【2021年12月更新】海外FXでボーナスキャンペーン開催している業者一覧

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座は利用価値がない?

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座

GEMFOREXには、オールインワン口座とノースプレッド口座、2種類の口座があります。

最も基本的な口座が「オールインワン口座」、スプレッドが業界最狭水準な口座が「ノースプレッド口座」です。

ノースプレッド口座では、GEMFOREXの魅力であるボーナスを受け取ることができません。

GEMFOREXの顔であるとも言えるボーナスが利用できないのは、初心者にとってはかなり大きなデメリットになります。

それでも、ノースプレッド口座を利用する価値はあるのでしょうか?

今回は、ノースプレッド口座のメリット・デメリットや開設方法、他社比較について詳しく解説していきます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座とは?

ノースプレッド口座とは、国内FX並に狭いスプレッドを提供している口座です。

初回入金額30万円以上、ボーナスなしEA利用不可の制限付きですが、ハイレバスキャルピングには向いている口座と言えます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座におけるメリット

GEMFOREXのノースプレッド口座は、メリットがかなり少なくなっています。

スプレッドの狭さだけが唯一のメリットと言えるほどです。

スプレッドが狭い

【他社比較】の項目で詳しく解説しますが、GEMFOREXのノースプレッド口座は他社の相手にならないほど低くなっています。

特に、ドル円とユーロドルの平均スプレッド0.3pipsが有名です。

国内FX並みの低スプレッドが、GEMFOREXのノースプレッド口座最大の強みと言えます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座はデメリットが多い!

GEMFOREXのノースプレッド口座は、業界最狭レベルのスプレッドを誇る一方、デメリットがかなり多くなっています。

大きく分けて5つのデメリットが存在するので、1つ1つ詳しく説明していきます。

ボーナスがもらえない

GEMFOREXと言えば、口座開設で2万円などの豪華なボーナスキャンペーンが魅力です。

しかし、ノースプレッド口座ではこういったボーナスを受け取ることは出来ません。

ノースプレッド口座で使う資金は、ボーナスに頼らずに全て自分で調達する必要があるのです。

自動売買(EAとミラートレード)ができない

もうひとつのGEMFOREXの魅力は、200以上のEAとも言えるかと思います。

しかし、GEMFOREXのノースプレッド口座では、手動での裁量取引しか行うことが出来ません。

そのため、EAやミラートレードといった自動買収には対応していないので注意が必要です。

初期入金額が30万円もかかってしまう

GEMFOREXのノースプレッド口座は、初回に30万円以上の入金が必要です。

初心者にとっては、気軽に出せる金額ではないと思います。

そのためノースプレッド口座は、少なくとも一定の資金力がある人にしか利用できません。

あくまで”初回”入金額が30万円以上であるため、一度30万円を入金すればそれ以降は1000円から入金可能です。

初回の30万円でこの低スプレッドを利用できると考えれば、ノースプレッド口座も十分に価値のある存在と言えるかと思います。

取引プラットフォームはMT4のみ

GEMFOREXでは、MT4しか利用することが出来ません。

cTradeやMT5などの高性能な取引プラットフォームは非対応なので、注意が必要です。

ただし、MT4は全世界で最も利用されている取引プラットフォームであり、利用にあたって特に不便もありません。

初心者にとってはそこまで大きな問題ではないでしょう。

CFD取引ができない

GEMFOREXのノースプレッド口座では、

USD/JPY CHF/JPY CAD/JPY NZD/JPY ZAR/JPY

AUD/CAD AUD/JPY AUD/NZD AUD/USD AUD/CHF

EUR/AUD EUR/CAD EUR/CHF EUR/GBP EUR/JPY

EUR/USD EUR/NZD EUR/ZAR GBP/CHF GBP/AUD

GBP/JPY GBP/CAD GBP/USD GBP/NZD USD/CAD

NZD/USD USD/CNH USD/CHF USD/SGD USD/HKD

USD/MXN USD/TRY USD/ZAR

といった33種類の通貨ペアのみの対応となっています。

そのため、マイナーな通貨ペアの取引やCFD取引はできません。

ノースプレッド口座は、オールインワン口座に比べると取引の幅が狭いという現状があるのです。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座【他社比較】

以下の表は、GEMFOREXのノースプレッド口座と他社FX業者のスプレッドを比較したものです。

 GEMFOREXXMAXIORYTitanFXDMMFX
取引手数料なし1.000.600.70なし
USD/JPY0.301.100.401.030.30
EUR/USD0.301.100.400.900.40
EUR/JPY0.501.600.701.440.50
GBP/JPY1.002.101.702.151.00
AUD/JPY0.602.000.901.820.70
GBP/USD0.801.600.901.271.00
AUD/USD0.301.400.601.220.90

このように、GEMFOREXのノースプレッド口座は他社と比べて圧倒的な低スプレッドを誇っています。

国内FX並みと言っても良いくらいでしょう。

これに手数料無料も加わるため、他社よりも圧倒的にお得な取引を実現できます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座における注意点

GEMFOREXのノースプレッド口座では、スプレッドが最低0.0pipsまで狭くなることがあります。

「チャンス!」と、このタイミングのみを狙って取引したくなってしまいますが、

スプレッド0.0pipsのみを狙った取引は禁止されています。

GEMFOREXは、ノースプレッド口座とは言え、スプレッド0.0pipsのタイミングのみを意図的に狙ったご利用をお断りしており、平均的にご利用頂けるお客様のみのご利用とさせて頂いております。

(GEMFOREX公式 ガイドラインより引用)

海外FX業者の利益源は、主に取引の際のスプレッドから成っています。

そのため、利用者全員が0.0pipsのみを狙って取引を行なうと、サービスの提供が困難になるということは想像がつくかと思います。

通常の取引の中で0.0pipsの取引をすること自体は全く問題が無いため、安心して取引をすることができます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座の開設方法

最後に、GEMFOREXのノースプレッド口座の解説方法を説明します。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の口座をまだ持っていない人

まだGEMFOREXの口座を持っていない人は、公式サイトで簡単に口座開設することが出来ます。

  1. 公式サイトにアクセスする
  2. 氏名・メールアドレスを記入する
  3. 口座開設完了

口座タイプは、「日本円口座(ノースプレッド)」を選択しましょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の口座を持っている人

GEMFOREXは複数口座の開設を許可しているため、すでにGEMFOREXの口座を持っている人も新規開設者と同様に登録することが可能です。

また、GEMFOREXは口座間の資金移動に手数料がかからないので、オールインワンからノースプレッドに口座を変更することもできます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座は利用価値がない?まとめ

GEMFOREXのノースプレッド口座は、圧倒的な低スプレッドを誇っています。

その一方で、ボーナスや自動買収などの余分な部分を減らしすぎたというのが現状です。

しかし、ハイレバスキャルピングにはとても向いている口座です。

またGEMFOREXは口座間の資金移動が無料なので、オールインワン口座の開設後にノースプレッド口座に移行することも可能です。

ノースプレッド口座は、初心者の方には向かない口座なので、初心者の方はオールインワン口座の解説をオススメします。

しかし、CFD取引は売り注文から取引がスタートできるといったメリットも存在します。

まずはお試しでCFD取引をしてみたいという方は、専用口座不要のGEMFOREXで取引を始めてみてください。

この海外FX記事の執筆者プロフィール

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら

『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』というベストセラー本の著者でもあり、ファイナンシャル・プランニング技能検定1級(日本FP協会認定国家資格)も保持しています。

著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXおすすめランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら