【2021年10月更新】海外FXでボーナスキャンペーン開催している業者一覧

PrimeXMがエクイニクスのSG1を使ってアジア圏でサービスを拡大!

PrimeXMがエクイニクス SG1を使ってアジア圏でサービスを拡大!

フィンテック企業「PrimeXM」は、インターコネクションとコロケーションサービスのグローバルリーダーの「エクイニクス」が運営するシンガポール データセンター「SG1」を使って、アジア圏でサービスを拡大することがわかりました

2021年5月、PrimeXMがエクイニクス「SG1」を活用し始めたことで、ヘッジファンドや海外FX業者、リクイディティプロバイダーなどは、PrimeXMのXCoreシステムを使ったホスティングソリューションやアグリゲーションサービスなどを利用できるようになりました。

PrimeXMにとって、東京・ニューヨーク・ロンドンに次ぐ4箇所目の取引拠点になります。PrimeXMのCIOである「アレクシス・ドルシオティス氏」によると、PrimeXMは信頼性や専門性にくわえ、力強い成長を追求し続けることで、最先端データセンターを4箇所で活用し、グローバルソリューションを提供していると述べています。

そうすることによって、アジア圏における顧客のニーズに対応するだけでなく、さらなる顧客獲得となるようです。

また、PrimeXMはシンガポール銀行協会(Association of Banks in Singapore)が策定したガイドラインに基づいて、監査法人のプライスウォーターハウスクーパースによるコンプライアンス審査を無事に終了しています。

これによって、PrimeXMのインフラホスティングサービスやXCoreシステムは、シンガポール銀行協会(Association of Banks in Singapore)のガイドラインが提示しているセキュリティ基準を満たすとともに、コンプライアンス遵守の高品質サービスを提供している証拠になるといいます。

PrimeXMは今後、シンガポール銀行協会(Association of Banks in Singapore)に関連した認証を取得する意向です。

PrimeXMは、エクイニクス「SG1」を活用したサービス強化やコンプライアンス重視の経営を行うことで、アジア圏を中心にさらなる顧客獲得が期待できそうです。

この海外FX記事の執筆者プロフィール

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら

『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』というベストセラー本の著者でもあり、ファイナンシャル・プランニング技能検定1級(日本FP協会認定国家資格)も保持しています。

著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXおすすめランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら