FXの用語集(は行)

始値(はじめね)

始値とは、その日一日、または特定の期間の取引開始時点の値段のことを指す。
同義語:寄り付き
反対語:終値(おわりね)

ビッド

買値のことを指す。
反対語:アスク・オファー

pips(ピップス)

pips(ピップス、ピプス)は「Percentage_in_points」の略語で、取引レートの最小単位のことを指す。日本円の最小の単位は1円なので、その1/100である0.01円=1銭が1pipsとなる。

一方米ドルの場合だと、最小単位は1セントとなり、1セントの1/100=0.01セント=0.0001ドルが1pipsとなる。

【計算式】
0.001円(0.1銭)=0.1pips
0.01円(1銭)=1pips

評価損益

評価損益とは、決済していない保有中のポジションにおける損益のことを指す。

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析とは、価格形成における基礎的な要因を分析することを指す。
基礎的な要因には、各国の景気動向や財政、金利状況、貿易収支、経済状況、金融政策、財政収支、物価上昇率、失業率等などがある。

フェイバー

フェイバーとは、保有しているポジションが相場の変動によって利益になっている状態を指す。
反対語:アゲインスト

フォレックス

外国為替のことを指す。

ブル

相場が上がると予想することを指す。
反対語:ベア

ブローカー

FX業者のことを指す。
「仲介する」という意味。

ベア

相場が下がると予想することを指す。
反対語:ブル

米国雇用統計(べいこくこようとうけい)

アメリカの雇用情勢を示す指標のひとつで、毎月第1金曜日にアメリカ労働省より発表される。世界中の経済指標の中で最も市場に注目されている指標である。

ヘッジ取引(ヘッジとりひき)

現在保有しているかあるいは将来保有する予定の資産・負債の価格変動によるリスクを減少させるために、当該資産・負債とリスクが反対方向のポジションを先物市場や店頭市場等で行う取引のことをを指す。

返還可能額(へんかんかのうがく)

お取引口座よりご出金可能な金額を指す。

ポジション

ポジションとは、まだ決済せずに持っている持ち高のことを指す。例えば、新たに1000ドルの買い注文を入れることを、「1000ドルの買いポジションを建てる」という。ポジションとして保持しているうちは損益が確定しておらず、決済してはじめて損益が確定する。

ボックス相場

ボックス相場とは、高値と安値が決まった範囲内での上下を繰り返す相場のことを指す。
相場が、まるで箱に入っているかのような動きをするため、このように呼ばれている。
同義語:レンジ相場

この海外FX記事の執筆者プロフィール

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。

海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた人のプロフィールはこちら