【2021年8月更新】海外FXでボーナスキャンペーン開催している業者一覧

今日のドル円予想 2020年12月3日(木)

ひと目で分かる前日のドル円の動き

コロナワクチンの開発が進み、感染が収まることで来年は景気が回復するといったポジティブな意見もあり、株価が上昇しました。それによって、リスクオンムードが高まった為替市場では、昨日もドル安が進みました。

昨日のドル円は、アジア時間からロンドン時間にかけて、じりじりと高値を更新し、104.75近辺をつけました。

本日のドル円に関わる注目すべき経済指標

時間重要度指標
22時30分★★★アメリカ・新規失業保険申請件数
00時00分★★★★★アメリカ・ISM非製造業景気指数

本日のドル円予想【by 億トレーダー オペラ】

ファンダメンタルズの材料として注視すべきなのは、引き続き新型コロナとワクチン開発です。ドイツのメルケル首相は、「国民が今後数週間にわたり警戒を怠れば、感染の第3波が襲来する可能性がある」と警告するなど、クリスマス絡みの移動についての危機意識を取り沙汰されました。

しかし、前述したとおりワクチンの開発は進んでおり、ポジティブな意見もあります。しばらくはコロナvsワクチンの攻防戦は続きそうなのでコロナやワクチン開発の続報には注意が必要です。

テクニカル的に見ると、104円の安値は固いです。そして、このところドル安が定着している傾向があるので本日のドル円はロングでみていきます。アジア時間では、もみ合うと見てますが、ロンドン時間もしくはニューヨーク時間に5分足、15分足、30分足がゴールデンクロスしたら、15pips程狙っていきます!

本日のドル円のレンジ幅は103.90~105.10を予想します。

今週以降は徐々にクリスマスモードとなるので、荒れ相場にも注意しましょう。

前日のトレード結果

昨日は、150,819円の利益が出ました!!20時15分にユーロドルにショートでエントリーして、4.8pips利確しました。

オペラ自身はいつも国内FX100万通貨、海外FX200万通貨の計300万通貨で同時にエントリーしています。今回は4.8pips☓300万通貨=150,819円稼ぎました!

わたくしが国内FXと海外FXの2つのFX業者にエントリーするのには、理由があります。それは、オペラが本物のプロFXトレーダーだと証明するためです。

世の中にFX関係の仕事をしている人はたくさんいますが、その中に本当に勝ち続けているトレーダーはいないと思ってください

FXの講師、トレード塾、YouTubeなどで解説しているのはほとんどが偽物トレーダーです。みんな、FXをかじってみたけれど負けてばかりでプロトレーダーになれなかった人間なのです。あたかも勝っているように見せかけいるだけで、現実は講師の仕事で生計をたてています。

実際に勝ってる履歴をみたという方もいらっしゃるでしょう。それには、カラクリがあります。

自称カリスマの偽トレーダーは、mt4というトレードソフトのデモ口座を使っているのです。mt4のデモ口座は、お金が一切かかりません。適当に何回かエントリーして、たまたま連続して勝っているところを切り取って、写真や動画にアップしているのです。

こんなFX業界に嫌気が差しましたため、本物のプロトレーダーがどういうトレードをするのか、リアルトレード動画を定期的にあげていこうと思います。オペラ自身もmt4というソフトを使って海外FXをしているので、偽トレーダーが履歴偽造に使うmt4では、デモ口座じゃないかと思う方もいらっしゃるでしょう。

そこで、 絶対的な証拠として、国内FXのGMOクリック証券でエントリーし、 GMOクリック証券のトレード写真を上げていきます。

なお、海外FXで稼ぎたい方は、プロトレーダーオペラがおすすめする忖度なしの海外FX業者ランキングでおすすめ順にランキング形式で公開していますので、そちらも是非参考にしてください。

もう一つ、海外FXボーナスを上手く利用してトレードしたい方は、海外FX 口座開設ボーナス・入金ボーナスおすすめランキングTOP10も公開中です。こちらも合わせて参考にして下さいね。

この海外FX記事の執筆者プロフィール

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。

海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた人のプロフィールはこちら