基軸通貨が米ドルの理由とは?【FXの基礎知識】

米ドルは、アメリカ合衆国が発行する通貨で、世界の基軸通貨として流通しています。

  • なんで米ドルが基軸通貨なの?
  • FXで米ドルは参考にしないといけないの?

そんな米ドルに関してこのように思われている方も多くいらっしゃるでしょう。米ドルは、FXを行う上で重要なポイントとなります。そこでこの記事では、FXの基礎知識として米ドルが世界の基軸通貨である理由を解説していきます。

基軸通貨が米ドルの理由とは?

基軸通貨とは、金融取引の基軸となる国の通貨のことをいいます。現在では、基軸通貨=米ドルという認識がされつつあります。

結論から言うと、米ドルが世界の基軸通貨である理由は、アメリカが強い影響力をもつ国だからです。アメリカは、軍事や経済などあらゆる面で群を抜いており、アメリカを中心に経済は回っていると言っても過言ではありません。

そのため、今後も変わらずアメリカが基軸通貨となって取引されるでしょう。FXを行う上で、そんな米ドルは無視できない存在となっています。

この海外FX記事の執筆者プロフィール

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。

海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた人のプロフィールはこちら