今日のドル円予想 2020年12月21日(月)

ひと目で分かる前日のドル円の動き

ドル円は引き続き下落し、約9カ月ぶりに102.88付近をつけました。なぜ下がったのかというと、金融緩和が長期にわたって継続されること、米経済対策の合意が近いことなどが材料となってリスクオンが強まったからです。

本日のドル円に関わる注目すべき経済指標

本日の重要指標はありません。

本日のドル円予想【by 億トレーダー オペラ】

ファンダメンタルズの材料として注視すべきなのは、引き続き米国経済対策でしょう。

米経済対策を巡り共和党のマコネル上院院内総務は、超党派合意が間近だと発言しました。ペロシ下院議長も進展があったことを述べており、合意の実現性が高まりました。今週末にも合意となるかもしれません。またトランプ大統領も、議会指導部が48時間以内に経済対策で合意することを楽観しているようです。

今週は、相場はクリスマス休暇に入ってしまうかもしれません。チャンスがあれば、エントリーしていきたいところです。ですが、あくまでチャンスがあればなので、無理なトレードは避けましょう。そんな今日のドル円はショートで見てます。アジア時間ではもみ合うと見てますが、ロンドン時間もしくニューヨーク市場で5分足、15分足、30分足がデッドクロスしたら、15pips程狙っていきます!

本日のドル円のレンジ幅は102.80~103.60を予想します。

なお、海外FXで稼ぎたい方は、プロトレーダーオペラがおすすめする忖度なしの海外FX業者ランキングでおすすめ順にランキング形式で公開していますので、そちらも是非参考にしてください。

もう一つ、海外FXボーナスを上手く利用してトレードしたい方は、海外FX 口座開設ボーナス・入金ボーナスおすすめランキングTOP10も公開中です。こちらも合わせて参考にして下さいね。

ABOUT US

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。

海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較、そしてFX業者は、IS6FXとTitanFX(タイタンFX)の情報を中心にまとめています。