獲得するために「無料」という言葉は非常に惹きつけられます。

そのため取引手数料無料と大々的に宣伝し、その分スプレッドを広めて利益を得ているのが一般的な海外FX業者です。

ただしECN口座に関してはスプレッドを最大限まで狭くし、その分取引手数料がかかります。AximTradeでは1ロットあたり片道3ドルと平均的ですが、取引回数が増えるとコストだけで相当な金額になります

スプレッドが広くてもいいから取引手数料無料のスタンダード口座か、それとも狭いスプレッドで取引手数料を支払うECN口座か、非常に迷うところです。

口座タイプのあらゆる取引スペックや環境を比較し、ご自身のトレードスタイルや資金に見合った口座選びが重要です。

\ 期間限定!!今なら口座開設で10,000円が必ずもらえる! /
AximTrade公式サイトの
口座開設フォームはこちら

AximTradeをおすすめできる人

ここまでAximTradeの特徴について詳しく解説してきましたが、この時点でどんな人いんおすすめなのか、どんな人は止めておいた方がいいのかをハッキリとご理解いただけたかと思います。

INFINITE口座でしたらレバレッジ無制限の取引が可能ですので、自己資金が少なくても大きな利益を獲得するチャンスがあります。

しかしINFINITE口座のスプレッドはかなり広いため、ポジションによってはかなりの損失を生じてしまうリスクもあります。

またスプレッドの狭いECN口座はコストを抑えられるイメージがありますが、取引手数料が片道3ドルかかりますし、30秒以内のスキャルピングが禁止されています。

さらにサイト表示こそ日本語化されていますが、まだ日本語サポートには対応していないため、英語が苦手な方やFX初心者には少々ハードルが高いかもしれません。

これらを踏まえてAximTradeをおすすめできる人は、

  • レバレッジ無制限でギャンブル的なトレードを楽しみたい人
  • 通貨ペアだけではなくCFD銘柄も幅広くトレードをしたい人
  • 追証(借金)が発生しない環境で安心安全なトレードをしたい人
  • お得な入金ボーナスを使って派手にトレードしたい人

などです。逆に数秒で取引を繰り返すスキャルピングをしたい人や、スプレッド重視で海外FX業者を探している人などに、AximTradeは不向きと言えるでしょう。

\ 期間限定!!今なら口座開設で10,000円が必ずもらえる! /
AximTrade公式サイトの
口座開設フォームはこちら

AximTradeの口座開設&入出金方法

AximTradeの口座開設方法はとっても簡単です。公式サイトへアクセスし、国名・メールアドレス・携帯番号・パスワードの入力、その後携帯電話番号を認証します。

最後に氏名と住所を入力するだけで一通りの口座開設フォームで必要な情報入力は完了です。あとは本人確認書類と現住所確認書類を提出し、口座を有効化することで取引が可能になります。

それではAximTradeの口座有効化に必要な書類、及び入出金方法について詳しく開設していきます。

AximTradeの口座開設に必要な書類は本人確認書類と現住所確認書類!

AximTradeで口座を開設するためには、必ず本人確認書類と住所確認書類の提出が必要で、どちらか一方でも提出できない場合、口座は有効化されません。

口座が有効化されなければボーナスももらえませんし、出金申請もできないため、FX口座として全く意味のないものとなります。

本人確認書類は「マイナンバーカード」「自動車運転免許」「パスポート」「在留カード」などで、有効期限内でなければいけません。また学生証や社員証などは使えず、必ず公的機関が発行した本人確認書類が必要です。

そして住所確認書類は、アカウント登録時に入力した住所に間違いがないかを確認するための書類で、現住所が確認できる書類を用意しなければいけません。

例えば「クレジットカードの明細書(領収書)」「公共料金の明細書(領収書)」「住民票の写し」「銀行取引明細書」など、住所が確認できる書類が必要です。

また本人確認書類と住所確認書類の住所が異なる場合、口座有効化が認められないケースがあります。もし引っ越ししたばかりで本人確認書類の住所を変更していない場合には、先に変更手続きを済ませておくことをおすすめします。

用意した必要書類は、なるべく鮮明度の高いカメラ設定で撮影し、必ず四隅全体を映すようにしてください。小さな文字がくっきりと見えなければ再提出を求められる場合もありますのでご注意ください。

本人確認に必要な時間は基本的に1営業日以内となります。ただし混雑時には数日かかってしまう場合もありますので、2営業日経過しても通知が届かない場合には、1度サポートへ問い合わせてみることをおすすめします。

入出金方法は仮想通貨(USDT)とPerfect Moneyのみ

AximTradeで使える入出金方法は仮想通貨(USDT)とPerfect Moneyのみで、その他クレジットカードや銀行送金などには対応していませんのでご注意ください。

もしAximTradeで取引する場合、必ずどちらか一方の決済手段を用意しておく必要があり、他の海外FX業者でよく使われている銀行送金にも対応していません。

ただ以前に、日本人トレーダー向けにクレジットカード入金への対応を検討しているというお知らせがあったため、近いうちに対応となる可能性があります。

発表されてからかなりの日数が経過していますが、近いうちにクレジットカードが使えるようになるかもしれません。続報を待ちましょう。

\ 期間限定!!今なら口座開設で10,000円が必ずもらえる! /
AximTrade公式サイトの
口座開設フォームはこちら

AximTradeの評判・口コミまとめ

この記事では、AximTradeで実際に取引している日本人トレーダーの口コミ・評判から判明したメリット・デメリットについて解説させていただきました。レバレッジ無制限&ロスカット水準0%、豊富なCFD銘柄など、たくさんのメリットがある海外FX業者です。

しかしスプレッドが広めだったり、30秒以内のスキャルピング禁止、日本語サポートがないなどのデメリットもあります。もしAximTradeで口座を開設する場合には、これらデメリットを理解した上でアカウント登録しましょう。

\ 期間限定!!今なら口座開設で10,000円が必ずもらえる! /
AximTrade公式サイトの
口座開設フォームはこちら

ABOUT US
海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら

『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』というベストセラー本の著者でもあり、ファイナンシャル・プランニング技能検定1級(日本FP協会認定国家資格)も保持しています。

著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXおすすめランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら