【2021年10月更新】海外FXでボーナスキャンペーン開催している業者一覧

FXの用語集(か行)

外貨建て(がいかだて)

正式名称は「外国通貨建て」という。外貨で支払いが行なわれることを指す。

外貨預金(がいかよきん)

外貨預金とは、手持ちの円を外貨に換えて一定期間預けること。日本円は低金利なので、他の高金利な国の通貨を保持しておく方が、金利面で有利な場合がある。

ただし、外貨預金はFX取引と違い非常に手数料が高く、なおかつ為替リスクはFXと同等なため、トレーダーにとって非常に不利な金融取引といえる。

買い決済 (かいけっさい)

売りポジションを手仕舞う(売ポジションを減じる)ために行う買付取引(買い戻しとも言う)

外国為替(がいこくかわせ)

外国為替とは、異なる国同士の通貨を交換することを指す。

外為法(がいためほう)

正式名称は「外国為替及び外国貿易法」という。1949年に施行された外国為替取引などに関する法律。1997年に改正され翌年98年に施行された「新外為法」により、一般企業も外為業務を手掛けることができるようになり、国内FXや海外FXが一般人にも広まっていったきっかけでもある。

片道(かたみち)

FX取引は、通貨の買いや売りを行なってポジションを獲得し、その後ポジションを決済することによって利益を得る取引を指す。

この「ポジションの獲得」「ポジションの決済」の片方のことを「片道」と呼ぶ。片道の手数料と表記されていた場合、ポジションの獲得か決済のどちらか片方の手数料のことを指す。

往復の手数料と表記されていた場合、ポジションの獲得と決済の両方を含めた手数料のことを指す。

カバー取引(カバーとりひき)

金融商品取引業者が顧客を相手方として行う店頭外国為替証拠金取引の価格変動によるリスク回避のため、引き受けた注文と同等の注文を他の金融機関に対して行うこと。

為替差益(かわせさえき)

為替差益とは、為替相場の変動によって利益を得ることを指す。
反対語:為替差損

為替リスク

為替リスクとは、為替相場の変動によって損失を受ける危険性のことを指す。

キウイ

ニュージーランドドルのことを指す。

機関投資家(きかんとうしか)

機関投資家とは、個人や法人から預けられた資産を運用する法人のことを指す。
主に銀行や証券会社などが機関投資家にあたる。

基軸通貨(きじくつうか)

基軸通貨とは、国際取引で広く使用されている通貨のことを指す。
現在は、基軸通貨=米ドルのこと。

逆指値(ぎゃくさしね)

逆指値とは、「この価格よりも高くなったら買う」「この価格よりも安くなったら売る」という指定をする注文方法を指す。主に「損切り(ロスカット)」をする場合に用いる注文方法で、損失を最小限に食い止めるのに便利な手法。

逆ザヤ(ぎゃくざや)

逆ザヤとは、収益よりもコストの方が上回っている状態のことを指す。例としては、貸し出している資金の金利より、借り入れている資金の金利の方が高いなど。
反対語:利ザヤ

キャピタルゲイン

キャピタルゲインとは、為替変動などでの資産価値の値上がりで利益を得ることを指す。
反対語:キャピタルロス

キャピタルロス

キャピタルロスとは、為替変動などでの資産価値の値下がりで損失を受けることを指す。
反対語:キャピタルゲイン

キャリートレード

キャリートレードとは、低金利の資金を借り入れし、借り入れた資金よりも高い金利の資産で運用する投資手法のことを指す。
例えば、金利が3%かかる資金を借り入れし、金利が7%もらえる通貨を購入するといった手法。

キャンドル

カナダドルのことを指す。

強制決済

FX取引の証拠金維持率が業者のきめた水準を下回ってしまい、その口座で継続して取引ができないよう強制的に取引を終了させる仕組み。

同義語:ロスカット

許容スリップ(きょようスリップ)

許容スリップとは、成行注文の発注時にスリッページ(発注時のレートと約定レートとの価格差)をいくらまで許容するかを設定できるスリッページの範囲のことを指す。

トレーダー自身で設定し、許容範囲を超えるレートで注文が約定しないように成行注文の約定を制限できる機能。

クォート

クォートとは、為替レートを相手方に提示することを指す。クォート時には、買値と売値の両方を同時に提示する。
同義語:建値

クロス取引

クロス取引とは、米ドルを介さない取引のことを指す。

ケーブル

イギリスポンドのことを指す。

気配値(けはいち)

気配値とは、外国為替市場で取引されている水準の相場のことを指す。

口座維持率(こうざいじりつ)

「取引証拠金」に対する「有効証拠金」の割合のことを指す。計算式は、「有効証拠金」 ÷ 「取引証拠金」 ×100 = 「口座維持率」(%)

口座資産

入金している証拠金に決済した損益やスワップ損益を加算した金額のことを指す。

同義語:口座残高

コンファーム(Confirm)

コンファームとは、為替取引における取引内容を確認することを指す。

この海外FX記事の執筆者プロフィール

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら

『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』というベストセラー本の著者でもあり、ファイナンシャル・プランニング技能検定1級(日本FP協会認定国家資格)も保持しています。

著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXおすすめランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら