【2021年8月更新】海外FXでボーナスキャンペーン開催している業者一覧

IS6FX 入金ボーナスによる実質的なキャッシュバックキャンペーン概要

IS6FXの入金ボーナスにるキャッシュバック

TECWorldグループがis6comを買収し、is6comはIS6FXと名前も新たに2020年10月より新体制でスタートします。TECWorldはGMOグローバルサインの元イギリスCS副社長であるヌーマアマラルが率いるITコンサルティング会社です。

新たなスタートを記念した口座開設ボーナスキャンペーンが随時開催されていますので、この記事ででは、IS6FXのボーナスキャンペーンの特徴や、実質的なキャッシュバックの紹介、ボーナスキャンペーンの受け取り方、ボーナスを利用する上での注意点を解説していきます。

\期間限定!!今なら口座開設で20,000円が必ずもらえる

 IS6FX公式サイトの口座開設フォームはこちら 

IS6FXの入金ボーナスによる実質的なキャッシュバックキャンペーン

キャンペーン期間中にご入金いただくと100%分のボーナス(実質的なキャッシュバック)をプレゼント

100%ボーナスは銀行振込でのご入金に限ります。クレジットカードでのご入金は50%ボーナスになります。入金する度に100%ボーナスは付与されます。旧is6comで実施していた1回限りではないとのことです。

ボーナス獲得例

100%ボーナスはご入金した金額分のボーナスが付与されます。2倍の証拠金で取引可能です。

ご入金額ボーナス証拠金
¥50,000¥50,000¥100,000
¥100,000¥100,000¥200,000
¥300,000¥300,000¥600,000
¥500,000¥500,000¥1,000,000
¥1,000,000¥1,000,000¥2,000,000

IS6FXで開催中のキャンペーンはこちら!!

口座開設ボーナス

IS6FXのリニューアルを記念しまして、新規で口座を開設された方全員にボーナスプレゼント中です。

人気ハイブランドのお財布(総額150万相当)を10名様にプレゼント

税込み価格が15万円以内なら、指定の人気ハイブランドから、カラー、タイプ、メンズ、ウィメンズをお好きな財布を選べます。ご自身へのご褒美として、愛する奥様や彼女へのプレゼントとして、誰にプレゼントするかはあなた次第です!

IS6FXのボーナスの注意点として、キャッシュバックサイト経由での口座開設は対象外

キャッシュバックサイト経由でIS6FX口座を新規開設すると、残念ながら口座開設ボーナスや入金ボーナス、取引キャンペーンの対象外となってしまいます。ボーナスを受け取りたいなら必ず下記の口座解説のページを読んで、公式サイトから口座開設をするようにしましょう。

注意事項(入金される前に必ずお読み下さい)

  • 本キャンペーンは「スタンダード口座」が対象になります。
  • 以下の口座はボーナス付与対象外となります。
    (マイクロ口座/プロ口座/レバレッジ6000倍口座/取引キャンペーン専用口座/キャッシュバックサイト経由で開設された口座)
  • ボーナス付与上限はございません。
  • 銀行振り込みのご入金は、キャンペーン期間中に着金確認が取れた場合にのみボーナス適用となります。
  • 付与されたボーナスは出金できませんが、ボーナスでの取引で獲得した利益は出金可能です。
  • 過去に利用規約違反をされたお客様や、利用規約違反の疑いがあるお客様は入金ボーナスキャンペーンは対象外となります。
  • 同一ロジックでトレードをする特定のEA(ナンピンマーチンゲール手法など)をご利用のお客様はボーナス対象外となります。
  • 複数口座間によるボーナスアービトラージは禁止となります。
  • 高額なご入金をされた場合は審議させて頂く場合がございますので、ご了承ください。

\期間限定!!今なら口座開設で20,000円が必ずもらえる

 IS6FX公式サイトの口座開設フォームはこちら 

この海外FX記事の執筆者プロフィール

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。

海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた人のプロフィールはこちら